ホッフェンハイム、降格ハノーファーからFWベブを獲得2019.05.17 02:14 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ホッフェンハイムは16日、ブンデスリーガ2部に降格したハノーファーからトーゴ代表FWイフラス・ベブ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までとなっている。ウインガーを本職にストライカーでもプレー可能なスピードに特長のあるベブは、2017年8月にデュッセルドルフからハノーファーに加入。今季は負傷で長期離脱があった中、MF原口元気、FW浅野拓磨の同僚としてブンデスリーガ11試合の出場で4ゴール3アシストの結果を残していた。

ホッフェンハイムでは今月、アルメニア代表FWサルギス・アダムヤン、ギリシャ代表DFコスタス・スタフィリディスを獲得し、来季に向けた戦力補強を着々と行っている。
コメント
関連ニュース
thumb

シャルケFWトイヒャート、2部降格のハノーファーへ買取OP付きレンタル移籍

日本代表MF原口元気の所属するブンデスリーガ2部に降格したハノーファーは2日、シャルケのドイツ人FWセドリック・トイヒャート(22)を買取オプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 2018年1月にニュルンベルクからシャルケに加入したストライカーのトイヒャートだったが、シャルケでは結果を残せず2018-19シーズンはブンデスリーガ5試合、チャンピオンズリーグ2試合、DFBポカール2試合の出場で、ノーゴールに終わっていた。 世代別代表ではU-21ドイツ代表まで選出されてきた経歴を持っている。 2019.07.03 05:11 Wed
twitterfacebook
thumb

ハノーファーのスロムカ新監督が原口元気に要求「もっとスピードを!」

ハノーファーのミルコ・スロムカ新監督が日本代表MF原口元気(28)に対し、練習の中でプレースピードの改善を要求していることをドイツ『ビルト』が伝えた。 原口は昨年のロシア・ワールドカップ(W杯)の決勝トーナメント1回戦、ベルギー代表戦で先制ゴールを挙げるなどの活躍をし、飛躍を期した昨シーズンだったが、ブンデスリーガで28試合ノーゴール。チームも17位という順位に終わり、残念ながら2部降格となった。 そのハノーファーは今夏、2010年1月から2013年12月までハノーファーで指揮していたスロムカ監督を招へい。1年での1部復帰に向けて、すでに始動している。 スロムカ監督はその練習の中で、サイドへドリブルで持ち込みたがり、攻撃に時間をかけてしまう原口に対し、プレーを一旦切った上で「どうしてシンプルにパスを出せない?それじゃ実力はずっと今のままだ!」とプレーの改善を要求した。 その後の練習では動きが改善されたようで、同監督は「原口は非常に反応が良くなった。プレーが積極的になり、判断も早くなった。すごく熱心になったね」と同選手の意識の高さを評価するコメントを残した。 日本代表でも2列目左ではMF中島翔哉、ウイングバック(WB)ではDF長友佑都らとのポジション争いが激しくなっている原口。ドイツの地で更なるレベルアップを図り、チーム、代表ともに不動のレギュラーとして活躍を期待したいところだ。 2019.07.02 16:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ハノーファー、デュッセルドルフからFWドゥクシュを獲得! 2017-18シーズンには2部で得点王を獲得

ブンデス2部に降格したハノーファーは28日、デュッセルドルフからドイツ人FWマーヴィン・ドゥクシュ(25)を完全移籍で獲得した。契約期間は2021年6月30日までとなる。 8歳からドルトムントのアカデミーに在籍していた191cmの長身ストライカーのドゥクシュは、2013-14シーズンにトップチームデビュー。しかし、ドルトムントでは出場機会に恵まれずフィテッセへのレンタルやリザーブチームでのプレーが続いていた。 出場機会を求めて2016年の夏にブンデス2部のザンクト・パウリへ移籍したが、ここでも出場機会を得られず。半年で3. リーガ(ドイツ3部相当)のホルスタイン・キールへレンタル移籍で加入すると、リーグ戦16試合で5ゴールを挙げ、チームのブンデス2部昇格に貢献。 2017-18シーズンもキールへ再レンタルされたドゥクシュは、ブンデス2部で33試合に出場し18ゴールを記録。リーグ得点王を獲得し、チームの昇格プレーオフ進出に貢献していた。この活躍が認められ、2018年の夏にデュッセルドルフへ完全移籍したが、今季はブンデスリーガ16試合で1ゴールにとどまっていた。 2019.06.29 02:22 Sat
twitterfacebook
thumb

ハノーファー、ヴォルフスブルクと契約満了の元ドイツ代表DFユングを獲得

ブンデス2部に降格ハノーファーは25日、今季限りでヴォルフスブルクと契約満了を迎える元ドイツ代表DFセバスティアン・ユング(29)を獲得した。契約期間は2020年6月30日までの1年間となる。 ユングは、今回の移籍についてハノーファーの公式サイトで以下のように語った。 「今回のハノーファーへの移籍は、僕にとっては新たな始まりを意味するものでもあるんだ。またプロの舞台で自分の力を証明したい。新たな船出となるこのクラブと思惑が一致したんだ」 右サイドバックを主戦場とするユングは、2008年にフランクフルトのトップチームデビュー。2014年にヴォルフスブルクへ移籍すると、これまでブンデスリーガでは通算155試合に出場。しかし、今季はケガに悩まされリーグ戦1試合の出場にとどまっていた。 またドイツ代表では、2014年5月に行われたポーランド代表との国際親善試合で代表デビューを飾ったが、それ以降は招集されていない。 2019.06.26 01:10 Wed
twitterfacebook
thumb

原口元気「怖がらずに前からいけた」 ミシャ式を知るからこその課題も《キリンチャレンジカップ》

日本代表(FIFAランキング26位)は9日、ひとめぼれスタジアム宮城でキリンチャレンジカップ2019のエルサルバドル代表(同71位)戦に臨み、2-0で勝利した。 試合後、左ウイングバックで出場し、1アシストを記録したMF原口元気(ハノーファー/ドイツ)がミックスゾーンでの取材に応対。「怖がらずに前からいけた」と積極的にプレーできたことを明かした。しかし、かつて浦和レッズでミハイロ・ペトロヴィッチ監督(現・北海道コンサドーレ札幌)の下で[3-4-2-1]を経験しているからこその課題もあることを明かした。 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=e0ep1nsivza116abgdq23ipmt" async></script> </div> ◆MF原口元気(ハノーファー/ドイツ) ──伸び伸びとプレーしているように見えたが 「そうですね。怖がらずに前からいけたと思いますし、攻守ともにそういうプレーが多かったと思います。ただ、自分のプレー的には、ミスが多かったので…」 ──前回のDF長友佑都(ガラタサライ/インテル)とDF酒井宏樹(マルセイユ/フランス)のWBとどういった違いを出そうと思ったか 「タイプ的にはどちらかというと僕らの方が攻撃的なので、より攻撃的に行きたいということだったと思います。かといって、3バックなので守備もやらないと、僕らも戻らないといけません。そこもしっかりやりながらということは意識しました」 ──どれくらいの手応えがあったか 「前半に関してはかなり良かったと思います。ただ、まだシャドーが下がりすぎるとか、そこの入れ替わりがまだスムーズに行ってない部分があります。守備に関しては割と嵌ったかなと思います」 ──かつて浦和レッズ時代にミハイロ・ペトロヴィッチ監督の下でやっていたやり方とほとんど同じでやりやすかったのではないか 「だからこそこうした方が良いのになというのはまだありますね。もっとこうしたら僕が綺麗に裏を取れるのになとか、(南野)拓実と(堂安)と律が綺麗に受けれるのになというのは感じながらやっていました」 「まあでも工夫しながらそれなりにみんなでできたと思います。合わせる期間も1日だけだったので、その中で守備も工夫してというか、怖がらずに前に前にいくことを貫けたので、まあまあですね」 2019.06.10 00:50 Mon
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース