イングランドで狼注意報! ウルブスのトップ6の対戦成績がすごい2019.04.25 14:55 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イングランド・プレミアリーグでウォルバーハンプトンが驚異的な成績を残している。ウルブスは24日、延期分のプレミアリーグ第31節アーセナル戦を戦った。試合は前半だけで3点のリードを得る展開に。後半は攻勢を弱めて守備に集中。1点返されたものの、3-1でモノにし、1979年以来初めてアーセナルに勝利した。

だが、すごいのはこれだけではない。今シーズン1年間を通してウルブスの成績を見てみると、いわゆるトップ6と言われるチームとの対戦成績が13戦6勝4分け3敗。忘れてはいけないのが、ウルブスは昇格チームだということ。近年、世界最高の代理人、ジョルジ・メンデス氏を後ろ盾に、ヌーノ・エスピリト・サント監督をはじめ、MFルベン・ネヴェスやMFエウデル・コスタ、MFジオゴ・ジョッタなどポルトガル人を中心に強化を進め、今月上旬にはメキシコ代表FWラウール・ヒメネスをクラブ史上最高額となる移籍金で獲得するなど、積極的な補強が目立っている。

最終節にはリバプールとの対戦を残しているが、おそらくリバプールにとっては優勝がかかる大一番。舞台はアンフィールドだが、躍進続く狼軍団がリバプールの夢を打ち砕いてしまうかもしれない。

また、ビッグクラブからの引き抜きを躱し、来季も同じスカッドを保つようであれば、リーグの主役はウルブスになるのかもしれない。

◆ウォルバーハンプトンの対トップ6対戦成績
第3節マンチェスター・シティ(H)1-1/△
第6節マンチェスター・ユナイテッド(A)1-1/△
第11節トッテナム(H)2-3/●
第12節アーセナル(A)1-1/△
第15節チェルシー(H)2-1/◯
第18節リバプール(H)0-2/●
第20節トッテナム(A)1-3/◯
FA杯3回戦リバプール(H)2-1/◯
第22節マンチェスター・シティ(A)3-0/●
第30節チェルシー(A)1-1/△
FA杯準々決勝マンチェスター・ユナイテッド(H)2-1/◯
第33節マンチェスター・ユナイテッド(H)2-1/◯
第31節アーセナル(H)3-1/◯
※並びは日程順
コメント
関連ニュース
thumb

ニューカッスルの主砲ロンドンはウルブス移籍か?

今シーズン、WBAからのレンタル移籍でニューカッスルに在籍していたベネズエラ代表FWホセ・サロモン・ロンドン(29)だが、新天地はウォルバーハンプトンになる可能性が高いようだ。イギリス『シュロップシャー・スター』が伝えている。 ロンドンはWBAのチャンピオンシップ(イングランド2部)への降格に伴い、1年間のレンタル移籍で昨夏ニューカッスルに加入。屈強なフィジカルを武器に攻め手に乏しいニューカッスルの中でリーグ戦32試合で11ゴール7アシストの活躍をみせ、チームの残留に大きく貢献した。 そのため、ニューカッスルはWBAが1年でのプレミア復帰を逃したこともあり、ロンドンを完全移籍で買い取る意向を示している。ただ、ニューカッスルは優先交渉権を持っておらず、1650万ポンド(約22億5000万円)の契約解除金が設定されている同選手の獲得レースを制す必要がある。 しかし、『シュロップシャー・スター』が伝えるところによれば、現在ロンドンの獲得レースでポールポジションにいるのは来シーズンのヨーロッパリーグ(EL)出場権を手にしているウルブスだという。 ウルブスは現時点で1650万ポンドの契約解除金を満額支払う姿勢を見せていないものの、ロンドン自身が移籍に向けて前向きな姿勢を見せているようだ。 なお、ロンドンは現在、ベネズエラ代表としてコパ・アメリカに向けた準備を行っており、去就決定は同大会終了後になりそうだ。 2019.06.04 15:48 Tue
twitterfacebook
thumb

ウルブスが英国初の試みへ スタジアム全席をレールシートに変更

ウォルバーハンプトンは14日、本拠地モリニュー・スタジアムのシートを全てレールシートに変える計画を発表した。 この計画はすでにチケットシーズンホルダーの97%の賛同を得ており、今夏に改修を行い、来シーズンから実装される見込みだ。 レールシートとは映画館などで見られる開閉式の座席のことで、最近完成したトッテナムの新スタジアムには同様のシートが備え付けられているが、既存のスタジアムにおいて今回のように全席が変更されることはイギリスでは初めてのことのようだ。 レールシートのメリットは安全性。バリアシートとも呼ばれ、転落防止の安全柵に組み込まれているため、着席時にも立ち見の場合でも観客の安全をより確保できるようになるという。 一部的にすでにレールシートを取り入れているクラブは多く、セルティックがイギリス最大の規模の2900席のレールシートを設置している。また、シュルーズベリーも昨年500席導入。モリニュー・スタジアムの収容人数は現在32000人だが、将来的に50000人まで増やす計画を立てているようだ。 また、クリスタル・パレスやエバートン、マンチェスター・シティも現在進行形でレールシートの導入を協議中。今後さらにレールシートを活用するクラブは増えていくかもしれない。 2019.05.15 13:43 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプールが9連勝で今季リーグ閉幕! マネ2発でサラーと共に得点王獲得も逆転優勝には届かず…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ最終節、リバプールvsウォルバーハンプトンが12日にアンフィールドで行われ、リバプールが2-0で勝利。しかし、首位マンチェスター・シティの勝利によって逆転でのプレミア初優勝を逃した。 リーグ8連勝で勝ち点94に積み上げる圧巻のシーズンを送るが、それ以上に強い首位のマンチェスター・シティ(勝ち点95)にわずか1ポイント離されて2位で今季リーグ最終節を迎えたリバプール。それでも、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝ではバルセロナ相手に1stレグでの0-3の敗戦を引っくり返す4-0の大勝で“アンフィールドの奇跡”を完遂し、劇的過ぎる2年連続でのCLファイナル進出を果たした。 再び“アンフィールドの奇跡”を目指す今季リーグ最終戦では7位が確定しているウルブスと対戦。バルセロナ戦からは先発2人を変更。シャキリとミルナーに代えて脳震盪から回復したサラーとワイナルドゥムを起用。フィルミノは引き続きベンチ外も欠場が噂されたロバートソンは先発に入った。 開始直後にオリジがファーストシュートを放つなど、逆転優勝に向けて自らの仕事に集中するリバプールは、押し込んだ勢いそのままに先制点を奪い切る。17分、右サイドでヘンダーソンとのワンツーで右サイド深い位置まで抜け出したアーノルドのクロスが相手DFにディフレクトすると、このコースが変わったボールをゴール前のマネが冷静にダイレクトシュートで流し込んだ。 マネの今季21点目でリードを手にしたリバプールは、同時刻開催で0-0の首位チームにプレッシャーをかけることに成功。さらに24分にはロバートソンのエリア外からの強烈なミドルシュートで2点目に迫るなど、アンフィールドの後押しを受けて攻勢を続ける。 その後は連戦の疲れもあって徐々にウルブスのカウンターに晒されると、サイドを起点に危険なクロスを幾度となく許すが、相手の連係がなかなか合わないことにも助けられて失点を凌ぐ。さらに、前半終了間際にはボックス右のドハーティに決定的なシュートを許すが、これはクロスバーに助けられる。 結局、前半を1点リードで折り返したリバプールだが、首位シティが逆転に成功したとの一報を受けてか、後半はなかなかギアが上がりきらない。前半終盤同様に相手のサイドアタックに苦しめられるが、ヒメネスやジョッタの決定機を守護神アリソンの好守で凌ぐ。 その後、シティ大量リードとの情報もあって意気消沈のスタジアムの空気を察してか、徐々に持ち味のインテンシティを失い始めたリバプールはミルナーの投入でシステムを[4-4-2]に変更。すると、81分には右サイドのアーノルドからの鋭いクロスにサラーとマネの2トップが反応。ニアのサラーは触れなかったが、ファーのマネがダイビングヘッドで合わせ、サラーに並ぶ今季22点目とした。 その後、CLファイナルを意識してかロバートソン、ワイナルドゥムに代えてジョー・ゴメス、チェンバレンにプレー機会を与えたリバプールは相手の反撃を凌ぎ切って2-0の快勝。リーグ9連勝で今季のプレミアリーグの戦いを終えた。結局、シティが今節勝利したことで悲願のプレミアリーグ制覇をまたしても逃したが、アーセナルFWオーバメヤンと共にサラー、マネがリーグ得点王に輝くなど実りある内容で今季リーグ戦を終え、6月1日に行われるトッテナムとのCLファイナルに弾みを付けた。 2019.05.13 01:09 Mon
twitterfacebook
thumb

来季EL参戦可能性のウルブス、得点力アップへ国外の2選手に関心

ウォルバーハンプトンが来シーズンの得点力アップに向けて2選手の獲得に関心を示しているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 今季、チャンピオンシップ王者としてプレミアリーグに参戦したウルブスは、第37節終了次点で7位と大躍進。今節、マンチェスター・シティと対戦する9位のレスター・シティが引き分け以下に終わった場合、7位が確定となる。そして、FAカップ決勝でシティがワトフォードを破った場合、来シーズンのヨーロッパリーグ(EL)予選2回戦からの出場が可能となる。 そのため、来季に向けて戦力の増強を図るウルブスは、メキシコ代表FWラウール・ヒメネス、ポルトガル人MFジオゴ・ジョッタと共に攻撃陣の中心となる新戦力の補強を目指している。 そして、『ミラー』が伝えるところによれば、その候補2選手はミランからセビージャにレンタル移籍中のポルトガル代表FWアンドレ・シウバ(23)と、マルセイユのフランス人MFモルガン・サンソン(24)だという。 昨夏、セビージャに買い取りオプション付きのレンタルで加入したA・シウバは、リーガデビュー戦でハットトリックの活躍を見せるなど、ここまでリーグ戦9ゴールを挙げている。しかし、後半戦に入るとケガの影響もあってほとんど戦力になり切れておらず、セビージャが買い取りに動くか微妙な状況だ。 一方、セントラルMFや攻撃的MFを主戦場とする攻撃センス、テクニック、戦術眼に長けた万能型MFのサンソンは、今季ここまでリーグ戦31試合に出場し4ゴール3アシストを記録。同選手に関しては加齢によってフル稼働が難しくなってきているポルトガル代表MFジョアン・モウティーニョや、ビッグクラブの関心を集めるポルトガル代表MFルベン・ネヴェスのバックアップを担う存在としてリストアップしているようだ。 2019.05.06 18:07 Mon
twitterfacebook
thumb

オタメンディ、出場機会激減で今夏の退団を希望か

マンチェスター・シティのアルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディ(31)が今夏の退団を検討しているようだ。イギリス『デイリー・スター』が報じた。 2015年夏に3500万ユーロ(現在のレートで約43億6000万円)でバレンシアからマンチェスター・シティに加入したオタメンディ。加入初年度から主力として活躍したが、今シーズンは序列が4番手に下がったこともあり、ここまでプレミアリーグ17試合出場と思うような出場機会は得られていない。 この状況にオタメンディは、今シーズン限りでの退団を検討している模様だ。そして、アルゼンチン代表DFにはウェストハムとウォルバーハンプトンの国内クラブに加え、母国のリーベル・プレートが関心を寄せているという。 だが、アルゼンチン版『マルカ』によれば、オタメンディはサラリー面を考慮していることから、大幅なサラリー減を受け入れる必要があるリーベル・プレートを除外しており、ヨーロッパ残留を希望しているようだ。 2019.04.29 22:25 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース