2連勝のイングランドが決勝T進出! 守護神奮闘のアルゼンチンは2戦未勝利《女子W杯》2019.06.15 05:56 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
女子ワールドカップ(W杯)2019グループD第2節、イングランド女子代表vsアルゼンチン女子代表が14日に行われ、1-0でイングランドが勝利した。初戦のスコットランド女子代表戦を2-1と勝利したイングランドと、なでしこジャパンに0-0と引き分けたアルゼンチンによる一戦。

立ち上がりからイングランドが押し込む展開で推移する中、27分にPKを獲得した。ミードの落としを受けたグリーンウッドがボックス左でブラボーに倒された。しかし、キッカーのパリスのシュートはGKコレアのビッグセーブに阻まれ、先制のチャンスを逸してしまう。

さらに41分にもイングランドに決定機。しかし、ボックス左からミードの放ったシュートは再びGKコレアのファインセーブに阻まれる。

イングランドが攻勢をかけながらゴールレスで迎えた後半、開始6分に決定機。セットプレーの流れからボックス中央のパリスがボレーシュート。だが、GKコレアの三度のファインセーブに阻止された。

さらに56分、テイラーのゴール至近距離からのヘディングシュートはGKコレアの正面を突いてしまった。それでも61分、イングランドがゴールをこじ開ける。ボックス左からのミードのダイレクトクロスをゴール前のテイラーが押し込んだ。

先制後もイングランドがハーフコートゲームを展開。追加点に迫るチャンスこそなかったものの、アルゼンチンの反撃を一切許さずに1-0で勝利。2連勝でグループステージ突破を決めた。

なお、最終節にイングランドと対戦するなでしこジャパンは引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まる状況となった。
コメント
関連ニュース
thumb

元イングランド代表FWクラウチが38歳で現役引退! 2メートル超えの長身にロボットダンスやSNSで多くのファンの記憶に

元イングランド代表FWピーター・クラウチ(38)が12日、自身の公式『ツイッター(@petercrouch)』で現役引退を発表した。 昨季途中にバーンリーに加入したクラウチは、今夏の契約満了後にクラブからの契約延長の申し出や中国方面からのオファーという報道も出ていたが、今夏のタイミングでスパイクを脱ぐ決断をした。 クラウチは12日、自身の公式ツイッターで自身の決断に関して説明している。 「この夏、たくさんの話し合いを経てフットボールから引退することを決めた。僕たちの素晴らしいゲームはすべてのものを与えてくれたんだ」 「僕がこの場所に到達するために助けになってくれた人たち、これだけ長い間トップレベルに居続ける助けとなったすべての人たちに感謝を伝えたい」 「もし、僕が17歳のときに自分がワールドカップでプレーし、チャンピオンズリーグ決勝に進出し、FAカップを制し、プレミアリーグで100ゴール以上を挙げると言われたら、その人のことを絶対に避けていたと思うよ。それは全く夢のような出来事だったからね」 トッテナムのアカデミーからトップチームに昇格したクラウチだが、トップチームデビューを果たすことなく2000年にユース時代にも在籍経験のあったチャンピオンシップ(イングランド2部)のQPRに完全移籍。QPR、ポーツマスとチャンピオンシップで研鑽を積んだ後、2001年に加入したアストン・ビラでプレミアリーグデビューを飾った。 その後、サウサンプトンでのプレーを経て2005年に加入したリバプールでは、2メートル超えの長身を武器にターゲットマンとしての地位を確立し、2005-06シーズンのFAカップ優勝、2006-07シーズンのCL準優勝などに貢献した。 リバプール退団後は古巣ポーツマス、トッテナムと渡り歩き、2011年にはキャリア最長の8年間を過ごしたストーク・シティで要塞ブリタニアで繰り広げられるキック&ラッシュの主役の1人として君臨。その後、今年1月に加入したバーンリーが自身最後のクラブとなった。 プレミアリーグでは7クラブを渡り歩き通算468試合に出場し、108ゴール58アシストを記録した。 また、2005年にデビューを飾ったイングランド代表では通算42試合で22ゴールを記録。2006年ドイツ大会、2010年南アフリカ大会と2度のワールドカップを経験した。 また、自身の代名詞であるロボットダンスを用いたゴールセレブレーション、ラジオDJとしての活動、近年はイギリス人らしいユーモア満載のSNSの投稿によって多くのフットボールファンを楽しませる、その規格外の見た目を含め記憶に残る名選手だった。 2019.07.12 20:11 Fri
twitterfacebook
thumb

前半の2発でスウェーデンが2大会ぶりの3位フィニッシュ! イングランドはVARに涙を呑む《女子W杯》

女子ワールドカップ(W杯)2019・3位決定戦のイングランド女子代表vsスウェーデン女子代表が6日に行われ、1-2でスウェーデンが勝利した。 準決勝でアメリカ女子代表に1-2と惜敗したイングランドと、オランダ女子代表に延長戦の末に0-1で敗れたスウェーデンの一戦。 開始直後からハイテンションの攻防が続く中、スウェーデンはが11分にスコアを動かす。ロルフォの左クロスをゴール前でグリーンウッドがクリアするも、こぼれ球に反応したアスラニがボックス中央からダイレクトシュートをゴール右隅に流し込んだ。 先制したスウェーデンは、22分にも左サイド高い位置でボールを受けたブラックステニウスのパスからボックス左に侵入したヤコブソンがコントロールショットをゴール右に突き刺した。 2点を追うイングランドは31分、ジル・スコットのスルーパスで右サイドを突破したカービーがボックス右から侵入。カービーは鋭いカットインからシュートコースを作るとゴール左隅にシュートを流し込んだ。 さらにイングランドは、33分にもミードの左クロスをボックス内のホワイトが胸で収めると相手DFを背負いながらも反転シュート。これがゴールネットを揺らしたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の検証の結果、ホワイトのハンドを取られノーゴールの判定となった。 後半は立ち上がりから一進一退の膠着状態が続く。そんな中、先に決定機を迎えたのはイングランド。36分、カーニーの左クロスにホワイトが飛び込むがシュートは相手DFがブロック。さらに、こぼれ球に反応したテイラーの繋ぎから再びホワイトにチャンスが訪れたが、これは相手DFが先にクリアした。 1点を追うイングランドは、試合終了間際の90分にも右CKのセカンドボールをボックス中央のブロンズがボレーシュート。しかし、このシュートはゴールカバーに入ったフィッシャーにライン手前でクリアされた。 結局、試合はそのまま1-2で終了。前半の2ゴールで逃げ切ったスウェーデンが、2大会ぶり3度目の3位で大会を終えた。 2019.07.07 01:57 Sun
twitterfacebook
thumb

モーガン決勝弾にPKストップの王者アメリカがイングランドに競り勝って初連覇に王手!《女子W杯》

女子ワールドカップ(W杯)2019準決勝、イングランド女子代表vsアメリカ女子代表が2日に行われ、1-2でアメリカが勝利した。 準々決勝でノルウェー女子代表に3-0と快勝したイングランドと、準々決勝で開催国のフランス女子代表を2-1と下した前回王者アメリカの一戦。 主軸のラピノーを負傷の影響かベンチスタートとしたアメリカが、立ち上がりから攻勢に出る。まずは開始4分、ボックス右で仕掛けたラベルがGKを強襲するシュートを浴びせると、勢いそのまま10分に先制した。ヒースのスルーパスをラベルがスルーして右サイド高い位置まで駆け上がったオハラが受けてクロス。ファーサイドへのボールをプレスがヘディングシュートでゴールに押し込んだ。 ラピノーの代役プレスのゴールで先手を取ったアメリカがその後も右ウイングのヒースのスピードを生かした攻撃で圧力をかけると、16分にはラベルがミドルシュートで牽制。 しかし19分、イングランドがワンチャンスで同点とした。左サイドからのミードのクロスをホワイトがボレーで流し込んだ。 失点したアメリカは25分にチャンス。ルーズボールをペナルティアーク中央のラベルが強烈なボレー。だが、GKの正面を突いた。それでも31分、アメリカが勝ち越す。左サイド絞った位置からのホーランの正確なクロスをモーガンがヘディングで流し込んだ。 主将モーガンのグループステージ・タイ戦以来のゴールでリードしたアメリカは、自陣に引きながらショートカウンターを狙い、主導権を握ったまま前半を終えた。 迎えた後半もカウンターを狙うアメリカが流れを引き寄せる中、イングランドは58分に10番を背負うカービーを投入。 しかし1分後、アメリカはイングランドGKテルフォードのミスパスをカットしたプレスが決定的なシュートを浴びせて牽制する。 チャンスを作れずにいたイングランドだったが、67分に試合を振り出しに戻しかけた。スコットのワンタッチパスに抜け出したホワイトがGKとの一対一を制したが、VARの末にホワイトのポジションが僅かにオフサイドでノーゴールに覆った。 さらに79分にもイングランドに同点のチャンス。カービーのスルーパスで左サイド高い位置まで上がったストークスのクロスにホワイトが合わせにかかったが、僅かに届かなかった。しかしVARの末、ソーアブランの足がホワイトにかかっていたとしてPK判定となった。 ところがこのPKを蹴った主将のホートンのシュートはGKネーハーがセーブ。アメリカがリードを守ると、86分にイングランドに退場者が出てしまう。モーガンに対するスライディングタックルでブライトに2枚目のイエローカードが提示され、退場となった。 そして数的優位となったアメリカが7分の追加タイムを危なげなく進めてタイムアップ。3大会連続で決勝に進出し、初の2連覇へ王手をかけている。 2019.07.03 05:53 Wed
twitterfacebook
thumb

フィリップ・ネビルが東京五輪の女子英国代表指揮を明言!

イングランド女子代表のフィリップ・ネビル監督が、東京オリンピックでイギリス女子代表を率いる意向であることを明言した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 2018年1月からイングランド女子代表を率いるネビル監督。元マンチェスター・ユナイテッドの名サイドバックに率いられたチームは、現在フランスで行われている女子ワールドカップでベスト4進出。準々決勝でフランスがアメリカに敗れたため、欧州勢上位3チームが決まり、来年の東京五輪出場が決定した。 東京五輪には、イングランドはスコットランド、ウェールズ、北アイルランドと併せたイギリス代表として参加する。そのチームにネビル監督が抜擢されたようだ。 「オリンピックでは私が監督を務めるだろう。アメリカがフランスに勝ったことで我々はトーキョーに行くことができる」 だが、ネビル監督の目先の目標はW杯優勝。イングランド女子代表は7月2日、準決勝でアメリカと対戦する。 2019.06.30 16:31 Sun
twitterfacebook
thumb

イングランドがノルウェーに3発快勝で2大会連続のベスト4進出!《女子W杯》

女子ワールドカップ(W杯)2019準々決勝のノルウェー女子代表vsイングランド女子代表が27日に行われ、0-3で勝利したイングランドが2大会連続のベスト4進出を決めた。 ラウンド16でそれぞれオーストラリア、カメルーンを破ったノルウェーとイングランドによるベスト4進出を懸けた一戦。 試合は開始早々の3分にいきなり動く。右サイド深くで仕掛けたブロンズが相手DFを振り切りボックス右ゴールライン際でマイナスに折り返す。ニアのホワイトはシュートを空ぶってしまうが、後方に控えていたスコットが冷静にゴール左隅へ流し込んだ。 幸先良く先制に成功したイングランドは右サイドのブロンズとパリスのコンビを起点にその後も相手を押し込んでいく。29分にはボックス内のホワイトが左ポスト直撃のシュートを放つと、39分には左サイドでタメを作ったカービーの浮き球クロスをファーに走り込んだパリスが頭で合わすが、ここは相手GKの好守に遭う。 再三の決定機を決め切れないイングランドだったが、ノルウェーの拙攻もあって1点リードの状況をキープ。さらに、前半終了間際の40分には再びブロンズ、パリスのコンビで右サイドを破ってボックス右からパリスのグラウンダーのクロスが供給されると、ゴール前のホワイトがワンタッチで合わせ、貴重な2点目を奪って前半を優位な状況で終えた。 後半立ち上がりはノルウェーが押し返す展開も、先にゴールを奪ったのはまたしてもイングランド。57分、相手陣内右サイドで得たFKの場面でサインプレーからペナルティアーク付近でフリーとなったブロンズが右足を豪快に振り抜くと、ゴール前の密集を抜けた強烈なシュートがゴール中央の上隅に突き刺さった。 この3失点目でより厳しくなったノルウェーはリスクを冒して反撃に打って出る。しかし、ヘルロウセンやウトランドの決定的なシュートが相手GKの好守や相手DFのゴールライン上でのスーパークリアに阻まれるなど、あと一歩でゴールをこじ開けられない。 一方、攻守に隙を見せないイングランドは82分にボックス内での競り合いでファウルをもらいPKを獲得。しかし、パリスの左隅を狙ったシュートはGKの好守に阻まれ、試合を決定付ける4点目とはならず。 それでも、最後まで球際で身体を張り続けたイングランドはノルウェーにゴールを許すことなく3-0のスコアで試合をクローズ。攻守にノルウェーを圧倒し続けたイングランドが2大会連続のベスト4進出を決めた。 なお、イングランドは7月2日に行われる準決勝でフランスとアメリカの勝者と対戦することになる。 ノルウェー女子 0-3 イングランド女子 【イングランド】 スコット(前3) ホワイト(前40) ブロンズ(後12) 2019.06.28 05:55 Fri
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第28号 J1全18クラブ前半戦総括
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース