トディボ&ムサ・ワゲの2選手デビューのバルサが連覇逃す…ジローナが初出場で初優勝!《スーペル・コパ・カタルーニャ》2019.03.07 04:44 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スーペル・コパ・カタルーニャ2019のバルセロナvsジローナが6日に行われ、1-0で勝利したジローナが初出場で大会初優勝を飾った。カタルーニャサッカー連盟が2014年に創設したカタルーニャ王者を決める今大会。リーガエスパニョーラのプリメーラ所属の上位2チームが出場するレギュレーション上過去3大会はバルセロナとエスパニョールのカードとなっていたが、今回の大会では昨季のプリメーラ順位でエスパニョールを上回ったジローナが初出場を果たした。

大会連覇を目指すバルセロナはGKにシレッセン、最終ラインに右からムサ・ワゲ、ムリージョ、ユムティティ、ミランダを起用。中盤は今冬トゥールーズから加入のトディボがアンカーに入り、インサイドにリキ・プッチとアレーニャ。3トップはマウコム、ボアテング、コジャードが起用された。

対して初出場で初優勝を目指すジローナはGKイライソス、古巣対戦のムニエサ、グラネル、ポンス、ポッロ、かつてJリーグでもプレーしたドゥンビアなど準主力クラスを起用してきた。

ムサ・ワゲとトディボをトップチームデビューさせたバルセロナだが、序盤からジローナの縦に速い攻撃に苦戦。ドゥンビアやアレイクス・ガルシアに幾度もフィニッシュの場面を作られる。

それでも、相手のフィニッシュの精度にも助けられて均衡を保っていくと、時間の経過と共にボールを保持して反撃に転じる。最前線のボアテングになかなかボールが収まらないものの、マウコムのドリブル突破やアレーニャ、リキ・プッチの繰り出すスペースへのスルーパスで攻撃の形を作り出す。39分にはボアテングのキープからリキ・プッチのスルーパスに反応したマウコムがボックス左から強烈なシュートを枠に飛ばすが、これは相手GKイライソスにはじき出される。さらに、こぼれ球にボアテングが詰めるも体勢を立て直したイライソスに再びかき出された。

ゴールレスで迎えた後半、ユムティティに代えてオリオル・ブスケッツをハーフタイム明けに投入したバルセロナは、この交代でトディボを最終ライン、O・ブスケッツをアンカーで起用。立ち上がりから70パーセントを超えるボールポゼッションで相手を押し込み、リキ・プッチ、マウコムと惜しいシーンを作り出す。64分には中央突破したアレーニャがペナルティアーク付近でミドルシュートもここは大きくふかしてしまう。

その後互いに交代カードを切っていく中、ジローナがゴールをこじ開ける。69分、ボックス内で仕掛けたヴァレリをコジャードが倒してしまい、ジローナがPKを獲得。これを直前に投入されていたストゥアーニが冷静に流し込んだ。

先制を許したバルセロナはコジャードに代えてアベル・ルイスを投入し、攻勢を強めていく。79分には右サイドのマウコムからの絶妙なクロスに反応したアレーニャに絶好機もヘディングシュートをクロスバーに当ててしまう。さらに、試合終盤にかけては猛攻を仕掛けるが、セットプレーの流れからボックス内でムリージョが放ったボレーシュートはミートし切れず、試合はこのままタイムアップ。

ストゥアーニのPK弾に沈んだバルセロナは大会2連覇を逃した。一方、ジローナは大会初出場で初優勝を果たした。

バルセロナ 0-1 ジローナ
【ジローナ】
ストゥアーニ(69[PK])
コメント
関連ニュース
thumb

バルセロナ、8月のジョアン・ガンペール杯でアーセナルと対戦!

今年8月に行われるバルセロナ主催のジョアン・ガンペール杯の対戦相手がアーセナルに決定したようだ。。現時点でクラブ側から公式なアナウンスはないが、スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。 毎年プレシーズンの時期に行われるバルセロナ主催のフレンドリーマッチであるジョアン・ガンペール杯。54回目となる今大会は、8月4日にカンプ・ノウでアーセナルと対戦することになった。 今年4月にアーセナルへの出場要請が報じられた際には、両クラブがチャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)で勝ち進んでおり、8月14日にトルコのイスタンブールで行われるUEFAスーパーカップ2019で対戦する可能性があった。しかし、いずれも敗退に終わったことで、最終的に両クラブ間で合意に至ったようだ。 なお、昨夏行われた同大会ではバルセロナがボカ・ジュニアーズに3-0で勝利している。 2019.06.16 23:28 Sun
twitterfacebook
thumb

左SB強化睨むバルサ、ラファエル・ゲレイロにシフトか

ドルトムントに所属するポルトガル代表DFラファエル・ゲレイロ(25)に対して、バルセロナの関心が浮上した。スペイン『マルカ』が報じた。 ラファエル・ゲレイロは2016年からドルトムントでプレー。複数エリアでプレー可能なユーティリティ性を兼備する攻撃的な左サイドバックで、今シーズンも公式戦32試合6得点6アシストをマークが、来シーズン限りでドルトムントとの契約が失効する。そのラファエル・ゲレイロがバルセロナのターゲットに入っているという。 今夏の移籍市場でスペイン代表DFジョルディ・アルバのバックアッパーを探すバルセロナは、今シーズン限りでアトレティコ・マドリーとの契約が満了するブラジル代表DFフィリペ・ルイス(33)を注視。最も獲得の公算が高いターゲットだが、万能性も併せ持つラファエル・ゲレイロにより心が惹かれつつある模様だ。 2019.06.16 09:25 Sun
twitterfacebook
thumb

バルベルデ「良いオファーがあれば」ラキティッチ放出を認める

バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督が、クロアチア代表MFイバン・ラキティッチ(31)の今シーズン限りでの放出を容認したとスペイン『SERカタルーニャ』が報じた。 2014年の到着から、バルセロナではラ・リーガ4回、コパ・デル・レイ4回、チャンピオンズリーグ、クラブ・ワールドカップをそれぞれ1回ずつ制覇してきたラキティッチ。そんなラキティッチも3月に31歳を迎え、今後の身の振り方を考慮し始める時期に差し掛かっている。クラブがアヤックスからオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングを獲得したこともラキティッチの去就に影響し、今夏の退団が噂されている状況だ。 そんな中、11日にバルベルデ監督はペップ・セグラスポーツマネージャーと話し合いを持った中で、ラキティッチとクラブが納得出来る良いオファーがあれば移籍を認めると話したという。同選手にはこれまで、インテルやマンチェスター・ユナイテッドが関心を持っていることが伝えられている。 また併せて、一時移籍が確実視されていたアヤックスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)については「獲得の可能性は低くなった」と同紙は伝えている。 2019.06.14 16:30 Fri
twitterfacebook
thumb

二転三転…ライオラ、デ・リフトのPSG移籍を否定

アヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)の代理人を務めるミーノ・ライオラ氏がパリ・サンジェルマン(PSG)との交渉を否定した。スペイン『アス』が報じている。 高い身体能力や足元の技術を兼ね備え、名門アヤックスで主将を務めるデ・リフト。今シーズン、KNVBベーカーとエールディビジの国内2冠に加え、チャンピオンズリーグ(CL)でベスト4進出を果たした若きチームを攻守両面でけん引し続けた。 そのデ・リフトに対してバルセロナやマンチェスター・ユナイテッド、リバプールが関心を抱いている状況だ。その中でも、ライオラ氏がパリで目撃されたことからPSG行きの噂がにわかに加熱していた。 しかし、イタリア『ANSA』のインタビューに応じたライオラ氏は「典型的なフェイクニュースだ」とPSGと交渉を行っていることを否定。一方で、同氏は現在今夏の代理人活動禁止を巡ってFIFAやイタリアサッカー協会と揉めており、デ・リフトだけでなく、こちらの動きも注目する必要がありそうだ 2019.06.13 21:28 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサ、ワトフォード入団内定の逸材獲得を検討?

バルセロナが、ワトフォードに入団内定しているフルミネンセのブラジル人FWジョアン・ペドロ(17)の獲得を画策しているようだ。スペイン方面の情報をイギリス『デイリー・メール』が報じた。 フルミネンセ下部組織のペドロは今年1月にトップチームに昇格。5月18日のクルゼイロ戦でプロデビューを飾ると、早速2ゴールを記録。ブラジル人らしいテクニックと長い足を生かしたしなやかなプレーを武器に、ここまでの公式戦6試合で6ゴールをマークしている。 この活躍にマンチェスター・ユナイテッドやリバプールも興味を示していた中、ワトフォードが昨年9月に200万ポンド(約2億7000万円)で獲得に成功。国際サッカー連盟(FIFA)の定めた国外移籍が認められる満18歳の誕生日を今年の9月26日に迎えるため、加入は2020年1月の冬の移籍市場になる。 だが記事によると、バルセロナのペップ・セグラゼネラルマネージャー(GM)がペドロに熱視線。加入が内定しているワトフォードと交渉を行う模様だ。スペインの情報筋によると、バルセロナは獲得に自信を持っているとのことだ。 2019.06.13 15:53 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース