日テレ・ベレーザ、W杯メンバー選出のDF清水梨紗&MF長谷川唯とプロ契約を締結2019.05.10 19:20 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日テレ・ベレーザは10日、なでしこジャパンのDF清水梨紗(22)、MF長谷川唯(22)とプロ契約を結んだことを発表した。清水と長谷川は2013年にトップチームに昇格。両選手ともに今シーズンはここまでなでしこリーグに7試合出場している。ちなみに、二人は10日に発表された女子ワールドカップに臨むなでしこジャパンのメンバーに選出された。

クラブとプロ契約を締結した両選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆清水梨紗
「この度、プロ契約を結ぶことになりました。サッカーに専念できる時間が多くなる環境を作ってくださったことへの感謝を忘れず、プロとしての自覚を持ち、精一杯頑張りたいと思います」

◆長谷川唯
「この度、プロ契約を結ばせていただくことになりました。サッカーに専念できる素晴らしい環境を作ってくださった皆さんに感謝しています。ワールドカップやオリンピックでの優勝、ベレーザでのタイトル獲得のために精一杯努力していきたいと思います」
コメント
関連ニュース
thumb

前半の2Gを守り切ったなでしこが初勝利でGS突破へ前進!《女子W杯》

なでしこジャパンは14日、女子ワールドカップ(W杯)2019グループD第2節でスコットランド女子代表と対戦し、2-1で勝利した。 4日前に行われたアルゼンチン女子代表戦を低調な内容で0-0と引き分けたなでしこは、アルゼンチン戦のスタメンから3選手を変更。横山、長谷川、南に代えて岩渕、遠藤、市瀬を起用した。 初戦のイングランド女子代表戦を1-2と敗戦したスコットランドに対し、フラットな[4-4-2]を継続したなでしこはGKに山下、4バックに右から清水、熊谷、市瀬、鮫島、中盤に右から中島、三浦、杉田、遠藤、2トップに岩渕と菅澤を起用した。 立ち上がりからハイプレスをかける積極性を見せたなでしこは、7分に中島がボレーでゴールに迫れば、17分には岩渕が枠内シュートを浴びせていく。 すると23分、勢いそのままになでしこが今大会初ゴールをこじ開ける。遠藤のパスを受けたペナルティアーク中央の岩渕が豪快なミドルシュートをゴールに突き刺した。 その後も攻勢に出るなでしこは、31分に追加点のチャンス。FKの流れから熊谷がヘディングシュート。だが、ゴールライン前のDFにカットされた。それでも36分、PKを獲得する。清水のクロスボールに反応した菅澤が相手DFに手をかけられて倒された。これを菅澤自ら決めてなでしこがリードを2点に広げた。 前半追加タイム1分には杉田のシュートがバーに直撃したなでしこが迎えた後半も主導権を握る中、58分には中島のカットインシュートでGKを強襲。 その後もスコットランドに反撃を許さずに時間を進める中、66分には遠藤に代えて小林を投入した。 しかし、攻め手となっていた遠藤を下げたことで劣勢を強いられたなでしこは、78分にはポスト直撃のシュートでひやりとさせられる。さらに83分、エバンスのミドルシュートが枠を捉えたが、GK山下がセーブした。 終盤にかけてもスコットランドの攻勢を受けると、88分に失点した。市瀬のミスパスからクレランドにミドルシュートを叩き込まれた。 それでも2-1で逃げ切ったなでしこが初勝利。1勝1分けとし、決勝トーナメント進出に前進した。グループステージ最終節イングランド戦は19日に行われる。 2019.06.14 23:52 Fri
twitterfacebook
thumb

低調なでしこ、格下アルゼンチンに痛恨ゴールレスドロー《女子W杯》

なでしこジャパンは10日、女子ワールドカップ(W杯)2019グループD第1節でアルゼンチン女子代表と対戦し、0-0で終了した。 前日の試合でイングランド女子代表(FIFAランク3位)がスコットランド女子代表(同20位)に2-1と勝利しているグループD。2大会前の王者であるなでしこジャパン(同7位)は、W杯優勝メンバーの熊谷と鮫島が健在であるものの、W杯初出場組が17名と大幅な若返りを見せた中、アルゼンチン(同37位)との初戦を迎えた。 フラットな[4-4-2]を採用したなでしこはGKに山下、4バックに右から清水、熊谷、南、鮫島、中盤に右から中島、三浦、杉田、長谷川、2トップに菅澤と 横山を起用した。 立ち上がりから押し込む展開としたなでしこは、サイド攻撃を起点に打開にかかる。しかし、アタッキングサードではアルゼンチンの守備を上回れず、決定的なシュートには持ち込めない。 結局、枠外シュート2本に終わったなでしこはチャンスを作るには至らず、前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半も押し込む展開としたなでしこは、開始5分に横山がミドルシュートでGKを強襲。圧力をかけ続けると、56分にこの試合最初の決定機を迎えた。清水が右サイドを抜け出してクロスを入れた流れから、長谷川がシュート。だが、ミートしきれず枠の左に外してしまった。 直後、横山に代えて岩淵を投入したなでしこだったが、徐々に攻撃がトーンダウン。攻勢が弱まったことを受けて75分、中島に代えて遠藤を左サイドに投入した。 しかし、終盤にかけても拙攻が続き、追加タイムの長谷川のシュートはGKに止められ、0-0で終了。低調な内容で引き分けスタートとなった。 2019.06.11 02:55 Tue
twitterfacebook
thumb

なでしこ、W杯前最後の調整試合でスペインにドロー《国際親善試合》

なでしこジャパンは2日、国際親善試合でスペイン女子代表と対戦し、1-1で引き分けた。 10日にワールドカップ(W杯)初戦を控える中、大会前最後の調整試合として同じくW杯に参加するスペインと相まみえた一戦。 フラットな[4-4-2]を採用したなでしこは、2トップに横山と籾木、両サイドに長谷川と中島を配置する布陣で臨んだ。 試合はスペインにポゼッションされる展開となると、21分に市瀬のハンドを取られPKを献上してしまう。これをエルモソに決められ、なでしこは先制を許してしまった。 その後も攻め手のないなでしこはチャンスを作れずに前半を1点ビハインドのまま終えた。迎えた後半も攻めあぐねたなでしこは、60分に菅澤と三浦を投入。 それでも守勢が続き苦しい展開となっていたが、85分に同点とした。遠藤のパスをボックス左のスペースで受けた杉田が折り返し、ゴール前の菅澤がスライディングシュートで蹴り込んだ。 そして追加タイムのピンチをGK山下が凌ぎ、1-1で終了。強豪スペイン相手に引き分けに持ち込み、初戦のアルゼンチン女子代表戦に向けて、まずまず収穫を得られた一戦となった。 2019.06.02 22:42 Sun
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパンが大会前にメンバー変更…植木理子out、宝田沙織In《女子W杯》

日本サッカー協会(JFA)は31日、女子ワールドカップ(W杯)に臨むなでしこジャパンのメンバー変更を発表した。 日テレ・ベレーザのFW植木理子が負傷離脱となり、セレッソ大阪堺レディースからFW宝田沙織が追加招集となる。 女子W杯はフランスで6月7日に開幕。同月2日にW杯前最後の国際親善試合でスペイン女子代表と対戦する。 2019.05.31 09:30 Fri
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパンを激励に訪れた森保一監督「逆に良い刺激をもらった」

25日、6月7日に開幕する女子ワールドカップに向けて、なでしこジャパンが千葉県内でトレーニングを行なった。 22日からスタートした国内合宿も4日目を迎えた中、日本代表の森保一監督がトレーニング施設に登場。練習の最後になでしこジャパンの選手たちに向かって言葉を掛けていた。 その後、報道陣の囲み取材に応じた森保監督は、今回の視察の目的に加え、なでしこジャパンへのエールを口にした。 「女子の日本代表チームがワールドカップに向けて練習していると聞いたので、激励に来れればなと思っていましたが、逆に良い刺激をもらいました。すごく緊張感がある雰囲気でしたし、チームで目標に向かっていくというコミュニケーションをとりながら練習しているということころは、我々の活動に生かしたいなと思います」 「高倉監督とは同級生なので、同期会を時々やっているんですが、今度練習を見に行く機会があったら行くねというのを実現できて良かったです」 <span style="font-weight:700;">──練習を見られて感じたことは</span> 「すごく練習が目的を持って行われていますし、緊張感が凄くあっていいと思いました」 <span style="font-weight:700;">──なでしこジャパンは世界一を獲ったことがあるチームですが学べることはありますか?</span> 「あります。世界一というのは簡単なことではないと思いますので、我々男子も世界一を獲ることを目標としていますので、女子から学んで高みを目指してやっていきたいと思います」 <span style="font-weight:700;">──なでしこジャパンに改めてエールを</span> 「まずは最大限努力をしているので、大会前にくいの残らないように準備を続けてもらいたいなと思います。大会期間中はプレッシャーがあったり、厳しい試合の連続だと思いますが、楽しむことを忘れずに頑張ってきてもらいたいです」 2019.05.25 13:40 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース