【J1開幕直前クラブガイド】マイナス収支の渡邉体制6年目、化学反応に期待のギャンブルスタート《ベガルタ仙台》

2019.02.08 17:01 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
2019シーズンも“蹴”春がいよいよ到来! 新シーズンの幕開けを告げるFUJI XEROX SUPER CUP 2019に先駆け、超ワールドサッカー編集部はJ1全18クラブを徹底分析。チームのノルマや補強達成度、イチオシ選手、そして、東京オリンピックを翌年に控える注目の五輪候補をお届けする。第2弾はベガルタ仙台を紹介。

◆陣容は大きく様変わり《上位争い》
※残留/ひと桁順位/上位争い/ACL出場権争い/優勝争いから1つ選択
(C)CWS Brains,LTD.
渡邉晋体制5年目の2018シーズンは、一定の成果を収めた1年だった。長年にわたり追い求める攻撃型のチームとしての輪郭をなして、天皇杯でクラブ史上初の決勝進出。明治安田生命J1リーグでも同体制最高位の11位でフィニッシュしたが、秋以降の失速が響いて、一桁順位を逃した。

今年の目標は昨年に続き5位以内となる。ただ、陣容は大きく一変。しかも、渡邉スタイルの体現者がこぞって抜けた。今年で手倉森誠氏(現・V・ファーレン長崎監督)に並ぶ指揮6年目の長期政権となる渡邉監督にとって、勝負の年は現時点でマイナスからのスタートと言わざるを得ない。

今オフの獲得選手は、スタイルに合致しそうな10名。昨年途中に退団したFW西村拓真の穴が埋まらない前線には、192cmの長身が魅力のFW長沢駿が加入。元々、クロスに対する反応に優れており、サイド攻撃を得意とする仙台の戦術に適応できれば、得点を量産する可能性がある。

逆に、不安なのが、DF板倉滉やMF中野嘉大、MF奥埜博亮、MF野津田岳人ら渡邉スタイルの体現者が一挙に退団した中盤と最終ライン。MF兵藤慎剛やMF松下佳貴、MF石原崇兆、MF飯尾竜太朗といった新顔を集めたが、退団者の功績と比較すると、現時点で戦力ダウンの感が拭えない。

中でも、板倉が退団した最終ラインは最大の不安ポイント。かつてスペインでもプレーしたDFシマオ・マテは守備的MFだけでなく、センターバックでもプレーできるが、現時点でJリーグの水に合うのか未知数だ。そもそも頭数も足りず、コンバートでのやりくりが増えるかもしれない。

根幹を担う選手の一挙流失に伴い、ややギャンブル性の高い船出となる渡邉監督だが、裏を返せば、「絶対的な選手不在」による競争激化により、スタイルのスケールアップに向けた追い風になる可能性も忘れてはならない。現有戦力と新加入組の“化学反応”が浮沈の鍵になる。

◆補強動向《D》※最低E~最高S
Getty Images
【IN】
DF照山颯人(18)←成立学園高校/新加入
DFシマオ・マテ(30)←無所属/完全
MF田中渉(18)←桐生第一高校/新加入
MF松下佳貴(24)←ヴィッセル神戸/完全
MF石原崇兆(26)←松本山雅FC/完全
MF兵藤慎剛(33)←北海道コンサドーレ札幌/完全
MF道渕諒平(24)←ヴァンフォーレ甲府/完全
MF飯尾竜太朗(28)←V・ファーレン長崎/完全
MF吉尾海夏(20)←横浜F・マリノス/期限付き
FW長沢駿(30)←ガンバ大阪/完全

【OUT】
GKイ・ユノ(19)→福島ユナイテッドFC/期限付き
DF小島雅也(21)→ツエーゲン金沢/期限付き
DF板倉滉(22)→川崎フロンターレ/期限付き終了
MF差波優人(25)→未定
MF佐々木匠(20)→レノファ山口FC/期限付き
MF庄司悦大(29)→京都サンガF.C./完全
MF藤村慶太(25)→ツエーゲン金沢/完全
MF茂木駿佑(22)→水戸ホーリーホック/完全
MF古林将太(27)→湘南ベルマーレ/完全
MF中野嘉大(25)→北海道コンサドーレ札幌/完全
MF奥埜博亮(29)→セレッソ大阪/完全
MF菅井直樹(34)→引退
MF野津田岳人(24)→サンフレッチェ広島/期限付き終了
MF矢島慎也(25)→ガンバ大阪/期限付き終了
FWラファエルソン(21)→未定
FWハーフナー・マイク(31)→ヴィッセル神戸/期限付き終了

◆超WS編集部イチオシ選手
FWジャーメイン良(23)
(C)CWS Brains,LTD.
注目は大卒2年目のFWジャーメイン良だ。デビューイヤーの昨年は明治安田生命J1リーグ17試合に出場して3得点3アシスト。天皇杯でも準決勝まで3戦連発をマークするなど結果を出したが、プレーの安定感や決定力の精度に課題も残した。今年は長沢やMF吉尾海夏の加入により、前線の定位置争いがより熾烈に。生え抜きの意地として、ポジション争いを勝ち抜けるか。それができれば、エースストライカーとしての道が切り開けてくるはずだ。

◆注目の東京五輪世代!
MF椎橋慧也(21)
(C)CWS Brains,LTD.
仙台注目の五輪世代は、プロ3年目の昨シーズン終盤にレギュラーの座を確保したMF椎橋慧也。さらなる活躍に期待がかかる今年、キャンプから攻守に存在感を高めている。高い位置で果敢にボールハントにチャレンジしつつ、3バックの左右が攻撃参加した際は最終ラインのスペースをカバー。組み立て時も自然とボールが集まり、中盤に欠かせない主軸になりつつある。五輪世代を率いる森保一監督を振り向かせられるか。新たな舵取り役を担う椎橋から目が離せない。
コメント