横浜FMのMF山田康太、練習試合で惜しいシュートも「世界大会で決めれたら」《U-20W杯》2019.05.13 23:11 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
U-20日本代表は13日、今月からポーランドで行われるU-20ワールドカップ(W杯)に向けて、千葉県内で流通経済大学とトレーニングマッチを実施した。

MF伊藤洋輝(名古屋グランパス)の豪快ゴールやFW宮代大聖(川崎フロンターレ)の2発など5-0で勝利したU-20日本代表。終了後、横浜F・マリノスのMF山田康太がメディア陣による取材に応対し、流経大との練習試合を振り返った。

◆MF山田康太(横浜F・マリノス)
──今日の試合の前半は特に上手くいっていた印象
「そうですね。みんなでやるべきサッカーというのは共有できています。スタッフからも招集する前から10分くらいの動画を作ってくれたりしているので、これに懸けている想いはスタッフからも感じます。それは選手としてピッチで表現しなくてはいけないなと思います」

──球際も含めて個人としてはどうか
「最低限はやることですし、国を代表してやっているので、そこは大学生相手でも負けてはいけないと思います。そういう意味では勝ち切れたので良かったかなと思います」

──ボランチとして周囲との連携や掴めたものは
「このチームにボランチには入るという景色は、久しぶりだったというか。やるべきことも違います。その中でセカンドボールを拾うことであったり、相手からもボールを奪うことであったり、チームに必要なことはしっかりと把握して、ピッチに入ったつもりです。整理はしっかりと出来ているかなと思います」

──惜しいシュートもあったが
「意外とシュートには自信を持っています。ああやってシュートレンジに入った時には、打ちたいなと思っています。今日は入らなかったですけど、世界大会で決めれたらと思います」

──今大会はどういうものにしたいか
「結果がどうであれ、悔いの残らないというか、終わっても楽しかったと言えるように。順位はどうなるかわからないですけど、チームでやれることは全てやって、出し切って帰ってきたいです」

──そういう大会にするためにもここからの短い期間でどういうことが大事になってくるか
「ピッチ外のコミュニケーションであったり、今まで中心でやっていた選手やピッチ外で盛り上げていた選手がいなかったり、少し大人しくなったかなと感じています。それでもみんな仲が良いですし、練習とかも雰囲気が良いので、そういうところから良いチームになっていくのかなと思います。練習の時は本当に、激しくやれているので、そういう意味ではあまり心配はしていないです」
コメント
関連ニュース
thumb

ウルグアイ&ニュージーランドが快勝スタート!《U-20W杯》

FIFA U-20ワールドカップ(W杯)グループC第1節の2試合が24日に行われた。 4大会連続の本大会出場となったU-20ウルグアイ代表は、13大会ぶりの本大会出場となったU-20ノルウェー代表と対戦し、3-1で勝利した。 試合が動いたのは21分、最終ラインのアラウホのロングフィードに反応したヌネスがボックス右手前からゴールを狙うと、ドライブ気味の強烈なシュートをゴールに突き刺さし、ウルグアイが先制。 幸先良く先制したウルグアイは、29分にもドリブルでボックス右からカットインしたブライアン・ロドリゲスの折り返しをジネージャが流し込み、追加点を奪った。 2点のビハインドを追うノルウェーは、後半開始早々に反撃に出る。46分、ボルケートのロングフィードを対応したアラウホがボールとの距離を見誤ると、裏から抜け出したボルクグレヴィンクがボレーシュートで流し込んだ。 1点を返されたウルグアイは87分、左サイドでボールを受けたシアッパカッセが右サイドのスペースへロングパスを供給すると、相手DFの裏に抜け出したB・ロドリゲスがGKとの一対一を冷静に流し込み、試合を決定づける3点目を奪取。 結局、試合は3-1でウルグアイが勝利し白星スタートを切った。 また、同日行われたグループC第1節のもう1試合のU-20ホンジュラス代表vsU-20ニュージーランド代表は、0-5でニュージーランドが勝利した。 試合は開始早々の8分に相手のオウンゴールでニュージーランドが先制に成功。さらに17分には、スルーパスに抜け出したジャストの左クロスをボックス右から走り込んだベン・ウェインが流し込み、追加点を奪った。 リードを広げたニュージーランドは、27分にもボックス左手前のベルが上げたクロスをゴール右手前に走り込んだベン・ウェインがダイビングヘッドで突き刺し3点目。 後半に入っても攻勢を続けるニュージーランドは51分、ロングパスで抜け出したジャストの右クロスからサープリート・シンがゴールネットを揺らし試合を決定づける4点目。 さらにニュージーランドは、後半アディショナルタイムにも途中出場のコンロイがゴールネットを揺らし、5-0と圧勝。ニュージーランドがグループCの首位に立っている。 2019.05.25 06:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ナイジェリアがカタールに4発快勝でグループ首位に躍り出る!《U-20W杯》

FIFA U-20ワールドカップ(W杯)グループD第1節の2試合が24日に行われた。 2大会ぶりの本大会出場となったU-20ナイジェリア代表は、AFC U-19選手権を3位で通過したU-20カタール代表と対戦し、4-0で勝利した。 序盤から主導権を握るナイジェリアは12分、ボックス左深くから侵入したウドが左足を振り抜くと、相手GKの弾いたボールをエフィアムが押し込み、先制に成功。 幸先良く先制したナイジェリアは、24分にもドリブルでボックス左深くまで侵入したウドの折り返しをゴール前のオフィアが流し込み、追加点を奪う。 後半も攻勢を続けるナイジェリアは68分、相手GKのロングパスを中盤でカットしたマイケルが素早く前線へスルーパスを供給すると、相手DFの裏に抜け出したデレ=バシルがGKとの一対一を冷静に流し込んで3点目。 攻撃の手を緩めないナイジェリアは、74分にも左CKの折り返しをアリュウがゴールに突き刺しダメ押しの4点目まで奪って見せた。その後も危なげない試合運びを見せたナイジェリアは、4-0でカタールを下し今大会を快勝スタート。グループ首位に躍り出た。 また、同日行われたグループD第1節のもう1試合のU-20ウクライナ代表vsU-20アメリカ代表は、2-1でウクライナが勝利した。 試合が動いたのは26分、ツィタイシュビリのロングフィードから最前線のブレツァが巧みな反転でマークを外して抜け出すと、ボックス中央からダイレクトシュートを流し込んだ。 先制を許したアメリカだが、32分に反撃。細かなパスワークで敵陣に侵入すると、デストのパスをボックス左で受けたティモシー・ウェアの折り返しからセルバニアがゴールネットを揺らした。 1-1で迎えた後半、先にスコアを動かしたのはウクライナ。50分、ブレツァの左CKをポポフがヘディングシュートを叩き込み、勝ち越しに成功。 結局、これが決勝点となり2-1でウクライナが白星スタートを飾った。 2019.05.25 05:27 Sat
twitterfacebook
thumb

開催国ポーランドがコロンビアに完敗… セネガルはサーニャのハットで圧勝!《U-20W杯》

FIFA U-20ワールドカップ(W杯)グループA第1節の2試合が23日に行われた。 開催国のU-20ポーランド代表と、南米ユース選手権を4位で通過したU-20コロンビア代表の一戦は、0-2でコロンビアが勝利した。 試合が動いたのは23分、サリスのパックパスをボックス手前でカットしたアングロが、そのままボックス内への侵入。飛び出したGKの脇を抜くシュートがゴールネットを揺らし、コロンビアが先制した。 その後も終始ゲームの主導権を握ったコロンビアは、試合終了間際の後半アディショナルタイムにサンドバルがゴールネットを揺らし、追加点。結局、試合はそのままタイムアップ。コロンビアに完敗した開催国ポーランドは黒星スタートとなった。 また、グループAもう一試合のU-20タヒチ代表vsU-20セネガル代表は、0-3でセネガルが勝利した。 試合は開始早々の1分にサーニャのゴールでセネガルが先制。さらに29分にも、スルーパスに抜け出したニアニェの折り返しからサーニャがゴールネットを揺らした。 後半も主導権を握るセネガルは50分、ニアニェの右クロスをファーサイドのサーニャが流し込み、ハットトリックを達成。結局、セネガルはタヒチに枠内シュートを0本に抑えるなど圧勝で初戦を飾った。 2019.05.24 05:29 Fri
twitterfacebook
thumb

レーティング: U-20日本 1-1 U-20エクアドル《U-20W杯》

U-20日本代表は23日、U-20ワールドカップ(W杯)・グループB第1節でU-20エクアドル代表と対戦し、1-1で引き分けた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽日本採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190524_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 若原智哉 6.0 パンチングミスから失点もPKストップで相殺 DF 5 菅原由勢 5.5 守備に専念して耐える 4 瀬古歩夢 5.5 フィジカルに長けた相手FWを何とか抑える 3 小林友希 5.5 瀬古と共に強力FWに対応した 2 東俊希 5.5 セットプレーで良いボールを蹴る。守備も問題なし MF 6 郷家友太 5.0 PK献上に加え、決定機も逸 (→西川潤 5.5) 攻撃を活性化 10 齊藤未月 6.0 攻守にハードワークを続け、キャプテンの気概を見せた 7 伊藤洋輝 5.5 ゲームを作れず守勢に回った 16 山田康太 6.0 守備に追われて攻撃に関われなかったが、値千金の同点弾 (→中村敬斗 -) FW 9 斉藤光毅 5.5 1つ惜しいチャンスがあったが決めきれず (→宮代大聖 6.0) 後半からの投入で良いアクセントとなった 11 田川亨介 5.5 泥臭いプレーでチャンスを演出 監督 影山雅永 5.5 劣勢だったため、十分な引き分け。宮代の投入が効いた ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! 若原智哉(U-20日本) PKを止めていなかったら敗色濃厚だったため、若原を選出。1失点目は防げたものだったが、PKストップは見事だった。 U-20日本 1-1 U-20エクアドル 【U-20日本】 山田康太(後23) 【U-20エクアドル】 OG(前44) 2019.05.24 05:26 Fri
twitterfacebook
thumb

日本、劣勢も南米王者にドロー発進! 若原PKストップに山田弾!《U-20W杯》

U-20日本代表は23日、U-20ワールドカップ(W杯)・グループB第1節でU-20エクアドル代表と対戦し、1-1で引き分けた。 欧州予選2位のU-20イタリア代表、北中米カリブ海予選2位のU-20メキシコ代表が同居しているグループB。上位2チームが決勝トーナメントに自動進出できる中、日本は南米王者のエクアドルとの初戦に向けて、キャプテンの齊藤未月や17歳の斉藤光毅らをスタメンで起用した。 共にフラットな[4-4-2]で臨んだ中、ボールをつないでくるエクアドルに日本は徐々に押し込まれる展開を強いられていった。 そんな中22分、相手DFと入れ替わった斉藤光毅がボックス内に侵入して決定的なシュートを放ったが、戻ったDFにクリアされてしまった。 しかし、その後も劣勢を強いられた日本は、35分にカンパーナにGKを強襲するシュートを浴びせられると、44分に失点した。FKをGK若原がパンチングで弾くと、田川の顔面に当たって自陣ゴールに吸い込まれた。 1点ビハインドで迎えた後半、斉藤光毅に代えて宮代を投入した日本が前がかる入りとなるも、開始5分にPKを献上してしまう。CKの流れから郷家のハンドを取られてしまった。だが、GK若原がキッカーのレサバラのシュートを止めて追加点を許さない。 すると58分にビッグチャンス。田川がロングボールを追ってDFからボールをかっさらいボックス左からクロス。しかし、郷家のシュートはミートできず枠には飛ばせなかった。 それでも68分、日本が同点に追いつく。アバウトなゴール前へのボールに田川が突っ込むと、GKと交錯。ルーズボールを山田がボレーで蹴り込み、日本が同点に追いついた。 終盤にかけては膠着状態が続き、互いにチャンスなく時間が経過。1-1のまま終了し、南米王者から勝ち点1をもぎ取った。日本は26日に第2戦でメキシコと対戦する。 なお、グループBもう一試合のメキシコvsイタリアは1-2でイタリアが勝利している。 U-20メキシコ 1-2 U-20イタリア 【U-20メキシコ】 デ・ラ・ローサ(前37) 【U-20イタリア】 フラッテーシ(前3) ラニエリ(後22) 2019.05.24 05:25 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース