“バットマン”西村拓真が今季2得点目! モスクワ・ダービーで貴重な同点弾《ロシア・プレミアリーグ》2019.05.06 08:55 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
CSKAモスクワに所属するFW西村拓真が移籍後2ゴール目をマークした。CSKAモスクワは5日、ロシア・プレミアリーグ第27節でディナモ・モスクワとホームで激突。左頬骨骨折の西村はフェイスガードをつけて79分からピッチに立った。

28分に幸先よく先制に成功したCSKAモスクワ。だが、35分に追いつかれると、43分にも失点を重ねて、たちまち形勢不利の展開を強いられてしまう。

追うCSKAモスクワは79分に戦列復帰の西村を投入。85分に中央寄りの敵陣右サイドで獲得したFKのチャンスからクロスに西村が頭で合わせ、追いついた。

結局、この西村のゴールにより、CSKAモスクワとディナモ・モスクワのダービーマッチは痛み分けに終わっている。

CSKAモスクワ 2-2 ディナモ・モスクワ
【CSKAモスクワ】
ビョル(前28)
西村拓真(後40)
【ディナモ・モスクワ】
カルドソ(前35)
パンチェンコ(前43)
コメント
関連ニュース
thumb

若手に注目のリバプール、21歳のロシアリーグ得点王チャロフ争奪戦に参戦?

リバプールが、CSKAモスクワに所属するロシア代表FWヒョードル・チャロフ(21)の獲得を睨んでいるようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 CSKAモスクワ下部組織出身のチャロフは、2016年9月にトップチームデビュー。21歳とは思えない冷静さと、ゴール前の機知に富んだ柔軟な選手で、昨シーズンの公式戦37試合で17ゴール7アシストを記録し、同シーズンのロシア・プレミアリーグで得点王に輝いた同国期待のストライカーだ。 チャロフは大舞台にも強く、昨季のチャンピオンズリーグ(CL)ではレアル・マドリーからゴールを奪ったこともあり、アーセナルを筆頭に、マンチェスター勢、トッテナム、バイエルンやドルトムントなど、欧州の注目の的となっている。 そんな有望選手の獲得レースにリバプールも参戦する可能性がある模様。同クラブは今夏、元イングランド代表FWダニエル・スタリッジ(29)が退団したことで、指揮官のユルゲン・クロップ監督も新たなストライカーの獲得を希望しているようだ。ちなみに同メディアによれば、評価額は2000万ポンド(約27億1000万円)だという。 リバプールは今夏、1人目の補強としてズウォレからU-19オランダ代表DFゼップ・ファン・デン・ベルグ(17)を獲得。次なる新戦力候補にフルアムのU-17イングランド代表MFハーベイ・エリオット(16)が挙がっているなど、若手選手の獲得に力を入れている様子だ。果たしてリバプールは、この有望株の獲得にも動くのだろうか。 2019.07.14 15:55 Sun
twitterfacebook
thumb

CSKAモスクワ、エバートンからFWヴラシッチを買取! CLでマドリー撃破の立役者に

CSKAモスクワは19日、エバートンからレンタル移籍中のクロアチア代表FWニコラ・ヴラシッチ(21)を完全移籍で買い取ったことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの5年となる。 なお、イギリス『BBC』が伝えるところによれば、ヴラシッチの移籍金は1400万ポンド(約19億1000万円)程度となったようだ。 世界的な活躍を見せたクロアチア人女子走高跳選手のブランカ・ヴラシッチを姉に持つヴラシッチは、クロアチアの名門ハイドゥク・スプリトで2014年にプロデビュー。 その後、2017年夏にエバートンへ移籍も昨シーズンは主にカップ戦要員としてプレミアリーグ12試合を含む公式戦19試合に出場し2ゴール記録。しかし、クラブが昨夏に大型補強を敢行した影響によってCSKAモスクワに武者修行に出されることになった。 すると、今シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)グループステージで3連覇中の王者レアル・マドリー相手に大金星を掴む決勝点を記録するなど、公式戦31試合に出場し、8ゴール7アシストの数字を残していた。 2019.06.20 07:21 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナルが21歳の露代表CFに注目 今季CSKAでリーグ戦15ゴール

アーセナルがCSKAモスクワに所属するロシア代表FWヒョードル・チャロフ(21)に注目しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 モナコやセビージャも関心を寄せているというチャロフは、今季のロシア・プレミアリーグで30試合15ゴール7アシストを記録した期待の若手ストライカー。21歳とは思えない冷静さで、ゴール前の機知に富んだプレーでアシストもこなす柔軟性のある選手だ。 大舞台にも強く、今季のチャンピオンズリーグのグループステージではレアル・マドリー相手にネットを揺らし、昨季の同大会ではアーセナルからもゴールを奪っている。 5月にはロシア代表デビューも果たし、今後の成長が期待されているチャロフ。『transfermarkt』によると、現在の市場価値は890万ポンド(約12億2000万円)。今夏の補強費が4000万ポンド(約55億円)と言われるアーセナルにとっても手が出せる金額ではある。なお、チャロフとCSKAの契約は3年残されている。 2019.06.07 15:02 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナル、今季ロシアリーグ得点王の21歳FWチャロフに関心

アーセナルがCSKAモスクワに所属するロシア代表FWフェドル・チャロフ(21)の獲得に関心を示しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 チャロフは、CSKAモスクワの下部組織出身で、2017年1月にトップチーム昇格。高い身体能力と得点感覚を武器にここまで公式戦86試合に出場し、30ゴールを記録している。 今季から若手中心のスカッドでエースストライカーを託されると、ロシア・プレミアリーグで30試合15ゴール7アシストの数字を残し、自身初の得点王のタイトルを獲得。さらに、チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ最終節ではサンティアゴ・ベルナベウでレアル・マドリーを3-0で粉砕する決勝点も奪っていた。 また、ロシアの世代別代表の常連だったチャロフは今年3月に行われたユーロ2020予選のベルギー代表戦でフル代表デビューも飾っている。 そのCSKAモスクワとロシア代表の次代を担うエースストライカーにはモナコとセビージャが関心を示しているが、アーセナルも獲得レースに参戦しているようだ。 2019.06.06 19:30 Thu
twitterfacebook
thumb

CSKAモスクワのFW西村拓真が左頬骨骨折…「必ず強くなって戻ります」

CSKAモスクワは13日、FW西村拓真が左頬骨骨折と診断されたことを発表した。 クラブの発表によると、西村は13日に行われたロシア・プレミアリーグ第13節のオレンブルク戦(2-3で敗北)で負傷した。全治については明かされていない。 その西村は自身のツイッター(@1022nishimura)で復活を誓っている。 「顔面骨折。顔と身体パワーアップして戻ります。顔は無理か、必ず強くなって戻ります」 西村は2018年8月にベガルタ仙台からCSKAモスクワに完全移籍。今シーズンはここまで公式戦12試合で1ゴールを記録している。 2019.04.16 20:20 Tue
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース