マドリーに朗報! 今季絶望と思われたヴィニシウスが今月中にも復帰の可能性2019.04.12 00:55 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーFWヴィニシウスが今月中に復帰する可能性があるようだ。スペイン『マルカ』が報じている。ヴィニシウスは3月5日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのアヤックス戦に先発出場したが、35分に単騎突破からシュートに持ち込んだプレーで右足を負傷。その後、右足脛腓骨関節の靭帯断裂と診断され、今シーズン中の復帰は絶望かと思われていた。

そんな中、ヴィニシウスはすでに練習場に復帰しリハビリの最終段階に入っており、早ければ今月行われるリーガエスパニョーラ第33節のビルバオ戦か第34節のセルタ戦で復帰する可能性があると『マルカ』は伝えている。

昨夏にフラメンゴから移籍金4500万ユーロ(約56億3000万円)で加入したヴィニシウスは、今季ここまで公式戦28試合に出場し3ゴールをマークしている。
コメント
関連ニュース
thumb

退団濃厚ナバスは好守連発もベイル出場なし…マドリー、ベティスに敗戦で最悪のシーズンを終える《リーガエスパニョーラ》

レアル・マドリーは19日、リーガエスパニョーラ最終節でベティスと対戦し、0-2で敗れた。 すでに3位が確定しているマドリーは、最後尾に今シーズン限りでの退団が濃厚となっているGKケイロル・ナバスが4試合ぶりにスタメン復帰。3トップはセンターにベンゼマ、両ウイングにディアスとヴィニシウスを据えた。 勝利でシーズンを締めくくりたいマドリーだったが、試合はベティスペースで進んでいく。28分、バルトラに敵陣中央左サイドからボックス中央手前に侵攻され、シュートを許す。しかし、ここはケイロル・ナバスがはじき出した。 ピンチを招いたマドリーは34分、オーバーラップでボックス右外を駆け上がってきたヴァランがクロスを入れる。F・ゲレーロのクリアミスを拾ったベンゼマがボックス中央から狙うも、左ポストに嫌われた。 ゴールレスで試合を折り返したマドリーは、後半立ち上がりからゴール前に迫るが、ボックス内での精度を欠き、シュートを放つことができない。57分にはマルセロのパスに抜け出したヴィニシウスが、ボックス内でDFを1人かわし、GKパウ・ロペスとの一対一の局面を迎える。しかし、決めることはできず、千載一遇のチャンスを逃した。 マドリーは攻めあぐねていると一瞬の隙を突かれてしまう。62分、ボックス左外からグアルダードにクロスを許すと、ファーサイドのロレンに押し込まれてしまい、先制点を献上した。 失点後も覇気がないマドリー。67分のロ・セルソのシュートはGKケイロル・ナバスがビックセーブで防いだ。しかし、75分にロ・セルソのタメからカルバーニョにボックス左を侵攻されてしまうと、最後はゴール前のヘセ・ロドリゲスに左足で恩返し弾を浴びた。 2点ビハインドとなり、苦しくなったマドリーは、最後の交代カードとしてベンゼマに代えてL・バスケスを投入。今シーズン限りでの退団が濃厚なベイルに出場機会は訪れなかった。 その後もマドリーは、ベティスゴールを脅かすことができず、0-2で試合終了。シーズン12敗目を喫し、21世紀で最悪のシーズンを連敗で終わっている。 2019.05.19 21:25 Sun
twitterfacebook
thumb

ベイル、ラストマッチか 今季最終戦でメンバー入り

レアル・マドリーでラストマッチになるかもしれないウェールズ代表MFガレス・ベイルが19日にホームで行われるリーガエスパニューラ最終節のベティス戦でメンバー入りした。 今夏の移籍市場で大型補強とともに余剰戦力の整理が憶測として浮上しているレアル・マドリー。売却候補の1人として目されるベイルは、ここ2試合連続で招集メンバーから外れており、その可能性がいっそう加熱している状況だ。 そうしたなか、渦中のベイルは、同じく退団の見方が強まるコスタリカ代表GKケイロル・ナバスや、スペイン人DFセルヒオ・レギロン、同MFマルコス・ジョレンテとともに、今シーズン最終戦となるベティス戦の招集メンバーに入った。 スペイン『マルカ』によれば、ジネディーヌ・ジダン監督はベティス戦前日会見で、ベイルについて次のようにコメントしたという。 「(ベイルは)明日、(ベティス戦に臨む)我々と共にする。私から話せることはそれだけだ。この試合が彼にとって、ラストゲームになるのかどうかはわからない。それでシーズンが終わる。(今夏に)何らかの変化はあるだろう」 2019.05.19 16:55 Sun
twitterfacebook
thumb

ジダンの次なるターゲットにサラーが浮上!

リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラー(26)に対して、レアル・マドリーが目を光らせているという。フランス『Canal+』が報じた。 今シーズンの大失態を受け、今夏の移籍市場で大型補強が指摘されるレアル・マドリー。チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザール(28)や、フランクフルトでプレーするセルビア代表FWルカ・ヨビッチ(21)の獲得が確実視されているが、ジネディーヌ・ジダン監督はさらなる攻撃陣の強化を希望している模様だ。 そこで、名前が挙がったのがサラーだ。ジダン監督は元フランス代表FWカリム・ベンゼマ、アザールに続く3トップの一角として、サラー獲得を熱望。もちろん、リバプールに売却の意思があるとは考えにくいが、レアル・マドリーはサラーを重要ターゲットに定めており、獲得オファーを出す準備を進めているとのことだ。 リバプール在籍2年目のサラーは今シーズン、公式戦51試合に出場して26得点13アシストをマーク。シーズンが進むにつれて、調子を挙げていき、2年連続のプレミアリーグ得点王を獲得するとともに、チームのリーグ優勝争いや、チャンピオンズリーグ決勝進出に貢献している。 なお、レアル・マドリーはサラー獲得に失敗した場合、代役確保へ。リールのコートジボワール代表FWニコラ・ペペ(23)や、リバプールのセネガル代表FWサディオ・マネ(27)をリストアップしているとみられる。 2019.05.17 11:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ヨビッチ、移籍金6000万ユーロ+年俸1000万ユーロの5年契約でレアル・マドリー入りへ

レアル・マドリーがフランクフルトのセルビア代表FWルカ・ヨビッチ(21)を移籍金6000万ユーロ(約73億5000万円)、年俸1000万ユーロ(約12億2000万円)の5年契約で獲得が合意したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 なお6000万ユーロのうち、1200万ユーロ(約14億7000万円)が前所属先のベンフィカに支払われるとのことだ。 ヨビッチは今シーズンのブンデスリーガで得点ランキング3位の17得点を挙げ、ヨーロッパリーグでも10得点をマーク。ビッグクラブ注目の的となり、長らくレアル・マドリーのターゲットと目されていた。正式発表は18日に行われるブンデスリーガ最終節終了後と見られている。 2019.05.17 04:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド&ポグバ、レアル・マドリーに強気! 交渉難航か

レアル・マドリーの今夏ターゲットに浮上するフランス代表MFポール・ポグバ(26)に関して、ユナイテッドはかなり強気だという。スペイン『インデペンデント』が報じた。 レアル・マドリーはユナイテッド側と交渉をスタート。だが、ユナイテッドは9000万ユーロ(約110億3000万円)の市場価値が見込まれる同選手の移籍金として、1億7000万ユーロ(約208億3000万円)以上を求めている模様だ。 また、そのポグバも今回の移籍でサラリーアップも睨んでおり、レアル・マドリーに対して、週給57万5000ユーロ(約7000万円)を要求。これがよりユナイテッドとの交渉を複雑化させているものとみられる。 そこで、レアル・マドリーはドイツ代表MFトニ・クロース(29)か、ウェールズ代表MFガレス・ベイル(29)の譲渡を取引に含むことで、ポグバ獲得の支出削減を狙っていることが予想される。 だが、ユナイテッドは両選手ともに興味がなく、それに応じる素振りがないとのこと。ポグバ自身はサンティアゴ・ベルナベウ行きを決心しているとされるが、交渉の長期化は避けられない様相だ。 2019.05.16 10:30 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース