清水FW滝裕太、U-20W杯メンバーから負傷離脱 FC東京FW原大智が追加招集2019.05.13 12:50 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
日本サッカー協会(JFA)は13日、清水エスパルスに所属するFW滝裕太のU-20日本代表離脱を発表した。代わって、FC東京のFW原大智が追加招集を受けている。

離脱理由は負傷のため。滝は12日にホームで行われた明治安田生命J1リーグ第11節の川崎フロンターレ戦(0-4で清水が敗戦)でベンチスタート。80分からプレーした。

影山雅永監督率いるU-20日本代表は、今月23日にポーランドで開幕するU-20ワールドカップ(W杯)に参戦。12日から本日13日まで千葉県内で合宿を行っている。
コメント
関連ニュース
thumb

U-20日本代表のトレーニングパートナーが変更…流経大のMF熊澤和希が追加招集《U-20W杯》

日本サッカー協会(JFA)は14日、U-20ワールドカップに臨むU-20日本代表のトレーニングパートナーの変更を発表した。 トレーニングパートナーとして合流予定だったセレッソ大阪U-18のFW西尾隆矢がケガのために不参加となり、代わりに流通経済大学のMF熊澤和希が招集された。 熊澤は流通経済大学柏高校出身で、 背番号「10」を背負いプレー。今年1月に行われた全国高校サッカー選手権大会にも出場し、チームは準優勝だった。今年、流通経済大学へと進学。13日に行われたU-20日本代表とのトレーニングマッチにも出場していた。 2019.05.14 12:12 Tue
twitterfacebook
thumb

川崎FのFW宮代大聖、ゴールでチームを助ける! 「苦しい時に点が取れる選手になることが自分の目標」《U-20W杯》

U-20日本代表は13日、今月からポーランドで行われるU-20ワールドカップ(W杯)に向けて、千葉県内で流通経済大学とトレーニングマッチを実施した。 この試合で川崎フロンターレのFW宮代大聖は2得点を記録。アピールに成功した"川崎の大砲"は試合終了後、メディア陣による取材に応対し、U-17W杯での経験が生きていることを明かしてくれた。 ──午前中のミーティングでチャンピオンズリーグ(CL)を観て感じたことは 「すごくでかい大会の準決勝でも(あの逆転劇が)起きるということは、本当にサッカーは何が起こるかわからないということです。最後まで諦めないということが大事なのかなと思います」 ──U-17ワールドカップで得た経験 「意識するところが変わりました。イングランドの相手選手は活躍している人がすごくいるので、そういう面ではすごく意識します。越えたいではないですけど、ライバル視するという目線というのが全然変わったのかなと思います」 ──普段の取り組みは変わったか 「そうですね。やはり意識することによって、『これじゃだめなのかな』と思います。フロンターレに入ってより意識の高い選手とやることによって、自分も良いものを吸収して成長できているのかなと思います」 ──対戦相手の映像を見たか 「ちょっとずつという感じです。別にそこまですごく見ているという訳ではないです」 ──初戦のエクアドルについては 「南米のチームなので、球際とかでは強いチームです。想定して練習試合でコロンビアとやるので、しっかり準備して備えたいなと思います」 ──大会での個人的な目標 「とにかく結果を出す。点にこだわってやりたいなと思います。チームが苦しい時に点が取れる選手になることが自分の目標でもあるので、しっかり点を取ってチームの勝利に貢献できたらなと思います」 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/OhofL0CQGzg" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> 2019.05.13 23:24 Mon
twitterfacebook
thumb

滑り込み選出のFW中村敬斗、クラブに感謝「G大阪に入れて良かった」《U-20W杯》

U-20日本代表は13日、今月からポーランドで行われるU-20ワールドカップ(W杯)に向けて、千葉県内で流通経済大学とトレーニングマッチを実施した。 この試合でガンバ大阪のFW中村敬斗は、1点リードで迎えた44分にはDF喜田陽のクロスを右足で合わせて、1得点を記録。5-0の大勝に大きく貢献した。試合終了後、メディア陣による取材に応対し、滑り込みでの選出について、クラブに感謝を述べた。 ──滑り込みでの選出について 「入るかわからなかったところで入れたというのは光栄です。ギリギリ入れたというのは承知の上で、今日の試合、『90分出る』ということで出て、走れましたし、1ゴール決めれたので、アピールになったと思います」 ──ゴールに対するこだわりは 「貪欲に狙いに行くのはもちろん、味方を使うというのはガンバで教わったことです。確実にゴールを取れる方、チームが勝てる方を選ぶことが、現代サッカーにおいて大事なことだと思います」 ──G大阪の宮本恒靖監督から何か言われたか 「『おめでとう。全力で自分を出して頑張ってこい』と言われました。まだまだ、足りない部分があるということはわかっていますけど、とりあえず選ばれたので、自分の力を信じてやっていきたいと思います」 ──普段教わっていることで今日の試合で何を出せたか 「全部だと思います。今年、久々に選ばれて、初招集がこれなので。走る面だったり、オフ・ザ・ボールの裏を取ることだったり、ガンバ大阪に入れて良かったなと感謝しています」 ──ワールドカップのメンバーは狙っていたか 「諦めすにガッツリ狙っていました。安部(裕葵)君が上に行くということでポジション的に空く可能性がありました。そこを狙っていくことを常に考えていました。それでルヴァンカップで結果を残せたからここにいると思っています」 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/OhofL0CQGzg" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> 2019.05.13 23:20 Mon
twitterfacebook
thumb

FC東京FW田川亨介、初の副主将就任に「プレーで先頭に」《U-20W杯》

U-20日本代表は13日、今月からポーランドで行われるU-20ワールドカップ(W杯)に向けて、千葉県内で流通経済大学とトレーニングマッチを実施した。 この試合でFC東京のFW田川亨介はキャプテンマークを巻きフル出場。63分には、最終ラインの背後へのロングパスに反応すると、相手DFに競り勝ち、GKとの一対一を冷静に流し込んで1得点を記録。5-0の大勝に貢献していた。試合終了後、メディア陣による取材に応対し、副キャプテンとして、「プレーで引っ張っていきたい」と頼もしい発言を残した。 ──副キャプテンについて 「初めてですし、(齊藤)未月のサポートじゃないですけど、その立場で良いかな感じですね。自分が声をという感じではないので、プレーの方で先頭に立ってきたいと思います」 ──副キャプテンは向いているか 「向いてはないと思います。多分。他にいなかったじゃないんですかね」 ──個人としての目標は 「点を取ることだけです」 ──チームの目標は 「影さん(影山雅永監督)は『ベスト4』と言ってたので、ベスト4を狙っていきたいです。今までがベスト8、ベスト16だったんで。まず、グループステージ突破することが大事だと思います。チャンスは全然あると思いますし、やればできると思っているので。僕はグループステージ突破というところを目標にやります」 ──今回選外となった久保(建英)選手への思いは 「行きたかっただろうなと思います。でも彼らはどんどんステップアップして行っていると思うので、そこにしっかり追いつけるようにというのが1番です」 2019.05.13 23:18 Mon
twitterfacebook
thumb

「僕のポジショニング1つでチームの流れが左右する」名古屋DF菅原由勢、自身のパフォーマンスが勝利のカギ!《U-20W杯》

U-20日本代表は13日、今月からポーランドで行われるU-20ワールドカップ(W杯)に向けて、千葉県内で流通経済大学とトレーニングマッチを実施した。 試合は、U-20日本代表が、MF伊藤洋輝(名古屋グランパス)の豪快ゴールやFW宮代大聖(川崎フロンターレ)の2発など5-0で勝利した。試合終了後、名古屋グランパスのDF菅原由勢がメディア陣による取材に応対。今日合流ながらも右サイドバックでフル出場を果たした菅原は、サイドバックが試合内容を左右すると考えているようだ。 ──初戦までのモチベーションの上げ方 「エクアドルは南米予選1位で通過してきたので、その前に南米のコロンビアという非常に似た国とやれます。もちろん、エクアドルの映像は、もう手に入ってますし、何回か見ています。本当に初戦が全てというか、そこで勝ち点3を取れれば、戦い方が変えれると思います」 「なので細かいところはチームとして、しっかり時間もあるので、詰めていく所を詰めていって、毎回の大会がそうですけど100%かけたいと思います」 ──バランスにおいて攻撃的になるのか守備的になるのか 「攻撃に行くとき、いかない時、時間帯とかチームの流れというのは結構サイドバックがカギになってくると思っています。SBが高い位置を取っている以上はそれだけ前への姿勢があるということだと思いますし、サイドバックが低い位置でゲームを作ろうとしていることは、非常に僕のポジショニングがカギになってくると思います」 「僕のポジショニング1つでチームの流れが左右するという危機感があります。工夫しながらポジショニングを取りたいです。かといって自分の良さを消すわけにはいかないので、そこをうまく考えながらバランスをとって攻めていければと思います」 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/OhofL0CQGzg" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> 2019.05.13 23:13 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース