ビジャレアルとの同国対決を快勝で制したバレンシアが準決勝でアーセナルと対戦へ!《EL》2019.04.19 05:58 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグ、バレンシアvsビジャレアルが18日に行われ、2-0でバレンシアが勝利した。この結果、2戦合計スコアを5-1としたバレンシアが準決勝に進出している。1週間前に敵地で行われた1stレグを後半追加タイムの2ゴールで3-1と先勝したバレンシアと、逆転突破のためには少なくとも3点が必要なビジャレアルによるスペイン同国対決。

共にフラットな[4-4-2]で臨んだバレンシア自治州ダービーは、ホームチームのバレンシアが押し込む入りとなると、10分にパレホがGK強襲のシュートを浴びせた。

そして13分、バレンシアが先制する。敵陣でゴンサロ・ゲデスがボールを奪って柔らかい浮き球パスを送ると、ボックス左に走り込んだラトがボレーでうまく合わせた。

先制後はバレンシアが余裕を持って試合をコントロール。そして前半半ば以降はバレンシアが自陣に引きながら対応し、ビジャレアルに付け入る隙を見せない。39分にCKからジェラール・モレノに打たれたヘディングシュートはGKネトが難なくセーブし、2戦合計スコア4-1として前半を終えた。

後半からラバに代えてチュクウェゼを投入したビジャレアルが前がかると、52分にペドラサが枠内シュートを浴びせる。

それでも54分、バレンシアにゴールが生まれる。ボックス手前左で得たFKをパレホが直接狙うと、壁に当たってコースの変わったシュートがゴール右に吸い込まれた。

逆転には4点が必要なビジャレアルが終盤にかけても押し込む展開となったが、バレンシアが集中を切らさずにシャットアウト。2戦合計スコア5-1で圧勝したバレンシアは準決勝でエメリ監督率いるアーセナルと対戦する。
コメント
関連ニュース
thumb

バレンシア移籍のU-21スペインDFサエンスがセルタに即レンタル

セルタは15日、バレンシアからU-21スペインDFホルヘ・サエンス(22)を2年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。なお、今回の契約には買い取りオプションが付随している。 テネリフェの下部組織出身のサエンスは、2015年1月にトップチームに昇格。トップチームでは在籍4年間で公式戦107試合に出場し6ゴール3アシストをマーク。今シーズンはセグンダ(スペイン2部相当)で33試合4ゴール1アシストを記録した。 今夏にテネリフェからバレンシアへ完全移籍したサエンスたが、今季はガリシアの地に活躍の場を移すこととなった。 2019.07.16 00:45 Tue
twitterfacebook
thumb

バレンシア、ウルグアイ代表マキシ・ゴメス獲得を発表! 17億円の移籍金にサンティ・ミナを譲渡

バレンシアは14日、セルタからウルグアイ代表FWマキシ・ゴメス(22)を獲得したことを発表した。契約は2024年6月まで。契約解除金は1憶4000万ユーロ(約170億5200万円)に設定された。 また、バレンシアからスペイン人FWサンティ・ミナ(23)がセルタに移籍することも同時発表された。 フランス『レキップ』によると、今回の移籍はバレンシアがマキシ・ゴメス獲得に、サンティ・ミナの譲渡と移籍金1450万ユーロ(約17憶6600万円)を支払ったと見られている。 マキシ・ゴメスを巡ってウェストハムと争奪戦を繰り広げていたバレンシア。元々、セルタは契約解除金5000万ユーロ(約60億8000万円)満額支払うことを望んでいたが、ウェストハムが提示した金額が3250万ユーロと要求を満たさなかったため、こちらの交渉は破断していた。 一方バレンシアは上記の通り、移籍金にサンティ・ミナの譲渡という条件で合意に漕ぎ付けた模様。同選手は2015年にセルタからバレンシアに移籍し、公式戦150試合で42ゴール19アシストを記録。このたび4年ぶりに古巣に復帰する事になった。 マキシ・ゴメスは2017年7月に母国のデフェンソールからセルタへ移籍した。この2シーズンで成績はリーガエスパニョーラ71試合に出場し31ゴール10アシストという見事なもので、2017年11月にデビューしたウルグアイ代表ではここまで12試合に出場し2ゴールを挙げている。 2019.07.14 21:52 Sun
twitterfacebook
thumb

コシエルニー退団迫るアーセナル、オタメンディに関心?

アーセナルが、マンチェスター・シティに所属するアルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディ(31)の獲得に動いているようだ。スペイン『Super Deporte』が伝えている。 バレンシアの地元紙である『Super Deporte』は、クラブが今夏の移籍市場でオタメンディの復帰を画策していると主張。しかし、以前から関心が噂されるパリ・サンジェルマン(PSG)とアトレティコ・マドリーに加えて、アーセナルが同選手の獲得に動いていると伝えている。 アーセナルに関しては元フランス代表DFローラン・コシエルニーが今夏の移籍を巡ってプレシーズンツアー不参加の実力行使に出るなど、去就が不透明となっている。さらに、幾つかのセンターバック候補の交渉も難航しており、豊富な経験に加えて3バック、4バックのいずれでもプレー可能なオタメンディへの関心を強めている模様だ。 その一方で、同メディアはオタメンディが仮にシティ退団を選択した場合、唯一の移籍先候補はバレンシアだと主張している。同選手の代理人を務めるジョルジュ・メンデス氏はバレンシアと深い関係にあり、すでに移籍に向けたコンタクトも取っているようだ。 2015年夏に3500万ユーロ(約42億6000万円)でバレンシアからシティに加入したオタメンディ。加入初年度から主力として活躍したが、昨シーズンは序列が4番手に下がったこともあり、プレミアリーグ18試合出場と思うように出場機会を得られていなかった。 2019.07.14 18:57 Sun
twitterfacebook
thumb

バレンシアDFムリージョがサンプドリアに買い取り義務付きレンタルで加入…今冬からはバルセロナでプレー

サンプドリアは13日、バレンシアからコロンビア代表DFジェイソン・ムリージョ(27)を買い取り義務付きのレンタル移籍で獲得した。なお、サンプドリアはすでにムリージョと2023年6月30日まで契約を結んでいる。 また『フットボール・イタリア』によれば、サンプドリアはシーズン終了後に移籍金1500万ユーロ(約18億円)をバレンシアに支払うとようだ。 母国でプロデビューしたムリージョはグラナダやカディス、ラス・パルマス、インテルでプレーした後、2017年8月にバレンシアへ買い取り義務付きの2年レンタルで加入すると、翌年に完全移籍。しかし、バレンシアでは出場機会に恵まれず、同年12月にバルセロナにレンタル移籍で加入。バルセロナでは公式戦4試合の出場に留まっていた。 2019.07.14 01:40 Sun
twitterfacebook
thumb

バレンシア、チェリシェフの獲得を正式発表! 3年契約を締結

バレンシアは12日、ビジャレアルからロシア代表MFデニス・チェリシェフ(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日の3年間で、契約解除金は8000万ユーロ(約97億円)に設定されている。 レアル・マドリーの下部組織出身のチェリシェフは2016年夏にビジャレアルに移籍。加入1年目はケガでリーグ戦出場は11試合にとどまったものの、2年目となった昨季はリーグ戦24試合に出場し2ゴール2アシストを記録。その活躍からロシア代表として出場したロシア・ワールドカップ(W杯)では、初戦の2ゴールを含む5試合4ゴールでロシアの攻撃を牽引。大会前の下馬評を覆し、スペイン代表を破るなどベスト8進出に貢献した。 2016年2月から半年間バレンシアにレンタル移籍した経歴を持つチェリシェフ。二度目のレンタル加入となった今シーズンは公式戦41試合の出場で4ゴール5アシストを記録。クラブの上位進出に大きく貢献した。 2019.07.12 22:30 Fri
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース