堂安律が2019年第一号! 鮮烈な一撃で約5カ月ぶりの得点《エールディビジ》

2019.05.13 08:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フローニンヘンに所属する日本代表MF堂安律がゴールを記録した。

12日に行われたエールディビジ第33節のフォルトゥナ・シッタルト戦にフル出場した堂安は1点リードの53分、相手のマークに動じず、右サイドから敵陣中央まで持ち運び、得意の左足を一閃。約25m先のゴールマウス左に強烈な弾丸ミドルをねじ込んだ。

不発が続いた堂安にとって、エールディビジでの得点は昨年12月2日に行われた第14節のNAC戦以来、約5カ月ぶり。2019年初ゴールであり、現地メディアによれば、今シーズンのエールディビジ1000得点目のメモリアルゴールだったという。

堂安の鮮烈な一発もあり、チームは3-0で勝利。今シーズンのホーム最終戦を白星で飾っている。

フローニンヘン 3-0 フォルトゥナ・シッタルト
【フローニンヘン】
ガルドン(前39)
堂安律(後8)
メミシェヴィッチ(後45+3)
コメント