伊東純也の同僚でキャプテンのヘンクMFポスエーロがトロントFCへ完全移籍2019.03.05 10:13 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
メジャーリーグ・サッカー(MLS)のトロントFCは4日、日本代表MF伊東純也が所属するヘンクからスペイン人MFアレハンドロ・ポスエーロ(27)の獲得を発表した。なお、ポスエーロはサラリーキャップ外の特別指定選手として迎えられる。ポスエーロは、レアル・ベティスの下部組織出身で、2012年7月にトップチームへと昇格。2013年7月にはスウォンジーへ、2014年7月にはラージョへと完全移籍。1年でチームを転々とする中、2015年8月にヘンクへと完全移籍で加入した。

ヘンクでは、1年目から出場機会を得ると現在ではキャプテンとしてプレー。今シーズンは首位のチームを牽引し、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグで27試合に出場し5ゴール10アシストを記録。ヨーロッパリーグでは8試合に出場し1ゴール3アシストを記録していた。通算では公式戦176試合に出場し25ゴール60アシストを記録している。
コメント
関連ニュース
thumb

小林祐希の新天地はアメリカ?MLSのFCシンシナティと接触との報道

ヘーレンフェーンの日本代表MF小林祐希(27)がMLSのFCシンシナティと接触をしたとオランダ『VOETBALPRIMEUR.NL』がアメリカ『MLS Buzz』からの情報として伝えた。 小林は東京ヴェルディ、ジュビロ磐田を経て2016-17シーズンからオランダのヘーレンフェーンへ移籍。加入以来コンスタントに30試合前後出場し中盤のレギュラーとして活躍していたが、同クラブとは昨季を持って契約満了となっていた。 上記メディアによると最近アメリカに滞在した小林はFCシンシナティを訪問。同クラブに入団する予定になったと伝えている。また旧知の仲でもあるPECズヴォレの元監督ジェラード・ネイカンプ氏らとも会談を持ったようだ。 6月には日本代表に選ばれるなど森保監督の評価も高い小林。選手として最も良い年齢になってきた感もある今季、はたしてMLS挑戦となるのか。その動向に注目が集まる。 2019.07.11 16:57 Thu
twitterfacebook
thumb

今夏アトレティコと対戦するMLSオールスターが強力!

アトレティコ・マドリーは来月31日、メジャーリーグ・サッカー(MLS)オールスターと対戦する。そのチームがかなり強そうだとスペイン『アス』が取り上げている。 MLSオールスターは、オーランド・シティ、DCユナイテッド、スポルティング・カンザスシティ、ロサンゼルス・ギャラクシー、ロサンゼルスFC、そしてアトランタ・ユナイテッドからそれぞれ4名がファンによって選出される。そしてその中のベストイレブンが22日にMLSによって明かされた。 特に強力なのが攻撃陣。ズラタン・イブラヒモビッチにウェイン・ルーニー、カルロス・ベラ、ジョナタン・ドス・サントスといったヨーロッパで活躍した名プレイヤーが顔を揃え、彼らが同じチームでどういうプレーをするのか注目されている。 そんな攻撃を受け止めるロヒブランコスの守備陣は現在刷新が行われている。センターバックから両サイドバックに新戦力の到着が見込まれており、この試合が試金石となるに違いない。 色んな意味で注目を浴びるMLSオールスターゲーム。毎年の恒例行事となっており、昨年はユベントス、一昨年はレアル・マドリーが対戦している。今年のファン選出のベストイレブンは以下の通り。 GKブラッド・グザン(アトランタ・ユナイテッド) DFグラハム・ズシ(カンザスシティ) DFウォーカー・ジマーマン(ロサンゼルスFC) DFゴンサレス・ピレス(アトランタ・ユナイテッド) MFジョナタン・ドス・サントス(LAギャラクシー) MFナニ(オーランド・シティ) MFエセキエル・バルコ(アトランタ・ユナイテッド) MFゴンサロ・マルティネス(アトランタ・ユナイテッド) FWウェイン・ルーニー(DCユナイテッド) FWカルロス・ベラ(ロサンゼルスFC) FWズラタン・イブラヒモビッチ(LAギャラクシー) 2019.06.23 20:50 Sun
twitterfacebook
thumb

ベッカム、イカルディに2020年MLS参戦のインテル・マイアミ加入をオファー?

デイビッド・ベッカム氏が共同オーナーを務めるインテル・マイアミが、インテルに所属するアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(26)の獲得に動いているようだ。『フットボール・イタリア』がアルゼンチン『telam』を引用して伝えている。 昨年、ベッカム氏やソフトバンクの孫正義氏らが中心となって創設されたインテル・マイアミ。メジャーリーグ・サッカー(MLS)の25番目のクラブとして、2020年のリーグ参加が予定されており、初の公式戦に向けて大物プレーヤーの加入を目指している。 そのイカルディに、ベッカム氏が2020年のインテル・マイアミ加入を持ち掛けているようだ。 2013年7月にサンプドリアからインテルに加入したイカルディ。今シーズンは公式戦37試合で17ゴール5アシストを記録するなど、エースとして活躍したが、シーズン中には、妻で代理人のワンダ・ナラ氏が契約延長を長引かせたことによって、クラブの反感を買い、2月中旬にキャプテンをはく奪されたことも。その後、戦列を離れていたこともあり、クラブとの軋轢が指摘されていた。 それでもイカルディは先月、自身の公式インスタグラムで残留希望を公言。しかし、報道によれば、同選手はインテルの新指揮官に就任したアントニオ・コンテ監督の来シーズンの計画に入っておらず、移籍の可能性もあると同メディアは見解を示している。 一部では、イカルディとワンダ・ナラ氏は、ユベントス以外への移籍は全て拒否しているとも伝えられているが、果たしてイカルディのアメリカ移籍は実現するのだろうか。 2019.06.15 13:55 Sat
twitterfacebook
thumb

ローマ退団デ・ロッシがロサンゼルスFC加入で合意! 一方、ボカ行きの可能性も…

今シーズン限りでローマを退団した元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシ(35)の新天地はやはりアメリカとなるようだ。『ESPN』が11日、同選手がメジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルスFC加入に向けて合意に至ったと伝えている。 ローマとの契約最終年となった今季はヒザのケガの影響もあって公式戦23試合に出場し2ゴールの数字にとどまっていたデ・ロッシ。先月にはクラブ側から来季の契約を更新しない意向と共に、現役を引退してフロントやコーチングスタッフ入りを打診されていた。 しかし、現役続行を望むデ・ロッシは愛するローマ退団を決断。その新天地に関してはローマの元同僚DFニコラ・ブルディッソ氏がスポーツ・ディレクター(SD)を務めるアルゼンチン屈指の名門ボカ・ジュニアーズの名前が有力候補に挙がっていた。先日にはボカの本拠地であるブエノスアイレス市内で、デ・ロッシが子供の通う学校を探しているとの報道も出ていた。 また、イタリアメディアは元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタやFWダビド・ビジャ、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキを獲得した実績がある、ヴィッセル神戸が親日家であるデ・ロッシの獲得に向け高額のオファーを掲示したとも報じていた。 その一方で、イギリスのロンドン生まれのイタリア人女優であるデ・ロッシの妻セイラ・フェルバーバウムさんは、英語圏での生活を望んでおり、以前からMLSでのプレーに関心を示していた夫に対して、ロサンゼルス行きを勧めているとの報道も出ていた。 今回、ロサンゼルスFC加入合意報道が出た一方、アルゼンチン国内ではボカ加入合意という報道も出ており、公式発表がされるまで二転三転の展開が待っていそうだ。 ローマのプリマヴェーラを率いるアルベルト・デ・ロッシを父親に持つデ・ロッシは、幼少期からローマ一筋のキャリアを歩み、2000年のトップチーム昇格以降、在籍18年間で公式戦616試合に出場し63ゴールを記録。在籍期間に獲得したタイトルは、2006-07シーズン、2007-08シーズンの2度のコッパ・イタリア制覇のみだが、“ローマの象徴”である元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティに次ぐ、クラブ歴代最多出場記録を持つ生けるレジェンド。 また、2004年にデビューしたイタリア代表としては通算117試合に出場し21ゴールを記録。8つの国際メジャー大会に出場し、2006年のドイツ・ワールドカップでは世界王者の一員となっていた。 2019.06.11 18:39 Tue
twitterfacebook
thumb

MLS行き噂のファン・ウィジョ「初めて聞いた」

ガンバ大阪に所属する韓国代表FWファン・ウィジョ(26)にとって、自身に浮上したアメリカ行きの憶測は初耳だという。韓国『Daum Sports』が報じた。 昨シーズンの明治安田生命J1リーグで得点ランキング3位の16得点を挙げ、チームを残留に導くとともに、個人としても初のベストイレブンに輝いたファン・ウィジョ。今シーズンはここまで相手の徹底的なマークもあり、わずか2得点にとどまっているが、G大阪のエースであることに変わりはなく、不動の地位を築き上げている。 だが、そのファン・ウィジョに対して、先日にメジャーリーグ・サッカー(MLS)のバンクーバー・ホワイトキャップスが今夏獲得に興味を示しているとの憶測が…。だが、7日に韓国国内で行われた国際親善試合のオーストラリア代表戦後、ファン・ウィジョは「良い舞台に挑戦したいけど、その話は初めて聞いた」と話したという。 宮本恒靖体制2年のG大阪は、今シーズンのここまでJ1リーグ3勝4分け7敗の15位。今後の戦いで巻き返しを狙うチームとして、その原動力として活躍が期待されるファン・ウィジョが移籍となれば痛手になること間違いなしだが、果たして…。 2019.06.10 13:20 Mon
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース