ホームスタジアムで出場へ! DF畠中槙之輔「日産スタジアムプレー出来るようにアピールをしていければ」《キリンチャレンジカップ2019》2019.03.14 15:38 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
日本サッカー協会(JFA)は14日、キリンチャレンジカップ2019に臨む日本代表メンバー23名を発表した。横浜F・マリノスのDF畠中槙之輔は、22日(金)に日産スタジアムでコロンビア代表と、26日(火)にノエビアスタジアム神戸でボリビア代表と対戦する日本代表に招集。今シーズンの明治安田生命J1リーグで台風の目となっている横浜FMでの活躍が評価され初選出となった畠中は、ホームの日産スタジアムで出場できるよう、練習からアピールすると奮い立っている。

◆畠中槙之輔
「日本代表に選出していただき大変嬉しく思います。F・マリノスでの日頃のプレーが評価されてのことだと思うので、代表でも同じように自分の持ち味をしっかりと出せればと思います。ホームスタジアムである日産スタジアムでの試合もあるので、そこでプレー出来るように練習から良いアピールをしていければと思います」
コメント
関連ニュース
thumb

逆境にめげずのG大阪がヤット弾で連敗ストップ! 後半失速の大分は連勝ならず《J1》

明治安田生命J1リーグ第8節が20日にパナソニック スタジアム 吹田で行われ、ガンバ大阪vs大分トリニータは1-1のドローに終わった。 3連敗中のG大阪は3バックを初使用。先発メンバーにおいても、負傷欠場の藤春やファン・ウィジョ、アデミウソン、小野瀬に代わり、菅沼や渡邉、田中、藤本淳吾を抜擢した。2連勝中の大分は、三平と星に代えて、高山とオナイウ阿道をスタメン起用した。 互いに立ち上がりから探り合いの展開を様相を呈した試合は、大分がボールの主導権を握り、G大阪が守備に重きを置く構図に。そのなかで、21分、シーズン初先発だった渡邉が相手との交錯により、ファン・ウィジョとの負傷交代を余儀なくされてしまう。 そのわずか4分後、G大阪に不運が重なる。松本が右サイドからゴール前に上げたクロスをGK東口が弾き出すと、これがオナイウ阿道にディフレクトしてボールがゴールマウスへ。左腕に当たったようにも見えたが、G大阪陣営の猛抗議も実らず、大分が先制する。 運も味方する形でオナイウ阿道の2試合連続ゴールで先制に成功したことでより勢いづく大分。その攻撃を凌ぎながら反撃に出たG大阪だったが、相手の勢いを削ぐようなボール回しにもリズムを崩され、アタッキングサードでシュートの形もままならない。 追うG大阪はハーフタイム明け、移籍後初先発だった田中を下げてアデミウソンを送り込み、布陣も従来の4バックに。前半と打って変わり、入りからアグレッシブな入りをみせると、59分に小野瀬も送り出して、より大分を守備に走らせる展開に持ち込む。 波状攻撃を転じるG大阪はファン・ウィジョのシュートが右ポストに嫌われる不運もあったが、71分にバイタルエリア中央でクリアボールに反応した遠藤が右足シュート。鈴木に当たったボールがGKの逆を突き、ゴールマウスに吸い込まれ、G大阪が遂に追いつく。 遠藤にシーズン初ゴールを許した大分は76分、オナイウ阿道を下げて後藤を投入。この交代策後、相手のプレッシャーが弱まったことでリズムを取り戻し始め、83分にボックス中央の後藤がヘディングシュートで勝ち越しゴールを狙うが、枠の上に外れてしまう。 その後、残る交代カードで三竿と小手川を送り出した大分が上位を追走すべく勝ち点3を目指したが、後半に意地をみせたG大阪が連敗を「3」でストップ。大分は連勝が「2」で止まった。 2019.04.20 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

北川の3戦連発で清水が今季初の無失点で連勝飾る! C大阪は1点遠く連敗《J1》

明治安田生命J1リーグ第8節の清水エスパルスvsセレッソ大阪が20日にIAIスタジアム日本平で行われ、1-0で清水が勝利した。 連勝を目指す16位・清水(勝ち点5)は、2-1で勝利してリーグ戦初白星を手にした前節のジュビロ磐田との静岡ダービーからスタメンを1人変更。中村に代えて河井を起用した。 3試合ぶりの勝利を目指す13位・C大阪(勝ち点7)は、0-1で敗れた北海道コンサドーレ札幌戦から2名変更。片山、都倉に代わり山下、ブルーノ・メンデスが先発に名を連ねた。 試合はC大阪が先にチャンスを作る。14分、敵陣中央右寄りの位置で柿谷が倒されてFKを獲得。ソウザが右足を振り抜き狙ったが、わずかにゴール右に外れた。 さらに攻めるC大阪は19分、右CKの場面で丸橋のショートコーナーから柿谷がボールを受けると、バイタルエリア右のスペースへパス。走り込んできたソウザがワンタッチでボックス内に侵攻してシュートを放つ。DFに当たりディフレクトしたボールは縦回転で枠を捉えたが、GK六反に掻き出された。 ここまで守勢だった清水は39分に反撃。北川のスルーパスに反応した鄭大世がボックス左に抜け出してシュートを放つ。しかし、GKキム・ジンヒョンの好守に遭う。 後半、C大阪に決定機。52分、左CKを獲得すると、清武がインスイングのボールを送る。ボックス左でクリアボールを拾った柿谷のシュートがゴール前で混戦になり、こぼれ球を拾ったマテイ・ヨニッチがタイミングを外してゴールを狙ったが、GK六反にキャッチされた。 その後はこう着状態が続いた中、C大阪は82分に敵陣中央でFKを獲得する。これをソウザが強烈な右足で相手ゴールを強襲するも、GK六反がセーブ。こぼれ球に反応した柿谷がボックス右からクロスを送ったが、これもGK六反に防がれた。 この直後、清水が高速カウンターを炸裂させる。GK六反が前線にフィードを送ると、敵陣中央右サイドに走り込んでいたエウシーニョが、飛び出してきたGKキム・ジンヒョンの位置を見て、ロングシュートを放つ。このボールはボックス左に流れたが、角度のないところから北川がシュートを放ち、ポスト右に当たってゴールに吸い込まれた。 試合終盤に先制した清水がこのまま逃げ切り、1-0で試合終了。ホーム初白星を飾った清水が今シーズン初の連勝を飾った。敗れたC大阪は決め手を欠き連敗で3試合未勝利となった。 2019.04.20 17:34 Sat
twitterfacebook
thumb

犬飼の今季初ゴールを守り切り鹿島が5位浮上! 仙台は6敗目《J1》

明治安田生命J1リーグ第8節の鹿島アントラーズvsベガルタ仙台が20日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、1-0で鹿島が勝利した。 ここまで3勝2分け2敗で8位につける鹿島(勝ち点11)と、1勝1分け5敗で17位に沈む仙台(勝ち点4)が激突した。前節のFC東京戦を1-3で敗れ、開幕戦以来の黒星を喫した鹿島は、その一戦から先発メンバーを3人変更。GK曽ヶ端、レアンドロ、セルジーニョに代わりGKクォン・スンテが復帰し、安部、白崎が先発に名を連ねた。 一方、前節の大分トリニータ戦を0-2で敗れ、5敗目を喫した仙台は、その一戦から先発メンバーを1人のみ変更。兵藤に代えて松下を起用した。 巻き返しを図りたい両者の一戦は、落ち着いた立ち上がりを見せる中で徐々に鹿島がじわりじわりとゴールに迫る。11分、安西がボックス左外でボールを持った安部を追い越してパスを呼び込み、GKとDFの間に鋭いクロスを供給。ニアサイドに土居が飛び込んだが、わずかに合わない。 冷や汗をかいた仙台は16分にビッグチャンス到来。敵陣中央左からハモン・ロペスがゴール前にクロスを送る。ニアサイドでジャーメインが潰れると、ファーサイドでフリーになっていた松下が一対一に。しかし、GKクォン・スンテのブロックに遭い、先制点のチャンスで決めきることができない。 難を逃れた鹿島はその後、土居とレオ・シルバが立て続けにゴールを狙うが、脅かすには至らず。34分には土居からパスを受けた白崎がうまく体を使ってボックス右に侵攻し、中央へ折り返す。最後は安部がボックス中央で合わせるも枠を捉えることができない。 後半に入ると、ホームで負けられない鹿島が攻勢を強める。53分、永木の右CKに犬飼が頭で合わせる。62分にも白崎のクロスから伊藤がヘディングでゴールを狙うが、どちらも枠を捉えることができない。 それでも66分、鹿島に待望の先制点。左CKを獲得すると、キッカーの永木がファーサイドにクロスを送る。この位置に犬飼が飛び込んで、ヘディングシュートをゴール右に突き刺した。 先制点を奪われた仙台は72分に梁、74分に道渕を投入して攻撃の活性化を図る。しかし、鹿島の巧みなボール保持に悩まされ、思うようにチャンスを作り出すことができない。 それでも仙台は83分、道渕が右サイドを突破し、ゴール前に鋭いクロスを供給。だが、ニアサイドに走り込んでいた石原直樹とハモン・ロペスには合わず。最後は石原崇兆が詰めるもシュートは枠の外へと外れた。 順調に時間を消費する鹿島。しかし、試合終盤に嫌なアクシデントが。86分、ボックス右に侵攻した安部が梁勇基との接触で下腹部を痛めて、起き上がることができず。担架で運ばれてそのまま途中交代となった。 急な事態に金森を投入した鹿島はその後、危なげなく試合をシャットアウト。犬飼のゴールを守り切った鹿島が、1-0で勝利し、5位に浮上した。一方の仙台はこれで6敗目となり、降格圏内から脱出することはできなかった。 2019.04.20 17:03 Sat
twitterfacebook
thumb

松本、前田のJ1初ゴールでF・トーレス先発復帰の鳥栖に競り勝つ《J1》

明治安田生命J1リーグ第8節の松本山雅FCvsサガン鳥栖が20日にサンプロ アルウィンで行われ、1-0で松本が勝利した。 直近2試合負けなしの12位・松本(勝ち点8)は、1-1で引き分けた湘南ベルマーレ戦からスタメンを1名変更。GK守田に代えてGK村山が先発メンバーに名を連ねた。 ここまで1得点しか奪えていない最下位の鳥栖(勝ち点4)は、0-1で敗れた前節の川崎フロンターレ戦からスタメンを2名変更。藤田、原川に代えてニノ・ガロヴィッチ、フェルナンド・トーレスがスタメンに起用された。 試合はホームの松本が先に試合を動かす。10分、敵陣中央でパウリーニョがボックス左に浮き球ボールを送る。反応した前田がDFを振り切って左足でシュートを放つと、これがGK大久保の頭上を射抜いた。ホームチームが前田のJ1初ゴールで先制する。 追いかける立場となった鳥栖は25分、バイタルエリア右から金崎がボックス右にパス。フェルナンド・トーレスがDFを背負いながらボールを収めると、走り込んできた金崎にリターンパスを送る。右足でシュートを放ったが、ゴール右に外れた。 試合は鳥栖が主導権を握り推移。敵陣深い位置まで侵攻し、クロスを送るが、松本の粘り強い守備の前に決定機を作ることができずに試合を折り返す。 後半、先にチャンスを作ったのは松本。49分、敵陣左サイドの深い位置からパスを受けた高橋諒がワンタッチでボックス内左に侵攻。だが、タッチが大きくなってGK大久保に処理されてしまう。 同点に追いつきたい鳥栖は57分、自陣ハーフウェイライン付近でDFと入れ替わった金崎がフェルナンド・トーレスにパス。そのままボックス手前までドリブルで持ち運んで二対一の局面を作り、並走してきた金崎にパスを送るが、わずかに合わずチャンスを生かせない。 鳥栖は続く65分にも決定機。ショートコーナーからボックス左でボールを受けた金崎がシュートを放つ。だが、ゴールライン上でパウリーニョにクリアされてしまう。 攻勢の鳥栖は徹底的にサイド攻撃を仕掛ける。しかし、クロスの精度を欠いてしまいボックス内の味方とは合わない。この状況を打開すべく84分に最後の交代カードで金崎に代えて豊田を投入する。 最後までパワープレーを試みた鳥栖だったが、ゴールを奪うことができず1-0で終了。勝利した松本はホーム連勝を飾り、3試合負けなしで勝ち点を「11」に伸ばした。対して、敗れたサガン鳥栖は再び得点を奪うことは出来ず、3連敗で最下位を抜け出すことはできなかった。 2019.04.20 16:34 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース