コロンビア代表FWファルカオ、引退後「プロ野球選手」に

2019.03.12 18:25 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
モナコに所属するコロンビア代表FWラダメル・ファルカオ(33)が引退後の夢として、プロ野球選手転向を掲げた。

長らくワールドクラスのゴールゲッターとしてフットボール界に名を轟かせてきたファルカオだが、今年で33歳。最近の報道でミランの関心が取り沙汰されているが、年齢的にもフットボールキャリアの晩期に入っている。

そのファルカオは『France Football』のインタビューで引退後の将来設計について次のように言及。野球大国でもあるベネズエラ出身者らしい展望を明かした。

「若い頃から野球が大好き。僕はベネズエラ育ちだからね。よく練習したスポーツで、なかなかの腕前だったよ」

「時々、妻と一緒に引退後を考えていて、プロ野球選手を目指そうを思っている。マイケル・ジョーダンのようにね」

マイケル・ジョーダン氏とは伝説的な元NBAプレーヤー。引退後、野球選手に転向したことで話題を集めた。


関連ニュース
thumb

【EL第5節まとめ】レバークーゼン、ウェストハム、モナコの首位通過が決定!大混戦のグループCは全チームに勝ち抜けチャンスで最終節へ

2021-22シーズンのヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第5節が25日に行われた。 すでにラウンド16進出を決めているリヨンに加え、今節で首位通過を決めたのはレバークーゼン、ウェストハム、モナコの3チーム。また、決勝トーナメントプレーオフ進出圏内の2位以内を決めたのは、ガラタサライ、ラツィオ、ベティス、オリンピアコスら4チーム。 優勝候補のひとつであるレスター・シティは、ホームでレギア・ワルシャワと対戦し3-1で勝利。試合は11分にダカ、21分にマディソンがゴールネットを揺らしレスターが2点を先攻。26分にPKのこぼれ球からムラデノビッチに1点を返されたが、33分にエンディディが3点目挙げて完勝。レスターが首位に立ったグループCでは、全チームに突破の可能性が残されている。 堂安律が先発したPSVはシュトゥルム・グラーツに2-0で勝利。また、ライバルのモナコがレアル・ソシエダに勝利した為、グループBはモナコが首位通過。PSVは2位通過を懸けて最終節にソシエダと激突する。 そのほか、グループEではマルセイユに4-2で勝利したガラタサライと、ロコモティフ・モスクワを下したラツィオの2位以内が確定。グループHでは、GS無敗のウェストハムがアウェイで北川航也所属のラピド・ウィーンを2-0で下し、首位通過を決めている。 ■ELグループステージ第5節結果 ◆グループA レンジャーズ 2-0 スパルタ・プラハ ブレンビー 1-3 リヨン ◆グループB PSV 2-0 シュトゥルム・グラーツ モナコ 2-1 レアル・ソシエダ ◆グループC スパルタク・モスクワ 2-1 ナポリ レスター・シティ 3-1 レギア・ワルシャワ ◆グループD オリンピアコス 1-0 フェネルバフチェ フランクフルト 2-2 アントワープ ◆グループE ガラタサライ 4-2 マルセイユ ロコモティフ・モスクワ 0-3 ラツィオ ◆グループF ミッティラン 3-2 ブラガ ツルヴェナ・ズヴェズダ 1-0 ルドゴレツ ◆グループG レバークーゼン 3-2 セルティック ベティス 2-0 フェレンツヴァーロシュ ◆グループH ディナモ・ザグレブ 1-1 ヘンク ラピド・ウィーン 0-2 ウェストハム 2021.11.26 07:35 Fri
twitterfacebook
thumb

チュアメニ慰留は困難か...モナコSDが認める 「サッカー界がどのようなものかは分かっている」

多くのクラブが興味を示すモナコのフランス代表MFオレリアン・チュアメニ(21)だが、やはり慰留は難しいようだ。スペイン『FICHAJES FUTBOL』がスペイン『Agencia EFE』の情報をもとに伝えた。 ここ最近、各国のビッグクラブからの関心が伝えられているチュアメニ。2024年まで契約が残るなか、チェルシー、レアル・マドリー、ユベントスなど錚々たるチームが若き才能の動向を注視している。 モナコとしては当然、今季ここまで公式戦21試合の主力はチームに残しておきたいところ。しかし、スポーツ・ディレクターを務めるポール・ミッチェル氏は、この21歳の能力を称賛するとともに、移籍を防ぐのは困難であることを認めている。 「我々はチュアメニをより長くチームに残したいと思っているが、サッカー界がどのようなものかは分かっている。若さを重視するチーム同士の争奪戦になるだろう」 「彼は模範的な選手で、自身のキャリアにとても力を入れている。質問をするのが好きで常に向上心を持っており、ピッチの上ではリーダーだ。強くてダイナミックで、守備も攻撃もできる。彼のような選手はヨーロッパにはあまりいないよ」 2021.11.25 16:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ビッグクラブ関心のチュアメニ、チェルシーが獲得レースをリードか

チェルシーが、モナコのフランス代表MFオレリアン・チュアメニ(21)に関心を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ボルドーの下部組織出身のチュアメニは2020年1月にモナコに移籍。ボックス・トゥ・ボックスの選手で、広い視野と両足を遜色なく使いこなせるなどの特長が魅力的だ。 ただ、ポジション柄警告を受けることも多く、モナコ加入以降で貰ったイエローカードは累計13枚。今季も3枚のイエローカードですでに累積警告による出場停止処分にもなっている。 それでも21歳のポテンシャルは申し分なく、プレミアリーグではチェルシーの他、リバプールやマンチェスターの両クラブが、スペインではレアル・マドリーがリストに挙げていると言われている。 その中で『デイリー・メール』は、チェルシーが熾烈な争奪戦をリードしていると主張。6000万ユーロ(約78億2600万円)の移籍金を用意しているようで、これはモナコの要求額より1000万ユーロ多いという。 なお、チェルシーの中盤は人材の宝庫だが、ボックス・トゥ・ボックス型はMEエンゴロ・カンテやMFマテオ・コバチッチに限られる。ノリッジにレンタルしているMFビリー・ギルモアもオプションのひとつだが、果たして。 2021.11.15 13:58 Mon
twitterfacebook
thumb

ビッグクラブ関心のチュアメニ、元代理人が人物像を語る「初めて会ったのは15歳の時だった」

ここ最近、ビッグクラブ関心の噂が絶えないモナコのフランス代表MFオレリアン・チュアメニ(21)。元代理人のグレゴワル・アクセルロッド氏が『Get Italian Football News』の独占インタビューに応じ、その人となりを語った。 チュアメニはボルドーの下部組織で育ち、2020年1月にモナコに移籍。加入当初からコンスタントな出場を続けると、今年9月にはフランス代表デビューも果たし、先のUEFAネーションズリーグ決勝のスペイン代表戦ではフル出場で優勝に大きく貢献。一躍その名を轟かせた。 ユベントスやチェルシー、レアル・マドリーといったクラブが獲得を検討していると言われる中、アクセルロッド氏は初対面で感じた印象を語った。 「私がオレリアンに会ったのは、彼が15歳の時だった。すでに才能はあったよ。ただ、それよりも私が気に入ったのは彼の態度だ。物事をシンプルに捉える思考を持っていたんだ」 「だが、今ほど身体的に強い選手ではなかった。それでも今では強くなり、より守備的になったと思う」 「だからこそ、彼は多くのボールをリカバーすることができるのだろう。私が会ったときはもっと攻撃的だったが、まだ15歳だったからね」 「初めて会った時は話をしただけだった。1時間ほどだったが、非常に賢く、よくしゃべる少年という印象を受けたよ。15歳にしてはとても大人びていたね」 また、チュアメニを同胞のMFポール・ポグバに近い選手と語ったアクセルロッド氏。2018年12月にインテルから移籍のオファーがあったことを認めている。 「インテルは彼との契約を強く望んでいたが、当時はFFPに阻まれ、彼にあまり多くのお金をかけることができなかった。300万から500万ユーロでの移籍が可能だったと思う」 「しかし、オーレリアンはボルドーのトップチームでプレーするというステップを望んでいた。モナコに移籍したのは良い選択だった。イングランドやイタリアのビッグクラブに行く大きなチャンスになるからね」 2021.10.15 17:38 Fri
twitterfacebook
thumb

ビッグクラブが狙うチュアメニ、モナコは約80億円を要求か

モナコがフランス代表MFオレリアン・チュアメニ(21)の移籍金を設定したようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ボルドーの下部組織で育ち、2020年1月にモナコに移籍したチュアメニ。加入当初からコンスタントな出場を続けると、今年9月にフランス代表デビューを果たし、先のUEFAネーションズリーグ・ファイナルズでは決勝のスペイン戦でフル出場して優勝に貢献した。 一気に頭角を表したこの21歳に対して、MFカゼミロの後釜を模索するレアル・マドリーをはじめ、チェルシーやリバプール、マンチェスター・シティ、ユベントスといった多くのビッグクラブが関心を示している模様。しかし『マルカ』によると、モナコは6000万ユーロ(約78億6000万円)という多額の移籍金を求めているという。 ボルドーから加入した際の移籍金は1800万ユーロ(約24億円)だったチュアメニ。『transfermarkt』による現在の推定市場価値3500万ユーロ(約45億8000万円)となっているが、現行契約が2024年6月まで残っている影響もあってか、モナコは強気の姿勢を見せているようだ。 また、これからの活躍次第ではさらに移籍金が跳ね上がる可能性もあるが、果たしてその要求に応えられるクラブは現れるだろうか。 2021.10.13 14:54 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly