【CLプレビュー】宿敵からの“後押し”生かしたいスパーズ、今季1冠目獲得で勢いづくアヤックス撃破なるか?

2019.05.08 14:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグ、アヤックスvsトッテナムが日本時間8日28:00にヨハン・クライフ・アレーナでキックオフされる。前日に奇跡の逆転突破を見せたリバプールの待つファイナル進出を懸けたアウトサイダー同士による運命の第2戦だ。

先週にトッテナム・ホットスパー・スタジアムで行われた1stレグでは多くの主力不在にコンディション面で劣ったホームチーム相手に、絶好調のアウェイチームがMFファン・デ・ベークの早い時間対帯のゴールで先制に成功。その後は、ホームのトッテナムが盛り返すも若手のチームらしからぬ老獪な試合運びを見せたアヤックスが逃げ切り、敵地で1-0の先勝を手にした。

レアル・マドリー、ユベントスを連破した勢いそのままにトッテナムに対しても堂々と渡り合った末、敵地でアウェイゴールを奪って先勝したアヤックス。4日に行われたKNVBベーカー決勝では格下のヴィレムⅡを相手にベテランFWフンテラールの2ゴールなどで4-0の圧勝。シーズン3冠を目指す中でまずは今季1つ目のタイトル獲得に成功した。中6日で戦った初戦とは異なり、今回の一戦は中2日での戦いに加え、相手の一部主力も復帰する厳しい戦いとなる。その中で初戦の前半のように受け身にならず、いつも通り自分たちの戦いができるかが、23年ぶりのファイナル進出のカギを握る。

一方、過密日程と出場停止のFWソン・フンミンらの不在が響き、ホームでの初戦を0-1で落としたトッテナム。さらに、4日に行われたリーグ戦のボーンマス戦ではソン・フンミン、途中出場のDFフォイスの一発退場によって40分以上9人での戦いを強いられたうえ、ゴールレスドロー目前の後半アディショナルタイムにゴールを奪われ、公式戦3試合連続となる0-1の敗戦となった。ただ、トップ4フィニッシュに黄信号が灯った中、マンチェスター・ユナイテッド、アーセナルが格下相手に取りこぼした結果、エバートンとの最終節で大量失点での敗戦且つ5位アーセナルが大量得点で勝利しない限り、4位以内を確定できることに。宿敵からの思わぬ“後押し”を受け、今回のアヤックス戦に全力を注げることになった。

なお、過去のCL準決勝でホームでの1stレグを落として逆転した例は17回の中でただ1度。そして、1995-96シーズンにオリンピアコス相手にそれを達成したのはアヤックスだ。トッテナムにとって厳しい条件に変わりはないが、前日にホームとはいえバルセロナ相手に奇跡の逆転突破を見せたリバプールの身近な成功例が精神的な後押しとなるはずだ。

最後に両チームの勝ち抜けの条件はアヤックスが引き分け以上の結果。一方、トッテナムはアウェイゴール2点以上を奪っての勝利で逆転突破となる。なお、トッテナムが1-0のスコアで90分の戦いを終えた場合のみ、延長戦に突入する。(延長戦でもアウェイゴールは適用)

◆アヤックス◆
【4-3-3】

▽アヤックス予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.
GK:オナナ
DF:マズラウィ、デ・リフト、ブリント、タグリアフィコ
MF:シェーネ、ファン・デ・ベーク、フレンキー・デ・ヨング
FW:ジイェフ、タディッチ、ネレス
負傷者:FWネレス
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関しては軽傷を抱えるネレスにスタメン落ちの可能性があるものの、それ以外は全選手の起用が可能だ。

そのネレスが起用不可能な場合、フンテラールやドルベリというセンターフォワードの選手を入れてタディッチをウイングに移す形か、より守備的にマズラウィを右ウイングで起用し、フェルトマンを引き続きサイドバックで起用する形のいずれかになるはずだ。

◆トッテナム◆
【4-3-1-2】

▽トッテナム予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.
GK:ロリス
DF:トリッピアー、アルデルヴァイレルト、ヴェルトンゲン、ローズ
MF:ムサ・シソコ、ワニャマ、エリクセン
MF:デレ・アリ
FW:ルーカス・モウラ、ソン・フンミン
負傷者:DFダビンソン・サンチェス、MFウィンクス、FWケイン
出場停止者:ヤンセン(登録外)

登録メンバー外のヤンセンが起用できないが、累積警告によって1stレグを欠場したソン・フンミンが出場停止明けで戻ってくる。負傷者に関しては奇跡の復帰が期待されたケインが間に合わず、ウィンクスと共に引き続き欠場となるほか、直近のボーンマス戦で太ももを痛めたダビンソン・サンチェスも欠場となる。ただ、オーリエ、ラメラのメンバー入りは朗報だ。

システムに関しては前線の構成次第で[4-3-1-2]、[4-2-3-1]の2つの形が想定されるが、前から相手のビルドアップに強烈なプレッシャーをかけるマンチェスター・シティとの準々決勝初戦のようなアプローチで臨むはずだ。したがって、プレスの機動力で劣るジョレンテはベンチスタートが濃厚だ。

★注目選手
◆アヤックス:MFフレンキー・デ・ヨング
Getty Images
アヤックスの注目プレーヤーは中盤のコンダクター、F・デ・ヨングだ。敵地での初戦では見事なフィニッシュで先制点を挙げたうえ、相手の背後を突くスプリント、献身的なプレスバックと攻守両面で抜群の存在感を放ったファン・デ・ベークに主役の座を譲ったものの、その同僚に勝るとも劣らない輝きを放っていたのが来季バルセロナ移籍が内定している俊英MFだった。21歳らしい豊富な運動量と球際のアグレッシブさを見せた一方、百戦錬磨のベテランMFさながらの卓越したポジショニングやプレーリードで大先輩エリクセンらを擁する相手の強力中盤を相手に抜群のゲームメークを見せていた。

今回の一戦では相手がよりアグレッシブなプレーを見せてくる可能性が高く、1stレグの前半のようにチームとして主導権を握ることは難しいかもしれない。その中でF・デ・ヨングには守備面でのハードワークに加え、簡単にボールを奪わせない持ち味のキープ力を武器に味方に“時間”を与えるプレーが期待される。そして、あわよくば相手のハイラインを切り裂くラストパスでゴールを演出したい。

◆トッテナム:FWソン・フンミン
Getty Images
トッテナムの注目プレーヤーは出場停止明けのソン・フンミンだ。前ラウンドのシティ戦でベスト4進出の立役者となった韓国代表FWだったが、それと引き換えにもらった警告によって先週行われたホームでの1stレグはスタンドからチームの敗戦を見守ることに。また、直近のボーンマス戦では前線で唯一のフレッシュなプレーヤーとしてチームを勝利に導く活躍が期待されたものの、前半終了間際に相手MFレルマを突き飛ばす報復行為によって一発退場となる愚行を犯した。ライバルチームの取りこぼしによって、チームのトップ4フィニッシュはほぼ確定することになったが、最終節のエバートン戦は出場停止でプレーできないため、今回の一戦ではピッチ内の誰よりも走り、誰よりも戦うことが求められる。

一部ではケインの復帰が期待されたものの、最終的にメンバー入りは見送られることになっており、攻撃のオプションはジョレンテや負傷明けのラメラのみと相変わらず厳しい状況だ。したがって、トッテナムとしては試合の入りから出し惜しみせず攻撃に出る必要があり、ファーストディフェンダー、フィニッシャーを担うソン・フンミンの働きは重要だ。とりわけ、初対戦ゆえのアドバンテージを持っている試合序盤のうちにゴールをこじ開けたい。
コメント
関連ニュース
thumb

【ラ・リーガ注目プレビュー】内紛報じられる崖っぷちのバルサ、難敵アトレティコ撃破で3連覇への望み繋げるか

ラ・リーガ第33節、バルセロナvsアトレティコ・マドリーが日本時間6月30日29:00にカンプ・ノウでキックオフされる。3連覇に向けて崖っぷちの2位・バルセロナ(勝ち点69)が、3位・アトレティコ(勝ち点58)をホームで迎え撃つ、タイトル争いの行方を左右する重要なビッグマッチだ。 前節、残留を争うセルタ相手に2度のリードを守れずに痛恨のドローを喫したバルセロナ。この取りこぼしによって首位のレアル・マドリー(勝ち点71)との勝ち点差は「2」に広がり、逆転優勝に向けては残り6試合で全勝し、且つ首位チームの取りこぼしが必要となる。 そういった崖っぷちの状況の中、セルタ戦後には戦術や采配を巡ってセティエン監督と選手サイドが衝突したとの内紛報道も…。また、財政面で問題を抱えるクラブはアトレティコ戦前日にMFアルトゥールとユベントスMFピャニッチのいわくつきのトレード移籍を発表するなど、ピッチ内外で問題を抱えている。仮に、今節で取りこぼすようなことがあれば、一気にチーム崩壊を招く可能性もある。 一方、アトレティコはシーズンを通じた取りこぼしにより、2強に大きく水をあけられているものの、チャンピオンズリーグ(CL)でのリバプール撃破をキッカケにポジティブな状況が続く。ラ・リーガ再開後はアスレティック・ビルバオとの初戦こそドローで終えたが、以降は持ち味の堅守を武器に今季最長となる4連勝中だ。前節のアラベス戦では試合終盤のPKによって3戦連続クリーンシートを逃したが、危なげない形で勝ち点3を手にしていた。 4位のセビージャ(勝ち点54)との勝ち点差を考えれば、敵地から勝ち点1を持ち帰ることが最低限のノルマとなるが、今のバルセロナであれば、シメオネ体制通算17戦目にして待望のラ・リーガ初勝利を狙っていきたい。 なお、昨年12月にワンダ・メトロポリターノで行われた前回対戦はFWメッシの圧巻の個人技によってバルセロナが1-0で勝利している。ただ、今年1月にサウジアラビアで行われたスーペル・コパ準決勝はアトレティコが3-2で勝利している。 <div style="text-align:center;">◆バルセロナ◆ 【4-3-3】</div> ▽バルセロナ予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200630_16_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains, LTD.<hr></div> GK:テア・シュテーゲン DF:セメド、ピケ、ラングレ、ジョルディ・アルバ MF:ビダル、ブスケッツ、ラキティッチ FW:メッシ、スアレス、グリーズマン 負傷者:MFデ・ヨング、デンベレ 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関してはデ・ヨング、デンベレが引き続き欠場となるが、セルジ・ロベルトが練習復帰を果たしている。 スタメンに関しては出場停止明けのブスケッツがリキ・プッチに代わって復帰するほか、ユムティティとアンス・ファティに代わってラングレ、グリーズマンの復帰が見込まれる。インテリオールに関してはビダル、ラキティッチのベテラン2人の起用が濃厚だが、前日に来季からのユベントス行きが発表されたアルトゥールの起用も考えられる。 <div style="text-align:center;">◆アトレティコ・マドリー◆ 【4-4-2】</div> ▽アトレティコ・マドリー予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200630_16_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains, LTD.<hr></div> GK:オブラク DF:アリアス、ヒメネス、フェリペ、ロージ MF:マルコス・ジョレンテ、エレーラ、トーマス、サウール FW:ジエゴ・コスタ、フェリックス 負傷者:DFヴルサリコ、エルモソ 出場停止者:DFサビッチ、MFコケ 累積警告によりサビッチ、コケの主力2選手が欠場となる。ただ、主力に目立った負傷者はいない。 スタメンに関しては出場停止の2選手に代わってフェリペ、エレーラの起用が見込まれる。また、アラベス戦で先発したトリッピアーとモラタ、コレアに代わってアリアス、ジエゴ・コスタ、マルコス・ジョレンテの復帰が濃厚だ。 注目は中盤のメンバー構成で、カラスコやレマル、コレアとアタッカーをサイドに置く形も考えられるが、メッシへの守備対応、アルバとの高さのミスマッチを考慮し、左にサウール、右にジョレンテを置く形を予想。ただ、フェリックスをベンチに置き、2トップの一角に据えたジョレンテをブスケッツに当てる形も十分に考えられる。 ★注目選手 ◆バルセロナ:FWルイス・スアレス <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200630_16_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> バルセロナの注目プレーヤーは通算700ゴールが懸かるメッシと言いたいところだが、完全復活に向け、コンディションを上げているスアレスだ。今シーズン、序盤からコンスタントにゴールを重ねていたが、今年1月初旬に右ヒザの手術を受け、長期の離脱を強いられた。当初はシーズン中の復帰は絶望的と思われたが、コロナ禍による約3カ月の中断によってリーグ再開初戦のマジョルカ戦で戦列復帰を果たした。 ただ、約5カ月のブランクは大きく復帰後、4試合でゴールを決めることができていなかったが、直近のセルタ戦では相棒メッシのお膳立てから復帰後初ゴールを含むドブレーテの活躍をみせ、完全復活に向けコンディションを上げている。チーム事情もあり、負荷がかかる起用法が続くが、逆転での3連覇に向けて重要な今回の一戦での活躍が求められるところだ。 ◆アトレティコ・マドリー:MFマルコス・ジョレンテ <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200630_16_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> アトレティコの注目プレーヤーはシーズン終盤を迎えて絶好調のジョレンテだ。昨夏、レアル・マドリーからの“禁断の移籍”でロヒブランコのユニフォームに袖を通すことになった25歳は加入当初、本職のピボーテのバックアッパー的な役割を担ってきたが、CLリバプール戦での圧巻の2ゴールの活躍をキッカケに役割が変化してきている。 過去にもMFラウール・ガルシア(現アスレティック)をセカンドトップにコンバートさせたシメオネ監督は、高いアスリート能力と豊富な運動量を武器に前線と中盤を繫ぐリンクマンをこなせるジョレンテを前線で起用。その期待に応えるようにリーグ再開後は1ゴール2アシストの活躍を披露している。直近のレバンテ戦でも積極的な仕掛けで決勝点に繋がるPKを奪取している。今回の一戦ではセカンドトップか右サイドハーフでの起用が見込まれている中、ブスケッツあるいはアルバを相手に自身の得意とするフィジカル勝負に持ち込んで決定的な仕事を果たしたい。 2020.06.30 18:30 Tue
twitterfacebook
thumb

【プレミア注目プレビュー】次節頂上対決控えるシティ、ブルーズ撃破で今節の優勝阻めるか

プレミアリーグ第31節、チェルシーvsマンチェスター・シティが日本時間25日28:15にスタンフォード・ブリッジでキックオフされる。独走リバプールの優勝が懸かる激戦必至のビッグマッチだ。 来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得を目指す4位のチェルシー(勝ち点51)は、リーグ再開初戦となった前節のアストン・ビラを2-1で逆転勝利。残留を争う格下相手に先制を許す苦しい展開も、FWプリシッチの投入で流れを変え、辛くも白星で再スタートを切った。 とはいえ、今節を先に終えている5位のマンチェスター・ユナイテッドと6位のウォルバーハンプトンが、共に勝ち点49で迫ってきており、全く油断できない状況が続く。そして、ビラ戦から中3日で迎える今節は再開後絶好調のシティとの重要なホームゲームに臨む。 一方、リーグ再開後、アーセナル、バーンリーを相手に合計8ゴール、被枠内シュート0に抑え込む完璧な戦いを見せている2位のシティ(勝ち点63)。ただ、前日に行われた試合で勝利した首位のリバプール(勝ち点86)がリーグ制覇に王手をかけており、今節チェルシーに敗れると、7月2日に予定される直接対決を前に優勝が決まってしまう。現時点でのプライオリティーは今週末のFAカップ準々決勝となるが、リーグ連覇中の王者としての意地を見せたいところだ。 なお、昨年11月にエティハド・スタジアムで行われた前回対戦ではMFカンテに先制点を奪われたものの、MFデ・ブライネ、FWマフレズのゴールにより、ホームのシティが2-1で勝利している。 <div style="text-align:center;">◆チェルシー◆ 【4-3-3】</div> ▽チェルシー予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200625_0_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:ケパ DF:アスピリクエタ、リュディガー、ズマ、マルコス・アロンソ MF:コバチッチ、カンテ、マウント FW:ウィリアン、ジルー、プリシッチ 負傷者:DFトモリ、MFファン・ヒンケル、FWハドソン=オドイ 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関しても主力に目立った離脱者はいない。 前節のビラ戦から中3日での過密日程となるため、幾つかのポジションでローテーションの採用が見込まれる。その中でシティの前線のスピード対策でズマがセンターバックに復帰する見込みだ。中盤は出場停止明けのジョルジーニョの復帰の可能性もあるが、コバチッチとカンテ、マウントの継続を予想。 前線に関してはエイブラハムの起用も考えられるが、ビラ戦で結果を残したジルーの継続起用を予想する。 <div style="text-align:center;">◆マンチェスター・シティ◆ 【4-3-3】</div> ▽マンチェスター・シティ予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200625_0_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:エデルソン DF:ウォーカー、フェルナンジーニョ、ラポルテ、メンディ MF:デ・ブライネ、ロドリ、ギュンドアン FW:スターリング、ガブリエウ・ジェズス、フォーデン 負傷者:DFエリック・ガルシア、ストーンズ、FWアグエロ 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関してはエリック・ガルシア、ストーンズのセンターバック2選手に加え、バーンリー戦での負傷によりヒザの手術に踏み切ったエースのアグエロが不在となる。 スタメンに関してはE・ガルシアを除き快勝したアーセナル戦を踏襲する形も考えられるが、難敵チェルシーとのアウェイマッチという状況もあり、より攻守のバランスに長けた前述のスタメン起用を予想する。注目はマフレズとハイレベルのポジション争いを続けるフォーデンの起用法だ。グアルディオラ監督は20歳の若武者をリーグ戦で2試合連続先発起用したことはないが、そろそろ抜擢してくるはずだ。 ★注目選手 ◆チェルシー:FWクリスチャン・プリシッチ <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200625_0_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> チェルシーの注目プレーヤーは、ゲームチェンジャーとしてビラ戦での勝利に大きく貢献したプリシッチだ。今季ここまでは公式戦24試合7ゴール6アシストと、スタッツ上ではまずまずの戦績を残しているが、絶対的エースだったMFアザールの後継者としての触れ込みもあり、ピッチ上での存在感は今一つだ。とりわけ、プレミアリーグにおいては選手評価の基準のひとつにもなるビッグ6相手のパフォーマンスではケガの影響もあり出場機会自体が少ないが、起用を見送られたことも含め、出場試合の出来はパッとしない。 来季に向けては直接ポジションは重ならないものの、すでに加入が決定したMFジイェフやFWヴェルナーに加え、後輩サンチョやハフェルツといった新たなライバルの到来が見込まれる。そのため、アピールの場として申し分ないシティ相手に、直近のビラ戦やハットトリックを達成したバーンリー戦のようなハイパフォーマンスを期待したい。 ◆マンチェスター・シティ:MFフィル・フォーデン <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200625_0_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> シティの注目プレーヤーは、来季からシルバの後継を担うフォーデンだ。以前からそのとてつもない才能は国内外で知られるところだが、シティの分厚い選手層やグアルディオラ監督の慎重な起用法もあり、その活躍は限定的だ。しかし、リーグ再開後の2試合ではいずれもキャリア初となる2試合連続ゴール、1試合2ゴールと鮮烈な活躍を見せている。そのため、先発か途中出場かは不明だが、チェルシー戦でアピールの場が与えられる可能性は高い。 プリシッチと異なり、昨季のトッテナム戦で決勝点を記録し、今季2度のアーセナルとの対戦で1ゴール1アシストの数字を残すなど、ビッグマッチでも存在感を示す20歳の若武者は、同じロンドン勢のチェルシー相手にリーグ3戦連続ゴールを挙げることができるか…。 2020.06.25 19:00 Thu
twitterfacebook
thumb

【プレミア注目プレビュー】本格再開の中、スパーズvsユナイテッドのトップ4争い直接対決!

プレミアリーグ第30節、トッテナムvsマンチェスター・ユナイテッドが日本時間19日28:15にトッテナム・ホットスパースタジアムでキックオフされる。今週末からの本格的な再開の中、いきなり実現したトップ4争いの行方を左右する重要なシックスポインターだ。 昨年11月にポチェッティーノ前監督からモウリーニョ監督への指揮官交代に動いたトッテナムは、ポルトガル人指揮官の下で一時盛り返すも、直近の公式戦6試合未勝利(5敗1分け)という最悪な形で新型コロナウイルスの影響による中断期間に入った。第29節終了時点でチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位のチェルシー(勝ち点48)と7ポイント差の8位(勝ち点41)に低迷しており、逆転でのトップ4フィニッシュに向けては各選手が語るように、ここから9つの決勝戦を制する必要がある。 数字上は極めて厳しいタスクだが、コロナ禍での中断によってエースのFWケインら長期離脱組が続々と復帰を果たし、過密日程の中でペンディングされていた戦術の落とし込みも進んでおり、リーグ再開に向けてプラス材料は少なくない。ただ、ぶっつけ本番となる今回のユナイテッド戦を落とせば、以降の挽回はほぼ不可能となるだけに是が非でも勝ち点3を手にしたい。 一方、マンチェスター・シティとのダービーでシーズンダブルを達成するなど、公式戦12試合無敗(8勝4分け)で中断期間に入ったユナイテッドは、チェルシーと勝ち点3差の5位(勝ち点45)と、逆転でのトップ4フィニッシュが十分可能な立ち位置に。さらに、2年間のUEFA主催試合出場禁止処分を巡って係争中のシティに処分が下った場合、現在の順位でも繰り上げでの来季CL出場が可能だ。 とはいえ、スパーズ同様にFWラッシュフォードやMFポグバといった離脱者が戻り、上り調子のスールシャール率いるチームは、残り試合できっちり結果を残し、自力でのトップ4フィニッシュを目指す。今季はビッグ6相手に好成績を収めており、下馬評では敵地での勝利を予想する声も多い。 なお、昨年12月に行われた前回対戦では攻守両面で高いインテンシティを見せたホームのユナイテッドが、2-1のスコアでかつての指揮官にスパーズでの初黒星を与えていた。 <div style="text-align:center;">◆トッテナム◆ 【4-3-3】</div> ▽トッテナム予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200618_24_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:ロリス DF:オーリエ、D・サンチェス、アルデルヴァイレルト、ベン・デイビス MF:シソコ、ウィンクス、エンドンベレ FW:ルーカス・モウラ、ケイン、ソン・フンミン 負傷者:DFタンガンガ、MFロ・チェルソ、FWパロット 出場停止者:MFデレ・アリ(1/1) コロナ禍での不適切なSNS投稿による処分でデレ・アリが出場停止となる。負傷者に関してはタンガンガ、パロットの若手2選手の欠場が確定。その一方で、中断前に離脱していたケイン、ソン・フンミン、ベルフワイン、ムサ・シソコが戦列に復帰。モウリーニョ監督はベルフワインを除く3選手の先発起用を示唆している。 システムに関してはここまで複数の布陣を併用しているが、[4-3-3]あるいは[4-2-3-1]を使う可能性が高そうだ。交代枠が5枚に増えたこともあり、コンディションに不安を抱えるメンバーをスタートで起用し、計算できるラメラやダイアー、ジェジソンらをベンチに待機させておく模様だ。 <div style="text-align:center;">◆マンチェスター・ユナイテッド◆ 【4-2-3-1】</div> ▽マンチェスター・ユナイテッド予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200618_24_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:デ・ヘア DF:ワン=ビサカ、リンデロフ、マグワイア、ショー MF:マクトミネイ、フレッジ MF:ダニエル・ジェームズ、ブルーノ・フェルナンデス、ラッシュフォード FW:マルシャル 負傷者:DFジョーンズ 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関してはポグバらの復帰によって主力に離脱者はいない。 システムに関しては[3-4-1-2]の可能性も十分に考えられるが、[4-2-3-1]の採用を予想。スタメンに関しては公式戦での初共演が期待されるブルーノ・フェルナンデスとポグバの起用法に注目が集まるが、長期離脱明けの後者をベンチに置く形で試合に入りそうだ。 ★注目選手 ◆トッテナム:FWハリー・ケイン <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200618_24_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> トッテナムの注目プレーヤーは、約半年ぶりの戦列復帰を果たすケインだ。今季も公式戦25試合17ゴールを挙げているスパーズの絶対的なエースだが、今年元日のサウサンプトン戦で負ったハムストリング断裂の重傷により、長期離脱を強いられた。その間にチームはCL敗退など低迷に陥り、エースとして歯痒い思いをしていたことは想像に難くない。 それでも、コロナ禍の長期に渡る中断によって、一時絶望的と思われた今季中の復帰が可能に。トレーニング再開後は紅白戦形式のトレーニングとノリッジとの練習試合しか行っておらず、コンディションや試合勘が大きく懸念されるところだが、これまで幾度も鮮烈な復帰を飾ってきた世界屈指のストライカーの活躍に期待したい。 ◆マンチェスター・ユナイテッド:FWマーカス・ラッシュフォード <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200618_24_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ユナイテッドの注目プレーヤーは同じく久々の戦列復帰となるラッシュフォードだ。今季、イングランド代表のスキッパーを上回る公式戦31試合19ゴールを記録している赤い悪魔のエースだが、背中のケガにより今年1月半ばからの長期離脱を経験。ケインと異なり、チーム自体はブルーノ・フェルナンデスという新たな武器を手にし、シティとのダービーに勝利するなど好調を維持しているが、プレーしたい盛りの22歳にとっては歯痒い時期だったはずだ。 それでも、長期のリーグ中断を経て戦列復帰を果たした若武者は下部カテゴリー相手の練習試合で早くも軽快な動きを見せており、リーグ再開に向け準備万全といったところだ。前回対戦で2ゴールを挙げる活躍で撃破したスパーズ相手に、新たな相棒らと共に躍動する姿が期待される。 2020.06.19 17:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【プレミア注目プレビュー】PL再開初戦! ペップvsアルテタの師弟対決!

プレミアリーグ第28節延期分、マンチェスター・シティvsアーセナルが日本時間17日28:15にエティハド・スタジアムでキックオフされる。約3カ月ぶりとなるプレミア再開を祝う、強豪同士のビッグマッチだ。 3月8日に行われたマンチェスター・ユナイテッドとのダービーで手痛い敗戦を喫し、新型コロナウイルス(COVID-19)による長期の中断期間に入った2位のシティ(勝ち点57)。この敗戦により首位のリバプール(勝ち点82)との勝ち点差は25ポイントに広がり、今節で敗れた場合、今週末にも優勝を決められる崖っぷちの状況だ。 一方、3月7日に行われたウェストハムとの前節を1-0で競り勝った9位のアーセナル(勝ち点40)は、リーグ3連勝と上り調子の中で中断期間に入り、やや水を差される格好に。さらに、この間にコロナ禍での深刻な財政難も明らかになっており、このまま来シーズンのヨーロッパのコンペティション参加を逃すことになれば、一気に冬の時代を迎える可能性もあり得る。 互いに落とせない試合であることはハッキリとしているが、更なる注目要素はグアルディオラ監督とアルテタ監督の師弟対決。2016年夏にペップ率いるシティのコーチングスタッフに入閣したアルテタ監督は、昨年12月末にアーセナルの新指揮官に就任するまで約3年半に渡って“右腕”を務めてきた。そのため、稀代の名将の戦術、各選手の特徴を知り尽くしており、師匠との初対決では対シティ仕様の戦い方を準備しているかもしれない。 なお、昨年12月15日に行われた前回対戦では、アウェイのシティがユングベリ暫定監督率いるアーセナルを3-0で粉砕している。 <div style="text-align:center;">◆マンチェスター・シティ◆ 【4-3-3】</div> ▽マンチェスター・シティ予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200616_35_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:エデルソン DF:ウォーカー、フェルナンジーニョ、ラポルテ、メンディ MF:デ・ブライネ、ロドリ、ギュンドアン FW:ベルナルド・シウバ、アグエロ、スターリング 負傷者:なし 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関しても長期離脱組が中断期間中に回復しており、マッチフィットネスの問題を除き全選手が起用可能だ。 中断明けで各選手のコンディションが不明であることもあり、スタメン予想は困難を極めるが、ベストメンバーに近い前述のメンバーを予想した。 <div style="text-align:center;">◆アーセナル◆ 【4-2-3-1】</div> ▽アーセナル予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200616_35_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:レノ DF:ベジェリン、ムスタフィ、ダビド・ルイス、ティアニー MF:グエンドウジ、ジャカ MF:ペペ、エジル、サカ FW:オーバメヤン 負傷者:DFチャンバース、MFトレイラ 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関してはチャンバース、トレイラの2選手を除き全選手の起用が可能だ。 システムに関しては直近のトレーニングマッチで採用していた[4-2-3-1]の可能性が高いが、ティアニーを左のセンターバックに配した[3-4-2-1]の形も想定される。また、スタメンはセバージョスがジャカの相棒、あるいはトップ下に入り、オーバメヤンを左ウイングに置きラカゼット(エンケティア)を最前線に置く形も考えられる。 ★注目選手 ◆マンチェスター・シティ:MFケビン・デ・ブライネ <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200616_35_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> シティの注目プレーヤーは、前回対戦でガナーズを完膚なきまでに粉砕したデ・ブライネだ。今シーズンここまで8ゴール16アシストと、不振が囁かれるシチズンズの中で一人気を吐くベルギー代表MFは、今回の再開初戦に向けてもカギを握る選手の1人だ。 前回対戦では[4-2-3-1]のトップ下を務め、ハットトリックこそ逃したもののほぼ完璧なパフォーマンスをみせ、敵地での圧勝に導いた。今回の試合ではアルテタ監督主導の下、徹底監視を受ける可能性が高いが、アーセナルのレジェンドであるティエリ・アンリのアシスト記録(20アシスト)超えを狙う世界屈指のチャンスメーカーは、必ずやゴールへの道筋を示してくれるはずだ。 ◆アーセナル:FWピエール=エメリク・オーバメヤン <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200616_35_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> アーセナルの注目プレーヤーはキャプテンマークを巻くエースストライカーだ。昨季のリーグ得点王は今季も得点ランキング2位の17ゴールを挙げる活躍を見せているが、今冬からアーセナルでの今後が不透明な状況が続いている。直近のインタビューでは契約延長はアーセナル次第であると語り、現時点で自身の態度を決めかねていることを明かしている。 そういった精神状態で本来のパフォーマンスを出せるのかは微妙なところだが、チーム力で劣るアーセナルの勝利にはエースの活躍が必須。前回対戦では最前線で完全に孤立し、エジル同様に希薄な存在感が批判の対象となっていたが、今回はチームを勝利に導く、エース&キャプテンの存在感を見せてほしいところだ。 2020.06.17 17:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLプレビュー】民なき“王子たちの庭”で王者への歩みを進めるのは?《PSGvsドルトムント》

チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16の2ndレグ、パリ・サンジェルマン(PSG)vsドルトムントが日本時間11日29:00にパルク・デ・プランスでキックオフされる。新型コロナウイルス感染拡大の影響で異例の無観客開催となる、民衆なき“王子たちの庭”で繰り広げられるベスト8進出を懸けた運命の第2ラウンドだ。 2月18日にドルトムントホームで行われた1stレグは攻守両面で高いインテンシティを披露したホームチームが優勢に試合を運ぶ。FWネイマールにアウェイゴールを奪われたものの、怪物FWハーランドの圧巻の2ゴールの活躍によって2-1のスコアで先勝に成功した。 最低限のアウェイゴール1つを持ち帰ったPSGだが、DFムニエとMFヴェッラッティという主力2選手を累積警告によって失う厳しい初戦となった。それでも、以降の公式戦3試合ではいずれも4ゴール以上を奪う大勝で3連勝。とりわけ、直近のクープ・ドゥ・フランス準決勝では難敵リヨンを相手にFWムバッペのハットトリックの活躍などで5-1の圧勝。順当にファイナル進出を果たした。また、7日に開催予定だったリーグ戦のストラスブール戦が新型コロナウイルスの影響で延期となり、中6日と休養十分で今回の大一番を迎えることになった。 一方、4年ぶりのベスト8進出に向けて上々の折り返しとなったドルトムントは以降も好調を維持。ブレーメン、フライブルク、ボルシアMGとの対戦となったブンデスリーガでは攻撃面でやや苦戦を強いられたものの、3試合でわずか1失点の堅守を武器に勝ち切って2位浮上を果たした。とりわけ、直近のボルシアMG戦では球際での気迫のこもったプレーが好印象で、以前からハードワークやメンタル面を課題に挙げていたDFフンメルスも試合後に手ごたえを口にする大きな勝利となった。ただ、休養十分のPSGに対して中3日の日程面は唯一の懸念材料となりそうだ。 両者の勝ち抜けの条件はドルトムントが引き分け以上で文句なし。さらに、アウェイゴール2点以上を奪っての1点差負けでも突破が決まる。対してPSGは1-0の勝利か2点差以上での勝利が必要となる。なお、PSGが2-1で勝利した場合のみ延長戦に突入する。 <div style="text-align:center;">◆パリ・サンジェルマン◆ 【4-3-3】</div> ▽パリ・サンジェルマン予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200310_38_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:ケイロル・ナバス DF:ケーラー、チアゴ・シウバ、キンペンベ、ベルナト MF:グイエ、マルキーニョス、パレデス FW:ディ・マリア、カバーニ、ネイマール 負傷者:DFダグバ、MFエレーラ、FWムバッペ 出場停止者:DFムニエ、MFヴェッラッティ 1stレグで受けた警告によってムニエ、ヴェッラッティが累積警告で出場停止に。負傷者に関してはダグバとエレーラの欠場が決定。また、体調不良を訴えていたムバッペが新型コロナウイルスの検査を受けていたとの報道が出ており、検査結果は陰性とのことだが起用を自粛可能性が指摘されている。 システムに関しては1stレグと同じ[4-3-3]を予想したが、智将トゥヘルは3バックのミラーゲームなど何らかの策を施してくるかもしれない。スタメンに関してはムバッペの状態が大いに懸念されており、起用できない場合はカバーニかイカルディが代役を担う。また、司令塔ヴェッラッティの穴埋めについては同タイプのパレデスの起用を予想するが、[4-4-2]へのシステム変更でアタッカーを起用するプランも考えられる。 <div style="text-align:center;">◆ドルトムント◆ 【3-4-3】</div> ▽ドルトムント予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200310_38_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:ビュルキ DF:ピシュチェク、フンメルス、ザガドゥ MF:アクラフ・ハキミ、ジャン、ヴィツェル、ラファエウ・ゲレイロ FW:アザール、ハーランド、サンチョ 負傷者:MFロイス、デラネイ 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関してはロイス、デラネイが1stレグに続いて欠場となるが、ブラントが戦列復帰を果たしており新たに起用可能だ。 直近のボルシアMG戦ではサンチョを温存してブラントをスタメン起用したが、今回の2ndレグではそのサンチョを戻して1stレグと同じ布陣、メンバーで臨むはずだ。 ★注目選手 ◆パリ・サンジェルマン:FWネイマール <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200310_38_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> PSGの注目プレーヤーは大黒柱のネイマールだ。前回対戦では貴重なアウェイゴールをチームにもたらした一方、相手DFピシュチェクのマンマーク気味の徹底監視に遭い、不用意なボールロストから相手得意のカウンターアタックを招く温床となるなど、試合全体を通しては不満の残るパフォーマンスとなった。そのため、相手の出方を確認した今回の対戦ではパフォーマンスの改善が求められるところだ。 さらに、無観客開催によって普段のようにホームアドバンテージが期待できない特殊な状況下、ヴェッラッティの不在、ムバッペのコンディション不良という懸念材料を抱える中、百戦錬磨のスーパースターには大黒柱としてチームを牽引する働きが期待される。民なき“王子たちの庭”で頼れる王様としての振る舞いを見せられるか。 ◆ドルトムント:FWジェイドン・サンチョ <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200310_38_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ドルトムントの注目プレーヤーはハーランドと双璧をなす若きエースのサンチョだ。今季ここまでの公式戦34試合17ゴール19アシストと、FWメッシら世界最高峰のアタッカーに肉薄するゴール関与率を誇る、もう1人の10代の怪物。ハーランド同様の傑出したアスリート能力に加え、攻撃センスと決定力を兼ね備えた万能型アタッカーは、前回対戦でもネイマールやムバッペといったバロンドールのライバル候補相手に堂々たるパフォーマンスを披露した。 敵地での逃げ切り突破に向けてはボルシアMG戦同様にチーム一丸となった守備面のハードワークが最も必要とされるところだ。ただ、それと同時に相手の攻勢を押し下げ、チームに勇気を与えるアウェイゴールも重要なカギを握る。その中でハキミ、ハーランドと共に自慢の高速カウンターを牽引する19歳の働きに注目したい。 2020.03.11 17:30 Wed
twitterfacebook