カーディフ主張「サラの移籍は無効」FIFAに訴え2019.03.25 17:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カーディフはアルゼンチン人FWエミリアーノ・サラの移籍に関して「無効」であるとFIFA(国際サッカー連盟)に訴えを起こすようだ。イギリス『テレグラフ』が伝えている。サラは今冬の移籍市場でナントからカーディフへの移籍が決まっていた。しかし、1月21日にサラを乗せた小型飛行機がナントからカーディフに向かう途中で墜落し、サラは帰らぬ人となってしまった。

移籍が決まった直後に起こった選手の死。他に類を見ない事態に、ナントとカーディフの間で移籍金を巡って問題が生じている。

1500万ポンド(約21億円)であったサラの移籍金。ナントがこれを全額支払うよう要求しているのに対し、この度カーディフはこの移籍が無効であると主張し、移籍金を支払わない旨のレポートをFIFAに提出することを決めたという。

カーディフ側としては、「プレミアリーグ機構の規則に準拠した契約が済んでいなかった」、「リーグ・アン機構との間の法的拘束力のある条項が不履行であった」という2点から、今回の移籍が無効になると主張。

『テレグラフ』によると、サラはカーディフとの契約に署名したが、プレミアリーグ側から認可を受けられず、一度契約の見直しをしようとしたところに、あの事故が起こってしまったという。同メディアはさらに、カーディフが前倒しにした契約に移籍金の面において違反があったことも明らかにしている。

いずれにせよ、もし両クラブや両リーグ機構の間で正式な契約が結ばれていなかったのであれば、ナントは他の移籍先を探す時間があったのではないかという考えもあるようだ。

しかし、ナント側の主張では、2019年1月21日の午後5時30分にFIFAのルールに完全に準拠した手続きを完了させていたとのこと。カーディフとプレミアリーグの間の登録に関しては、ナントが与り知るところではないという意見の様だ。
コメント
関連ニュース
thumb

リバプールやウェールズ代表で活躍したベラミー氏がアンデルレヒトのU-21チーム監督に就任!

アンデルレヒトは20日、U-21チームの監督に元ウェールズ代表FWクレイグ・ベラミー氏(39)が就任することを発表した。 ベラミー氏は現役時代にリバプールやニューカッスル、マンチェスター・シティ、カーディフなどでプレー。 2014年5月に現役を引退したベラミー氏は、古巣カーディフのU-18チームでコーチを務めていたが、今年1月に若手選手に対するパワハラ疑惑をかけられ、コーチを辞任していた。 アンデルレヒトでユースディレクターを務めるジャン・キンダーマンス氏は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「クレイグがアンデルレヒトに到着したことをとても嬉しく思っている」 「彼は多くの経験を積んでおり、(フットボールの)技術的にも精神的にも我々の若い選手にとって良い監督となるだろう」 「彼にはU-21チームの監督としてトップチームでも活躍できる若い才能を育ててもらいたいね」 2019.06.21 01:40 Fri
twitterfacebook
thumb

エミリアーノ・サラ死亡を巡り64歳男性が逮捕

イギリス『BBC』は19日、アルゼンチン人FWエミリアーノ・サラ氏(享年28)の死亡に関与した疑いがある男の逮捕を報じた。 今年1月にナントからカーディフ移籍が決まったサラは同月21日夜、デイビッド・アイボットソン氏が操縦する小型機でフランスを出発したが、イギリス海峡のチャネル諸島付近で行方不明に。捜索再開後の2月3日早朝に海底に沈む小型機の残骸からサラの遺体が見つかり、死亡が確認された。 不慮の事故として終息するかに思われた同件だが、一転して不法行為による過失致死の可能性が浮上。その後の捜査を経て、ドーセット警察が19日にノース・ヨークシャー州の64歳男性を過失致死の疑いで逮捕したという。だが、男性は事情聴取に応じた後、すでに釈放された模様だ。 なお、現時点で具体的な容疑の内容について明らかにされていない状況であり、ドーセット警察は調査の妨げになりかねないため、不確かな憶測を立てたり、男性の身元を探るような推測報道の自粛を求めているとのことだ。 2019.06.20 10:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、降格カーディフにホームで敗戦… リーグ戦5試合未勝利の6位で終戦《プレミアリーグ》

マンチェスター・ユナイテッドは12日、プレミアリーグ最終節でカーディフをホームに迎え、0-2で敗戦した。 前節ハダースフィールド戦を痛恨の引き分けに終わり、5位以下が確定して来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場がなくなった6位ユナイテッド(勝ち点66)のホーム最終戦。 降格が決まっている18位カーディフ(勝ち点31)に対し、17歳のグリーンウッドを[4-3-3]の右ウイングで初先発としたユナイテッドは、13分に決定機。そのグリーンウッドが浮き球パスに反応してヘディングシュート。枠を捉えていたが、GKの好守に阻まれた。 その後も15、17分とラッシュフォードが立て続けにゴールに迫ったユナイテッドだったが、22分にPKを献上してしまう。ダロトがボックス内にドリブルで進入してきたメンデス=ランクを倒したとしてPKとなった。 このPKをメンデス=ランクに決められたユナイテッドは25分、ボックス右で仕掛けたグリーンウッドが左ポスト直撃のシュートを浴びせるも、これ以降は攻撃が停滞。40分にはジョシュ・マーフィーのコントロールシュートでゴールを脅かされたが、GKデ・ヘアのファインセーブで凌いだ。 1点ビハインドで迎えた後半、フィル・ジョーンズに代えてマルシャルを投入し、マクトミネイをセンターバックに下げたユナイテッドが前がかる展開となるも、54分に失点する。スローインの流れからマクトミネイが簡単に入れ替わられると、ジョシュ・マーフィーの折り返しからメンデス=ランクに押し込まれた。 失点直後、CKからラッシュフォードのヘディングシュートでゴールに迫ったユナイテッドだったが、GKエザリッジのファインセーブに阻まれると、59分のマルシャルのミドルシュートもエザリッジの好守に阻止されてしまう。 すると64分にはボビー・リードのコントロールシュートで3点目に迫られるなど、悪い流れが続く。 敵陣にカーディフを張り付けるもののゴールが遠いユナイテッドは、今季限りでの退団が濃厚とされるバンレシアを投入。 しかし、終盤にかけてもチャンスは作れずに敗戦。リーグ戦終盤は5試合勝利なく終戦し、6位でシーズンを終えている。 2019.05.13 01:00 Mon
twitterfacebook
thumb

プレミア残留争い閉幕 最終節を残して3クラブ決定

2018-19シーズンのプレミアリーグ残留争いが閉幕した。 第36節終了時点でハダーズフィールドとフルアムの降格が決まったプレミアリーグ。残り1枠の行方に注目が集まった。そのなか、18位のカーディフ(勝ち点31)は4日、残留を争う17位のブライトン&ホーヴ・アルビオン(同35)に先んじて第37節に臨んだが、ホームでクリスタル・パレスに2-3の黒星。最終節での逆転が不可能となり、1年でのチャンピオンシップ(イングランド2部相当)行きが決定した。 これにより、プレミアリーグ残留争いは決着。ハダーズフィールド、フルアム、カーディフと入れ替わる形で、来シーズンからノリッジ・シティとシェフィールド・ユナイテッドの昇格が決まっており、残り1枠はチャンピオンシップのレギュラーシーズン3位〜6位クラブによるプレーオフの勝者が手にする。 2019.05.05 11:45 Sun
twitterfacebook
thumb

昇格組のカーディフが1年で降格…ユナイテッド戦を残して終戦《プレミアリーグ》

4日、プレミアリーグ第37節が行われた。カーディフvsクリスタル・パレスの一戦は2-3でクリスタル・パレスが勝利。これにより、カーディフのチャンピオンシップ降格が決定した。 現在2連敗中のカーディフは、残留ラインのブライトン&ホーヴ・アルビオンと勝ち点差4。得失点差を考えると勝利しか残留の道はない状況。対するクリスタル・パレスは、前々節にアーセナルをアウェイで下すと、前節はエバートンとドローの状況だ。 試合は勝たなければいけないカーディフが立ち上がりから積極的にゴールを目指す。しかし、先制したのはクリスタル・パレスだった。 28分、ボックス手前中央で横パスを受けたザハが右足一閃。グラウンダーのシュートがゴール左に決まり、クリスタル・パレスが先制する。 追いつきたいカーディフは31分、右サイドからバクナがアーリークロスをあげると、対応したケリーがクリア。しかし、これがミスとなり、ボールは自陣のゴールへと転がり、カーディフがラッキーな形で同点に追いつく。 追いつかれたクリスタル・パレスだったが40分、ボックス内でバチュアイとJ・アイェウがワンツーで崩すと、最後はバチュアイが蹴り込んで勝ち越しに成功。後半もカーディフは攻め込むものの、70分には右サイドからのカットインからタウンゼントが決めて1-3とする。 このままでは降格してしまうカーディフは、90分にボビー・リードがボックス手前からミドルシュートを決めて一矢報いるもタイムアップ。2-3でクリスタル・パレスが勝利を収め、カーディフは1年でのチャンピオンシップ降格が決定してしまった。 2019.05.05 11:35 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース