国内2冠達成のアヤックス、デ・リフトは去就について「夏の終わりになる」2019.05.16 13:45 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
多くのクラブが獲得を熱望するアヤックスのキャプテンを務めるオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)だが、決断にはまだ時間がかかるようだ。『FOX Sports』が伝えた。

今シーズンのチャンピオンズリーグで躍進を見せ、注目を集めているアヤックス。15日には延期されていたエールディビジでデ・フラーフスハップに1-4で快勝。5シーズンぶり34度目のエールディビジ王者となっていた。

今シーズンはKNVBベーカー(国内カップ戦)では優勝を果たしており、2冠を達成。チャンピオンズリーグで決勝進出を逃した悔しさを、少しは晴らす形でシーズンを終えた。

才能溢れる若手選手が今夏は多くチームを去ることが予想されるアヤックス。キャプテンを務めるデ・リフトもその1人であり、バルセロナ、リバプール、マンチェスター・ユナイテッド、ユベントス、バイエルンなどが興味を示している中、自身の去就についてはまだ時間がかかることを明かした。

「今は、僕の将来について話すときではない」

「僕がフレンキー・デ・ヨングと共に(バルセロナへ)行くかどうかは分からない。それでも物事を分析して、全てを見る必要がある。何が起こるかわかるだろうね」

「僕には何も言えない。夏の終わりになると思う。まだ何もない」

「僕はカップ、リーグ、そしてチャンピオンズリーグを楽しんだ。特に、チームのスピリットをね」
コメント
関連ニュース
thumb

ユナイテッド、デ・ヘア後釜にオナナに関心! すでにオファーを提示も…

マンチェスター・ユナイテッドが、アヤックスに所属するカメルーン代表GKアンドレ・オナナ(23)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『デイリー・レコード』が伝えている。 元バルセロナのFWサミュエル・エトーが母国に設立した育成組織出身のオナナは2010年にバルセロナのカンテラに加入。その後、2015年1月にアヤックスへ完全移籍した。卓越した身体能力とバルセロナ仕込みの足下の技術を併せ持つモダンなGKは2016-17シーズンにトップチームデビューを飾ると、そこから若き守護神として君臨。今シーズンの公式戦55試合に出場し26回のクリーンシートを達成している。 そのオナナに対してユナイテッドが獲得に動いているようだ。ユナイテッドでは、長年守護神を務めてきたスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(28)の契約延長が難航。今夏の去就が不透明になっていることから、後釜にオナナをリストアップしており、すでにオファーを提示した模様だ。 ところが、アヤックスがこれを拒否。同クラブは、オナナを4000万ユーロ(約49億1000万円)と評価しているものの、オランダ代表DFマタイス・デ・リフトの退団も近づいていることから、今夏の移籍市場で守備の要を2人放出することに否定的なようだ。 しかし、ユナイテッドはこの金額での取引は望んでいないことから、代替案としてバルセロナのオランダ代表GKイェスパー・シレッセン(30)に切り替えることを考慮しているとのことだ。 2019.05.18 20:50 Sat
twitterfacebook
thumb

進撃のアヤックス、退団濃厚デ・リフトの後釜にアルゼンチン代表の若手DF獲得

今シーズンのチャンピオンズリーグではベスト4と躍進し、エールディビジでは5シーズンぶりのチャンピオンになったアヤックスに新たな戦力が加わることとなる。 アルゼンチンのデフェンサ・イ・フスティシアは17日、アルゼンチン代表DFリサンドロ・マルティネス(21)がアヤックスに完全移籍することを発表した。 リサンドロ・マルティネスは、ニューウェルズ・オールドボーイズの下部組織出身。2017年8月にレンタル移籍でデフェンサに加入すると、2018年7月に完全移籍で加入していた。 2017-18シーズンはプリメーラ・ディビシオンで21試合に出場し1ゴールを記録。完全移籍で加入した2018-19シーズンは、25試合に出場し2ゴール3アシストを記録していた。 今シーズンのデフェンサ・イ・フスティシアは、リーグを2位で終えていた。 マルティネスは、U-20アルゼンチン代表に選出された経験があり、2017年に韓国で行われたU-20ワールドカップのメンバー入りしていた。また、今シーズンの国内リーグでの活躍が認められたマルティネスは、2019年3月にアルゼンチン代表に選出。ベネズエラ代表との試合でデビューを果たしている。 なお、マルティネスは今後オランダに渡り、メディカルチェックを受診し、契約を結ぶという。 2019.05.18 09:51 Sat
twitterfacebook
thumb

アヤックスの魔術師が今夏市場へ! オーフェルマルスSDがジイェフ移籍を許可

アヤックスのモロッコ代表MFハキム・ジイェフ(26)が今夏に移籍市場へ出されるようだ。オランダ『テレグラフ』がアヤックスのマルク・オーフェルマルスSD(スポーツ・ディレクター)のコメントを伝えた。 オーフェルマルスSDはジイェフの去就に関する質問を受けた際、トップクラブからの適切なオファーが届いた場合、放出を容認する構えであることを明かした。 「彼はトップクラブからオファーが届けば、ここを去ることになるだろう」 「多くのビッグクラブが彼の周りで賑わいを見せている。我々は彼に対してクラブにとって良いオファーが届けば、移籍を認めることを約束している」 モロッコ人両親の下、オランダで生まれ育ったジイェフは、2012年にヘーレンフェーンでトップチームデビュー。その後、トゥベンテで完全覚醒したモロッコ代表MFは、2016年にアヤックスに加入。 卓越した左足のテクニックと創造性を武器に、“エールディビジ最高のテクニシャン”と評されるジイェフは、今季のエールディビジで29試合に出場し16ゴール17アシストを記録。さらに、チャンピオンズリーグ(CL)の決勝トーナメントではレアル・マドリー、ユベントス、トッテナムを相手にいずれもゴールやアシストに絡む圧巻の活躍を披露し、ベスト4進出のアヤックスの快進撃をけん引していた。 なお、現在ジイェフにはリバプールやアーセナル、マンチェスター・ユナイテッドのプレミアリーグ勢に加え、バイエルンとドルトムントのブンデスリーガ2強が関心を示しているようだ。 2019.05.18 04:03 Sat
twitterfacebook
thumb

19歳にして並外れたリーダーシップとクレバーさ! アヤックス主将デ・リフトのスピーチが最高!

アヤックスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフトが10万人を集めた優勝報告会で19歳とは思えない見事なスピーチを披露した。イギリス『SPORT BIBLE』が伝えている。 今シーズン、KNVBベーカーとエールディビジの国内2冠を成し遂げたアヤックスは、リーグ最終節がデ・フラーフスハープとのアウェイゲームだったこともあり、16日に地元アムステルダムの中心部にあるミュージアム広場で優勝報告会を実施。そして、10万人ものサポーターが集まり、アヤックスのチームカラーの白と赤に染まったミュージアム広場は大熱狂となった。 そして、この優勝報告会で再び怪物ぶりを発揮したのが、19歳の若きキャプテンのデ・リフト。強靭なフィジカルと抜群の判断力、テクニックを武器に、近未来の世界最高のセンターバックと評される同選手はバルセロナやマンチェスター・ユナイテッド、リバプール、ユベントスなどのメガクラブの注目を集める超逸材だが、今回はスピーチで大きな注目を集めた。 壇上でマイクを渡されてサポーターへの挨拶を求められたデ・リフトは、クラブ史最大のレジェンド、ヨハン・クライフ氏やアムステルダムの街に関して言及する聡明且つ熱のこもった言霊を放った。 「何よりも重要だったのは、僕たちがアヤックスとは何者か、アムステルダムという街がいかに素晴らしいかを世界中に見せることができたことだと思っている」 「自分たちが何を支持しているか、それは攻撃的なフットボール。同時に、天国から見守ってくれている偉大な人(ヨハン・クライフ)が見たがっていたもの、僕たちに求めていたものを見せることができたと思っている」 「僕たちは常に一心同体で戦うことができた。経験豊富なプレーヤーも若いプレーヤーも全員がだ。そして、もちろんサポーターのみんなもだよ。素晴らしいシーズンを本当にありがとうございました!」 この素晴らしいスピーチには10万人ものサポーターに加え、同僚のMFドニー・ファン・デ・ベークが心を動かされた様子を見せたほか、ベテランとしてシーズンを通してデ・リフトを支えたDFダレイ・ブリントも頼もしい後輩に目を細めていた。 ◆まさに怪物! https://twitter.com/AFCAjax/status/1129047714984091648 2019.05.18 02:52 Sat
twitterfacebook
thumb

アヤックスが5シーズンぶり34度目のリーグ優勝で国内2冠を達成!《エールディビジ》

エールディビジ第33節の延期分の9試合が各地で行われた。 アヤックスがチャンピオンズリーグ(CL)準決勝に進出したことで延期となり、先週末に行われた最終節以降に行われることとなった第33節。 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1ozn5say23ok11hnby1aqpcue6" async></script> </div> 現在首位に立つアヤックス(勝ち点83)は、アウェイでデ・フラーフスハップと対戦し、4-1で快勝した。大量失点での敗戦以外で優勝となるアヤックスは、37分にペナルティアーク手前でFKを獲得すると、ラッセ・シェーネが直接ゴール左へ突き刺した。 40分にエル・ジェブリのゴールで失点したアヤックスだったが、44分にドリブルでボックス左から侵入したジイェフの折り返しをタグリアフィコが流し込み、勝ち越しに成功した。 1点のリードで後半に入ったアヤックスは67分、F・デ・ヨングがボックス内でマツシワに倒されてPKを獲得。このPKをタディッチが確実に沈め、3点目。さらにアヤックスは、87分にも左サイドから持ち上がったタディッチがボックス左から豪快なシュートをゴールに突き刺し、試合を決定づける4点目を奪った。 結局、試合はそのまま4-1で終了。今季最終戦を勝利したアヤックスが、5シーズンぶり34度目のリーグ優勝を飾り、KNVBカップとの国内2冠を達成した。 日本代表MF堂安律とU-23日本代表DF板倉滉の所属するフローニンヘンは、アウェイでエメンと対戦し、0-1で敗戦した。堂安はフル出場、板倉はベンチ入りも出場機会はなかった。また、日本人MF小林祐希の所属するヘーレンフェーンは、アウェイでユトレヒトと対戦し、1-3で敗戦。小林は81分までプレーした。その他、日本人DF中山雄太の所属するズウォレは、アウェイでNACと対戦し、0-0の引き分けに終わった。中山はフル出場している。 2019.05.16 04:38 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース