ヤヤ・トゥーレが現役引退を発表…バルセロナやマンチェスター・シティでプレー2019.05.10 20:40 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元コートジボワール代表でバルセロナやマンチェスター・シティでプレーしたMFヤヤ・トゥーレ(35)が、キャリアを終えることを発表した。アフリカ年間最優秀選手賞を4度受賞、マンチェスター・シティでは3度のプレミアリーグ優勝と3度のEFLカップ優勝、1度のFAカップ優勝を経験。バルセロナ時代には、チャンピオンズリーグ1回、リーガエスパニョーラ2回、コパ・デル・レイ1回を制していた。

今回の引退発表は代理人であるディミトリ・セルク氏が自身のツイッター(@dmitriseluk)で発表。キャリアを終え、指導者の道を歩むことを明かしている。

ヤヤ・トゥーレは、母国コートジボワールのASECミモザでキャリアをスタート。2001年にベルギーのベベレンに移籍すると、2004年1月にはウクライナのメタルルグ・ドネツクへと移籍。その後、オリンピアコス、モナコと頭角を現すと、2007年7月にバルセロナと移籍した。

加入1年はアンカーのポジションでプレーするも、2シーズン目の2008-09シーズンは指揮官に就任したジョゼップ・グアルディオラ監督の下で構想外に。セルヒオ・ブスケッツにポジションを奪われると、その後は出場機会が減少。2010年にマンチェスター・シティへと移籍した。

シティでは中盤でプレーすると本来の能力を発揮。初のチャンピオンズリーグ出場権獲得やプレミアリーグ制覇などキャリアで最も良い時期を過ごす。しかし、2016-17シーズンにグアルディオラ監督がやってくると、バルセロナ時代と同様に構想外に。その後、レギュラーとしてプレーする時期もあったが、2017-18シーズンをもって退団。古巣のオリンピアコスに移籍していた。

2018年12月をもってオリンピアコスも退団したヤヤ・トゥーレは、引退も囁かれる中、4月にはゲネき続行を表明。アジアにくることにも興味を示していたが、そのまま引退となった。

キャリア通算では、プレミアリーグで230試合に出場し59ゴール35アシスト、リーガエスパニョーラで74試合に出場し4ゴール5アシスト、リーグ・アンで27試合に出場し5ゴール7アシストを記録。チャンピオンズリーグでは70試合に出場し8ゴール7アシストを記録していた。

またコートジボワール代表としても2004年6月に初招集を受けると、97試合に出場し19ゴールを記録。ワールドカップには、2006年のドイツ大会、2010年の南アフリカ大会、2014年のブラジル大会と3大会連続で出場していた。
コメント
関連ニュース
thumb

エスパニョール、FWセルヒオ・ガルシアの退団を発表

エスパニョールは15日、元スペイン代表FWセルヒオ・ガルシア(36)の退団を発表した。 バルセロナの下部組織出身であるセルヒオ・ガルシアは、レバンテやサラゴサ、ベティスでのプレーを経て2010年夏にエスパニョールに加入。2015年からの2シーズンはカタールのアル・ライヤーンに移籍していたが、2017年夏にエスパニョールに復帰。クラブ通算7シーズンで公式戦231試合に出場し、49ゴール42アシストを記録していた。今季はリーガエスパニョーラ29試合の出場で2ゴール1アシストの成績だった。 なお、ベテランFWの新天地はバジャドリーが濃厚と報じられている。 2019.06.16 03:03 Sun
twitterfacebook
thumb

サンプドリアがジャンパオロ監督の退任を発表、ミラン行きへ加速

サンプドリアは15日、マルコ・ジャンパオロ監督(51)の退任を発表した。ジャンパオロ監督はサンプドリアとの契約を1年残していたが、マッシモ・フェレーロ会長との話し合いの末、契約解消が決まった。 マウリツィオ・サッリ監督の後任としてエンポリでポゼッションサッカーを継続した手腕が評価されたジャンパオロ監督は、2016-17シーズンからサンプドリアの指揮官に就任。就任初年度にセリエAで12位フィニッシュを果たすと、昨季は16位と苦戦したものの、今季は欧州カップ戦出場争いを繰り広げた末、9位に導いていた。 そのジャンパオロ監督の新天地はミランが確実視されており、2年+オプションで1年延長の契約になるとのことだ。 一方、ジャンパオロ監督の後任には元ローマ指揮官のエウゼビオ・ディ・フランチェスコ氏(49)が濃厚となっている。 2019.06.15 22:40 Sat
twitterfacebook
thumb

2部降格ジローナ、元バルサのウンスエを新指揮官に招へい

ジローナは14日、フアン・カルロス・ウンスエ氏(52)の新監督就任を発表した。契約期間は1年間となるが、クラブがプリメーラ昇格を果たした場合、2年の契約延長オプションが発生する。 現役時代にGKとしてオサスナやバルセロナ、セビージャで活躍したウンスエ氏は、現役引退後古巣バルセロナでフランク・ライカールト監督、ジョゼップ・グアルディオラ監督の下でGKコーチを務めてきた。その後、ヌマンシアとラシンで監督を務めた後、2013年にルイス・エンリケ監督の副官として、セルタのコーチングスタッフに入閣。その翌年にはルイス・エンリケ監督と共にバルセロナに渡り、在任3年間で9つのタイトル獲得に貢献した。 2017年には古巣セルタに指揮官として3年ぶりの復帰を果たし、チームを12位で残留させたが、昨夏にはクラブと双方合意の下で契約を解消していた。 なお、今シーズン、エウセビオ監督の下でプリメーラ2年目を戦ったジローナだったが、最終的に18位フィニッシゅとなり3年ぶりのセグンダ降格となっていた。 2019.06.15 15:36 Sat
twitterfacebook
thumb

レスター、U-21イングランド代表MFバーンズと2024年まで契約延長!

レスター・シティは14日、U-21イングランド代表MFハーヴェイ・バーンズ(21)との契約を2024年6月まで延長したことを発表した。 9歳の頃にレスターのアカデミーに入団したバーンズは、2016年12月にトップチームデビュー。その後、ミルトン・キーンズ・ドンズ、バーンズリーにレンタル移籍し、イングランド下部リーグで経験を積んだ。 今シーズンはWBAに武者修行に行き、チャンピオンシップ(イングランド2部リーグ)で26試合9ゴール7アシストという好成績を残すと、今冬の移籍市場でレスターに復帰。その後、プレミアリーグで16試合1ゴール2アシストを記録した。 2019.06.15 10:40 Sat
twitterfacebook
thumb

フェイエノールト、デンマーク代表FWヨルゲンセンと2022年まで契約延長

フェイエノールトは14日、デンマーク代表FWニコライ・ヨルゲンセン(28)と2022年6月まで契約を延長したことを発表した。 2016年夏にコペンハーゲンからフェイエノールトに加入したストライカーのヨルゲンセンは、加入初年度にリーグ戦21ゴールを挙げて、フェイエノールトの18年ぶりとなるエールディビジ優勝に貢献していた。 その後、昨季はエールディビジで10ゴール、今季は7ゴールと得点力が低下しているものの、チームの得点源と評価されての契約延長となった。 2019.06.15 06:42 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース