富山MF碓井鉄平に第一子「クラブの皆様のご配慮により、感動の瞬間に立ち会えました」

2019.05.03 17:35 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
カターレ富山は3日、MF碓井鉄平に第一子となる長女が4月29日に誕生したことを発表した。

碓井はクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「4月29日に第一子となる長女が誕生しました。クラブの皆さまのご配慮により、感動の瞬間に立ち会うことができました。頑張って産んでくれた妻と、元気に産まれてきてくれた娘に感謝しています。今まで以上に責任感を持って、昇格という目的を果たせるよう、日々精進していきたいと思います。今後とも応援よろしくお願いします」
碓井は今シーズン、V・ファーレン長崎から期限付き移籍で富山に加入。ここまで明治安田生命J3リーグに7試合出場している。

関連ニュース
thumb

富山が2選手と契約更新! 高橋駿太は「J2復帰しましょう」と来季抱負

カターレ富山は5日、FW高橋駿太(33)とGK平尾駿輝(19)の契約更新を発表した。 高橋は富山県生まれで富山第一高校卒。2007年にモンテディオ山形でプロ入り後、栃木ウーヴァFCや、FC琉球、AC長野パルセイロ、ザスパクサツ群馬を渡り歩き、2019年から富山に加わった。一方の平尾は履正社高校から今季入団のルーキーだ。 今季の明治安田生命J3リーグでは高橋が33試合2得点、平尾が出場なし。両選手はクラブの公式ウェブサイトを通じて、それぞれ決意を新たにしている。 ◆高橋駿太 「来シーズンも地元カターレ富山でプレーできること、とても幸せです。来シーズンこそカターレファミリーみんなでJ2復帰しましょう。応援よろしくお願いします」 ◆平尾駿輝 「来シーズンもカターレ富山プレーさせていただくことになりました。チームの目標であるJ2復帰を目指し、日々精進していきます。来シーズンも熱い応援をよろしくお願いします!」 2022.12.05 17:58 Mon
twitterfacebook
thumb

富山が八戸DF下堂竜聖を獲得! 松岡大智&神山京右とは契約更新

カターレ富山は5日、ヴァンラーレ八戸からDF下堂竜聖(26)の完全移籍加入を発表した。 福岡大学卒の下堂は高知ユナイテッドSCでのプレーを挟み、今年から八戸でプレー。Jリーグ初挑戦イヤーを明治安田生命J3リーグ19試合1得点の数字で飾り、来季から富山移籍を果たす運びとなった。両クラブを通じて次のようにコメントしている。 ◆カターレ富山 「このたび、ヴァンラーレ八戸から加入することになりました下堂竜聖です。クラブの目標であるJ3優勝、J2復帰という目標を達成するために全身全霊で闘います。カターレファミリーのみなさん、よろしくお願いします!」 ◆ヴァンラーレ八戸 「ヴァンラーレ八戸に関わる全ての皆様。この度、カターレ富山に移籍することを決断しました。ヴァンラーレ八戸での1年間は辛く、苦しい時期の方が多かったかもしれませんが、皆様の熱い応援のお陰でサッカーの素晴らしさを再確認できました」 「ヴァンラーレ八戸での航海は終わってしまいますが、自分の目標である夢への航海はこれからも続きます。『意志あるところに道は開ける』 これからも険しく、辛く、きつい航海になると思いますが、自分の決めた道を信じて突き進んでいきます」 「最後になりますが、ヴァンラーレ八戸のファン、サポーター、応援して下さっている皆様、1年間本当にありがとうございました」 また、富山はFW松岡大智(23)、DF神山京右(22)の契約更新も発表。今季のJ3リーグでは前者が20試合1得点、後者が19試合2得点だった。 2022.12.05 13:45 Mon
twitterfacebook
thumb

富山の小田切道治監督が続投 「心を動かすサッカーを展開していきたい」

カターレ富山は29日、小田切道治監督(44)の続投を発表した。 小田切監督は2010年から富山で指導者キャリアを積み、今年9月に退任した石崎信弘前監督の後任としてトップチームを指揮。明治安田生命J3リーグ6位でフィニッシュした。 来季は頭から指揮を執る小田切監督。クラブを通じて「カターレ富山を愛する全ての皆様へ」と題して、今季を振り返りつつ、決意を新たにしている。 「2023シーズンも引き続き監督を努めさせていただきます。小田切道治です。今季残り9試合、得点数に関しては一定の成果を出せたと思いますが、失点数、勝敗に関して満足いくものではありませんでした」 「来季に向け、成果、課題を改めて整理し、アグレッシブにボールを奪い、攻撃的で選手が躍動するサッカーを目指し、直向きに闘い、見ている人の心を動かすサッカーを展開していきたいと思います。誠実さ、真剣さをモットーに選手、スタッフと一丸となり日々トレーニングしていきます」 「2008年に産声をあげたこのクラブには、踏まれてもたくましく立ち上がり、固さと柔らかさを併せ持つ、雑草の様な力強さがありました。失われつつある、その力強さを再び蘇らせ、目標を達成できるように勇往邁進いたします」 「ファン・サポーターのみなさま、そして株主やスポンサーのみなさま、共に肩を組み、力を合わせて一年を闘っていきましょう。ワクワクさせる試合を魅せますので、ぜひスタジアムに足を運び熱い声援をよろしくお願いいたします」 2022.11.29 08:55 Tue
twitterfacebook
thumb

「命を最優先することを決めました」富山DF鹿山拓真が26歳で現役引退…理由は度重なるケガや病気「決して簡単な決断では」

カターレ富山は28日、DF鹿山拓真(26)の現役引退を発表した。 鹿山は長崎県出身で、190cmの長身DF。東海学園大学から2018年にV・ファーレン長崎へと入団。2021年途中に富山へと期限付き移籍すると、今シーズンから完全移籍に切り替わっていた。 今シーズンは明治安田生命J3リーグで7試合に出場し1得点。天皇杯で2試合の出場に終わっていた。 Jリーグ通算ではJ2で15試合、J3で12試合1得点、リーグカップで10試合1得点、天皇杯で9試合出場だった。 鹿山はクラブを通じてコメント。ケガや病気を理由に引退することを決断したことを明かした。 「いつも応援ありがとうございます。突然の発表ではございますが、今シーズンをもちまして引退することを決めました」 「理由といたしましては、プロ一年目からの度重なる脳震盪。何度も繰り返しており、プレーもなかなか思いっ切りできなくなってきていること。そして、今年は自然気胸という病気になり、術後の神経痛などの痛みもなかなか良くならず、痛みと怖さを抱えながらプレーをしてきました」 「あらためて、自分自身のプロサッカー選手としての価値そして、自分の人生を見つめ直し、命を最優先することを決めました。決して簡単な決断ではありませんでしたが、この決断に至りました。たくさんの方に支えられ短いプロ生活ではありましたが本当に楽しく、素晴らしい時間を過ごすことができました」 「V・ファーレン長崎、カターレ富山で一緒にプレーしてくれた選手の皆様。支えてくださったフロントスタッフの皆様。ファンサポーターの皆様。そしてスポンサーの皆様。短い間ではありましたが、皆様と共に闘えたことをとても誇りに思います。本当にありがとうございました」 「いつも夢を応援してくれた家族。みんなが居てくれたから、とても苦しい時も頑張って立ち上がることができました。感謝してもしきれません。本当にありがとう」 「先日のボランティア&シーズンパス感謝の集いで、たくさんの方に「最終戦、復帰されてて、すごく感動しました!涙が出ました。」と仰っていただきました。本当に嬉しかったですし、サッカーというものは本当に素晴らしいもので、今まで頑張ってきてよかったと心から思えました。温かい言葉をいただき本当にありがとうございました」 「最終戦、終了の笛が鳴ったと同時に、もっとピッチに立ちたい。その想いでピッチを去ることができませんでした。そして、涙が止まりませんでした」 「たくさんの方に応援していただき、支えていただきました。なかなか活躍という形での恩返しはできませんでしたが、皆さんの応援のおかげで最終戦のピッチに戻ってくることができましたし、ここまでプレーすることができました。本当に感謝の気持ちで胸がいっぱいです。本当にありがとうございました」 「最後になりますが、人生は挑戦の連続だと思っています。命ある限り、一度きりの人生をこれからもたくさんのことにチャレンジし続けていきたいと思います!変わらず応援していただけたら幸いです。とても幸せでした。本当にありがとうございました!」 2022.11.28 13:18 Mon
twitterfacebook
thumb

札幌が濱大耀と契約満了…2年間を過ごす富山からも退団

北海道コンサドーレ札幌は26日、DF濱大耀(24)との契約満了を発表した。 濱は札幌のアカデミー出身で、2017年にトップチーム昇格。2021年からはカターレ富山に貸し出されたが、2年間を通じて明治安田生命J3リーグで出番なしだった。 富山からも退団が決まった濱は両クラブを通じて別れの挨拶をしている。 ◆北海道コンサドーレ札幌 「北海道コンサドーレ札幌に関わる皆様、ユースから数えて9年間の間、たくさんの声援とサポートありがとうございました。ここ2年間はレンタル先での活動でしたが、札幌にいた4年間、ユースでの活動を含めれば7年間、本当に沢山の経験をさせてもらいました」 「9年間で毎日のように『結果で恩返しを』と闘志を燃やし進んできましたが、最後まで叶えることができずにチームを去ることになってしまい、申し訳なく思います。ですが、四方田さんやミシャさんのもとでサッカーを学べたこと、札幌のトップレベルの選手たちとしのぎを削り切磋琢磨できたとこと、迫力あるスタジアムでたくさんの応援の中プレーできたこと、札幌での日々はサッカー選手として、とても幸運なことだったと思えます 「ここでの経験を生かして次の場所でも頑張りたいと思います。最後に、お世話になったファンやサポーター、パートナー、チーム関係者の皆様、9年間本当にありがとうございました」 ◆カターレ富山 「カターレ富山に関わる皆様、2年間という短い間でしたが、ありがとうございました。今シーズンは昨年の怪我の影響で、シーズン中に復帰することは叶いませんでした。また、チームとしてJ2に復帰する目標を達成することができず、個人としてそこに全く貢献できなかったことを申し訳なく思います」 「僕の短いキャリアの中でも断トツで苦しい1年間でしたが、ファンやサポーターの皆さんがかけてくれる声援や日頃からのサポート、監督やコーチ、チームドクターやトレーナー、そしてチームメイトに支えられて今日まで練習に励むことができました」 「富山での2年間の経験を生かして、今後も自分らしく頑張っていこうと思います。またどこかで皆さんに会えることを楽しみにしています。2年間ありがとうございました」 2022.11.26 17:35 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly