PSGとユナイテッドがレヴァンドフスキ獲得に動く!2019.05.16 20:17 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)とマンチェスター・ユナイテッドがバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(30)の獲得に動いているようだ。ドイツ『キッカー』が伝えている。今夏の移籍市場でウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ、ベルギー代表FWロメル・ルカクとセンターフォワードを務める主力に退団の可能性が浮上しているPSGとユナイテッドの両クラブ。

そして、その金満2クラブが獲得候補に挙げているのが、今季ここまでリーグ戦22ゴールを挙げて2年連続得点王獲得が濃厚なバイエルンのエースストライカーのようだ。

『キッカー』が伝えるところによれば、バイエルンはエースの慰留に向けて2022年までの新契約をオファーしているものの、交渉は停滞しているという。そして、そこに目を付けたのが、前述の2クラブだという。

なお、以前からスペインでのプレー希望を公言していたレヴァンドフスキは、昨夏にレアル・マドリー行きに迫っていたが、結局移籍は実現せず。そのため、現時点ではバイエルン残留を含めて様々な選択肢を考慮しているかもしれない。
コメント
関連ニュース
thumb

ネイマールが挙げる“これまで対戦してきた中で最高だと思う選手”は?

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールが“これまで対戦した最高の選手”を挙げた。スペイン『マルカ』が伝えている。 これまでサントス、バルセロナ、PSGでプレーし、ブラジル代表でもエースに君臨するネイマール。ここ2シーズンはケガに悩まされているものの、卓越したテクニックと優れた得点感覚で、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシや、ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと並ぶ世界最高峰の選手として活躍し続けている。 そのネイマールは、『レッドブル』のイベントに出席した際、これまで対戦してきた中で最高だと思う選手に、レアル・マドリーに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスの名前を挙げている。 「僕が対戦した最高の選手は、セルヒオ・ラモスだ」 「彼は優れたセンターバック。そして、さらにすごいのは、ゴールも決めれるところだよ」 2019.07.20 15:45 Sat
twitterfacebook
thumb

マルセロ「比較することはできないけど、僕的にはアザールよりネイマールが良い」

レアル・マドリーに所属するブラジル代表DFマルセロが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属する同胞のFWネイマールと、新たにマドリーに加わったベルギー代表MFエデン・アザールについて語った。スペイン『マルカ』が伝えている。 昨シーズンに無冠という屈辱を味わい、新シーズンでの復権を睨むマドリー。今夏では、アザールやセルビア代表FWルカ・ヨビッチらを獲得し大型補強を敢行しているが、一時はネイマールの獲得も噂されていた。 そんな中、マルセロがネイマールとアザールについて言及。どちらも優れたアタッカーであることを認めるも、個人的には同胞のネイマールを好んでいることを明かした。 「ネイマールは予測不可能な選手だ」 「ディフェンス側が何をしてくるか予想した時、彼はすでに違うことを考えている。守ることは不可能だ」 「ネイマールがマドリーに加入すれば、それはとても嬉しいことだよ。マドリーは世界で最高の選手にサインするためにあらゆることをしなくてはならない。バルセロナでの過去は、問題にならないよ」 「エデンはトッププレーヤーだよ。クオリティの高い選手で、ネイマールのようにトップ5に入るクオリティがあるね。彼は印象的な選手。彼らを比較することはできないけど、僕的にはネイマールのほうが良いね」 2019.07.20 14:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ルカク獲得難航のインテル、代替案はカバーニか

インテルが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(32)に注目しているようだ。イタリア『トゥットスポルト』が報じている。 今夏にマンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表FWロメル・ルカク(26)の獲得を目指しているインテル。6000万ユーロ(約72億6000万円)+1500万ユーロ(約18億1000万円)のボーナスという条件で3年払いのオファーを打診したが、8800万ユーロ(約106億5000万円)を要求するユナイテッドとの交渉は停滞している模様だ。 そこで、インテルはルカクの代替案として、カバーニを注視しているという。昨シーズンも公式戦22試合で23ゴール9アシストを記録したベテランFWの現行契約は2020年夏までとなっており、より安価で獲得できる可能性があるようだ。 また、インテルはローマのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコ(33)にも目を光らせているとのこと。ジェコもカバーニ同様に2020年夏までの契約となっている。 2019.07.19 15:22 Fri
twitterfacebook
thumb

スパーズ構想外のローズにPSGが関心!

パリ・サンジェルマン(PSG)がトッテナムのイングランド代表DFダニー・ローズ(29)の獲得レースをリードしているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 今夏の移籍市場でフルアムのU-21イングランド代表MFライアン・セセニョン(19)の獲得を目指しているトッテナムは、その獲得資金とポジションを空けるうえでローズの放出を検討しているとの噂が浮上。 その中でクラブは今夏のアジアツアーのメンバー発表時、すでに構想外と言われているFWフィンセント・ヤンセン、FWジョルジュ=ケビン・エンクドゥの2選手と共にローズに対して、他クラブとの交渉機会を尊重する目的で招集メンバー外としたことを明らかにした。 ここ数年はマンチェスターの2クラブ、エバートンからの関心が伝えられてきたローズだが、現時点で獲得に動いているのはPSGとシャルケの2クラブだという。とりわけ、PSGは左サイドバックの2番手であるフランス代表DFレイヴァン・クルザワのパフォーマンスに納得しておらず、新たな左サイドバックの獲得に動いていると言われている。 なお、トッテナムは契約を2年残すローズの移籍金を2000万~2500万ポンド(約27億~33億7000万円)付近に設定しているようだ。 2007年にリーズ・ユナイテッドからトッテナムに加入したローズは、ブリストル・シティ、サンダーランドでの武者修行を経て2013-14シーズンからトッテナムの主力に定着。細かいケガを繰り返してリーグ戦で30試合出場をクリアしたシーズンこそないものの、高い身体能力と攻撃力を武器に同クラブの躍進を支えてきた。 また、2016年3月に行われたドイツ代表戦でスリーライオンズデビューを飾ると、ここまで27キャップを刻んでいる。 2007年から12年間に渡ってスパーズでの長いキャリアを歩んだ攻撃的左サイドバックの新天地は果たしてパリとなるのか…。 2019.07.19 12:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ネイマール狙うバルサ、PSGに121億円+2選手のオファー

バルセロナがパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール(27)の獲得に向け、オファーを提示したという。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 2017年夏にPSG入りして以降、長らく移籍の可能性が取り沙汰されるネイマール。PSGのスポーツ・ディレクター(SD)に復職したレオナルド氏に続いて、トーマス・トゥヘル監督も選手の移籍希望を認めたことで、実現の可能性が日に日に高まっている。 そのネイマールの有力な移籍先として挙がるのが、古巣のバルセロナだ。獲得時に記録した史上最高額の移籍金2億ポンド(約269億5000万円)以上を求めているとされるPSGに対して、9000万ポンド(約121億2000万円)+2選手譲渡のオファーを提示したという。 バルセロナは譲渡可能選手として、MFフィリペ・コウチーニョ(27)、FWウスマーヌ・デンベレ(22)、MFイバン・ラキティッチ(31)、DFネウソン・セメド(25)、FWマウコム(22)、DFサミュエル・ユムティティ(25)の6選手を挙げたとみられる。 なお、ネイマールを巡っては先日、選手の代理人とユベントスの会談が取り沙汰されたが、そうした事実はなく、バルセロナとの接触のみが確認されているとのことだ。 2019.07.19 10:00 Fri
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース