天皇杯決勝のリベンジを! 浦和との開幕戦に仙台・渡邉晋監督「凄い雰囲気になることは想像できる」2019.02.14 21:10 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
Jリーグが14日、2019Jリーグキックオフカンファレンスを開催した。ベガルタ仙台の渡邉晋監督が出席。天皇杯決勝で敗れた浦和レッズとの開幕戦については「意図的じゃないかな」と冗談を交えながら「リベンジ」を口にした。

◆渡邉晋監督(ベガルタ仙台)

──キャンプを含めて、ここまでの仕上がりや手応えはありますか
「キャンプは順調に過ごすことができました。大分選手も入れ替わりましたが、チーム戦術という意味ではベースのところは同じ絵を描けて来ているので、まずまずですね」

──昨シーズンの天皇杯決勝後にもチームのことを振り返っていましたが、さらに上に行くための手応えを感じていますか
「満足することは絶対にしないので、今でももっともっとという気持ちは強いです。ただ、取り組む選手の姿勢などには変化が見られています。小さな変化の積み重ねで、大きな差を埋めていきたいと思います」

──天皇杯の決勝で敗れた浦和レッズと開幕戦で対戦するというのは珍しいことかと思いますが
「意図的じゃないかなと思っています(笑)。もちろん、リベンジするという構図は間違いなくあるので、そこは我々のパワーに変えたいと思います」

「開幕戦はただでさえ緊張感が高まるので、選手にはリラックスして、地に足をつけて戦える様にしてあげたいと思うので、あまり気負うことなく戦えればと思います」

──あの決勝の戦いから、浦和に対して見えている部分も少なからずあると思いますが
「お互いに新しいチームなので、悔しさを晴らすというメンタリティは持ちつつ、新しい浦和というのをしっかりと分析したいと思います」

「幸いにしてゼロックスがあるので、我々はそこでしっかりと見て、浦和さんを分析して臨みたいと思います」

「ただ、我慢比べのゲームにはなると思うので、しっかりと焦れずにやりたいと思います」

──サポーターを含め、色々な点で盛り上がっていますが、開幕戦をホームで迎えられるということはいかがですか
「周りの皆さん、特に我々のサポーターはものすごく気持ちを込めて、我々と同じ様に良い準備をしてくれると思います」

「浦和さんのサポーターも多く集まるとは思いますが、凄い雰囲気になることは想像できます。ただ、大事なのは、素晴らしい雰囲気の中で、良いサッカーをする。サッカーというスポーツの魅力を色々な方に伝えられる良い機会だと思うので、勝負にこだわりながら、サッカーが素晴らしいということを多くの方に見てもらいたいと思います」

──長くチームを率いていて色々なシーズンがあったと思いますが、常に上げていくのが理想か

「もちろんですね。安定し戦いをした上で、勝ち点を積み上げて行く。好不調の波を限りなく無くして、最終的には右肩上がりにしていきたいですね」
コメント
関連ニュース
thumb

犬飼の今季初ゴールを守り切り鹿島が5位浮上! 仙台は6敗目《J1》

明治安田生命J1リーグ第8節の鹿島アントラーズvsベガルタ仙台が20日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、1-0で鹿島が勝利した。 ここまで3勝2分け2敗で8位につける鹿島(勝ち点11)と、1勝1分け5敗で17位に沈む仙台(勝ち点4)が激突した。前節のFC東京戦を1-3で敗れ、開幕戦以来の黒星を喫した鹿島は、その一戦から先発メンバーを3人変更。GK曽ヶ端、レアンドロ、セルジーニョに代わりGKクォン・スンテが復帰し、安部、白崎が先発に名を連ねた。 一方、前節の大分トリニータ戦を0-2で敗れ、5敗目を喫した仙台は、その一戦から先発メンバーを1人のみ変更。兵藤に代えて松下を起用した。 巻き返しを図りたい両者の一戦は、落ち着いた立ち上がりを見せる中で徐々に鹿島がじわりじわりとゴールに迫る。11分、安西がボックス左外でボールを持った安部を追い越してパスを呼び込み、GKとDFの間に鋭いクロスを供給。ニアサイドに土居が飛び込んだが、わずかに合わない。 冷や汗をかいた仙台は16分にビッグチャンス到来。敵陣中央左からハモン・ロペスがゴール前にクロスを送る。ニアサイドでジャーメインが潰れると、ファーサイドでフリーになっていた松下が一対一に。しかし、GKクォン・スンテのブロックに遭い、先制点のチャンスで決めきることができない。 難を逃れた鹿島はその後、土居とレオ・シルバが立て続けにゴールを狙うが、脅かすには至らず。34分には土居からパスを受けた白崎がうまく体を使ってボックス右に侵攻し、中央へ折り返す。最後は安部がボックス中央で合わせるも枠を捉えることができない。 後半に入ると、ホームで負けられない鹿島が攻勢を強める。53分、永木の右CKに犬飼が頭で合わせる。62分にも白崎のクロスから伊藤がヘディングでゴールを狙うが、どちらも枠を捉えることができない。 それでも66分、鹿島に待望の先制点。左CKを獲得すると、キッカーの永木がファーサイドにクロスを送る。この位置に犬飼が飛び込んで、ヘディングシュートをゴール右に突き刺した。 先制点を奪われた仙台は72分に梁、74分に道渕を投入して攻撃の活性化を図る。しかし、鹿島の巧みなボール保持に悩まされ、思うようにチャンスを作り出すことができない。 それでも仙台は83分、道渕が右サイドを突破し、ゴール前に鋭いクロスを供給。だが、ニアサイドに走り込んでいた石原直樹とハモン・ロペスには合わず。最後は石原崇兆が詰めるもシュートは枠の外へと外れた。 順調に時間を消費する鹿島。しかし、試合終盤に嫌なアクシデントが。86分、ボックス右に侵攻した安部が梁勇基との接触で下腹部を痛めて、起き上がることができず。担架で運ばれてそのまま途中交代となった。 急な事態に金森を投入した鹿島はその後、危なげなく試合をシャットアウト。犬飼のゴールを守り切った鹿島が、1-0で勝利し、5位に浮上した。一方の仙台はこれで6敗目となり、降格圏内から脱出することはできなかった。 2019.04.20 17:03 Sat
twitterfacebook
thumb

岩田弾にオナイウ移籍後初ゴール! 大分、今季2度目の連勝で3位浮上!《J1》

明治安田生命J1リーグ第7節の大分トリニータvsベガルタ仙台が14日に昭和電工ドーム大分で行われ、2-0で大分が勝利した。 ここまで4勝2敗で5位につける大分(勝ち点12)と、1勝1分け6敗で16位につける仙台(勝ち点4)の一戦。前節の北海道コンサドーレ札幌戦を2-1で勝利した大分は、その一戦から先発メンバーを1人のみ変更。ティティパンに代えて島川が移籍後初先発を飾った。 一方、前節のサガン鳥栖戦を3-0で勝利し、初白星を手にした仙台は、その一戦と同様の先発メンバーを送り出した。 試合は序盤から好調の大分が果敢に敵陣へと攻め入る。6分にはこの試合が移籍後リーグ戦初出場の味方のパスに反応し、ボックス右から惜しいクロスを送るなど、積極的な姿勢を見せる。 大分はその後、2・3月度のJ1月間MVPを獲得した藤本が厳しいマークに遭い、なかなかシュートチャンスを迎えることができない。一方の仙台は、徐々に敵陣への侵攻回数を増加させるが、相手のシュートブロックに悩まされ、ゴールを脅かすことができない。 我慢の時間が続く両者。すると大分は33分、縦パスを受けた三平がボックス右手前から右足を振り抜く。グラウンダーのシュートは対峙した相手DFの股を抜けてゴール方向へ飛ぶも、わずかにゴール左外に外れた。 対する仙台は43分、相手のミスから先制のチャンス。バックパスを受けたGK高木のパスをボックス手前でカットしたジャーメイン良がシュートを放つが、GK高木のブロックに阻まれる。さらにこぼれ球をハモン・ロペスが詰めるが、再びGK高木に阻まれてゴールネットを揺らすことができない。 ゴールレスを折り返した迎えた後半開始直後、ホームの大分が先制に成功する。47分、岩田が中盤で相手からボールを奪うと、右サイドにパスを出し、自身はボックス右へ。パスを受けた三平の右サイド深い位置からのクロスを相手に阻まれるも、走り込んでいた岩田が回収してゴールに蹴り込んだ。 先制した大分はその後、仙台の反撃に苦しめられるも後半半ばから再び攻勢に。再び流れを引き寄せるべく、61分に三平に代えてオナイウを投入すると68分、右サイドでパスをボックス右で受けた途中出場のオナイウがワンタッチで縦に持ち込み、右足を振り抜く。これが枠を捉えるも、GKシュミット・ダニエルにパンチングで防がれる。 苦しい展開を強いられる仙台。73分、敵陣中央で石原が厳しいチェックからボールを奪うと、ルーズボールを拾ったハモン・ロペスがボックス手前から左足で強烈なシュートを放つ。しかし、ここはGK高木が立ちはだかり、同点ゴールを決めることができない。 GK高木を中心とした集中したディフェンスで仙台の反撃を抑える大分。迎えた77分に追加点が生まれる。後方からの連動したビルドアップで仙台の陣形を前掛かりにさせると、すかさず縦パス。ハーフウェイライン付近で受けた途中出場のオナイウがスルーパスでさらに前線へ繋ぎ、ボックス左に抜け出した藤本がタメを作ってボックス内へ折り返す。最後はパスを出した直後に走り込んでいたオナイウが仕留めた。 試合を2-0とした大分はその後、最後まで攻勢を続けて試合終了。岩田とオナイウのゴールで勝利した大分が今シーズン2度目の連勝を飾った。 2019.04.14 18:02 Sun
twitterfacebook
thumb

仙台、東京五輪世代吉尾が躍動! 鳥栖を3発粉砕で今季初勝利《J1》

明治安田生命J1リーグ第6節のベガルタ仙台vsサガン鳥栖が6日にユアテックスタジアム仙台で行われ、3-0で仙台が勝利した。 ここまで5試合1分4敗で最下位に沈む仙台(勝ち点1)は、0-2で敗れた前節のセレッソ大阪戦からスタメンを3名変更。大岩、道渕、長沢に代わり常田、蜂須賀、ジャーメイン良が先発に名を連ねた。 一方、ここまで1勝1分け3敗で15位の鳥栖(勝ち点4)は、0-0で引き分けた横浜F・マリノス戦から2名変更。原、豊田に代えて、出場停止明けの高橋祐治、クエンカが起用された。 試合は鳥栖が先に決定機を迎える。6分、ボックス左手前から三丸がクロスを供給。味方とは合わなかったが、こぼれ球に反応した金崎がゴール前から狙ったがわずかに外れた。 対する仙台は15分、後方からのフィードに反応した吉尾が敵陣右サイドの深い位置からインスイングのクロスを供給。ニアサイドに走り込んできたジャーメイン良がヘディングで合わせてゴールネットを揺らした。 先制を許した鳥栖にさらなるアクシデント。18分に福田がピッチに座り込んでしまい、プレーに復帰することが出来ず。17歳の松岡との交代で退くこととなった。 それでも鳥栖は26分、バイタルエリア右の位置でボールをキープしたクエンカが相手を引き付けフリーの金崎へパス。ボックス中央からトーキックで狙ったが、GKシュミット・ダニエルのビックセーブに遭う 前半終盤はどちらも決定機を作ることは出来ず試合は推移。仙台はゴール前まで迫ったが最後のところで正確性を欠きシュートを打つまでには至らず、1-0のスコアを保ったまま試合を折り返した。 後半に入って先にチャンスを作ったのは追いつきたい鳥栖。47分、左サイドの敵陣深くから三丸がクロスを送り、ファーサイドの松岡がヘディングシュートを放つ。しかし、ここもGKシュミット・ダニエルが立ちはだかる。 シュミット・ダニエルが見事なパフォーマンスを披露する仙台。一瞬の隙を突いて追加点を奪う。54分、ボックス手前中央で吉尾がバックパスをインターセプトし、そのままシュート。これは左ポストに当たったが、こぼれ球に反応した兵藤が押し込みリードを広げた。 さらに攻勢を強める仙台は66分、バイタルエリア右の位置でボールを受けたハモン・ロペスが横にドリブルで持ち運びシュートを放つ。ディフレクトしたボールは枠に飛んだが、GK大久保が掻き出した。 その後、鳥栖は原川に代えて趙東建、イサック・クエンカに代えて小野と攻撃なカードを切っていく。それに対し、仙台は平岡に代えて大岩、兵藤に代えてシマオ・マテと守備的な選手を投入していく。 そんな中迎えた84分、鳥栖は自陣のゴール前でクリアを試みたカルロ・ブルシッチが転倒し、手にボールが当たりPKを献上。仙台はハモン・ロペスがキッカーを務めたが左ポストに当たり外してしまう。 だが、そのハモン・ロペスは後半にアディショナルタイムにミスを帳消しにする。左サイドからカットインした石原がボックス中央手前へパス。ボールを受けたハモン・ロペスがダブルタッチでDFをかわし、ゴール右に流し込み、決定的な3点目を奪った。 試合はこのまま3-0で終了。仙台は連敗を「4」で止め今シーズン初勝利を収めた。対する鳥栖は決め手を欠き2勝目とはならなかった。 2019.04.06 16:25 Sat
twitterfacebook
thumb

都倉の移籍後初弾などでC大阪が開幕戦以来の勝利! 仙台は4連敗で未勝利続く《J1》

明治安田生命J1リーグ第5節のベガルタ仙台vsセレッソ大阪が30日にユアテックスタジアム仙台で行われ、2-0でC大阪が勝利した。 ここまで1分3敗で最下位に沈んでいる18位仙台(勝ち点1)は、1-2で敗れた前節の湘南ベルマーレ戦からスタメンを5名変更。永戸、蜂須賀、シマオ・マテ、梁、石原に代えて金正也、富田、道渕、ハモン・ロペス、吉尾を起用した。 一方、ここまで1勝3敗で15位のC大阪(勝ち点3)は、1-2で逆転負けを喫した前節の浦和レッズ戦からスタメンを1人変更。レアンドロ・デサバトに代わって奥埜がスタメンに名を連ねた。なお、奥埜はこれが古巣戦となる。 雪が降り注ぐ中で始まった試合は、仙台ペースで進んでいく。15分、ハモン・ロペスがボックス中央手前でインターセプト。しかし、すぐさま左足を振り抜いて放ったシュートはGKキム・ジンヒョンの好守に遭う。続く21分にも、ハモン・ロペスがボックス中央手前でソウザからボールを奪取してそのままシュートを放つが、ここもGKキム・ジンヒョンにセーブされた。 難を逃れたC大阪が次第にイニシアチブを握り始めた29分、右サイドで細かく繋いで柿谷がバイタルエリア右のスペースにパスを供給。すると、ソウザが強烈なダイレクトシュートでゴールを強襲したが、GKシュミット・ダニエルが立ちはだかった。 ボールを保持するC大阪は35分、右サイドで細かく繋ぎ、柿谷がふわりとしたパスを前方に送る。3人目の動き出しでボックス右に抜け出した松田がクロスをマイナスに折り返すと、走り込んできた都倉がダイレクトシュートを放つ。GKシュミット・ダニエルが触れたものの、そのままボールはゴールネットを揺らした。なお、これが都倉にとっての移籍後初ゴールとなった。 1点ビハインドで試合を折り返した仙台は54分、ボックス左から石原がクロスを供給。すると、ファーサイドの道渕がヘディングシュートを放ったが、相手DFに当たってしまう。さらに、こぼれ球に反応した吉尾が左足で押し込もうとしたが、上手くミートしなかった。 攻撃に変化を付けたい仙台は65分、道渕に代えて蜂須賀を送り出す。一方、2点目を狙うC大阪は67分に柿谷に代えて田中を投入する。 交代が功を奏したのはC大阪。72分、奥埜が仙台陣内中央でボールを奪取し、フリーとなっていた清武にパスを送る。清武からボックス右の田中にパスが繋がると、最後は田中がゴール左に流し込み追加点を奪った。 雪でピッチが白くなる中、C大阪は82分にもチャンスを作る。仙台陣内中央でボールを受けた田中がドリブルでボックス右に侵攻し、そのままニアサイドにシュートを放つ。しかし、これは右ポストに阻まれて決定的な3点目を奪うことは出来ない。 その後、C大阪が上手く試合を運び、2-0で試合が終了した。この結果、C大阪は連敗を「3」でストップさせ、開幕戦以来の勝ち点3を手にした。対する仙台は、浮上のきっかけを掴めず4連敗。開幕から未勝利が続いている。 2019.03.30 16:40 Sat
twitterfacebook
thumb

小野田Jデビュー&初得点の湘南が3戦ぶり白星! 仙台は未勝利続く…《J1》

明治安田生命J1リーグ第4節の湘南ベルマーレvsベガルタ仙台が、17日にShonan BMW スタジアム平塚で行われ、2-1で湘南が勝利した。 前節鹿島アントラーズに0-1で敗れて連敗中の湘南が、前節ヴィッセル神戸に1-3で敗れて連敗中かつリーグ未勝利の仙台をホームに迎えた一戦。 湘南は、2-0で勝利したミッドウィークのルヴァンカップ・グループA第2節横浜F・マリノス戦のスタメンから小野田、松田、鈴木以外を変更。最後尾にGK秋元、ディフェンスラインに山根、フレイレ、小野田、中盤に鈴木冬、松田、齊藤、杉岡、前線に菊池、山崎、梅崎を起用した。 対する仙台も、2-0で勝利したミッドウィークのルヴァンカップ・グループB第2節FC東京戦のスタメンから梁、長沢以外を変更。最後尾にGKシュミット・ダニエル、ディフェンスラインに平岡、大岩、永戸、中盤にシマオ・マテ、兵藤、蜂須賀、石原崇、前線に石原直、梁、長沢を起用した。 両チームともに慎重な入りを見せたこの試合、序盤は中盤での攻防がメインとなり、なかなか決定機は訪れない。湘南は積極的にミドルシュートを打ち込んでいくが、4分に松田が、6分に鈴木冬が放ったシュートはいずれも枠を外れた。 さらに24分にも、鈴木冬がボックス手前左から巻くようにしてファーを狙うが、このシュートは僅かに枠の左。お互いに相手の守備組織を崩すには至らないものの、積極性を見せている湘南がやや優位に試合を運んでいく。 対する仙台は、長沢へのロングフィードから起点を作ろうとするが、シュートまで繋げられず。2シャドーに入っている石原直と梁も守備に奔走する時間が長く、高い位置でボールを保持することが出来ない。 すると前半終了間際の43分、小野田が仙台陣内低い位置からドリブルでボールを運び、左サイドに開いた山崎にパスを送る。山崎が左サイドからグラウンダーのクロスを折り返すと、ボックス内中央に走り込んでいた小野田が足先で合わせ、ネットを揺らした。湘南がリードしたところで試合は折り返しを迎えることに。なお、小野田にとってはこれが記念すべきJ1デビュー戦を自ら彩る祝砲となっている。 湘南のシュート10本に対し、前半中にシュートを2本しか打てなかった仙台は、ハーフタイム中に大胆な2枚替えを敢行。梁、長沢に代えて、吉尾、阿部を投入した。 しかし、ボールを繋ぎつつ攻め込もうとする仙台に対し、湘南は出足の鋭い守備でことごとく攻撃の芽を摘んでいく。50分には左サイドに抜け出した石原崇がクロスを上げ、吉尾がヘディングシュートを放ったものの、枠を捉えず同点弾とはならない。 仙台がチャンスを作れずにいると、63分に再び湘南に決定機。左サイドをゆったりと持ち上がった梅崎に仙台の選手が圧力をかけられずにいると、ボックス手前中央の山根にボールが渡る。山根はワントラップして左足を振り抜き、チームの2点目を決め切った。 巻き返しを図る仙台は、直後の66分にシマオ・マテに代えてハモン・ロペスを投入。個人技のあるアタッカーを送り込み、攻撃に変化をつけていく。 すると85分、この采配が的中する。徐々にボールの支配率を高めつつもなかなかアタッキングサードに入り込めない仙台だったが、永戸が左サイド浅い位置からボックス内にクロスを蹴り込む。すると、ボックス内のハモン・ロペスが上手く合わせ、1点差に詰め寄った。 しかし、これ以上仙台が得点を重ねることは出来ず。試合は2-1で湘南がリードしたまま終了の笛。この結果、湘南はリーグ3試合ぶりの白星を奪取した。一方の仙台は、リーグ未勝利継続かつ3連敗を喫している。 2019.03.17 18:59 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース