プレミア残留争い閉幕 最終節を残して3クラブ決定2019.05.05 11:45 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2018-19シーズンのプレミアリーグ残留争いが閉幕した。第36節終了時点でハダーズフィールドとフルアムの降格が決まったプレミアリーグ。残り1枠の行方に注目が集まった。そのなか、18位のカーディフ(勝ち点31)は4日、残留を争う17位のブライトン&ホーヴ・アルビオン(同35)に先んじて第37節に臨んだが、ホームでクリスタル・パレスに2-3の黒星。最終節での逆転が不可能となり、1年でのチャンピオンシップ(イングランド2部相当)行きが決定した。

これにより、プレミアリーグ残留争いは決着。ハダーズフィールド、フルアム、カーディフと入れ替わる形で、来シーズンからノリッジ・シティとシェフィールド・ユナイテッドの昇格が決まっており、残り1枠はチャンピオンシップのレギュラーシーズン3位〜6位クラブによるプレーオフの勝者が手にする。
コメント
関連ニュース
thumb

ユナイテッド、降格カーディフにホームで敗戦… リーグ戦5試合未勝利の6位で終戦《プレミアリーグ》

マンチェスター・ユナイテッドは12日、プレミアリーグ最終節でカーディフをホームに迎え、0-2で敗戦した。 前節ハダースフィールド戦を痛恨の引き分けに終わり、5位以下が確定して来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場がなくなった6位ユナイテッド(勝ち点66)のホーム最終戦。 降格が決まっている18位カーディフ(勝ち点31)に対し、17歳のグリーンウッドを[4-3-3]の右ウイングで初先発としたユナイテッドは、13分に決定機。そのグリーンウッドが浮き球パスに反応してヘディングシュート。枠を捉えていたが、GKの好守に阻まれた。 その後も15、17分とラッシュフォードが立て続けにゴールに迫ったユナイテッドだったが、22分にPKを献上してしまう。ダロトがボックス内にドリブルで進入してきたメンデス=ランクを倒したとしてPKとなった。 このPKをメンデス=ランクに決められたユナイテッドは25分、ボックス右で仕掛けたグリーンウッドが左ポスト直撃のシュートを浴びせるも、これ以降は攻撃が停滞。40分にはジョシュ・マーフィーのコントロールシュートでゴールを脅かされたが、GKデ・ヘアのファインセーブで凌いだ。 1点ビハインドで迎えた後半、フィル・ジョーンズに代えてマルシャルを投入し、マクトミネイをセンターバックに下げたユナイテッドが前がかる展開となるも、54分に失点する。スローインの流れからマクトミネイが簡単に入れ替わられると、ジョシュ・マーフィーの折り返しからメンデス=ランクに押し込まれた。 失点直後、CKからラッシュフォードのヘディングシュートでゴールに迫ったユナイテッドだったが、GKエザリッジのファインセーブに阻まれると、59分のマルシャルのミドルシュートもエザリッジの好守に阻止されてしまう。 すると64分にはボビー・リードのコントロールシュートで3点目に迫られるなど、悪い流れが続く。 敵陣にカーディフを張り付けるもののゴールが遠いユナイテッドは、今季限りでの退団が濃厚とされるバンレシアを投入。 しかし、終盤にかけてもチャンスは作れずに敗戦。リーグ戦終盤は5試合勝利なく終戦し、6位でシーズンを終えている。 2019.05.13 01:00 Mon
twitterfacebook
thumb

昇格組のカーディフが1年で降格…ユナイテッド戦を残して終戦《プレミアリーグ》

4日、プレミアリーグ第37節が行われた。カーディフvsクリスタル・パレスの一戦は2-3でクリスタル・パレスが勝利。これにより、カーディフのチャンピオンシップ降格が決定した。 現在2連敗中のカーディフは、残留ラインのブライトン&ホーヴ・アルビオンと勝ち点差4。得失点差を考えると勝利しか残留の道はない状況。対するクリスタル・パレスは、前々節にアーセナルをアウェイで下すと、前節はエバートンとドローの状況だ。 試合は勝たなければいけないカーディフが立ち上がりから積極的にゴールを目指す。しかし、先制したのはクリスタル・パレスだった。 28分、ボックス手前中央で横パスを受けたザハが右足一閃。グラウンダーのシュートがゴール左に決まり、クリスタル・パレスが先制する。 追いつきたいカーディフは31分、右サイドからバクナがアーリークロスをあげると、対応したケリーがクリア。しかし、これがミスとなり、ボールは自陣のゴールへと転がり、カーディフがラッキーな形で同点に追いつく。 追いつかれたクリスタル・パレスだったが40分、ボックス内でバチュアイとJ・アイェウがワンツーで崩すと、最後はバチュアイが蹴り込んで勝ち越しに成功。後半もカーディフは攻め込むものの、70分には右サイドからのカットインからタウンゼントが決めて1-3とする。 このままでは降格してしまうカーディフは、90分にボビー・リードがボックス手前からミドルシュートを決めて一矢報いるもタイムアップ。2-3でクリスタル・パレスが勝利を収め、カーディフは1年でのチャンピオンシップ降格が決定してしまった。 2019.05.05 11:35 Sun
twitterfacebook
thumb

エミリアーノ・サラの死から3カ月、父オラシオさんが心臓発作で逝く…

今年1月に帰らぬ人となったアルゼンチン人FWエミリアーノ・サラの父のオラシオさんが、26日未明に心臓発作で亡くなっていたことが分かった。58歳だった。イギリス『デイリー・メール』など各メディアがアルゼンチンメディアの情報をもとに伝えている。 息子のエミリアーノは今年1月21日、フランスから移籍先のカーディフに渡るために乗っていた小型飛行機が墜落し消息不明に。翌月7日に、海に沈んでいた遺体がエミリアーノのものだと判明し死亡が確定した。 そしてそれからわずか3カ月。父のオラシオさんが突然の他界。原因は心臓発作だという。 サラの故郷、プログレソの市長を務めるジュリオ・ミュラー氏は、オラシオさんの妻のメルセデスさんから電話を受けたことを地元のラジオで語った。 「2019年はこの町の人々の心を和らげてくれるつもりはないようだ」 「朝5時、彼の妻からの電話が鳴った。彼女はとても動揺していた。医者はすでにその場にいたが、私が到着した頃には彼はすでに亡くなっていた」 「彼はエミリアーノの死を克服することはできなかった」 「遺体が発見されたとき、この事件は終わるかに思えた。しかし、パイロットのことが明るみになって、状況はさらに困難になった」 イギリスの航空事故調査当局によると、エミリアーノを乗せた小型飛行機を運転していたデイビッド・アイボットソン氏が商用飛行の免許を持っていなかったことが判明。 息子の死に大きな絶望に押しつぶされそうになっていたオラシオさんを襲った衝撃の事実。果てしない悲しみとの戦いの末に、オラシオさんはエミリアーノの後を追うように息を引き取った。 2019.04.26 20:30 Fri
twitterfacebook
thumb

カーディフ指揮官、PK獲得のサラーを痛烈批判 「飛び込みの選手」

カーディフのニール・ウォーノック監督が、リバプールのエジプト代表モハメド・サラーを批判している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 カーディフは21日のプレミアリーグ第35節でリバプールと対戦。56分にMFジョルジニオ・ワイナルドゥムに先制ゴールを許して苦しい展開を強いられると、続く81分にDFショーン・モリソンが抱え込むような形でサラーを倒してPKのチャンスを与えてしまい、これをMFジェームズ・ミルナーに決められ、0-2で敗戦した。 試合後、ウォーノック監督はPKを献上した場面に関して、「サラーのダイブ」を主張している。 「あれは優しすぎる判定だ。レフェリーはPKを与えすぎている」 「モリソンはサラーの腕の周りを抑えていたが、最後は(飛び込み種目の10点満点中)9.9点のダイブだった。(飛び込み選手の)トーマス・デーリーのようなね」 なお、サラーは今シーズンに入り、第2節のクリスタル・パレス戦(リバプールが2-0で勝利)でもダイブを指摘する声が各所で挙がっていた。 2019.04.22 16:50 Mon
twitterfacebook
thumb

リバプール、降格圏カーディフを下し暫定首位浮上!《プレミアリーグ》

リバプールは21日、プレミアリーグ第35節でカーディフと対戦し、2-0で勝利した。 マンチェスター・シティと熾烈な優勝争いを繰り広げるリバプール(勝ち点85)。1月12日から公式戦無敗を継続するチームはCLでもポルトを叩きのめして2年連続で準決勝の舞台へ。勢いそのままにリーグ戦6連勝を目指す今節は、直近のポルト戦から3選手を変更。ファビーニョ、ミルナー、オリジに代わり、ヘンダーソン、ケイタ、フィルミノが起用された。 優勝争いのリバプールと残留争いのカーディフによる一戦は、下馬評通りリバプールが主導権を握る展開に。だが、先にゴールチャンスを作ったのはカーディフだった。15分、メンデス=ラングがドリブルで左サイドを突破。深い位置から上がったクロスをホイレットが胸トラップからシュートに繋げたが、DFのブロックに遭う。 リバプールに決定機が訪れたのは23分。マネのスルーパスでGKと一対一になったフィルミノだったが、シュートは枠の上へ。34分にはヘンダーソンのパスからサラーにチャンス。マークについていた相手と上手く入れ替わりシュートまで運んだが、GKエザリッジに防がれた。 続く36分には自陣からのカウンターで再びサラーに好機。一人でドリブル突破を試みたがゴール前で捕まった。逆に43分には、CKの流れからカマラサが放ったシュートをゴール前でニアッセにバイシクルでコースを変えられてピンチとなるが、守護神アリソンが好セーブを見せ、試合は0-0で折り返した。 迎えた後半、ついにリバプールが先制に成功する。56分の右CKの場面。キッカーのアーノルドが右足で低いクロスを入れると、DFの陰から飛び出したワイナルドゥムがダイレクトで合わせてネットを揺らした。 それでも、残留を目指すカーディフは怯むことなく攻撃に出る。64分のCKのチャンス。ロールズが上げたクロスにファーサイドで完全フリーとなっていたモリソンが合わせにいったが、ヘディングを空振り。ボールは背中に当たってラインを割った。 リバプールは71分、ケイタを下げてファビーニョを投入。より守備力の高い選手をピッチに送ったが交代から4分後、そのファビーニョが負傷しミルナーと交代を余儀なくされた。 予期せぬ展開となったが、リバプールは81分にサラーがモリソンに抱え込まれるような形で倒されPKを獲得。これを途中出場のミルナーが決めて勝負あり。 これでリバプールが暫定ながらシティを抜いて首位浮上。優勝争いを激化させる勝利を収めた。 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=hbvjivxfknq41j5cq9a1hxxj0" async></script> </div> 2019.04.22 01:59 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース