FC東京のMF鈴木喜丈が左ヒザ関節離断性骨軟骨炎で再手術…全治約10カ月

2019.04.20 18:05 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
FC東京は20日、MF鈴木喜丈が左ヒザ関節離断性骨軟骨炎の再手術を受けたことを発表した。全治は約10カ月。

FC東京下部組織出身の鈴木は、2017年にトップチーム昇格。昨年の5月にも同選手は、左ヒザ関節離断性骨軟骨炎で手術を受けていた。


関連ニュース
thumb

松木玖生にアルベル監督がアドバイス/六川亨の日本サッカー見聞録

J1リーグはW杯予選と本大会があるため、例年より早く2月18日、19日に開幕する。このため各チームとも始動時期が早まり、15、16日には川崎FやFC東京、神戸などが新体制の発表会を実施した。 そうしたなかで、やはり注目を集めたのはFC東京に加入する松木玖生だろう。高校選手権で優勝してのJリーグ入り。新入団会見はズームで行われ、チームに合流するのは沖縄キャンプからだが、「小さい頃から見ていた選手とプレーするのは夢だし憧れだったので楽しみです」と期待をふくらませていた。 そんな松木に、青森山田では堅守からのカウンターを武器にしていたが、アルベル新監督はボールを保持して攻めるポジショナルプレーを標榜している。両者のサッカーの違いに戸惑いはないかと質問した。 すると松木は迷うことなく、「青森山田では、青森山田のサッカー(堅守速攻)をしていましたけど、日本代表(U-22日本)ではパスサッカーをやっていたので、そこは問題ないと思います」と断言した。 恐らく青森山田は、高校選手権やインターハイなどは一発勝負のため何が起こるか分からない。このため黒田剛監督も極力リスクを排したサッカーを採用したのだろう。それはプレミアリーグ・イーストでクラブ勢と対抗するためにも当てはまったのかもしれない。自分たちのストロングポイントは何かを考えれば、当然の結果だったと言ってもいいのではないか。 そんな松木に対し、アルベル・プッチ・オルトネダ監督は「まずはいま、注目されているのでそのプレッシャーを外すことが仕事になる」と松木が現在置かれている境遇について理解を示した。その上で、「久保(建英)はいいプレーヤーかもしれないが」と断った上で、「彼ですらヨーロッパでプレーすることに苦労している」と現状を説明した。 そして「高校年代では素晴らしい活躍をしたのは間違いない。同じ年代の大会で素晴らしい成績を収めたが、ヨーロッパの同年代を相手に活躍できるかどうかは分からない。まずは地に足をつけること。高校で活躍したが、それ以上でも以下でもない。彼はまだまだ若い。プレッシャーを与えずに、順調に成長するよう温かい目で見守っていきたい」と持論を述べた。 まさにその通りと頷いてしまった。 アルベル監督が例に出した久保は、FC東京のトップチームに登録され、J3リーグでデビューしたときは、松木の入団会見の2倍くらいのメディアが殺到した。沖縄キャンプや小平での練習後、引き上げてくる選手に話を聞くのは基本的に自由だったが、久保だけは事前に広報に取材したい旨を伝える必要があった。 それだけチームも気を遣った選手であると同時に、長谷川健太元監督は厳しく接した。このため短期間ではあるが横浜Mにレンタル移籍して出場機会を増やし、FC東京に復帰後、念願のリーガ・エスパニョーラへの移籍を果たした。 先日の国王杯、RCDエスパニョール戦ではFKから鮮やかなゴールを決めたが、評価されるにはさらなるゴールが必要だろう。 松木に関しては、ヨーロッパのスタンダードを知る指揮官の下で経験を積めるメリットは大きい。希望するポジションはボランチということで、青木拓矢や安部柊斗らがライバルになるが、得点嗅覚が松木の大きな武器になる。とはいえ、それは試合に出られての話。そのためにも、まずは沖縄キャンプでどれだけアピールできるか。 松木だけでなく、FC東京ならGKヤクブ・スウォビィクやCBエンリケ・トレヴィザンら活躍が楽しみな選手がいるし、それは他のチームも同じこと。今シーズンは例年になく選手の移籍も活発だったため、チームがどう変貌するのか。こちらも楽しみに開幕を待ちたい。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2022.01.18 22:00 Tue
twitterfacebook
thumb

FC東京FW田川亨介がポルトガル1部挑戦! 守田英正所属のサンタ・クララに1年半レンタル

FC東京は18日、FW田川亨介(22)がポルトガルのサンタ・クララに期限付き移籍すると発表した。期間は2023年6月30日までとなる。 田川はサガン鳥栖下部組織在籍中の2016年に2種登録され、翌年にトップチーム昇格を果たすと、2019年にFC東京移籍。同年のEAFF E-1サッカー選手権で日本代表デビューを飾った。 2020年は明治安田生命J1リーグ21試合出場で2ゴールを記録して、昨年は30試合に出場して5ゴール。シーズン途中の昨夏には東京オリンピック出場が期待されたが、最終的に落選した。 欧州初挑戦となる田川はクラブを通じて、ポルトガルでの飛躍を誓った。 「このたび、ポルトガルのサンタクララに移籍することになりました。海外へのチャレンジに協力してくださったクラブ関係者の方々に感謝しています。3年間という短い期間でしたが、いつも大きな後押しで支えていただいたファン・サポーターのみなさんには感謝してもしきれません。この3年間の恩を結果で返せるように。みなさんに良いニュースを届けられるように新しい環境で成長してきます。これからも応援よろしくお願いします。本当にありがとうございました」 ポルトガル1部を戦うサンタ・クララは日本代表MF守田英正も所属。今季はここまで4勝5分け9敗で18チーム中13位につけている。 2022.01.18 19:25 Tue
twitterfacebook
thumb

「マスコットはそれぞれが尊く、それぞれがみんなのNo.1」FC東京が東京ドロンパの総選挙不参加を発表

FC東京は17日、「FUJIFILM SUPER CUP 2022」にて行われる「Jリーグマスコット総選挙2022」に関してクラブマスコットの東京ドロンパが参加しないことを発表した。 毎年恒例となっているJリーグの各クラブのマスコット総選挙。ファン投票により人気のマスコットがランク付けされる企画で、トップに立ったマスコットは集合写真でセンターに立てるというものだ。 各クラブのファン・サポーターも必死に投票し、マスコットファンにとっては一堂に会する機会とあって、大人気の企画だが、FC東京は今年の「Jリーグマスコット総選挙2022」に参加しないことを決めた。 FC東京は不参加の理由を説明している。 「東京ドロンパは昨年の選挙期間中は特別な発信を控えておりましたが、今回の総選挙については立候補しないことといたしましたのでお知らせいたします」 「開幕前に全クラブで盛り上げるマスコット総選挙という企画を尊重しつつも、『マスコットはそれぞれが尊く、それぞれがみんなのNo.1』と考え、今回の決定となりました」 また、東京ドロンパも今回の不参加についてコメントしている。 「みんなアケマシテオメデトー!1日も早くみんなとふれあえる日を楽しみに待ってるヨー!総選挙には出ないケド、みんなとのイベントはイロイロ考えてるから楽しみに待っててネ!2022シーズンもヨロシク!!」 東京ドロンパは、これまでの総選挙でも人気が高く、2021年は13位、2020年は8位、2019年は11位、2018年は3位、2017年は5位と上位に位置していた。 2022.01.18 15:40 Tue
twitterfacebook
thumb

FC東京のキャプテンは森重真人、副キャプテンはディエゴ・オリヴェイラに決定

FC東京は17日、2022シーズンのキャプテン、副キャプテンを発表した。 アルベルト・プッチ・オルトネダ監督を迎え、出直しとなる2022シーズン。キャプテンにはDF森重真人が就任。副キャプテンにはFWディエゴ・オリヴェイラが就任することが決定した。 森重は守備の要として長年チームを支え、2021シーズンも明治安田生命J1リーグで35試合に出場し4得点を記録。攻撃面でもチームを支えた。 ディエゴ・オリヴェイラもチームの得点源として貢献。2021シーンは明治安田J1で35試合に出場し13得点を記録。チーム得点王だった。 両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆森重真人(キャプテン) 「新しいチャレンジに向けて、会社としてもチームや自分自身にとっても新しいチャレンジの1つと思って頑張っていきます。 前回キャプテンを任されてから時間が経ち、色々な経験を重ね、今回再びキャプテンを任されたことはすごく嬉しいです。FC東京のキャプテンとして相応しい存在になれるよう頑張ります」 ◆ディエゴ・オリヴェイラ(副キャプテン) 「キャプテンの1人として選出していただいたことをとても嬉しく思います。FC東京で数年間プレーした上での評価だと思っています。より一層チームに貢献できるように、そしてチームの目標を達成できるように最大限努力していきたいと思います」 2022.01.17 11:13 Mon
twitterfacebook
thumb

Jリーグ7クラブがJFAに上申書提出…日本代表戦後の新型コロナ対策の改善を訴え

ヴィッセル神戸は16日、日本サッカー協会(JFA)への上申書を提出したことを発表した。 今回の上申書については、1月から2月にかけて行われるカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選についてのもの。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染予防対策についてだ。 この上申書は神戸の他、浦和レッズ、FC東京、川崎フロンターレ、湘南ベルマーレ、清水エスパルス、サンフレッチェ広島と選手が招集されているJリーグクラブの連名によって提出されたとのこと。セレッソ大阪や名古屋グランパス、鹿島アントラーズ、横浜F・マリノスは含まれていないとのことだ。 世界的に感染が爆発しているオミクロン株の影響で、日本代表は21日に予定されていたキリンチャレンジカップ2022のウズベキスタン代表戦が中止に。また、その後の中国代表戦、サウジアラビア代表戦は予定通り開催されるものの、日本代表の海外組の選手とともにプレーする国内組は、試合後に隔離期間を設けられることとなり、開幕を前にしたクラブの活動に参加できないこととなっていた。 神戸の三木谷浩史会長は自身のツイッターで「日本で行われる代表戦に出た選手は2週間隔離しろと「政府」と「協会」から来た。移動の自由、人権、営業権の侵害だ。海外から来た選手は即練習で、戻って海外で則プレー。頭おかしんじゃないの??」と今回の決定に苦言を呈しており、「そもそも給与もこちらが払ってるのに、代表に出して拘束。話にならん」とし、「そもそも政府に日本にいる人間がサッカーの代表戦に出たというだけで、行動を制限する法律的な権利はないと思う。裁量行政の濫用だ」と訴えていた。 神戸は今回の件について改めて正式に訴えることとなった。 「通達された本件感染症対策案は、厳しいものであり、改善の余地があると考えております。つきましては、今般のFIFAワールドカップ・アジア最終予選の試合の開催およびそれに向けた日本代表合宿を日本において執り行うにあたり、本感染症対策案とは異なる、合理的に必要最小限といえる内容の感染症対策案を策定いただくべく日本サッカー協会に改めて協議のご依頼をしております」 新規入国の外国人と、入国歴がある外国人の扱いを巡っても、サッカー界以外で様々な議論が起きている日本の新型コロナウイルス対策。曖昧な基準による対策は、さらに議論を生むかもしれない。 2022.01.17 08:15 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly