京都退団のMF沼大希がSVホルンに入団

2019.03.05 17:55 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
京都サンガF.C.は5日、2018シーズンで契約満了となっていたMF沼大希(21)がSVホルン(オーストリア2部)に加入することを発表した。

大阪府出身の沼は京都アカデミーで育ち、2015年に2種登録選手としてトップチーム登録されると、翌年に正式昇格。その後、期限付き移籍でガイナーレ鳥取に加わり、昨年から京都に復帰したが、昨シーズン途中から日本フットボールリーグ(JFL)のテゲバジャーロ宮崎に期限付き移籍していた。

関連ニュース
thumb

松本GKゴ・ドンミンが2月に期限付き移籍した慶南FCへ完全移籍

松本山雅FCは5日、韓国人GKゴ・ドンミン(23)がKリーグ2(韓国2部)の慶南FCへ完全移籍することを発表した。 2月に期限付き移籍が発表されていたゴ・ドンミンは、慶南で6試合に出場。今年一杯の期限付き移籍だったが、早期に完全移籍に切り替わった。 ゴ・ドンミンはクラブを通じてコメントしている。 「このたび、慶南FCに完全移籍することになりました。松本山雅FCの選手やスタッフ、ファン・サポーターの皆様に心から感謝いたします」 「5年間、皆さんの温かい応援のおかげで成長することができました。第2の故郷のように皆さんと一緒に過ごせたと思います」 「これからもっと良い選手に成長できるようにがんばります。そして、どこにいても、いつまでも松本山雅FCを応援しています。本当にありがとうございました」 ゴ・ドンミンは、韓国の大倫高校から2017年に松本へと入団。2020シーズンはヴァンラーレ八戸へ期限付き移籍し、明治安田生命J3リーグで19試合に出場。しかし、松本ではこれまで一度も試合に出場したことはなかった。 2022.07.05 17:03 Tue
twitterfacebook
thumb

横浜FMのFWンダウ・ターラ、DF池田航がJFLのFCマルヤス岡崎に育成型期限付き移籍

横浜F・マリノスは5日、FWンダウ・ターラ(23)、DF池田航(21)がJFLのFCマルヤス岡崎に育成型期限付き移籍することを発表した。 ともに移籍期間は2023年1月31日までとなる。 両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆FWンダウ・ターラ 「横浜F・マリノスに関わるすべての皆さん、半年という短い間でしたがとても濃い時間を過ごすことができました!」 「Jリーグ初ゴールをF・マリノスで決めるという目標は叶えられませんでしたが、また新たな目標があるので自分らしく頑張っていきたいと思います。皆さんの応援はいつも力になっていましたし、これからも応援していただけると嬉しいです」 「厳しい環境に揉まれて成長して這い上がります。このチャンスを活かしてもっと成長して恩返しできるように頑張ります。ありがとうございました!」 ◆DF池田航 「またこの時期での移籍にはなりますが、もっともっと経験を積んできます。また一からとなりますが、これからも引き続き応援よろしくお願いします」 ンダウ・ターラは、新潟医療福祉大学から2021年に横浜FMに入団。プロ1年目はそのままFC町田ゼルビアへと期限付き移籍。明治安田生命J2リーグで2試合、天皇杯で1試合に出場。2年目の今季は明治安田生命J1リーグでデビューを果たしていた。 池田は横浜FMの下部組織出身で、2020年にトップチーム昇格。2020年途中にはSC相模原へ、2021年はカマタマーレ讃岐へと期限付き移籍。讃岐では明治安田生命J3リーグで2試合に出場していた。 2022.07.05 09:40 Tue
twitterfacebook
thumb

岡山、広島からFW永井龍を期限付き移籍で獲得! 「みなさんと一緒にJ1に昇格することしか考えていません」

ファジアーノ岡山は4日、サンフレッチェ広島からFW永井龍(31)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。背番号は「38」に決定している。 なお、期限付き移籍期間は7月7日から2023年1月31日までとなり、同選手は広島と対戦するすべての公式戦に出場できない契約となっている。 2010年にセレッソ大阪でプロキャリアをスタートさせた永井は、オーストラリアのパース・グローリーFCや大分トリニータ、V・ファーレン長崎、名古屋グランパス、松本山雅FCを経て、2020シーズンから広島でプレー。 2022シーズンは明治安田生命J1リーグで8試合、2022JリーグYBCルヴァンカップで5試合2ゴール、天皇杯で1試合に出場していた。 岡山への移籍が決定した永井は両クラブの公式サイトを通じて、以下のようなコメントを残している。 ◆ファジアーノ岡山 「初めまして。サンフレッチェ広島から来ました永井龍です。『龍』と書いて『りょう』と読みます。チームのために走り、チームのためにゴールを決めます。みなさんと一緒にJ1に昇格することしか考えていません。目標達成のためにともに頑張りましょう」 ◆サンフレッチェ広島 「ファジアーノ岡山に移籍する事になりました。サンフレッチェ広島に来て2年半、何一つチームに貢献できなかった事にすごく悔しい気持ちでいっぱいです」 「ですが、PKを外してもカバーしてくれたり、怪我をした時に相談にのってくれたり、ピッチの外ではバカを言い合える仲間。もう治らないと思った怪我を治してくれたトレーナー。FWとして成長させてくれた監督、コーチ、スタッフ。心の支えになってくれたマネージャー」 「自分のゲーフラや自分の番号のタオルを持って応援してくれたファンの方。ピッチで声援を聞く事はできませんでしたが、最後まで応援してくれた心強いサポーター」 「ここに来なければ出会えなかった沢山のファミリーに出会えました。それだけでここに来てよかったと思っています」 「怪我でサッカーをやめようと思った時もありましたが、今サッカーを続けていられるのは広島のみんなのおかげです。岡山で活躍し昇格する事がみなさんへの恩返しになると思っています。頑張ってきます。2年半ありがとうございました」 2022.07.04 18:03 Mon
twitterfacebook
thumb

東京VのMF藤本寛也がポルトガル1部ジル・ヴィセンテに完全移籍「またまだ上があると思うと楽しみ」…すでに58試合に出場

ポルトガルのジル・ヴィセンテは3日、東京ヴェルディのMF藤本寛也(23)を完全移籍で獲得することを発表した。 契約期間は2025年夏までの3年契約となるとのことだ。 藤本は東京Vの下部組織出身で、2018年2月にトップチームに昇格。公式戦50試合で4ゴール5アシストを記録していた。 世代別の日本代表を経験していた中、2020年8月にジル・ヴィセンテにレンタル移籍。2シーズンで公式戦58試合に出場し4ゴール4アシストを記録。チームの主軸として2021-22シーズンもリーグ戦31試合に出場し3ゴール2アシストを記録していた。 なお、チームは5位でフィニッシュし、新シーズンはヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)の予選3回戦から登場し、勝ち上がればヨーロッパの舞台でプレーすることとなる。 2年間の活躍が認められて完全移籍となった藤本は、東京Vを通じて感謝のコメントを残している。 「完全移籍することになりました。まずは長い間本当にありがとうございました」 「僕は小学6年生の時にジュニアに入ってから約9年半、東京ヴェルディで過ごしてきました」 「ヴェルディに入る前、セレクションを受け合格の連絡をもらいましたが、当時山梨にいたということもあり、入るかどうか、通うかどうか迷っていました。その時に背中を押してくれた両親、クラブの関係者の皆さんがいたからこそヴェルディでサッカーすることができ、成長させてもらい今の自分があると思っています。これ以上の選択はなかったなと思います」 「あっという間に時間は過ぎましたが、振り返ってみると、子供の時の自分が想像できなかった過程を今まで歩んできていると思います」 「その中で自分はたくさんの人達と出会い、その人達のサポート、助けがあって現在があると思ってます。助けてもらってばっかりの自分が弱いと思うし、今度は自分が与える側になりたいです。たくさんの方々に本当に感謝しています」 「ヨーロッパでプレーし2年が経ちますが、行かなきゃ分からなかったこと感じられないものがあると思います。自分より高い基準が自分の周りの環境にあり、それに追いつくようにし、色々なことを得られていると思います。もっと上のものをを得られるようにしたいですし、またまだ上があると思うと楽しみな自分がいます」 「今回の移籍でヴェルディを離れることになりますが、ジュニアに入った時から見ていた『ヴェルディから世界へ』という言葉を自分が体現できてることはとても嬉しいです。次は自分が、子供達の目標となれるように頑張っていきたいです」 「最後になりますがヴェルディに入ることができ、そしてヴェルディで過ごすことができ、とても幸せでした。改めて自分に携わってくれた皆様、本当にありがとうございました」 「好きな場所を離れるのは寂しいですが、覚悟、責任を持って頑張ってきます。本当にありがとうございました」 <span class="paragraph-title">【動画】ジル・ヴィセンテでの藤本のプレー集</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Preparados para mais episódios da série &quot; 2022.07.03 22:36 Sun
twitterfacebook
thumb

岩手が武田拓真と双方合意で契約解除 「関係が悪くなったからという理由では一切ありません」

いわてグルージャ盛岡は3日、MF武田拓真(26)との双方合意による契約解除を発表した。 武田は2018年に東海学園大学からのファジアーノ岡山入りでプロの世界に。2021年から岩手に活躍の場を移し、公式戦8試合でプレーしたが、今季はここまで出番なしだった。 シーズン真っ只中での退団となる武田はクラブを通じてその経緯を説明するとともに、感謝と別れの言葉を送った。 「シーズン途中ですがチームと話し合った結果、契約解除という事になりました。チーム、選手と関係が悪くなったからという理由では一切ありません」 「昨年のシーズン終盤に大怪我をし、手術・リハビリをする環境を作ってくれたチームには本当に感謝しかありません。これからは、いわてグルージャ盛岡のファンとして選手の皆さん、チームの活躍を心から応援しています」 「そしてファン・サポーターのみなさん。ピッチでプレーしている姿を多く見せることはできませんでしたが、毎試合応援をしていただき、本当にありがとうございました。これからも是非スタジアムに足を運んで、選手の応援をよろしくお願いします。1年半、ありがとうございました」 2022.07.03 12:45 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly