塩谷と中島がマッチアップの日本人対決は中島のアル・ドゥハイルに軍配!《ACL2019》2019.04.24 03:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019・グループC第4節のアル・アイン(UAE)vsアル・ドゥハイル(カタール)が24日に行われ、0-2でアル・ドゥハイルが勝利した。アル・アインのDF塩谷司はフル出場、アル・ドゥハイルのMF中島翔哉は91分までプレーした。

グループ最下位のアル・アイン(2分1敗)が、2位アル・ドゥハイル(1勝1分1敗)をホームに迎えた一戦。アル・アインは、塩谷が3バックの一角で先発出場。一方のアル・ドゥハイルは、中島、ベナティア、アルモエズ・アリらが揃って出場した。

8日に行われた前回対戦をドローで終えた両者の一戦は、アウェイのアル・ドゥハイルが開始早々に動かす。3分、右サイドを駆け上がったエジミウソン・ジュニアがバイタルエリア右でパスを受けるとそのままボックス右へ侵入。切り返しで相手をかわしクロスを上げるとゴール前のアルモエズ・アリが頭でゴール右に流し込んだ。

先制を許した上海上港は、後半開始からマルクス・ベリを投入。しかし、再びスコアを動かしたのはアウェイチームだった。

アル・ドゥハイルは66分、ドリブルでボックス左から侵入したアルモエズ・アリの折り返しをゴール前の中島がスルー。これを逆サイド受けたフリーのエル・アラビがワントラップから冷静にゴール左隅にシュートを流し込んだ。

結局、試合はそのまま0-2で終了。塩谷と中島がマッチアップした日本人対決は、アル・ドゥハイルが敵地で完勝した。

アル・アイン 0-2 アル・ドゥハイル
【アル・ドゥハイル】
アルモエズ・アリ(前3)
エル・アラビ(後21)
コメント
関連ニュース
thumb

中島翔哉擁するアル・ドゥハイルがアウェイで引き分け決勝T進出決定《ACL2019》

6日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の西地区第5節が行われた。 日本代表MF中島翔哉が所属するアル・ドゥハイル(カタール)は、アウェイでエステグラル(イラン)と対戦。1-1の引き分けに終わった。中島はフル出場を果たしている。 勝ち点4で3位のエステグラルと、勝ち点7で2位のアル・ドゥハイルの一戦は、前半をゴールレスで折り返す。すると迎えた53分、エステグラルはボックス右からのクロスがゴール前で混戦となると、最後はルーズベヒ・チェシミが蹴り込み先制する。 先制を許したアル・ドゥハイルだったが、再開直後のプレーで追いつく。55分、左サイドから崩すと、スルーパスに反応したユセフ・エル・アラビがボックス内でシュートを放とうとするが、先にGKが反応。しかし、こぼれ球をエジミウソン・ジュニオールが蹴り込み、同点とする。 結局試合はそのままドローに終わり、アル・ドゥハイルは2位をキープ。最終節でエステグラルに勝ち点で並ばれる可能性があるものの、当該チーム間の成績により決勝トーナメント進出が決定した。 なお、同グループに所属する日本代表DF塩谷司擁するアル・アイン(UAE)は、アウェイでアル・ヒラル(サウジアラビア)と対戦し、2-0で敗戦。グループリーグ敗退が決定している。 また、今シーズン限りでの引退を発表した元スペイン代表MFチャビを要するアル・サッド(カタール)はホームでアル・アハリ(サウジアラビア)と対戦。チャビは後半アディショナルタイムまでプレーした。チームは2-1で勝利し、決勝トーナメント進出を決めている。 2019.05.07 10:45 Tue
twitterfacebook
thumb

中島vs塩谷の日本人対決は互いに譲らずドロー決着…《ACL2019》

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019グループC第3節のアル・ドゥハイル(カタール)vsアル・アイン(UAE)が8日に行われ、2-2の引き分けに終わった。アル・ドゥハイルのMF中島翔哉は89分までプレー、アル・アインのDF塩谷司はフル出場している。 グループステージ1勝1敗で2位に位置するアル・ドゥハイルが、ホームに3位アル・アイン(1分け1敗)を迎えた一戦。試合は立ち上がりからアル・ドゥハイルが押し気味に試合を進めると9分、ボックス右深くまで侵入したエジミウソン・ジュニアのクロスをファーサイドのブディアフがボレーシュートでゴール右隅に流し込んだ。 先制点で勢いづくアル・ドゥハイルは、32分にも右サイドから仕掛けたモハメド・ムサの折り返しからボックス中央に走り込んだエル・アラビが左足でゴール左隅に流し込み、追加点。 リードを広げられたアル・アインだが、すぐに反撃。36分、ロングパスを中盤のドゥンビアが頭で繋ぐと、相手DFの裏に抜け出したマルーフがゴール前まで持ち上がり、冷静にシュートをゴール右隅に沈めた。 アル・ドゥハイルのリードで迎えた後半、先にゴールに迫ったのはアル・アイン。56分、スルーパスに反応したマルーフがボックス内でモハメド・ムサに後方からのタックルで倒され、PKを獲得。しかし、カイオのPKは完璧にシュートコースを読んだGKルコントが弾いた。 チャンスを逃したアル・アインだが、直後に再び決定機を迎える。58分、右サイド深くでパスを受けたマルーフのクロスを相手GKのファンブルすると、ベリがこれをプッシュ。2-2の振り出しに戻した。 同点に追い付かれたアル・ドゥハイルは65分、右サイドを持ち上がったエジミウソンの折り返しをペナルティアーク内の中島が右足で合わせたが、これは枠の上に外れる。 さらに試合終了間際の96分にも、中盤からのFKからエル・アラビがヘディングシュートで合わせたが、相手GKのファインセーブに阻まれ、試合は痛み分けのドローで終了した。 2019.04.09 03:45 Tue
twitterfacebook
thumb

「日本の8番はどこでプレーしている」輝く中島翔哉に大きな期待

カタールのアル・ドゥハイルに所属する日本代表MF中島翔哉に、大きな期待が寄せられている。 ロシア・ワールドカップ(W杯)以降、森保一監督率いる日本代表において、圧倒的なパフォーマンスを示し続けている中島。強力な2列目を共に形成するMF堂安律、FW南野拓実らの中でも、特にチームの趨勢を握る選手となっている。 また、中島は今冬の移籍市場でポルティモネンセ(ポルトガル)からカタール王者のアル・ドゥハイルに移籍。プレミアリーグなど欧州トップリーグへの移籍が期待されていたものの、当人は「サッカーを楽しむ」という自身の原点に先入観無しに向き合った結果だと、この決断への満足感を口にしている。 事実、カタール移籍後初の代表戦となった3月の代表ウィークでも、中島のパフォーマンスは全く陰りを見せず。26日に行われた国際親善試合ボリビア代表戦では、途中出場から決勝点を叩き込んだ。 しかし、試合後に日本代表DF長友佑都(ガラタサライ/トルコ)が、自身ツイッターアカウント(@YutoNagatomo5)を通じて「日本の8番(中島翔哉)どこでプレーしてるの? ってチームメイトから聞かれる」とツイート。「人それぞれサッカーをやるための目的は違うけど、もっとハイレベルな場所で中島翔哉のプレーを見たいな」と、当人をリスペクトしつつも大きな期待を表現した。 2019.03.27 14:10 Wed
twitterfacebook
thumb

香川真司との共演にも“自分のプレー”を! 中島翔哉「やりやすくしてもらえる(笑)」《キリンチャレンジカップ》

日本代表は19日、今月の代表ウィークに向けたトレーニングを神奈川県内で行った。 負傷の影響により今年1月から行われたアジアカップに参加出来なかったMF中島翔哉(アル・ドゥハイル/カタール)は、2月初めにポルティモネンセ(ポルトガル)を退団。しかし、環境をガラリと代えて臨んだ久々の代表でも、“楽しむ”という根本はブレていないようだ。 ◆MF中島翔哉(アル・ドゥハイル/カタール) ──アジアカップを開幕前に離脱し、クラブも変わり、久々の代表合宿で心機一転という気持ちはあるか 「そうですね。今回はメンバーも代わったと思うので、また違う。なんというか、みんなでより良いサッカーをしていけたらいいと思いますし、自分も楽しみながら成長していけたら良いかなと思います」 ──東京ヴェルディ出身の選手が増えましたが 「そうですね。たまたまだと思いますけど(笑)。FC東京の選手も居るので、知ってる選手が多いのは嬉しいです」 ──東京ヴェルディで培ったものあり、これだけのメンバーが選ばれるという結果に繋がっているのでは? 「そこで癖になっていることはあると思いますし、良いものは継続して、良くないものは変えてきました。技術的な部分は練習で昔からやっていたので、それは残ってるんじゃないかなと思います」 ──コロンビア代表戦、ボリビア代表戦の2試合でテーマにしていることはあるか 「まずはやっぱり自分の一番良いパフォーマンスを出すことが大事だと思いますし、それがチームのためにもなると思います。なので、それをしっかりとやって、全力でプレーして、楽しんで。相手は凄く強いチームですけど、ホームでやりますし応援してくれる人も沢山居ると思うので、良いサッカーを見せて勝てたら良いかなと思います」 ──アジアカップは映像等確認したか 「決勝とかはカタールで観てました。日本の試合も出来る限り観てましたし、カタールの試合もずっと観てたので、難しい試合になるかなというのはもちろん思っていました。ただ、日本もしっかりと決勝まで行って、色々な経験を積めたと思うので、それを今回チームとしての成長の糧に出来たらと思います」 ──クラブではアジア杯MVPのFWアルモエズ・アリと同僚だが、学ぶ点はあるか 「その選手は今ケガしているのでやっていませんが、他の選手が何人か。本当に技術が高くて運動能力もあって、上手い選手が多いですし、守備も本当に強いです。本当に学ぶ所は多いです」 ──自分の良さは発揮できているか 「成長のために行きましたし、楽しむために行ったので、チームメイトとか監督も素晴らしいので良い所を吸収出来ていると思います」 ──どの様なことが吸収出来ているか 「アジアカップでもそうでしたけど、ボールを奪うのも上手ですし、攻撃も個人でも行けるしチームでも。両方を持っているので、その部分を自分も磨きたいですし、守備でボールを奪ったりするところとか。監督からはポジションのこととかよくアドバイスを貰いますし、本当に色々なことが学べています」 ──MF香川真司とプレーするイメージは? 「今は全然考えてません。色々な選手がいますけど、自分なんかより経験があって、レベルの高い選手が沢山いるので、そこは自分のプレーをすればやりやすくしてもらえると思います(笑)。頼っていきたいなと」 ──10番を意識するか 「毎回言っていますが、そこまで番号には拘っていません。やっぱり試合で良いプレーをすることが、サッカー選手としても日本代表の選手として大事だと思っているので。番号はただの番号というだけなので、やっぱり良いプレーをしていくことが大事です」 ──移籍に関してかなりの大金が報じられたが、自分に対する価値として思うところはあるか 「お金のことは僕はそこまで気にしていません。ただ、アル・ドゥハイルが凄く欲しがってくれたというのは嬉しいです。自分にとって一番魅力的なクラブだったから選びました」 ──サッカー面ではなく生活面でカタールという国はどうか 「最高です。凄く住みやすいですし、家族も来てくれているので。奥さんと2人で幸せに暮らしています。それが一番大事ですね。それがサッカーにも繋がってきます。街の人とか、食事もそうですし、雰囲気とかも素晴らしいので。カタール・ワールドカップは凄く良いワールドカップになると思います」 ──カタール・ワールドカップを戦う上で今冬の移籍は大きいのでは? 「そこは全く気にしていないというか、そこを考えて選んだわけではありません。ただ、なるべく良いプレーをして、カタールの人たちに日本を少しでも応援してもらえたらなと思います」 2019.03.19 20:01 Tue
twitterfacebook
thumb

中島翔哉、塩谷司が揃ってゴールも、アル・ドゥハイル&アル・アイン勝利ならず《ACL2019》

12日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019グループC第2節の2試合が行われた。 日本代表MF中島翔哉が所属するアル・ドゥハイル(カタール)は、アウェイでアル・ヒラル(サウジアラビア)と対戦。試合は3-1でアル・ヒラルが勝利した。 アル・ドゥハイルの中島は先発フル出場。ユベントスから加入したモロッコ代表DFメディ・ベナティアもフル出場している。 一方のアル・ヒラルは、元イタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコ、元フランス代表FWバフェティンビ・ゴミス、オーストラリア代表DFミロシュ・デゲネクらが先発出場している。 試合は25分、ボックス手前でパスを受けたセバスティアン・ジョビンコが左へ流すと、走り込んだカルロス・エドゥアルドがボックス内からシュート。これが決まり、アル・ヒラルが先制する。 1-0とアル・ヒラルがリードして後半に入ると75分、中島がドリブルで持ち上がり左サイドへと展開。クロスボールは相手DFにクリアされるも、こぼれ球を拾った中島がボックス内からシュート。これが決まり、アル・ドゥハイルが同点に追いつく。中島はACL初ゴールを記録 した。 勢いに乗りたいアル・ドゥハイルだったが、77分左CKからアリ・アル・ブライヒが胸で合わせて勝ち越しに成功。さらに79分には、ボックス内でパスを受けたバフェティンビ・ゴミスがGKを良く見て豪快に蹴り込み勝負あり。3-1でアル・ヒラルが勝利した。 もう1試合の、エステグラル(イラン)vsアル・アイン(UAE)の一戦は1-1のドローに終わった。日本代表MF塩谷司は先発フル出場を果たしている。 ゴールレスのまま試合は後半に突入すると53分、右CKからファルシド・バゲリがヘディングで合わせ、アル・ヒラルが先制する。 先制を許したアル・アインだったが85分、FKからのクロスを相手が競り勝つと、こぼれ球を塩谷司がシュート。これが相手DFの間を抜けゴールとなり同点に。試合はそのまま終了し、1-1の引き分けに終わった。 次節はアル・ドゥハイルとアル・アインが対戦。中島と塩谷の対決にも注目が集まる。 アル・ヒラル 3-1 アル・ドゥハイル 【アル・ヒラル】 カルロス・エドゥアルド(前25) アリ・アル・ブライヒ(後32) バフェティンビ・ゴミス(後34) 【アル・ドゥハイル】 中島翔哉(後30) エステグラル 1-1 アル・アイン 【エステグラル】 ファルシド・バゲリ(後8) 【アル・アイン】 塩谷司(後40) 2019.03.13 09:49 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース