本田圭佑、PK弾で今季7点目! 首位撃破のメルボルン・Vは2位との勝ち点差を「1」に《Aリーグ》2019.03.30 22:25 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元日本代表FW本田圭佑の所属するメルボルン・ビクトリーは30日、オーストラリア・Aリーグ第23節でパース・グローリーと対戦し、2-0で勝利。本田はフル出場して、1ゴールを記録している。3位につけるメルボルン・V(勝ち点44)が、首位のパース・グローリー(勝ち点51)のホームに乗り込んだ一戦。本田は、ダイヤモンド型[4-4-2]の右サイドハーフで先発した。

試合は25分、メルボルン・Vがボックス手前でFKを獲得する。これをキッカーのトイヴォネンが右足で直接狙うと、ボールは壁を越えてゴール右隅下に吸い込まれ、アウェイのメルボルン・Vが首位相手に先制点を奪う。

1-0でリードして迎えた後半、メルボルン・Vに追加点のチャンス。65分、アントニスのパスがボックス内の相手DFに腕に当たり、VARの判定の末にPKを獲得する。これを本田がキッカーを務めると、左足で落ち着いてゴール右下に流し込み、メルボルン・Vがリードを2点に広げた。

試合を2-0としたメルボルン・Vはその後、パース・グローリーに反撃を許さず、そのまま試合終了。これでメルボルン・Vは連勝を飾り、2位・シドニーFC(勝ち点45)との勝ち点差を「1」に縮めた。

パース・グローリー 0-2 メルボルン・ビクトリー
【メルボルン・V】
トイヴォネン(前25)
本田圭佑(後23[PK])
コメント
関連ニュース
thumb

本田、絶妙FKで先制アシスト! メルボルン・Vが3発でシドニーFCが待つ準決勝へ《Aリーグ》

元日本代表FW本田圭佑の所属するメルボルン・ビクトリーは3日、オーストラリア・Aリーグ・ファイナルシリーズ1回戦でウェリントン・フェニックスと対戦し、3-1で勝利した。 レギュラーシーズンが終了し、ファイナルシリーズに突入したAリーグ。上位6チームで行われる同プレーオフでは、3位チームvs6位チーム、4位チームvs5位チームの組み合わせで1回戦を戦い、勝者は準決勝へ。同ステージから上位2チームが登場。3位チームvs6位チームの勝者が2位チームと、4位チームvs5位チームの勝者が1位チームと対戦し、勝者が優勝を決める決勝の舞台に立つことができる。なお、準決勝まではレギュラーシーズンの上位チームのホームで開催され、決勝のみ中立地で行われる。 レギュラーシーズンを3位で終了したメルボルン・Vは、6位のウェリントン・フェニックスをホームに迎えた。レギュラーシーズンの3試合で3分けと互角の戦いを繰り広げた相手だ。この一戦に本田はダイヤモンド型[4-4-2]の右サイドハーフで先発した。 試合は積極的に攻撃を仕掛けてくるウェリントンに苦しめられる立ち上がりに。そんな中、メルボルンVは4分、本田がスルーパスに抜け出し、ボックス右外からクロスを供給。これにカンソバが右足で合わせたが、ミートできない。 その後、メルボルン・Vは再びウェリントンの素早い攻撃に幾度かゴールを脅かされる。しかし、相手のシュートミスにも助けられ、ゴールを許さないでいると、21分に中盤でパスを受けた本田がドリブルで持ち上がる。そのままボックス手前から左足で強烈なシュートを放つも、GKフィリップ・クルトの正面に飛んでしまう。 それでも前半終盤、メルボルン・Vに待望の先制点が。42分、敵陣中央やや右でFKを獲得すると、キッカーの本田がゴール前に絶妙なクロスを供給。これに反応したニーダーマイアーがバックヘッド気味に合わせ、ゴール左上に押し込んだ。 先制して試合を折り返したメルボルン・Vは後半、相手のミスから追加点を奪う。53分、相手のビルドアップからパスミスを誘発すると、ニーダーマイアーがカット。そのままボックス手前に持ち込み、ボックス右にスルーパスを送り、最後はバーバルーゼスがゴールに流し込んだ。 リードを2点に広げたメルボルン・V。しかし、後半半ばに差し掛かったところで、ウェリントンに1点を返される。65分、自陣右サイドでのクロスを許してしまうと、ニアサイドのクリシュナに合わせられ、ゴールネットを揺らされた。 1点差に詰め寄られたメルボルン・Vに少々、嫌な空気が。しかし、71分、カウンターから右サイドでパスを受けたシンが相手最終ラインの背後へスルーパス。相手DFにブロックされ、コースが変わったが、トイヴォネンがボックス右で収めると、やや角度がないところからループシュートでGKをあざ笑い、左サイドネットに突き刺した。 再びリードを広げたメルボルン・Vはその後、ウェリントンの攻撃を抑え、試合終了。メルボルン・Vが3-1で勝利し、準決勝進出を決めた。 そのメルボルン・Vは、10日に行われる準決勝でレギュラーシーズンを2位で終えたシドニーFCと決勝進出を懸けて対戦する。 メルボルン・ビクトリー 3-1 ウェリントン・フェニックス 【メルボルン・V】 ニーダーマイアー(前42) バーバルーゼス(後8) トイヴォネン(後26) 【ウェリントン】 クリシュナ(後20) 2019.05.03 20:58 Fri
twitterfacebook
thumb

3位確定済みのメルボルン・V、勝利でファイナルシーズンへ 本田はフル出場《Aリーグ》

元日本代表FW本田圭佑の所属するメルボルン・ビクトリーは27日、オーストラリア・Aリーグ最終節でウェスタン・シドニーと対戦し、1-0で勝利した。本田はフル出場している。 前節、アデレード・ユナイテッドに0-1で敗れるも、レギュラーシーズンでの3位を確定させ、ファイナルシリーズ進出を決めているメルボルン・V(勝ち点48)。最終節では8位・ウェスタン・シドニー(勝ち点24)のホームに乗り込んだ。本田はダイヤモンド型[4-4-2]の右サイドハーフで先発した。 勝利でレギュラーシーズンを締めくくりたいメルボルン・Vは22分に先制点。敵陣中央右でパスを受けたトーマス・デンがアーリークロスを送る。これをボックス中央浅い位置に走り込んだオラ・トイヴォネンが頭で合わせ、ゴール右上に押し込んだ。 その後も攻勢を続けたメルボルン・Vは、オラ・トイヴォネンの先制点を守りきり、1-0で勝利。3位で終えたメルボルン・Vは、5月3日からスタートするファイナルシーズンの初戦で、レギュラーシーズンを6位で終えたチーム(ウェリントン・フェニックスかメルボルン・シティ)と対戦する。 ウェスタン・シドニー 0-1 メルボルン・ビクトリー 【メルボルン・V】 トイヴォネン(前22) 2019.04.27 21:10 Sat
twitterfacebook
thumb

本田圭佑、同点弾演出も…前節首位撃破のメルボルン・V、AT被弾で2位浮上のチャンスを逃す《Aリーグ》

元日本代表FW本田圭佑の所属するメルボルン・ビクトリーは6日、オーストラリア・Aリーグ第24節でシドニーFCと対戦し、1-2で敗れた。本田はフル出場している。 前節、首位・パース・グローリーを撃破し、2位・シドニーFC(勝ち点46)との勝ち点差を「1」に縮めた3位のメルボルン・ビクトリー(勝ち点45)。今節のシドニーFCとの直接対決で、本田はダイヤモンド型[4-4-2]の右サイドハーフで先発した。 試合は開始から早い時間帯にホームのシドニーFCに先制点を与えてしまう。6分、自陣ボックス左への侵攻を許すと、カセレスからパスを受けたオニールにボックス右手前から強烈なミドルシュートをゴール右上に突き刺され、早くも追いかける展開を強いられる。 それでも16分、敵陣中央でボールを持った本田がキープから最終ラインの裏へスルーパス。相手DFの伸ばした足に引っかかったが、バーバルーゼスがブロックし、そのままボックス内に侵攻してGKとの一対一を制した。 その後、両者にゴールは生まれず試合は終盤に。しかし、試合終了間際、シドニーFCに勝ち越しゴールを奪われてしまう。後半アディショナルタイム3分、左サイドを突破され、クロスを入れらる。ここはヴァレリが阻んだが、ボックス中央のこぼれ球に反応したニンコビッチにシュートを打たれると、ブロックを試みたヴァレリに当たってそのままゴール左に吸い込まれた。 試合はそのまま1-2で終了。直接対決に敗れたメルボルン・Vは2位浮上ならず。レギュラーシーズンは残り3試合。明日、行われるセントラルコースト・マリナーズvsパース・グローリーの一戦で、首位のパース・グローリーが勝利した場合、首位の可能性が消滅する。 シドニーFC 2-1 メルボルン・ビクトリー 【シドニーFC】 ブランドン・オニール(前6) ニンコビッチ(後48) 【メルボルン・V】 バーバルーゼス(前16) 2019.04.06 20:15 Sat
twitterfacebook
thumb

本田圭佑、同点アシストで数的不利のメルボルンを救う! ダービーマッチで勝ち点1《Aリーグ》

元日本代表FW本田圭佑の所属するメルボルン・ビクトリーは23日、オーストラリア・Aリーグ第20節でメルボルン・シティと対戦し、1-1で引き分けた。本田はフル出場し、1アシストを記録した。 現在、リーグ戦で3位に位置するメルボルン・V(勝ち点38)が、5位のメルボルン・C(勝ち点29)をホームに迎えたダービーマッチ。前節のウェリントン・フェニックスFC戦で2カ月ぶりにゴールを決めた本田は、インサイドハーフで先発した。 試合は15分、メルボルン・Cのマクラーレンにボックス内への侵攻を許すと、ニーダーマイアーがたまらずファウル。この日2枚目のイエローカードを受け、前半早々に退場処分となった。このPKを自らキッカーを務めたマクラーレンに決められてしまい、先制点を与えてしまう。 その後、数的不利も影響し、押し込まれる時間帯が続いたメルボルン・Vが、後半開始5分に同点ゴールが生まれる。50分、敵陣中央やや右で本田がパスを受けて、素早くボックス右にスルーパス。反応したバーバルーゼスが深い位置まで持ち込み、角度のないところから右足でシュートを放つと、相手GKに触られたが、ボールはそのままゴールに吸い込まれた。 試合を振り出しに戻したメルボルン・ビクトリーはその後、再び相手に試合のペースを握られたが、クロスバーに助けられるなど、何とか守り切り、1-1で試合終了。勝ち点1をもぎ取った。 メルボルン・ビクトリー 1-0 メルボルン・シティ 【メルボルン・V】 バーバルーゼス(後5) 【メルボルン・C】 マクラーレン(前16[PK]) 2019.02.23 20:59 Sat
twitterfacebook
thumb

元ニューカッスルDFスティーブン・テイラー、ウェリントン・フェニックスとの契約を1年延長!

Aリーグのウェリントン・フェニックスは18日、イングランド人DFスティーブン・テイラー(33)との契約を2019-20シーズンまで延長したことを発表した。 1995年から2016年までニューカッスルに在籍し、公式戦215試合に出場したセンターバックのS・テイラー。その後は、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のポートランド・ティンバーズ、チャンピオンシップ(イングランド2部)にイプスウィッチ、リーグ1(イングランド3部)のピーターバラ・ユナイテッドFCを経て、2018年7月にウェリントン・フェニックスに1年契約で加入していた。今シーズンはここまで公式戦19試合1ゴールを記録している。 ウェリントン・フェニックスとの契約を延長したS・テイラーは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「僕はウェリントンを家のように感じている。このクラブでうまくプレー出来ているし、契約を延長することができて、とても幸せだよ」 2019.02.18 19:45 Mon
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース