スペイン代表に激震! ルイス・エンリケ監督の辞任を発表!

2019.06.19 23:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スペインサッカー連盟(RFEF)のルイス・ルビアレス会長は19日、スペイン代表を率いるルイス・エンリケ監督(49)が“個人的な理由”で辞任を申し入れたことを発表した。

なお、後任に関してはルイス・エンリケ監督の副官を務め、直近の代表ウィークで暫定指揮官を務めていたロベルト・モレノ氏(41)が正指揮官に昇格することになった。

ロシア・ワールドカップ(W杯)終了後の2018年7月にフェルナンド・イエロ前監督の後任としてスペイン代表監督に就任したルイス・エンリケ監督。

UEFAネーションズリーグではグループ4でイングランド代表の後塵を拝し、ファイナルズ進出を逃していたものの、指揮を執った8試合で6勝2敗とまずまずの戦績を残していた。

しかし、今月に行われたフェロー諸島代表、スウェーデン代表の2試合に関して、“個人的な理由”で代表チームを指揮できないことがアナウンスされていた。

その際、RFEFはルイス・エンリケ監督を全面サポートすることを強調し、退任の可能性を否定していたが、最終的に同監督の意思を尊重する形で辞任を受け入れることになった。

なお、スペイン代表の新指揮官に就任するモレノ氏は、2008年にルイス・エンリケ監督がバルセロナBを率いていた時代から同監督の右腕としてコーチングスタッフを担っており、ローマやセルタ、バルセロナでもアシスタントコーチを務めていた。

また、スペイン代表の暫定指揮官を務めた前述のフェロー諸島戦とスウェーデン戦では4-1、3-0といずれもチームを勝利に導いていた。

関連ニュース
thumb

今夏PSG加入のソレール、8歳から育った古巣バレンシア愛を語る「必ず帰りたい」

パリ・サンジェルマン(PSG)のスペイン代表MFカルロス・ソレールが、古巣に対する不変の愛を口にした。 ソレールは今夏、8歳のアカデミー入団からおよそ17年間在籍したバレンシアを離れ、PSGへと移籍。新天地デビューが遅れ、今季は代表ウィーク直前の試合で11分間ピッチに立ったのみだが、現在はスペイン代表の活動中で、今秋のカタール・ワールドカップ(W杯)メンバー入りもほぼ確実とみられている。 そんなソレールがスペイン『Super Deporte』のインタビューに応じ、心の底から愛する古巣バレンシアについて言及。今夏も残留を望んでいたと語り、将来の復帰にも含みを持たせている。 「僕はバレンシアに長く在籍したいと思っていたから、長期契約をお願いしていたよ。25歳から34歳、35歳と、ずっと繋がっているはずだった。スペインでそれは可能なことだが、クラブが僕にそれを提供してくれることはなかった」 「これはクラブの責任ある決定であり、フットボールにおいてはごく一般的なことだ。もちろん去るのは辛かった。個人的な恨み? そんなものあるはずないよ。僕に対して恨んでいないことも願っているよ(笑)」 「1人のサポーターとしていつでも戻って来られるし、プレーヤーとしても必ず帰りたい場所だ。バレンシアは僕のホームであり、頼まれればノーと言うことなどできないよ」 2022.09.26 20:56 Mon
twitterfacebook
thumb

首位陥落も「スイスを称賛すべき」…スペイン代表指揮官、W杯にも「迷いなど一切ない」

スペイン代表のルイス・エンリケ監督がコメントした。スペイン『アス』が報じている。 24日にUEFAネーションズリーグのリーグA・グループ2第5節でスイス代表をホームに迎え撃ったスペイン。序盤からボールの保持で優位に立ったが、1-2で競り負けた。 今大会初黒星だが、次節に対戦するポルトガル代表に首位の座を明け渡す痛恨の1敗に。L・エンリケ監督は試合後会見で肩を落とした。 「負けるのはいつだって痛いし、残念だよ。ただ、最初から我々を苦しめたスイスを称賛すべきだ。前半は私が監督になってから最悪の出来だった。2失点目の守備も酷かったね。後半は改善され、最後まで頑張ったのだがね」 そんなスペイン人指揮官だが、「ポルトガル戦は重要な試合になるし、勝つためにブラガに向かうつもりだ」と大一番となる次戦に力を込める。 会見では今回の敗戦をドイツ代表、日本代表、コスタリカ代表と同組のカタール・ワールドカップに紐づける質問も飛んだが、問題なしを強調した。 「まったく迷いなどない。もちろん、ポジティブな流れでカタールに辿り着く方が良いのは確かだが、チームに全幅の信頼を寄せている」 「前半はいつになくプレー精度の低い選手が目についたが、相手が良かったし、彼らは戦い方を理解してもいた」 「しかし、いつもうまくいくとは限らない。調子が悪いとこんなことも起こりうるものだ」 そう主張すると、「ポルトガルに勝てれば、ワールドカップに向けて完璧なものになる。過去に3度も引き分けた相手だし、今度は勝つために行く」とポルトガル戦での必勝を期した。 2022.09.25 11:35 Sun
twitterfacebook
thumb

「選手たちを祝福」 スペイン撃破にスイス代表監督が歓喜

スイス代表のムラト・ヤキン監督が歓喜した。欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイト『UEFA.com』が報じている。 UEFAネーションズリーグ(UNL)のグループA・グループ2で最下位に沈むスイス。24日の第5節では首位のスペイン代表とのアウェイ戦となったが、2-1で競り勝った。 DFマヌエル・アカンジの1得点1アシストでスペインを今大会初黒星で首位陥落に追いやり、グループB降格となる最下位から脱したヤキン監督。試合後、勝ち誇った。 「我々は非常によくオーガナイズされ、堅固であり続け、完璧なタイミングでゴールを決めた。前の試合での失敗から多くを学び、より良いスタートが切れ、それがファイナルスコアに大きく結びついたね」 「選手たちのことを祝福する。ポルトガルとスペインを破って、この地で初めて勝ったんだ。大きなライバルを倒すには一丸であり続けられているかどうかや、失敗を糧にできているかどうかが大事なんだ」 「歴史的だが、スタッツは私からしてみればあまり重要じゃない。ホームで、ファンの前でもあのような戦いぶりを披露する必要がある」 2022.09.25 09:50 Sun
twitterfacebook
thumb

最終節を前に首位浮上のポルトガル代表監督「完璧じゃないにせよ、非常にうまくやれた」

ポルトガル代表のフェルナンド・サントス監督がコメントした。欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイト『UEFA.com』が報じている。 UEFAネーションズリーグ(UNL)のグループA・グループ2で首位のスペイン代表を1ポイント差で追う2位のポルトガル。24日の第5節ではチェコ代表のホームに乗り込み、4-0と快勝した。 FWクリスティアーノ・ロナウドの流血アクシデントもあったが、今節を落としたスペインを抜いて首位に。スペインとの最終節を前に形勢逆転のサントス監督は試合内容に満足感を示している。 「前半は非常に良かった。パーフェクトじゃないにしても、非常にうまくやれたよ。セットプレーではコーナーで不用意に集中力を欠くこともあったがね。それはポルトガルチームが強みとするところであり、それほどうまくいっていないものの1つでもある」 「強いチームに対して、前半を見ると、そうでもないかもしれないが、選手たちは非常に高いクオリティを誇った。3点目を決めてからはゲームがスローダウンしたが、それは自然の成り行きだ」 また、代表初ゴールを含む2発をマークしたDFジオゴ・ダロトは「初めての得点は信じられない気持ち」と心境を明かしつつ、「僕らにとっては決勝戦のようなもの」と次節のスペイン戦に気を引き締めた。 2022.09.25 09:00 Sun
twitterfacebook
thumb

スイスがアカンジの1G1Aで最下位脱出、初黒星のスペインは首位陥落《UNL》

UEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグA・グループ2第5節、スペイン代表vsスイス代表が24日に行われ、1-2でスイスが競り勝った。 2勝2分けで首位に立つスペインは[4-3-3]で臨み、3トップに右からフェラン・トーレス、アセンシオ、サラビアと並べた。 一方、1勝3敗で最下位のスイスはジャカやシャキリ、エンボロらが先発となった。 立ち上がりから押し込んだのはスペインだったが、先制はスイス。21分、バルガスの左CKからアカンジのヘディングシュートが決まった。 先制したスイスは引き続き自陣で構えてスペインを迎え撃ち、決定機を作らせずに1点をリードしたまま前半を終えた。 迎えた後半もスペインが押し込む状況が続くと、55分に追いついた。アセンシオがドリブルでDFを剥がしてラストパス。ボックス左のジョルディ・アルバがシュートを蹴り込んだ。 しかし58分、スイスが勝ち越す。左CKからニアサイドのアカンジが逸らし、ゴール前のエンボロが押し込んだ。 再び追う展開となったスペインは代表デビューとなるボルハ・イグレシアスとニコ・ウィリアムズを投入。 ところが終盤にかけても堅守スイスの守備を崩しきれずにそのまま1-2で敗戦、初黒星を喫し首位陥落となった。 スペインは最終節、28日にポルトガル代表と敵地で対戦する。 2022.09.25 05:41 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly