塩谷と中島がマッチアップの日本人対決は中島のアル・ドゥハイルに軍配!《ACL2019》2019.04.24 03:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019・グループC第4節のアル・アイン(UAE)vsアル・ドゥハイル(カタール)が24日に行われ、0-2でアル・ドゥハイルが勝利した。アル・アインのDF塩谷司はフル出場、アル・ドゥハイルのMF中島翔哉は91分までプレーした。グループ最下位のアル・アイン(2分1敗)が、2位アル・ドゥハイル(1勝1分1敗)をホームに迎えた一戦。アル・アインは、塩谷が3バックの一角で先発出場。一方のアル・ドゥハイルは、中島、ベナティア、アルモエズ・アリらが揃って出場した。

8日に行われた前回対戦をドローで終えた両者の一戦は、アウェイのアル・ドゥハイルが開始早々に動かす。3分、右サイドを駆け上がったエジミウソン・ジュニアがバイタルエリア右でパスを受けるとそのままボックス右へ侵入。切り返しで相手をかわしクロスを上げるとゴール前のアルモエズ・アリが頭でゴール右に流し込んだ。

先制を許した上海上港は、後半開始からマルクス・ベリを投入。しかし、再びスコアを動かしたのはアウェイチームだった。

アル・ドゥハイルは66分、ドリブルでボックス左から侵入したアルモエズ・アリの折り返しをゴール前の中島がスルー。これを逆サイド受けたフリーのエル・アラビがワントラップから冷静にゴール左隅にシュートを流し込んだ。

結局、試合はそのまま0-2で終了。塩谷と中島がマッチアップした日本人対決は、アル・ドゥハイルが敵地で完勝した。

アル・アイン 0-2 アル・ドゥハイル
【アル・ドゥハイル】
アルモエズ・アリ(前3)
エル・アラビ(後21)
コメント
関連ニュース
thumb

中島翔哉のアル・ドゥハイルからもう一人退団…在籍3年で90得点のベテランFW

アル・ドゥハイルに所属していたモロッコ代表FWユセフ・エル・アラビ(32)がオリンピアコスに加入することになった。フランス『フランス・フットボール』が伝えている。 先日に日本代表MF中島翔哉のポルト移籍が発表されたアル・ドゥハイルでもう一人、頼れるストライカーがクラブを離れるようだ。エル・アラビはフランスのカーンでプロデビューし、2012年に加入したグラナダでは在籍4年間で134試合に出場し44ゴールを挙げた。 アル・ドゥハイルには2016年夏に加入。モロッコ代表でも40キャップ以上を誇るストライカーは1年目からリーグ戦18試合で24ゴール、今季は全公式戦にあたる28試合に出場し30ゴールを記録した。3シーズンでリーグ戦では59試合74ゴール、公式戦では78試合90ゴールという凄まじい得点力を見せ付けた。 フランスメディアによると、同選手の移籍金は150万ユーロ(約1億8200万円)になるという。 昨季ギリシャ2位のオリンピアコスは新シーズンのチャンピオンズリーグ予選2回戦から出場する。 2019.07.06 14:07 Sat
twitterfacebook
thumb

日本代表MF中島翔哉のポルト移籍が決定! 半年でポルトガル帰還!

ポルトは5日、アル・ドゥハイルの日本代表MF中島翔哉(24)の獲得を発表した。 契約期間は2024年6月30日までの5年間で、背番号は8を付けるとのことだ。ポルトガル『O Jogo』によれば移籍金は1200万ユーロ(約14億6000万円)でアル・ドゥハイルとの共同保有になるという。 2017年夏にFC東京からポルトガルのポルティモネンセに加入した中島は、移籍初年度に10ゴール12アシストと大活躍。そして2018-19シーズン後半に3500万ユーロの移籍金でカタールのアル・ドゥハイルへ移籍していた。アル・ドゥハイルでは公式戦13試合に出場し2ゴールを記録。アジア・チャンピオンズリーグでは決勝トーナメント進出に貢献していた。 そして先日まで参加していたコパ・アメリカでも日本代表の中心として3試合に先発し、存在感を示していた。 移籍先のポルトはベンフィカ、スポルティング・リスボンに並ぶポルトガルの3強クラブ。昨季はリーグ戦を2位で終えており、新シーズンのチャンピオンズリーグでは予選3回戦から登場する。 2019.07.06 05:45 Sat
twitterfacebook
thumb

MF中島翔哉、南米勢との真剣勝負の体感し「この経験を必ず生かさなくては」《コパ・アメリカ》

日本時間25日(現地時間24日)、コパ・アメリカ2019 グループC最終節のエクアドル代表vs日本代表が行われ、1-1の引き分けに終わった。この結果、日本は2分け1敗でグループリーグ敗退となった。 試合後、MF中島翔哉(アル=ドゥハイル/カタール)がDAZNのインタビューに応対。南米勢との真剣勝負の舞台を経験し、「この経験を必ず生かさなくてはいけない」と今後の成長に意気込んだ。 ◆MF中島翔哉(アル=ドゥハイル/カタール) 「勝てば予選を突破できたので、最後にもチャンスはありましたし、決めることができなくてすごく悔しいです」 「もちろん、すごく勉強になりましたし、この経験を必ず生かさなくてはいけないと思います。突破するチャンスはありましたけど、それを生かすことができず、すごく残念です」 「全ての面で成長しなくてはいけないですし、これという一つのものではないと思います」 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=hxk037f8411e1o5lg3n0kbfci" async></script> </div> 2019.06.25 12:00 Tue
twitterfacebook
thumb

MF中島翔哉、不発も「システムが良くなかったとは思わない」《キリンチャレンジカップ》

日本代表(FIFAランキング26位)は5日、豊田スタジアムでキリンチャレンジカップ2019のトリニダード・トバゴ(同93位)戦に臨み、0-0の引き分けに終わった。 試合後、積極的なシュートでゴールを狙い続けたMF中島翔哉(アル・ドゥハイル/カタール)がミックスゾーンでの取材に応対。ゴールレスドローにも「システムが良くなかったとは思わない」と3バックシステムにも良さがあると主張した。 ◆MF中島翔哉(アル・ドゥハイル/カタール) ──何が足りなかったか 「個人的にはシュートの練習をずっとしているので、それを試合でどんどん続けていくことによってこれから先につながると思います。ただ、今日は結果として、得点を取れずに終わってしまったので、反省をして次にしっかりとより良いプレーができるようにしていきたいです」 ──サイドで張っている時と、中央からスタートする時、ドリブルに違いがあったと思うが 「もちろんポジションによって違いはありますけど、基本的な考え方は変わりません。どんどんチャレンジして、怖がらずにいければなと思います」 ──40分頃に味方がクリアしたボールを左サイドで鋭いターンで交わしたシーンがあったが、どんなイメージだったのか 「チャンスだと思ったので、ゴールに向かっていこうと思いました」 ──相手が寄せてくるのは見えていたのか 「そうですね。完全に見えている訳ではないですけど、なんとなくわかるという感じで。うまくいって、シュートまでいければ良かったですけど」 ──2シャドーだとやりづらさも感じたと思ったが 「いや、ないですし、システムを考えるのはやはり監督です。それをしっかりとやってほしいことがあるので、そこはチームプレーでやっている中で、それぞれの特長を見せることが大事だと思います。システムが良くなかったとは思いません。システムにそれぞれの良さがあると思うので、それをしっかりとピッチの上で表現していきたいです」 2019.06.06 02:21 Thu
twitterfacebook
thumb

中島翔哉「(久保加入で)今までになかった感じのサッカーになりそう」《キリンチャレンジカップ》

日本代表は2日、今月行われるキリンチャレンジカップ2019に向けて、愛知県内でトレーニングを実施した。 今回のキリンチャレンジカップとコパ・アメリカの両方に招集されているカタールのアル・ドゥハイル所属のFW中島翔哉。国内カップ戦優勝や、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント進出で、また一皮むけた感のある背番号10には多くの期待が寄せられるが、謙虚な姿勢を貫き、楽しんで勝つことを目標としている。 ――好調なクラブで自分もワンステップ進めた? 「カップ戦やACLで勝てたことは良いことですが、結果だけでなく色んなことを学んで感じられました」 ――キリンチャレンジとコパ・アメリカに招集されて目標としていることは 「新しい選手がたくさん入って、みんないい選手ばかりなので2試合で楽しくいいプレーをして勝てたらなと思います」 ――久保建英について 「今日は練習やってないんですけど、でもFC東京にいたときから巧くて賢い選手だったので一緒にプレーできるのはすごく楽しみです。(久保の加入で)今までなかった感じのサッカーになるとは思いますし、見てくれている人が楽しめて自分たちも楽しんで満足できればいい結果に繋がると思います」 ――新しいメンバーについて、大幅な年齢層で自分の立ち位置は 「いやー…そこまで僕は重要な選手ではないので。ただ楽しくできて勝てればいいなと。ここに来る選手は実力がある選手なので、僕が合わせたりしなくても、それについていければ」 3月の代表ウィークを1勝1敗で終えた森保ジャパン。6月14日にブラジルで開幕するコパ・アメリカに招待国として、20年ぶりの参加が決まっており、同大会直前のA代表マッチウィークで、トリニダード・トバゴ代表(6月5日/豊田スタジアム)、エルサルバドル代表(同月9日/ひとめぼれスタジアム宮城)との国際親善試合に臨む。 2019.06.02 21:05 Sun
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース