古巣リバプールがCL決勝進出! スターリングの心境は…

2019.05.11 13:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティに所属するイングランド代表FWラヒーム・スターリングが古巣リバプールのチャンピオンズリーグ(CL)決勝進出を嬉しがった。イギリス『メトロ』が報じた。

スターリングの古巣リバプールは、今シーズンのCLで歴史的な大逆転劇でバルセロナを退け、2年連続のファイナルへ。そのリバプールとプレミアリーグでハイレベルな優勝争いを演じるシティだが、決勝進出を果たしたトッテナムに準々決勝で競り負け、ベスト8で姿を消した。

いざこざの末にシティ移籍に至った過去が尾を引き、いまだに古巣リバプールのサポーターから反感を集めるスターリング。9日のイングランド・サッカー記者協会(FWA)授賞式で年間最優秀選手賞を受賞後、古巣の2年連続となるCL決勝進出に次のようにコメントした。

「リバプールのことを思うと、本当に嬉しいよ。大騒ぎさ。人々は信じてくれないかもしれないけど、それは本当のことだ」

「決勝の舞台でヘンド(ジョーダン・ヘンダーソン)や、トレント(・アレクサンダー=アーノルド)らの姿を見れるのは、僕にとって幸せなことさ。彼らのことを思うと、本当に幸せだよ」
コメント
関連ニュース
thumb

シティのCL追放回避を受けてクロップ「サッカー界にとって良い日ではなかった」

マンチェスター・シティのチャンピオンズリーグ(CL)追放回避を受けてリバプールのユルゲン・クロップ監督がコメントした。 15日に行われるプレミアリーグ第36節アーセナル戦を前にした記者会見に臨んだクロップ監督はシティの処分軽減に関して以下のような見解を示した。 「シティがCLでプレーできるのは嬉しいことだが、率直に言って昨日はサッカー界にとって良い日ではなかったと思う。ファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)は良いアイデアだと思っている。チームを守り、競争を守るものだと思う。FFPによって過剰な支出を抑えることができる。クラブは費やした支出が適切な資金に基づくものであることを明確にしなければならない。FFPを気にしなくなれば、お金のあるチームや国がやりたい放題となり、競争が難しくなってしまう。それは10程のクラブが世界スーパーリーグを作るような考えに繋がってしまうと思う」 2020.07.15 00:30 Wed
twitterfacebook
thumb

CL追放回避のシティ指揮官ペップ「この決定には本当に満足」

マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)追放回避を受けてコメントした。イギリス『スカイ・スポーツ』や『BBC』が伝えている。 シティは今年2月、欧州サッカー連盟(UEFA)のクラブ財務管理機関(CFCB)によって、2012〜2016年にかけたスポンサー収入の水増しによるFFP抵触の重大な違反を主張。来季から2年間のUEFA主催大会出場禁止と3000万ユーロ(約36億2000万円)の罰金処分を科されていた。 しかし、この処分に納得がいかないシティはスポーツ仲裁裁判所(CAS)にすぐさま異議申し立てを行い、13日にシティの言い分が通る形で罰金1000万ユーロ(約12億2000万円)に処分が軽減されていた。 この決定を受け、グアルディオラ監督は次のようにコメントしている。 「来季もCLに出場できる。それは我々のやってきたことが正しかったからだ。この決定には本当に満足している。クラブに対する全ての人たちの発言は真実ではない。我々はピッチ上で勝者であることを示すことができた。もちろんこれまでも言ってきた通り、我々が何か間違いを犯していたのなら、UEFAやCASの決定を受け入れなければならない。だが、我々は自分たちが正しいと信じているなら、それを守る権利がある」 「我々はヨーロッパの他の全てのクラブと同じルールの下で活動してきた。だから昨日はサッカー界にとって良い日だったと言える。人々は我々が嘘をついていると言い、そこに推定無罪の原則はなかった。シティは歴史を作るべく、ピッチ上で最善を尽くしてきた。過去10年、我々がやってきたことだ」 「我々はCLに参戦する許可を求める必要はない。そこに居るに値するクラブなんだ。人々には受け入れてもらいたい。我々は他の多くのクラブ同様、たくさんのお金を投資している。ただ、それはFFPのルールに則った正しい形でだ」 今季のプレミアリーグで2位が確定しているシティは来季のCL出場権を得ている。 2020.07.14 23:20 Tue
twitterfacebook
thumb

FFP問題解決のシティ、ペップに新たな長期契約提示か

マンチェスター・シティがジョゼップ・グアルディオラ監督(49)に対して、新契約を提示したようだ。 ファイナンシャルフェアプレー(FFP)抵触の嫌疑がかけられ、欧州サッカー連盟(UEFA)から2年間の欧州主要大会禁止処分と3000万ユーロ(約36億5000万円)の罰金処分を受けたシティ。この厳罰が主力流出に繋がる憶測や今夏の補強に向けた影響も指摘された。 しかし、13日にスポーツ仲裁裁判所(CAS)から欧州主要大会禁止処分の撤回と1000万ユーロ(約12億1000万円)への罰金減額が言い渡され、来季のCLも出場可能に。それを受け、シティはグアルディオラ監督に対して、来季限りで失効する契約の延長を申し出たという。 イギリス『ミラー』が報じたところによると、シティはこのたび、年俸2000万ポンド(約26億8000万円)を受け取るスペイン人名将に対して、長期の新契約を打診。UEFAからの厳罰回避に乗じて、新契約締結の説得にあたっているようだ。 2016年夏からシティの指揮を執るグアルディオラ監督は2017-18シーズンから昨季までプレミアリーグを2連覇。昨季はイングランド史上初となる国内3冠を成し遂げた。 今季こそプレミアリーグ優勝を逃したが、2位の座を確定させ、EFLカップを制しているほか、FAカップの準決勝にも進出。CLでも敵地で行われたレアル・マドリーとのラウンド16・1stレグで2-1の先勝を収めている。 2020.07.14 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ランパード監督、シティの処分撤回に意見求められるも「唯一の関心はこれからの試合」

チェルシーを率いるフランク・ランパード監督が、チームに対してノリッジ戦でのバウンスバックを求めている。クラブ公式サイトが会見コメントを伝えている。 チェルシーは前節、シェフィールド・ユナイテッドとのアウェイゲームで0-3の大敗を喫した。この痛恨の敗戦により、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏外の5位転落の可能性があったものの、4位のレスター・シティ、5位のマンチェスター・ユナイテッドがいずれも取りこぼしたことで、わずか1ポイント差で3位の座をキープしている。 14日にホームで行われるプレミアリーグ第36節では、すでに降格が決定している最下位のノリッジ相手にブレイズ戦の大敗払しょくが求められるところだ。 ランパード監督は4連勝中のスタンフォード・ブリッジにカナリーズを迎える一戦に言及。対戦相手に最大限のリスペクトを示すと共に、ブレイズ戦から幾つかのポジションでメンバー変更を示唆している。 「パフォーマンスが安定しているわけではないが、ここ最近のホームでの戦績が良いことは自信に繋がる。とりわけ、ワトフォード戦でのパフォーマンスを継続する必要がある」 「我々はノリッジを最大限尊重する必要がある。彼らは質の高いプレーヤーを抱えているし、私は今シーズンに彼らの多くの試合を観てきたが、不運な形で結果が出なかったという印象だ。それがプレミアリーグの本質でもあるが、我々は非常にタフな試合を予想している」 「私が管理しているのは競争力を持ったグループだ。ミスを犯したり、求められる水準に達していない場合、トレーニングから良い仕事を見せている別の人間が代わって入り、同等かそれ以上の何かを提供してくれる。同様に、スカッドをフレッシュにするということも考える必要がある」 また、今回の会見の場ではランパード監督に対して、マンチェスター・シティのチャンピオンズリーグ(CL)の出場停止処分撤回に関する質問も飛んだ。 シティが来季から2年間のUEFA主催大会出場禁止を科されていた場合、今シーズンのプレミアリーグで5位に入ったチームは、繰り上げという形でCL出場が可能となっただけに、熾烈なCL出場権争いを戦うブルーズの指揮官にとっても関係のある話題だった。だが、ランパード監督は他クラブの状況には深入りせず、あくまで自分たちの戦いに集中するつもりだ。 「私はその一件に関して非常に中立的な立場だった。詳細についてもあまり知らない」 「そして、今朝に皆さんと同じように結果を聞いただけだ」 「個人的にこれから先の試合以外のことまで考える気はない。我々としては残り試合で勝つことだけを求めており、それができれば来シーズンのチャンピオンズリーグに出場できるからだ」 「彼らに代わって別のチームが出場権を得られるということに期待を持っていなかったし、我々は自分たちのことだけに関心を抱いている」 「唯一の関心はこれからの試合だ。つまり明日のノリッジ戦、リバプール戦、ウルブス戦というリーグ戦だ。我々は今シーズン、様々な形で自分たちが3位の位置に相応しいということを示してきた。そして、自分たちの仕事を完了させる必要がある」 2020.07.14 17:45 Tue
twitterfacebook
thumb

リーガ会長が苦言! シティの処分覆したCASという組織の「再検討が必要」

ラ・リーガの会長を務めるハビエル・テバス氏がマンチェスター・シティに対するスポーツ仲裁裁判所(CAS)の判決を疑問視している。スペイン『マルカ』が伝えた。 2012年から2016年にかけたスポンサー収入の水増しによるファイナンシャルフェアプレー(FPP)抵触で来季から2年間の欧州サッカー連盟(UEFA)主催大会出場禁止と3000万ユーロ(約36億5000万円)の罰金処分が科されていたシティ。そのシティから異議申し立てを受けたCASは審理を経て、13日にチャンピオンズリーグ(CL)出場を容認したほか、1000万ユーロ(約12億1000万円)への罰金減額を言い渡した。 この判決を巡り、FFPの存在価値を問う声が挙がるなか、ラ・リーガ会長もコメント。判決に不満を露わにし、CASという組織自体に疑問を呈した。 「CASという組織がフットボール機関の決定に異議を申し立てるに適した機関であるかどうかを再検討しなければならない。スイスは仲裁の分野で偉大な国だが、CASがその基準にない」 2020.07.14 16:05 Tue
twitterfacebook