遺体発見の一報にサラの父が悲痛のコメント、「せめて2人の遺体が一緒にあれば…」

2019.02.05 04:47 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
消息不明だったアルゼンチン人FWエミリアーノ・サラ(28)とパイロットのデイヴィッド・アイボットソン氏を乗せた小型機の残骸が発見されたことを受けて、サラの父親であるオラシオ・サラ氏が現地メディアの取材に答えた。『El Comercio』が伝えている。

今冬にナントからカーディフ移籍が決まったサラは1月21日夜、小型機に乗り、フランスを出発。だが、機体はイギリス海峡のチャネル諸島付近で行方不明となり、捜索再開後の3日早朝に海底に沈む小型機の残骸が見つかった。

さらに、英航空事故調査委員会(AAIB)の続報によれば、カメラでの捜索により、機体の内部から1名の遺体が発見されたという。ただ、現時点でサラなのか、アイボットソン氏なのかまでは判明していない。

この一報を受けて、現地メディアの取材に答えたオラシオ氏は、「希望はない」と愛息の死を受け入れた。

「エミリアーノが生きているという望みはもう抱いていない。それは奇跡の何物でもない」

「幻想はもう終わってしまった。とにかく2人の遺体がそこで見つかることを望んでいる。それ以外に言うべき言葉はないよ」

「ここまで起こった出来事を信じることができない。我々はそこで2人の遺体が見つかることを願っている。それがこのすべての痛みを少しだけでも和らげることになると思う」

関連ニュース
thumb

エバートンDFエンクンクが2部カーディフにレンタル、昨季はスタンダール・リエージュでプレー

カーディフ・シティは27日、エバートンの元U-19フランス代表DFニール・エンクンク(21)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 エンクンクはマルセイユの下部組織出身で、2020年7月にエバートンへ完全移籍。2021-22シーズンはスタンダール・リエージュへレンタル移籍していた。 左サイドバックを主戦場とするエンクンクは、昨シーズンのジュピラー・プロ・リーグで23試合に出場していた。 エバートンでは公式戦7試合に出場し1アシストを記録しているエンクニク。今夏のプレシーズンではファーストチームに帯同していたが、武者修行に出ることが決まった。 世代別のフランス代表の経験もあるエンクンクは、背番号「37」に決定。自身初のチャンオンシップ(イングランド2部)に挑戦となる。 2022.08.27 23:22 Sat
twitterfacebook
thumb

レスターがカーディフ退団のGKスミシーズを獲得、今夏初補強はシュマイケル退団のGK陣強化に

レスター・シティは12日、イングランド人GKアレックス・スミシーズ(32)の獲得を発表した。契約は2年間。カーディフ・シティとは昨季限りで契約満了のため、フリー加入となる。 スミシーズはハダースフィールド・タウンでのプロキャリアスタートから、QPRを挟み、2018年夏からカーディフでプレー。そのカーディフでは通算100試合の出場数を誇り、昨季はチャンピオンシップ29試合でプレーするなど、公式戦31試合でゴールマウスを守った。 プレミアリーグでのプレー経験がなく、代表キャリアもU-21イングランド代表までながら、レスター入りのスミシーズはクラブ公式チャンネル『LCFC TV』で「素晴らしい気分だ。新しい練習グラウンドに来たのは初めてだけど、ただただ素晴らしい。本当に楽しみだ」と話した。 レスターでは今夏、GKカスパー・シュマイケルが退団。そのGK陣に加わり、GKダニー・ウォードとGKダニエル・イヴェルセンに続くストッパーとして期待され、レスターにとって今夏1人目の新戦力となる。 2022.08.13 13:55 Sat
twitterfacebook
thumb

プレミアで立見席が復活、過去の悲劇乗り越え厳格な規制のもとに順次導入

プレミアリーグとチャンピオンシップ(イングランド2部)で、立見席が復活することが許可されたようだ。イギリス『BBC』が報じた。 プレミアリーグのクラブでは、1990年代初頭に全てが座席になるスタジアムができ始め、現在のプレミアリーグのスタジアムでは立見席は存在しない。 これは過去にスタジアムで起きた「ヒルズボロの悲劇」と呼ばれる事故の影響もあり、立見席が禁じられていたことも影響。ただ、観客は着席するはずのエリアで立ち見を続けており、特にゴール裏ではどのスタジアムでも立ち見が行われている状況だ。 そんな中、2022-23シーズンからの導入を前に、2021-22シーズンの後半戦で、チェルシー、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、トッテナム、カーディフ・シティの5クラブは、政府の委託を受けて「早期導入者」としての試験に参加していた。 また、2022-23シーズンはブレントフォード、QPR、ウォルバーハンプトンが、ホームとアウェイで指定した座席エリアでの立ち見を行うこととなる状況。他クラブもシーズン中に参加する可能性がある。 さらにウェンブリー・スタジアムでは、シーズン後半に行われる国内での試合において、ファンに向けて小規模な指定立見席を用意するという。 なお、立見席を設けるためには、CCTV(防犯カメラ)の強化、スチュワードのトレーニング、ファンが個人のスペースを厳格に守ることなどの厳しい条件が設けられるという。 イギリスのデジタル・文化・メディア・スポーツ大臣であるナディン・ドリーズ氏は、立見席の復活についてコメントした。 「しっかりとした試験、徹底的な検証、近代的な技術のおかげで、我々のグラウンドで再び立ち見を許可する準備が整った」 「我々はテラス席を復活させるのではなく、厳しい安全基準を満たしたクラブにのみ許可される」 2022.07.05 12:35 Tue
twitterfacebook
thumb

カーディフ、ベイル獲得を目指し代理人と交渉中か

チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属するカーディフ・シティがレアル・マドリーのウェールズ代表FWガレス・ベイル(32)の獲得に関心を示しているようだ。イギリス『BBC』が伝えている。 2013年夏にトッテナムからレアル・マドリー入りしたベイルだが、今季最終年の契約をもっての退団が決定。現役引退も囁かれた去就だが、つい先日に欧州プレーオフを制したウェールズ代表のカタール・ワールドカップ行きも決まり、新天地が注目される。 『BBC』によれば、すでにカーディフのメフメット・ダルマン会長とベイルの代理人が交渉中とのこと。しかし、現時点では契約は成立しておらず、ベイルの代理人は「まだ多くのクラブと交渉している」と明かしている。 それでも同紙は、11月に開幕するカタール・ワールドカップ(W杯)への出場を第一の目標としているベイルにとって、ウェールズサッカー協会と練習場を共有するカーディフならば、代表のメディカルやフィットネススタッフとも密接に連絡を取り合えるなどプラス要素が多いと見ているようだ。 給与面でも、マドリーでは週給60万ポンド(約1億円)を受け取っていたベイルだが、同選手に近しい人物によれば、W杯の出場が最優先事項であり、給料についてはそこまで重要視していないという。 なお、ベイルにはカーディフのほかに古巣トッテナムやメジャーリーグサッカー(MLS)のDCユナイテッドが関心を示しているが、果たして。 2022.06.23 01:50 Thu
twitterfacebook
thumb

レアルを退団したベイルは2部リーグも考慮? 全てはW杯のため「もっと試合に出る時間が必要」

ウェールズ代表FWガレス・ベイル(32)が、自身の去就について言及した。イギリス『BBC』が伝えた。 現在はウェールズ代表としての活動に参加しているベイル。チームはカタール・ワールドカップ(W杯)の出場権を懸けた欧州予選プレーオフでウクライナ代表と対戦し、見事に勝利。1958年大会以来となる64年ぶりの出場を決めていた。 ついにW杯の舞台にウェールズが復帰するわけだが、キャプテンでもあるベイルは今シーズン限りでレアル・マドリーをついに退団することが決定した。 加入当初は大きな期待が寄せられ、チームに欠かせない選手となったベイルだが、徐々にケガなどの影響もあり序列が低下。お荷物状態の扱いを受けると、ファンからも信頼を失い始め、古巣のトッテナムへのレンタル移籍も経験していた。 今シーズンはケガなど大きなものはなかったものの、ほとんど試合に絡めず。W杯出場を決めた今、新天地を探している状況だ。 5度のチャンピオンズリーグ優勝という実績もある中、ベイルの獲得に興味を持っているクラブは多い。その中で、チャンピオンシップ(イングランド2部)のカーディフ・シティが獲得に興味を示しているが、ベイルは移籍先に関して明言を避けた。 「次の移籍で正しい動きをすることはとても重要だ。僕には選択肢がある」 「僕は本当に何も言えない」 「将来についてはあまり考えていない。それは僕の家族、ウェールズ代表監督、そしてウェールズのフィジオと話し合う必要があるということだ」 「僕は自分が試合でプレーすることを確認する必要がある。そして可能な限り、健康であるということだ」 その中でベイルが求める移籍先は、出場機会を得られるということ。全ては5カ月後のW杯でしっかりとパフォーマンスを出すためだという。 「例えばこのキャンプに入った時、僕はほとんど試合に出場していなかった」 「理想は、ワールドカップで試合に出場し、できる限り健康で、ピッチでできる限り長く、効果的なプレーをするということだ」 「僕は全てを実際に調べたわけではない。でも可能な行先は知っている」 「リーグの違いによる差はあまりないと思うけど、ボールに対するクオリティを失わない自信はある」 「もっと試合に出る時間が必要だ。スペインではかなりの数の試合に出場してきたけど、僕が選ばれないから、みんなケガをしていると思い込んでいたようだ」 「そういう認識なんだろう。みんなは僕がゴルフをしないときにゴルフをたくさんしていることを考えている。僕が多くのケガをしていると思っているが、実際にはそうではない」 「マスコミは正確ではないことを多く書く傾向がある。人々はそれを信じ、物語を生み出していく」 ウェールズ代表の活動が終わればオフに入るベイル。移籍先を決める必要もあるが、まずは休暇だとした。 「僕は休暇に行くことは知っている。それについて考える時間もない。とても多くの試合がどんどんやってきて、回復する時間がないんだ」 「夏には整理したい。僕は時間の制限を持っていない。ただ、僕、家族、子供たちにとっての最良の移籍になることを考える必要がある。うまくいけば、夏に片付くだろう」 2022.06.13 22:25 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly