引退騒動に巻き込まれたヤヤ・トゥーレの行き先は中国2部?2019.05.16 19:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
先日現役引退が発表され、即座に撤回されたヤヤ・トゥーレ(36)だが、行き先は中国になるようだ。イギリス『サン』が報じた。アフリカ年間最優秀選手賞を4度受賞、バルセロナやマンチェスター・シティでリーグトロフィーやチャンピオンズリーグ優勝など輝かしいキャリアを築いてきたヤヤ・トゥーレは、2018年12月にオリンピアコスを退団。それ以降はフリーとなっていた。

先日、代理人がツイッターで引退を発表すると、13日の36歳の誕生日に自身のツイッターで引退を否定。まだプレーすることを明かしていた。

そんなヤヤ・トゥーレだが、中国で目撃されたとのこと。中国甲級リーグ(2部)の青島黄海のメディカルチェックを受けるとのことだ。

青島黄海は、プレミアリーグでのプレー経験もある元ポルトガル代表FWリカルド・ヴァズ・テや柏レイソルでのプレー経験もあるブラジル人FWクレオ、そしてバルセロナの下部組織出身でデポルティボ・ラ・コルーニャやエスパニョール、レアル・ベティス、フィオレンティーナなどでもプレー経験のあるスペイン人MFホアン・ベルドゥらが所属している。

チームは2部で首位に立っているものの、キャプテンを務めるベルドゥが負傷。その穴を埋めるべく、ヤヤ・トゥーレに声がかかったとのこと。昇格請負人としての役割を求められるという。

先日は古巣であるマンチェスター・シティの優勝決定の瞬間に『スカイ・スポーツ』の解説者として立ち会ったヤヤ・トゥーレ。元チームメイトたちに歓迎され、優勝を祝福する輪に無理矢理参加されていた。

あと2、3年は現役生活を続けるとも言っていたヤヤ・トゥーレ。中国クラブが現役最後のクラブとなるのだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

元チェルシーのラミレス、江蘇蘇寧を退団

江蘇蘇寧に所属する元ブラジル代表MFラミレス(32)が契約解消に至ったという。ブラジル『Globo』が報じた。 ブラジル代表として通算51キャップ4得点を誇るラミレスは、ベンフィカやチェルシーを経て、2016年1月に移籍金2800万ユーロ(現レートで約34億3000万円)で江蘇蘇寧入り。持ち味の攻守にわたるハードワークを武器にアジアの舞台でも活躍した。 だが、昨年から中国スーパーリーグで出場なし。そうしたなか、今年が契約最終年のラミレスは江蘇蘇寧と契約解除で合意に至り、フリートランスファーで新天地に移ることが可能になったとみられる。 そのラミレスに浮上する移籍先候補はブラジルか、ヨーロッパ。フラメンゴやパルメイラス、クルゼイロのほか、インテル、ラツィオが興味を示しているとのことだ。 2019.05.17 12:55 Fri
twitterfacebook
thumb

河北華夏、前ウェールズ代表指揮官のコールマン監督を解任…今季リーグ9戦でわずかに1勝

中国スーパーリーグに所属する河北華夏は15日、クリス・コールマン監督(48)の解任を発表した。 コールマン監督は2003年にフルアムで指導者としての道を歩み始め、ソシエダ、コベントリー・シティ、AEL1964などで指揮。2012年1月からは母国であるウェールズ代表の指揮官に就任し、ユーロ2016ではチームを初のベスト4へと導いた。 60年ぶりのワールドカップ(W杯)出場にも期待がかかっていたが、欧州予選ではセルビア、アイルランドの後塵を拝してグループ3位に終わると、2017年11月にウェールズ代表監督を退任。 その後、サンダーランドの指揮官を経て2018年6月にウェストハムに引き抜かれたマヌエル・ペジェグリーニ監督の後任として河北華夏の新指揮官に就任。 就任1年目は前年度より2つ順位を落とした6位でフィニッシュするも、今季は元アルゼンチン代表のMFハビエル・マスチェラーノやFWエセキセル・ラベッシらを擁しながらもリーグ戦9試合終了時点で1勝6敗2分けの15位に低迷していた。 2019.05.15 16:23 Wed
twitterfacebook
thumb

インテルMFボルハ・バレロが今夏に中国の河北華夏移籍か?

インテルの元スペイン代表MFボルハ・バレロ(34)に中国の河北華夏への移籍が浮上しているようだ。イタリア『Tuttomercatoweb』が伝えている。 レアル・マドリーのカンテラ出身のボルハ・バレロは、マジョルカやWBA、ビジャレアル、フィオレンティーナで活躍した後、2017年に3年契約でインテルに加入した。 ローマ時代から獲得を熱望していたルチアーノ・スパレッティ監督の下、ここまで公式戦67試合に出場しているが、加齢によるインテンシティの低さも見え始めており、2020年の契約満了を待たずして退団の可能性も噂されている。 そして、『Tuttomercatoweb』が伝えるところによれば、そのボルハ・バレロに関心を示しているのが、河北華夏のようだ。 河北華夏では元アルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノに母国復帰の噂が出ており、クラブはその後釜として同選手の獲得を希望しているようだ。 卓越したボールスキルに加え、戦局を冷静に見極める判断力に長けたセリエA屈指のゲームメーカーは、この夏に中国行きを選ぶのか…。 2019.03.29 17:45 Fri
twitterfacebook
thumb

マスチェラーノが母国エストゥディアンテス移籍か? バルサ&アルヘン元同僚のG・ミリートが獲得希望

河北華夏に所属する元アルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノ(34)に母国エストゥディアンテス移籍の可能性が浮上している。スペイン『スポルト』が伝えている。 河北華夏との契約が2019年までとなっているマスチェラーノ。今後の去就に関しては古巣リーベル・プレートへの復帰が濃厚と見られているが、新たな新天地候補に挙がっているのがエストゥディアンテスだ。 『スポルト』が伝えるところによれば、今月に入って元アルゼンチン代表DFのガブリエル・ミリート監督の復帰を発表したエストゥディアンテスは、その指揮官がアルゼンチン代表とバルセロナで共にプレーしたマスチェラーノの獲得を目指しているという。 ミリート監督は百戦錬磨の元同僚にプレーヤーとしてだけでなく、自身のアシスタントコーチを務めることを熱望しているようだ。 現在、マスチェラーノは早期契約解消に向けて河北華夏と話し合いを進めているが、現時点での進展具合は不明であり、移籍先がリーベル・プレート、エストゥディアンテスのいずれになるかも微妙なところだ。 2019.03.22 04:36 Fri
twitterfacebook
thumb

仕上げの“リンス”が中国へ! 甲府から中国2部の北京北体大へ加入

中国甲級リーグ(中国2部)の北京北体大は4日、ヴァンフォーレ甲府を退団したブラジル人FWリンス(31)と加入で合意に達したことを発表した。フリートランスファーとなる。 リンスは、ブラジル国内のクラブでプレーし、2014年にクリシューマからガンバ大阪へ完全移籍。2シーズンを過ごすと、2016年はフィゲイレンセ、2017年はポンチ・プレッタでプレー。2017年8月に甲府へと完全移籍で加入すると、明治安田生命J1リーグで12試合に出場し6ゴールを記録していた。 2018年はJ2で戦うことになったものの、16試合に出場し5ゴールを記録。2018年7月にFC東京へとレンタル移籍すると、J1で18試合に出場し3ゴールを記録していた。 北京北体大は、2019年2月に北京控股足球倶楽部からチーム名が変更。指揮官は中国のクラブの監督を歴任し、中国代表監督も2度務めたガオ・ホンボ監督が務めている。 2019.03.04 21:30 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース