アトレティコ、レバークーゼンのドイツ代表DFターの獲得に関心2019.05.21 18:40 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレティコ・マドリーがレバークーゼンに所属するドイツ代表DFヨナタン・ター(23)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『アス』がドイツメディアのレポートを引用して伝えた。今シーズンをもってDFディエゴ・ゴディン、DFリュカ・エルナンデス、DFフアンフランの退団が決定しているアトレティコは最終ラインの補強が急務となっている。一部ではポルトのブラジル代表DFフェリペの獲得が内定しているとの話もあるが、今夏の早いタイミングで補強を完了させたいところだ。

現在、アトレティコはマンチェスター・シティ退団が決定的なアルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディ(31)と共に、若きドイツ代表センターバックの獲得に動いている模様だ。

192cmの恵まれた体躯とパワー、スピードに長けたアスリート型のセンターバックのターは、2015年にハンブルガーSVから5年契約でレバークーゼンに加入。今シーズンはブンデスリーガ33試合に出場し3ゴールの数字を残していた。また、ドイツ代表では通算5試合に出場している。

昨年2月にレバークーゼンと2023年までの新契約を結んだターだが、2500万~3000万ユーロ(約30億~37億円)程度の金額で獲得可能だという。ただ、同選手に関してはユベントスとミランも関心を示しているとのことだ。
コメント
関連ニュース
thumb

シメオネから現役引退のトーレスへ…「君は次世代の選手たちに最高の遺産を残した」

アトレティコ・マドリーを率いるディエゴ・シメオネ監督が、自身のインスタグラム(simeone)で21日に現役引退を発表したサガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(35)に労いの言葉をかけた。 “エル・ニーニョ”の愛称で親しまれるトーレスは、2001年にアトレティコ・マドリーでプロキャリアをスタート後、リバプール、チェルシー、ミランを渡り歩き、チャンピオンズリーグ(CL)や、ヨーロッパリーグ(EL)のタイトルに貢献。通算110試合38ゴールの代表キャリアにおいても輝かしい経歴を誇り、3度のワールドカップ(W杯)出場を果たして、2010年の南アフリカ大会で同国史上初の優勝を経験した。 その後、2018年夏に鳥栖加入。初年度こそ明治安田生命J1リーグ17試合3得点を記録したが、今シーズンはケガなどのコンディション不良に苦しみ、ここまで11試合無得点にとどまっている状況だった。 そんな中、トーレスは21日に現役引退を発表。23日に行われた引退会見で、8月23日に行われる明治安田生命J1リーグ第24節のヴィッセル神戸戦が現役ラストマッチとなり、引退後は鳥栖のアドバイザーを務めることなど明かしていた。 そのトーレスに対して、選手と監督として共闘したシメオネ監督がメッセージを送っている。 「アトレティコ・マドリーで、とても若かった君に出会った。まだ選手だった私と時間を共有していた中、君は強い個性を放ち、他の選手たちとは違うことを示していた」 「素晴らしいチームでプレーして成長し、みんなに素晴らしい記憶を刻んだ。しかし、君は自分の家に帰ってきた。勝利を掴み取るために」 「チームメイトとしても監督としても、常にあるのは君への尊敬だ。そしてハードワークと精神的な強さ。君は次世代の選手たちに最高の遺産を残した。諦めてはいけないということを。ありがとう、フェルナンド」 2019.06.24 13:00 Mon
twitterfacebook
thumb

今夏アトレティコと対戦するMLSオールスターが強力!

アトレティコ・マドリーは来月31日、メジャーリーグ・サッカー(MLS)オールスターと対戦する。そのチームがかなり強そうだとスペイン『アス』が取り上げている。 MLSオールスターは、オーランド・シティ、DCユナイテッド、スポルティング・カンザスシティ、ロサンゼルス・ギャラクシー、ロサンゼルスFC、そしてアトランタ・ユナイテッドからそれぞれ4名がファンによって選出される。そしてその中のベストイレブンが22日にMLSによって明かされた。 特に強力なのが攻撃陣。ズラタン・イブラヒモビッチにウェイン・ルーニー、カルロス・ベラ、ジョナタン・ドス・サントスといったヨーロッパで活躍した名プレイヤーが顔を揃え、彼らが同じチームでどういうプレーをするのか注目されている。 そんな攻撃を受け止めるロヒブランコスの守備陣は現在刷新が行われている。センターバックから両サイドバックに新戦力の到着が見込まれており、この試合が試金石となるに違いない。 色んな意味で注目を浴びるMLSオールスターゲーム。毎年の恒例行事となっており、昨年はユベントス、一昨年はレアル・マドリーが対戦している。今年のファン選出のベストイレブンは以下の通り。 GKブラッド・グザン(アトランタ・ユナイテッド) DFグラハム・ズシ(カンザスシティ) DFウォーカー・ジマーマン(ロサンゼルスFC) DFゴンサレス・ピレス(アトランタ・ユナイテッド) MFジョナタン・ドス・サントス(LAギャラクシー) MFナニ(オーランド・シティ) MFエセキエル・バルコ(アトランタ・ユナイテッド) MFゴンサロ・マルティネス(アトランタ・ユナイテッド) FWウェイン・ルーニー(DCユナイテッド) FWカルロス・ベラ(ロサンゼルスFC) FWズラタン・イブラヒモビッチ(LAギャラクシー) 2019.06.23 20:50 Sun
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、ヒサイ獲得濃厚に

アトレティコ・マドリーが、アルバニア代表DFエルセイド・ヒサイ(25)獲得について、ナポリと合意に近づいているようだ。 『フットボール・イタリア』によると、イタリアの複数のメディアが今夏にヒサイがアトレティコに完全移籍すると報道。ナポリ側の要求額は2500万ユーロだったが、最終的に2000万ユーロ(約24億4500万円)で決着になる見込みとのことだ。 アトレティコは今夏に、DFリュカ・エルナンデスのバイエルン移籍とDFフアンフランの退団が決定しており、加えてDFフィリペ・ルイスも退団濃厚に。そのためサイドバックの確保が急務となっていた。 両サイドバックがこなせるヒサイには恩師マウリツィオ・サッリ監督が就任したユベントスやマンチェスター・ユナイテッドも興味を示していたとされている。 今季は公式戦35試合に出場。その内訳は右サイドバック27試合、左サイドバック8試合となっている。 2019.06.23 17:25 Sun
twitterfacebook
thumb

フェルナンド・トーレス、引退後はアトレティコ要職に?

21日に現役引退を発表したサガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(35)。彼の引退後のキャリアとして古巣アトレティコ・マドリーで要職に就くのではないかとスペイン『アス』が伝えている。 引退発表動画が430万再生、そして数多くの選手やクラブからメッセージが届くなど、その知名度と人望の厚さが改めて知られることになったトーレスだが、その人気を活用した仕事を同クラブが用意するのではないかと噂されている。 アトレティコの下部組織出身で現在でもツイッター(@Torres)のヘッダーをアトレティコサポーターが掲げたコレオにするなど愛着を見せるトーレス。また1ヶ月前にも同クラブのエンリケ・セレソ会長とミゲル・アンヘル・ギル・マリン最高経営責任者(CEO) が日本を訪問するなどいまだに交流は深く、愛すべき古巣の力になる仕事と考えると非常に現実的な話のようにも思える。 現時点では今後のキャリアについては語っていないトーレスだが、23日の引退会見ではどのような言葉で振り返り、そして今後の展望を口にするか。その言動に注目が集まる。 2019.06.22 16:03 Sat
twitterfacebook
thumb

ロドリ、エティハド行きを選択…シティ史上最高額で加入へ

アトレティコ・マドリーに所属するスペイン代表MFロドリゴ・エルナンデス(22)がマンチェスター・シティ移籍を決断した模様だ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 “ロドリ”ことロドリゴ・エルナンデスは昨夏、ビジャレアルから加入した守備的MF。アトレティコ・マドリーとの契約を2023年まで残しているが、既報でクラブ側に移籍希望の意思を表明したとされ、去就がよりヒートアップしている。 そのロドリを狙っているとされてきたのが、シティとバイエルン。両軍ともに契約解除金6300万ポンド(約83億1000万円)を支払っての獲得に意欲を示しているといわれるなか、ロドリ自身がシティ行きを選択したという。 これが実現すれば、ロドリはシティ史上最高額でのエティハド行きに。これまでの最高額は昨夏にレスター・シティから加入したアルジェリア代表FWリヤド・マフレズの6000万ポンド(約82億円)だった。 今夏、ブラジル代表MFフェルナンジーニョ(34)の後釜として、ロドリの獲得が有力的なシティ。今夏の補強第一号は、プレミアリーグ3連覇、悲願のチャンピオンズリーグ(CL)制覇への機運が高まるものになりそうだ。 2019.06.22 12:40 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース