退団濃厚ナバスは好守連発もベイル出場なし…マドリー、ベティスに敗戦で最悪のシーズンを終える《リーガエスパニョーラ》2019.05.19 21:25 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーは19日、リーガエスパニョーラ最終節でベティスと対戦し、0-2で敗れた。すでに3位が確定しているマドリーは、最後尾に今シーズン限りでの退団が濃厚となっているGKケイロル・ナバスが4試合ぶりにスタメン復帰。3トップはセンターにベンゼマ、両ウイングにディアスとヴィニシウスを据えた。

勝利でシーズンを締めくくりたいマドリーだったが、試合はベティスペースで進んでいく。28分、バルトラに敵陣中央左サイドからボックス中央手前に侵攻され、シュートを許す。しかし、ここはケイロル・ナバスがはじき出した。

ピンチを招いたマドリーは34分、オーバーラップでボックス右外を駆け上がってきたヴァランがクロスを入れる。F・ゲレーロのクリアミスを拾ったベンゼマがボックス中央から狙うも、左ポストに嫌われた。

ゴールレスで試合を折り返したマドリーは、後半立ち上がりからゴール前に迫るが、ボックス内での精度を欠き、シュートを放つことができない。57分にはマルセロのパスに抜け出したヴィニシウスが、ボックス内でDFを1人かわし、GKパウ・ロペスとの一対一の局面を迎える。しかし、決めることはできず、千載一遇のチャンスを逃した。

マドリーは攻めあぐねていると一瞬の隙を突かれてしまう。62分、ボックス左外からグアルダードにクロスを許すと、ファーサイドのロレンに押し込まれてしまい、先制点を献上した。

失点後も覇気がないマドリー。67分のロ・セルソのシュートはGKケイロル・ナバスがビックセーブで防いだ。しかし、75分にロ・セルソのタメからカルバーニョにボックス左を侵攻されてしまうと、最後はゴール前のヘセ・ロドリゲスに左足で恩返し弾を浴びた。

2点ビハインドとなり、苦しくなったマドリーは、最後の交代カードとしてベンゼマに代えてL・バスケスを投入。今シーズン限りでの退団が濃厚なベイルに出場機会は訪れなかった。

その後もマドリーは、ベティスゴールを脅かすことができず、0-2で試合終了。シーズン12敗目を喫し、21世紀で最悪のシーズンを連敗で終わっている。


コメント
関連ニュース
thumb

ミランがマドリー&アーセナルとビッグトレード? トレイラ、セバージョス巡り

ミランが獲得を狙っているアーセナルのウルグアイ代表MFルーカス・トレイラ(23)とレアル・マドリーのスペイン代表MFダニ・セバージョス(22)を巡り、両チームに大型トレードを仕掛けているのではないかとイタリア『ガゼッタデッロスポルト』が報じた。 イギリスでの生活苦からイタリア復帰希望ですでに個人間合意をしているとも言われているトレイラと、マドリーでジネディーヌ・ジダン監督の構想から外れ放出有力候補と噂されるセバージョス。ここに話を持ち掛けたのがミランだ。 トレードの第一候補として名前が挙がっているのがコートジボワール代表MFのフランク・ケシエ(22)で同選手の移籍を条件に含めることで金銭的な負担軽減を図りたい模様。 もう一人の放出候補はスイス代表DFリカルド・ロドリゲス(26)で、ミランは同選手がアーセナルのウナイ・エメリ監督が好む選手と見ており、1500万ユーロの価値を持つR・ロドリゲスをトレード要因として差額の支払い交渉に持ち込みたい算段のようだ。 両チームの双方の選手共に成功すれば一大トレードになるがはたしてどういう結末を迎えるか。ビッグクラブ達の決断に注目が集まる。 2019.06.26 16:41 Wed
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、今季女子プリメーラに昇格したCDタコンの買収合意を発表

レアル・マドリーは25日、理事会でプリメーラ・ディビシオン・フェメニーナ(女子リーガ・エスパニョーラ1部)に所属するクラブ・デポルティーボ(CD)タコンの女子サッカー部門を2020年7月から吸収統合することで合意に至ったと発表した。 なお、次回のソシオ(クラブ会員)評議会で同意を得られれば、正式決定となる。 また、マドリーは両クラブのコラボレーションプロジェクトとして、CDタコンが2019-20シーズンの練習と試合をマドリーの練習場である“シウダー・レアル・マドリッド”で行うと併せて発表している。 プリメーラ・ディビシオン・フェミニーナでは、バルセロナやアトレチコ・マドリードといった強豪クラブが女子チームを保有。2チームの対戦では、6万739人が観戦に訪れ、女子サッカー史上最多の観客動員を記録するなどブームになりつつある。 2019.06.26 04:20 Wed
twitterfacebook
thumb

バジャドリー、レアル・マドリーBから若手FWをレンタル! 3選手と契約更新

バジャドリーは25日、レアル・マドリー・カスティージャからスペイン人FWホルヘ・デ・フルートス(22)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 2018年にラージョ・マハダオンダからカスティージャに加入したデ・フルートスは、スピードと両足のキック精度に長けたアタッカー。今シーズンは右ウイングを主戦場に左ウイング、センターフォワードでもプレーし、セグンダB(スペイン3部)で35試合に出場し7ゴール5アシストの数字を残していた。 また、バジャドリーは同日、スペイン人DFキコ・オリバス(30)とスペイン人MFミチェル(30)、スペイン人DFロベルト・コラル(21)の3選手との契約更新を発表した。 レギュラーセンターバックとしてリーグ戦35試合に出場したキコは2022年、同じく主力MFとしてリーグ戦35試合に出場したミチェルは2020年、リザーブチームの主力を担う若手左サイドバックのコラルは2022年までの契約にサインしている。 2019.06.26 03:31 Wed
twitterfacebook
thumb

MF久保建英が総括…「世界を相手に戦いたいと強く思える大会だった」《コパ・アメリカ》

日本時間25日(現地時間24日)、コパ・アメリカ2019 グループC最終節のエクアドル代表vs日本代表が行われ、1-1の引き分けに終わった。この結果、日本は2分け1敗でグループリーグ敗退となった。 試合後、MF久保建英(レアル・マドリー/スペイン)がDAZNのインタビューに応対。南米勢との真剣勝負の舞台を振り返り、「世界を相手に戦いたいと強く思える大会」になったと総括した。 ◆MF久保建英(レアル・マドリー/スペイン) 「成長というよりは自分の現在を知ることだったり、持っているものを普段とは違う相手を前にしても出せるっているのを再確認できたことが良かったです」 ──コパ・アメリカでの経験をどう活かしたいか 「一概には言えないです。でもやはり世界を相手に戦いたいなと強く思えるような大会だったのは確かです」 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1dxqi00z82lqv1wuppoj7hua15" async></script> </div> 2019.06.25 18:17 Tue
twitterfacebook
thumb

MF久保建英、内容にはポジティブも結果を悔やむ「非常にもったいない」《コパ・アメリカ》

日本時間25日(現地時間24日)、コパ・アメリカ2019 グループC最終節のエクアドル代表vs日本代表が行われ、1-1の引き分けに終わった。この結果、日本は2分け1敗でグループリーグ敗退となった。 試合後、MF久保建英(レアル・マドリー/スペイン)がDAZNのインタビューに応対。試合を振り返り、内容に関してはポジティブに捉えるも、「勝ち点1しか持ち帰れなかったのはもったいない」と結果を悔やんだ。 ◆MF久保建英(レアル・マドリー/スペイン) 「チャンスがあった中で、勝ち点1しか持ち帰れなかったのは非常にもったいないと思います。結果的に引き分けているので、得点力不足とか色々と言われると思いますし、自分たちはできるだけのものは出した中で、今日は引き分けてしまいましたけど、内容も自分たちが押している時間も多かったですし、やれるっていうことは見せることができただけに自分個人としては、すごく悔しいものがあります」 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=8tstoy53tlxx1bhuomyovd5a7" async></script> </div> 2019.06.25 18:15 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース