G大阪、U20代表GK谷晃生が自動車事故 双方にケガなし

2019.03.11 15:05 Mon
©超ワールドサッカー
ガンバ大阪は11日、U-20日本代表GK谷晃生(18)の交通事故を報告した。

谷は同日11時頃、大阪市内を自身が運転する自動車で走行中に前方車両を避けるため、車線変更をしたところ、隣車線を走行する車両と接触。双方にケガはなく、事故発生後、速やかに警察に連絡して対応したという。
谷は東京五輪世代の守護神候補。だが、今シーズン開幕前の練習で全治約2カ月の左肩関節前方脱臼を負い、出遅れている。
関連ニュース

昇格組って初白星出るまでドキドキするけどそこにはこんなデーターが?! の巻/倉井史也のJリーグ

この時期、練習を見に行くと特にピリピリしてるのが昇格組なんですよね〜。去年とステージが違うって、やっぱり怖いもんです。最初に勝つまで「本当に勝てるのだろうか」って余計にドキドキするもんだと思いますよ。やってるほうも見てるほうも。そんな心臓に悪い試合ってどれくらい続くんでしょ? ということで、直近10年の昇格組が開幕から何試合目で勝利したかを調べてみました。でも、降格チーム数が2023年は1チーム、2020年は降格チームなしだったので、ここはデータから外しておきます。 【2022年】 ・磐田:△●○/3試合目※ ・京都:○/1試合目 【2021年】 ・徳島:△△●●●○/6試合目※ ・福岡:●△●○/4試合目 【2019年】 ・松本:△○/2試合目※ ・大分:○/1試合目 【2018年】 ・湘南:○/1試合目 ・長崎:●△△●●●○/7試合目※ ・名古屋:○/1試合目 【2017年】 ・札幌:●●△○/4試合目 ・清水:●○/2試合目 ・C大阪:△●△○/4試合目 【2016年】 ・大宮:○/1試合目 ・磐田:●○/2試合目 ・福岡:●△●△●△●○/8試合目※ 【2015年】 ・湘南:●○/2試合目 ・松本:△●○/3試合目※ ・山形:●●○/3試合目※ 【2014年】 ・G大阪:●○/2試合目 ・神戸:△△○/3試合目 ・徳島:●●●●●●●●●○/10試合目※ 【2013年】 ・甲府:△●●△○/5試合目 ・湘南:●△△●△●○/7試合目※ ・大分:●△△●●●●△●●●○/12試合目※ 【2012年】 ・FC東京:○/1試合目 ・鳥栖:△●○/2試合目 ・札幌:△●●●●●●●○/8試合目※ ということで、平均すると3.9試合。だいたい4試合目ぐらいまでにはみんなホッとしてる感じだと思います。でもって、試合数の後に付けている※印はその年に降格してしまったということを意味してて、深刻なのは初勝利が6試合目以降だったチームは全部降格してるってこと。2013年の甲府が5試合目で初勝利なんだけど降格してないから、今のところここが目安かな?:ということで、まずは5試合目までドキドキドキドキして見ちゃおうかな!! <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】</br>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2024.02.22 19:30 Thu

Jはアジアの審判のレベルアップに貢献してほしい/六川亨の日本サッカー見聞録

ACLのラウンド16で、甲府はアウェーこそ0-3と完敗したが、ホーム国立競技場での試合は終盤に1-1のタイスコアに追いつくなど粘りを見せた。相手の蔚山にはGKチョ・ヒョンウ、DFキム・ヨングォン、ソル・ヨンウらアジアカップでベスト4の守備陣が揃っている。にもかかわらずホームでの善戦を含め、グループリーグ突破など貴重な経験を積めたACLではなかったか。 一方、残念な結果に終わったのが川崎Fだった。山東泰山との試合では、信じられないミスからの失点もあったが、「気迫の違い」を感じた。きれいなサッカーで勝てればいいが、それをできないときにどうするか。反則を推奨するつもりはないが、「ここはイエロー覚悟でストップする」という執念で山東が上回っていたのではないか。その原因がどこにあるのか、アジアカップでの日本にも通じるような気がしてならない敗戦だった。 山東泰山の粘りは正直予想外だったが、クウェートのアハマド・アルアリ主審はうまくゲームをコントロールしたのではないだろうか(アジアカップでは日本対バーレーン戦の主審を担当)。そこで思い出したのが、19日のJリーグ開幕PRイベントに出席した野々村芳和チェアマンの「2024年の取り組み」の1つである「より多くの外国籍審判員の招へい」だった。 野々村チェアマンは、「ヨーロッパの審判だけでなく、次回のW杯やACLを制覇すると考えた時、アメリカや中東の審判を多く連れてきたいと思っている。日本人の審判が世界基準のレフェリングを体感することも重要だ」との構想を明らかにした。 Jリーグは「世界基準」を選手に肌で体感してもらうため、少々の反則では笛を吹かない。フィジカルコンタクトに慣れ、インテンシティの高いプレーを実感するためでもある。ところがアジアカップで目の当たりにした主審の基準は、「接触プレーがあるとすぐに笛を吹く」だった。 Jリーグの基準なら、そのままプレー続行となるところ、すぐに笛を吹いてプレーを止める。そしてサウジアラビアやカタールなど国内でプレーしている選手は、大げさに痛がったりする。これではワールドカップで勝てるはずもない。 だからといって日本の選手も痛がるふりをするよりは、アジア全体のレフェリング技術の向上にJFAとJリーグで貢献するようにした方が、アジアのサッカーのレベルそのものの向上につながるのではないだろうか。 アジアカップの決勝では中国のマー・ニン(馬寧)主審が笛を吹いた。日本対イラン戦も彼だったが、優柔不断な印象が強く、とても巧いとは思えなかった(こちらは個人的な印象です。イラン戦の決勝点につながるロングスローに関しては、主審よりも第1、第2の副審を務めた両オーストラリア人に問題があると思う)。逆に言うと、まだまだアジアのレフェリーは、世代交代もありアジア・レベルにとどまっているということなのかもしれない。 中東をはじめ中央アジアや東南アジア、極東を含めてレフェリーを招待し、Jリーグで笛を吹くことで切磋琢磨してレベルの向上を図れたら、それはそれで素敵なことではないだろうか。 最後に、Jリーグの開幕PRイベントでは95年5月15日の開幕戦、ヴェルディ川崎対横浜マリノスの映像が流された。ゲストで登壇した松木安太郎氏もかなり若いが、マイヤーの先制点に始まり、ラモン・ディアスの決勝点など懐かしい映像に見入った。 そして今週日曜の25日、国立競技場で東京ヴェルディ対横浜F・マリノスの開幕戦がある。30年前の映像についてトークセッションに参加したマリノスGK飯倉大樹は当時の試合について「VHS(ビデオテープ)やダイジェストですり切れるほど見ていました」と振り返った。 彼は1986年生まれのため、93年当時は小学1年生になったばかり。たぶんテレビで眩い開幕セレモニーに心をときめかせたのではないだろうか。そして、なぜダイジェストの名前が出てきたのかというと、それは表紙にあったのだろう。国立での記念すべき開幕戦だが、当時はまだフィルムの時代のため、ナイターの試合は粒子が荒れてしまい、いまのデジタルのようにクリアに再現できない。 それでも記念すべきJリーグ開幕戦のため、ディアスのゴール後の両手を広げたガッツポーズを表紙にした。一方ライバル紙であるマガジンは16日のデーゲーム、鹿島対名古屋戦でハットトリックを達成したジーコを表紙にした。もちろん、この試合を含めて全カードをテレビで観戦してから表紙を決めたのだが、インパクトの強さと多くの観客が集まったことで、ディアスを表紙に選んだ。それが31年後に、現役選手の口から「ダイジェスト」の誌名を聞くとはまったくの想定外の出来事だった。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2024.02.22 18:15 Thu

鹿島と巨人がコラボ!しかおとジャビットがそれぞれの本拠地に登場、ファンも驚いたコラボの理由は?

鹿島アントラーズは22日、プロ野球の読売巨人軍との集客PRイベント連携を発表した。クラブ公式サイトが伝えている。 この連携により、両クラブのマスコットがそれぞれの主催試合に派遣されることに。3月17日に行われる明治安田J1リーグ第4節の川崎フロンターレ戦に巨人の公式マスコットであるジャビットが場外ブースに登場し、4月23日(火)に茨城県のひたちなか市民球場で開催される中日ドラゴンズ戦のPRを実施する。 一方、鹿島の公式マスコットであるしかおは、3月23日(土)に行われるオープン戦の楽天イーグルス戦で東京ドームのグラウンドに登場。6月1日(土)に国立競技場で開催する明治安田J1リーグ第17節の横浜F・マリノス戦のPRなどを行う。 これは、「都道府県魅力度ランキング」の最下位脱出を目指す茨城県の魅力を発信する「#茨城県最下位脱出作戦」の一環として行われる企画。ジャビットは鹿島だけでなく同じく茨城県に本拠地を置く水戸ホーリーホック(3月16日の徳島ヴォルティス戦)とBリーグの茨城ロボッツ(4月20日の千葉ジェッツ戦)の試合にも登場する。 <span class="paragraph-title">【写真】意外なコラボ?しかおとジャビットが肩組み2ショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%81%97%E3%81%8B%E3%81%8A?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#しかお</a>、東京ドームに降臨!<a href="https://twitter.com/hashtag/antlers?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#antlers</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%B9%BF%E5%B3%B6%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%BA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#鹿島アントラーズ</a> <br><br>また3/17(日)の川崎F戦では、読売巨人軍から <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%88?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ジャビット</a> がカシマにやってきます!<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%84?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ジャイアンツ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%B7%A8%E4%BA%BA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#巨人</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E8%8C%A8%E5%9F%8E%E7%9C%8C%E6%9C%80%E4%B8%8B%E4%BD%8D%E8%84%B1%E5%87%BA%E4%BD%9C%E6%88%A6?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#茨城県最下位脱出作戦</a> <br><br>詳細はこちら! <a href="https://t.co/ozRjxFfgl5">https://t.co/ozRjxFfgl5</a> <a href="https://t.co/KkpfGUYJWD">pic.twitter.com/KkpfGUYJWD</a></p>&mdash; 鹿島アントラーズ (@atlrs_official) <a href="https://twitter.com/atlrs_official/status/1760570262112927754?ref_src=twsrc%5Etfw">February 22, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.22 17:45 Thu

「Wせいや!」「激アツ」霜降り明星・せいやが“サッカー界のせいや” との2ショットを披露!「やっと会えました」

霜降り明星のせいやが、サッカー界の“せいや”との2ショットを披露した。 学生時代にはサッカー部に所属していたせいや。EXITのりんたろー。やテレビ朝日の三谷紬アナウンサーと共にテレビ朝日「ラブ!!Jリーグ」にも出演している。 そのせいやが21日に自身のX(旧ツイッター)を更新。“せいや”との2ショットを披露した。 「サッカー界のせいやにやっと会えました Jリーグ開幕は2月23日、パリ五輪予選も4月から!熱中したい人新しい趣味にJリーグ観戦おすすめ」 せいやはセレッソ大阪の日本代表DF毎熊晟矢と並んで2ショット。2人ともせいやが考案した熊ポーズを披露している。 毎熊は4日に放送された「ラブ!!Jリーグ」に出演していた中、ダブルせいやの実現となったようだ。 2ショットには、ファンも「Wせいや!」、「顔のサイズ!」、「熊ポーズ期待してます!」、「せいやとせいや激アツ」と反応。毎熊も「やっと会えて嬉しかったです」と好きな男性芸能人で名前を挙げていたせいやとの出会いを喜んでいた。 <span class="paragraph-title">【写真】霜降り明星・せいやが“サッカー界のせいや” と2ショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr">サッカー界のせいやにやっと会えました<br>Jリーグ開幕は2月23日、パリ五輪予選も4月から!熱中したい人新しい趣味にJリーグ観戦おすすめ <a href="https://t.co/PTfuQQpF8i">pic.twitter.com/PTfuQQpF8i</a></p>&mdash; 霜降り明星 せいや (@simofuriseiyam) <a href="https://twitter.com/simofuriseiyam/status/1760211156709634160?ref_src=twsrc%5Etfw">February 21, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.22 16:05 Thu

「Jリーグジャッジリプレイ」の配信はなし、Jリーグが新たな審判関連番組配信へ

Jリーグは22日、審判関連番組の配信に関して発表した。 近年のJリーグでは、VARが導入されるなどしてレフェリングにも変化が。多くの誤審が減った一方で、2023シーズンはVARによるミスも散見。また、VARが導入されていないJ2、J3では誤審が頻発するなどし、ジャッジに注目が集まっていた。 その中で、『DAZN』では「Jリーグジャッジリプレイ」としてピックアップした判定について振り返る番組が配信されていたが、2024シーズンから配信がなくなるとのこと。新たな番組をスタートさせるという。 「これまでの「ルールや判定を知る」というフェーズからより進化し、レフェリングに関する疑問やルールをわかりやすく解説し、審判についての理解・関心を深めてもらうことを目的に皆さまにお届けする新番組を開始いたします」 「詳細につきましては決定次第、発表させていただきます。是非、新番組もお楽しみにお待ちください」 なお、新番組は『DAZN』でも配信されるという。 2024.02.22 15:50 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly