ホッフェンハイム、降格ハノーファーからFWベブを獲得

2019.05.17 02:14 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ホッフェンハイムは16日、ブンデスリーガ2部に降格したハノーファーからトーゴ代表FWイフラス・ベブ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までとなっている。

ウインガーを本職にストライカーでもプレー可能なスピードに特長のあるベブは、2017年8月にデュッセルドルフからハノーファーに加入。今季は負傷で長期離脱があった中、MF原口元気、FW浅野拓磨の同僚としてブンデスリーガ11試合の出場で4ゴール3アシストの結果を残していた。

ホッフェンハイムでは今月、アルメニア代表FWサルギス・アダムヤン、ギリシャ代表DFコスタス・スタフィリディスを獲得し、来季に向けた戦力補強を着々と行っている。
コメント