ブレーメン、主将の元ドイツ代表FWクルーゼが今季退団2019.05.18 08:25 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブレーメンは17日、元ドイツ代表FWマックス・クルーゼ(31)の今シーズン退団を発表した。

ドイツ代表歴を持つブレーメン下部組織出身のクルーゼは2016年にヴォルフスブルクから復帰。今シーズンも公式戦36試合12得点14アシストの成績を収め、キャプテンとしてもチームを引っ張った。

契約満了に伴う退団が決定したクルーゼは「この3年間、大きな喜びを持ってプレーさせてもらった。ここ最近、キャプテンとしてチームを率いたことも誇りだ。貴重な思い出として生涯残る」とコメントしている。
コメント
関連ニュース
thumb

ゲブレ・セラシェが代表引退…チェコ史上初の黒人選手

ブレーメンに所属するDFセオドル・ゲブレ・セラシェ(32)が21日、自身の公式『インスタグラム』でチェコ代表からの引退を発表した。 なお、ゲブレ・セラシェは代表引退に関して自身のコンディションと家族が理由だと説明している。 エチオピア人の父親とチェコ人の母親の下、チェコのトシェビーチで生まれ育ったゲブレ・セラシェは、スラヴィア・プラハ、スロヴァン・リベレツと国内の強豪でのプレーをキッカケに2011年6月に日本で行われたキリンカップのペルー代表戦でフル代表デビュー。なお、同選手はチェコ代表史上初の人選手だった。 その後は豊富な運動量とスピード、攻撃性能を武器にチェコの不動の右サイドバックとして活躍。2012大会、2016大会と2度のユーロ本大会に出場するなど、代表通算54試合に出場し4ゴールを記録した。 2019.05.22 13:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ブレーメン、40歳のレジェンド・ピサーロと2020年まで契約延長

ブレーメンは18日、元ペルー代表FWクラウディオ・ピサーロ(40)との契約を2020年6月30日まで延長したことを発表した。 昨夏にブレーメンへ復帰したピサーロは、今季ブンデスリーガ26試合に出場し5ゴール2アシストをマーク。18日に行われたブンデスリーガ最終節のライプツィヒ戦では、74分から出場し88分に決勝点となるゴールを記録。チームを勝利に導いた。 現契約は今シーズン終了後に切れる予定だったが、1年間の新契約を手にしたピサーロは、今回の契約延長を喜んでいる。 「僕は現役を続けるかの決定は自分の身体と相談しながら決めてきた。そして今、僕はすごく調子がいいんだ。だから、ブレーメンと新たに契約を結べて嬉しく思っているよ」 2019.05.19 03:51 Sun
twitterfacebook
thumb

大迫PK獲得で勝利に貢献! EL出場権はボルシアMG、ヴォルフスブルク、フランクフルトが獲得《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ最終節が各地で行われた。 ブレーメンvsライプツィヒは、2-1でブレーメンが勝利した。大迫は74分までプレーした。 すでに来季のヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得の可能性は消滅している9位のブレーメン(勝ち点50)。今季最後の試合となる今回は、大迫が3試合連続で先発出場となった。また、先日に今季限りでの退団が発表された主将のマックス・クルーゼには試合前に花束が贈呈された。試合はケガで欠場となった。 すでに3位を確定させているライプツィヒとの一戦は、互いに中盤で精彩を欠き、30分を過ぎてもシュートゼロ。初シュートが生まれたのは33分だった。左のアウグスティンションのクロスに大迫が反応するも、上手くミートさせることができす、脛に当ててしまった。 ところが、この場面で大迫が相手のチャージを受けたことでPKを獲得。これをラシカが決めてブレーメンが先制した。 先制のきっかけとなった大迫は39分、左のハーフスペースからのFKからへディングシュートを放つ。打点の高いシュートだったが、惜しくも枠の左に外れた。 ライプツィヒのファーストシュートは前半アディショナルタイムに訪れた。オギュスタンのドリブル突破から最後はブルマ。ボックス中央からのシュートだったが、ネットを揺らすことはできなかった。 迎えた後半、1点リードのブレーメンは絶体絶命のピンチを迎える。53分、フリードルがボックス内でハンドをしてしまったことで、ライプツィヒにPKが与えられてしまう。だが、キッカーのブルマがこれを枠の上に外してしまい、ブレーメンのリードは継続。 助かったブレーメンは60分に大迫にチャンス到来。左から流れてきたボールを拾ってボックス右に侵入。マークを振りほどいて右足で強烈なシュートを放つが、GKに弾かれた。 そして、その大迫は74分にピサーロと交代でベンチへ退いた。 すでに3枚の交代カードを切っているライプツィヒは86分、ブレーメンのミスからCKを獲得すると、立て続けに得た2度目のCKの流れから、左からのクロスをムキエレが押し込んで同点に追いついた。 しかしその2分後、ブレーメンはピサーロが相手に囲まれながらもボックスの外から放ったシュートがゴール右隅に突き刺さり、再びライプツィヒを突き放した。 結局試合は2-1でブレーメンが勝利。リーグ2連勝でシーズンを締めくくった。 一方、EL出場権争いでは、7位のヴォルフスブルク(勝ち点52)がアウグスブルクに8-1で勝利。この結果、バイエルンに敗れたフランクフルト(勝ち点54)を抜いて、ヴォルフスブルクがEL出場権獲得となる6位でフィニッシュした。フランクフルトは7位に落ちたが、国内カップ戦でライプツィヒが優勝しているため、繰り下げでEL出場権獲得となった。8位のホッフェンハイムはマインツに逆転負けし、最終的に9位となった。 また、最終節でドルトムントに敗れたボルシアMGが5位に。ヘルタ・ベルリンに勝利したレバークーゼンは逆転で4位に浮上し、チャンピオンズリーグ出場権を獲得した。 2019.05.19 00:38 Sun
twitterfacebook
thumb

コパ・アメリカ派遣NGの大迫勇也、キリンチャレンジカップは出場OK?

ブレーメンに所属する日本代表FW大迫勇也だが、6月に日本代表としてプレーする可能性があるようだ。ドイツ『deichstube』が報じた。 大迫は今シーズンからブレーメンに加入。開幕からレギュラーとしてプレーしていたものの、徐々に出場機会が減ると、日本代表として参加したアジアカップで負傷。チームに復帰してからもコンディション不良などで欠場が続いていた。 このことを不服としたブレーメン側が、派遣義務が発生しないコパ・アメリカへの大迫の招集を拒否。代表活動をさせないことを2月に明らかにしていた。 フロリアン・コーフェルト監督は、大迫について「ユウヤが、4週間の休暇か3週間半の休暇になるかは決定的なことではない。ただ、彼がコパ・アメリカでプレーしないことは明らかだ」とコメントした。 オフの休暇に関する数日の差は、6月上旬の国際親善試合を表している。コパ・アメリカは招待国のため、ブレーメンに派遣の義務は発生しない。しかし、6月5日に行われるキリンチャレンジカップのトリニダード・トバゴ代表戦、同9日のエルサルバドル代表戦は、FIFAの国際Aマッチデーとなるため、派遣の義務が生じることとなる。 コーフェルト監督も、「彼は代表選手だ。また、ユウヤが日本での年間最優秀選手に選ばれたことを忘れてはならない」とコメントしており、親善試合でのプレーは問題視していないようだ。 コパ・アメリカに臨む日本代表には大迫を招集できない中で、キリンチャレンジカップのためだけに大迫を招集する可能性は低いと思われるが、森保一監督はどのような決断を下すだろうか。大迫としては加入1年目でブンデスリーガ20試合に出場し3ゴールに終わった今シーズンの悔しさを、来シーズンこそは晴らしたいだけに、どのような結末を迎えるか注目だ。 2019.05.15 14:10 Wed
twitterfacebook
thumb

大迫フル出場のブレーメン、守護神の活躍でリーグ戦4試合ぶり白星《ブンデスリーガ》

ブレーメンは11日、ブンデスリーガ第33節でホッフェンハイムと対戦し、1-0で勝利した。 来季のヨーロッパリーグ出場が狙える9位のブレーメン(勝ち点47)。前節のドルトムント戦を2-2で引き分け、リーグ戦連敗を「2」でストップした。4試合ぶりの勝利を目指す今節は、ドルトムント戦からスタメンを4人変更。大迫は2試合連続のスタメン出場となった。 3分のラシカのこの試合の初シュート、4分にはCKからモイサンデルがGK強襲のヘディングシュートを放ったブレーメンだが、試合の主導権は譲ることになる。 徐々にブレーメンを押し込んでいくホッフェンハイムは19分、左サイドバックのブレネットのクロスにサライが合わせたシュートはボール一つ分右に逸れる。21分には、アミリがボックス左を侵攻し、角度のないところからシュートを放つ。ここはDFが足を出してなんとか外に弾きだした。 25分にブレーメンはフリードルがケガで続行不可能となり、代わりにゲブレ・セラシェがピッチに立った。その後しばらく試合は膠着したが、迎えた39分に動いた。 相手GKのパスミスをM・エッゲシュタインが奪ったところからブレーメンにチャンス到来。すぐさまゴール前のJ・エッゲシュタインへ渡し、J・エッゲシュタインは素早くシュートを打つがGKバウマンの足に当たってしまう。それでもボックス左でこぼれ球を拾ったラシカのクロスをJ・エッゲシュタインが頭で合わせてネットを揺らした。 後半に入って交代カードを一枚切ったホッフェンハイムは前半のようにシュートを重ねていく。ブレーメンも58分に、前線からの素早いチェックでボールを奪うと、ラシカがボックス外からシュートを打つ。 67分のブレーメンのカウンター攻撃では、左に張った大迫に好機。ボックス左に侵入し左足でシュートを放ったが枠を捉えることはできなかった。さらに72分には、モフワルドの横パスを受けた大迫がボックス中央からシュートしたが、こちらはDFに止められた。 同分にブレーメンは、ベルフォディルにヘディングシュートを許すが、GKパブレンカがファインセーブを見せ、ゴールを割らせなかった。また、81分にはこの試合最大のピンチが訪れる。相手DFからのロングボールをボックス手前で収められると、途中出場ジョエリントンの浮き球のパスからクラマリッチに最終ラインの突破を許す。しかし、この窮地もGKパブレンカが見事に救って見せた。 守護神の活躍もあり、ブレーメンは1-0で勝利。リーグ戦4試合ぶりの白星を手にした。 2019.05.12 01:31 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース