アジア制覇に王手の森保一監督「臨機応変にやってくれた」…MF遠藤航の負傷時にかけた言葉は?《AFCアジアカップ2019》

2019.01.29 10:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表は28日、AFCアジアカップUAE 2019準決勝でイラン代表と対戦し、3-0で勝利した。2大会ぶりの決勝進出を決めた日本代表の森保一監督は試合後、公式記者会見に出席し、試合を振り返った。また、MF遠藤航(シント=トロイデン/ベルギー)の負傷交代時にかけた声について明かした。

◆森保一監督(日本代表)
「イランは今大会もそうですし、これまでの結果や成績はアジアの中でも優れているので厳しい戦いを覚悟して臨もうと(考えていた)。選手たちがいい準備をもって、戦う姿勢をもってチャレンジすることと、我々が(ここまで)勝ってきた自信を持って試合を戦い抜いて決勝に進むことができてよかったと思います」

「スタジアムの雰囲気としてもアウェイの雰囲気の中でしたけど、たくさんの日本人の方や日本を応援してくださる方がいらっしゃって、メディアの皆さんを通して日本代表を多くの方々が応援してくださったと思います。我々、日本代表を応援してくださった方々に選手たちがファイトする姿勢を見て頂くことができ、非常に嬉しく思います」

──これまでの試合と比べての変化や一番のポイントは
「逆に何が変わったかを教えて頂きたいです(笑) 私が言うと答えが決まってしまうので、後で教えてください。まず、変わったことや変わらなかったことがあると思いますけど、基本的にはあまり変わっていないかなと思います」

「それは何かと言いますと、選手たちが今日のイラン戦に対して相手に敬意を払い、相手を知った上で我々の持てる力を最大限発揮していこうということ。それが個であり、チームとして持てる力を発揮していこうと選手たちが今日の試合を通して、勝利にこだわって戦い抜いてくれたことは変わらなかったのかなと思います」

「試合の入りに関して変わったことと言えば、相手が身体能力やフィジカルの強さを生かして攻め込んでくるというところで、選手たちが戦う姿勢を持って試合の入りからアグレッシブにプレーしてくれました。そこは、これまでの試合と変わったかなと思います」

「何よりも選手が今日考えて意識を持って臨んでくれたという部分は、先ほどの(球際の)バトルのところでしっかりと戦うこと、そしてセカンドボールを粘り強く拾っていくということ。攻撃に関してはプレッシャーがある中、選手たちが後ろから繋いで前線に配球してくれたことで、良い攻撃の形がたくさん生まれたと思います。今日のような痺れる試合の中でボールを握ることはなかなか難しいことだと思います。選手たちが勇気を持ってチャレンジしてくれました」

──試合前日の会見でユーロ2004のギリシャ代表のようなサッカーだというコメントがあったが、今日はとても攻撃的で強いプレーを試合の中で見せてくれた。これは決勝に向けての好材料となるか

「我々がどう例えられとしても、サッカーやチームの見方は千差万別だと思います。皆さんがどういう見方をされてもそれは自由だと思います。ギリシャのような戦い方がネガティブだとは全く思っていませんし、今日の戦いの中でも我々は攻撃でも守備でもアグレッシブにプレーすることができました」

「守備の部分では粘り強く相手にやらせない、相手の攻撃を防ぐということもできたと思います。どちらかだけではなく、いろいろな戦いを試合の中で選手たちが対応力をもって臨機応変にやってくれたことが今日の勝利につながったと思います。決勝の舞台でも我々がやるべきベースの部分をしっかりと持って、理想を持って現実と向き合い、プレーしてくれればと思います」

──MF遠藤航(シント=トロイデン/ベルギー)の状態について。また、負傷交代時に自身が駆け寄り声をかけていたように見えたが
「遠藤は左のもも裏に痛みがあるということで報告を受けています。そこで交代ということになりました。彼には、これまでよく戦ってくれていたので、『よく戦ってくれた。この試合は勝つから』と声をかけました。本人に届いたかどうかはわかりませんが…」
コメント
関連ニュース
thumb

鹿島FW染野唯月が10月に続きU-19日本代表候補キャンプを離脱、腰痛のため

日本サッカー協会(JFA)は26日、U-19日本代表候補トレーニングキャンプに参加していた鹿島アントラーズのFW染野唯月が離脱することを発表した。 JFAの発表によると、染野は腰痛のために離脱するとのこと。代わりの選手は招集しないとのことだ。 染野は10月のトレーニングキャンプにも召集されていたが、その際は右足関節の痛みがあるとして不参加に。2カ月続けての離脱となってしまった。 U-19日本代表候補は、ガンバ大阪のFW唐山翔自がチーム事情により離脱が発表されていた。 2020.10.26 13:20 Mon
twitterfacebook
thumb

G大阪FW唐山翔自がチーム事情でU-19日本代表候補トレーニングキャンプ不参加

日本サッカー協会(JFA)は25日、ガンバ大阪が25日、所属するFW唐山翔自のU-19日本代表候補トレーニングキャンプ不参加を発表した。理由はチーム事情のため。代替招集はない。 キャンプは25〜28日まで千葉県の高円宮記念JFA夢フィールドで実施。先日に現役を引退した内田篤人ロールモデルコーチも帯同する。 2020.10.25 19:20 Sun
twitterfacebook
thumb

U-19日本代表候補が発表!横浜FCの斉藤光毅や鳥栖の松岡大起、C大阪の西川潤らが招集《トレーニングキャンプ》

日本サッカー協会(JFA)は23日、トレーニングキャンプに臨むU-19日本代表候補メンバーを発表した。 今回のメンバーには、明治安田生命J1リーグでも出場機会を得ているFW斉藤光毅(横浜FC)やMF小田裕太郎(ヴィッセル神戸)、MF松岡大起(サガン鳥栖)などが招集。また、J2リーグでプレー経験を積んでいるMF山本理仁、MF藤田譲瑠チマ(ともに東京ヴェルディ)やMF谷内田哲平(京都サンガF.C.)らも招集されている。 トレーニングキャンプは25日から28日まで千葉県内で実施。先日就任した内田篤人ロールモデルコーチも帯同する。今回発表されたU-19日本代表候補メンバーは以下の通り。 ◆U-19日本代表候補メンバー ※10/26追記 GK 藤田和輝(アルビレックス新潟) 鈴木彩艶(浦和レッズユース) 野澤大志ブランドン(FC東京) DF 成瀬竣平(名古屋グランパス) 大畑歩夢(サガン鳥栖) 西尾隆矢(セレッソ大阪) 三原秀真(愛媛FC) 木村誠二(FC東京) 加藤聖(V・ファーレン長崎) バングーナガンデ佳史扶(FC東京) 馬場晴也(東京ヴェルディ) 畑大雅(湘南ベルマーレ) 鈴木海音(ジュビロ磐田U-18) 佐古真礼(東京ヴェルディユース) MF 本田風智(サガン鳥栖) 松岡大起(サガン鳥栖) 小田裕太郎(ヴィッセル神戸) 武田英寿(浦和レッズ) 松橋優安(東京ヴェルディ) 谷内田哲平(京都サンガF.C.) 山本理仁(東京ヴェルディ) 藤田譲瑠チマ(東京ヴェルディ) 成岡輝瑠(清水エスパルスユース) 田中聡(湘南ベルマーレU-18) 三戸舜介(JFAアカデミー福島U-18) FW 藤尾翔太(セレッソ大阪) 斉藤光毅(横浜FC) <span style="text-decoration: line-through;">染野唯月(鹿島アントラーズ)</span>※腰痛のため離脱 西川潤(セレッソ大阪) <span style="text-decoration: line-through;">唐山翔自(ガンバ大阪)</span>※チーム事情により不参加 2020.10.23 16:10 Fri
twitterfacebook
thumb

日本代表が11月にメキシコに続きパナマとも対戦、森保一監督「粘り強さ、しぶとさをピッチで出す」

日本サッカー協会(JFA)は22日、11月の国際親善試合でパナマ代表と対戦することを発表した。 10月にオランダ遠征を行い、カメルーン代表とコートジボワール代表と対戦した日本代表。11月はオーストリアへ遠征し、メキシコ代表と対戦することがすでに発表されていた。 今回はもう1試合の相手として、パナマが決定したとのこと。試合は11月13日(金)の23時15分から行われるとのこと。フジテレビ系列で生中継される。 すでに発表されていた17日(火)のメキシコ代表戦と合わせて、グラーツにあるグラール・リーベナウ・シュタディオンで行われるとのこと。シュトゥルム・グラーツの本拠地としても使われているスタジアムだ。なお、今回もリモートマッチとなる。 日本とパナマは過去に1度だけ対戦。森保監督が率いた2018年10月12日に3-0で日本が勝利していた。 今回の対戦決定について、森保一監督はJFAを通じてコメントしている。 「メキシコに続き、2018FIFAワールドカップロシアにも出場した強豪・パナマと対戦できることが決まり、ご尽力いただいた皆さんに感謝します」 「パナマとは2018年に対戦しましたが、フィジカルが強く、前への推進力があり、ホイッスルが鳴るまであきらめずにプレーをし続ける粘り強さを持つチームという印象を抱いています」 「我々もそれに負けない粘り強さ、しぶとさをピッチで出し、勝利という結果を残したいと思います」 2020.10.22 16:15 Thu
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.55】柴崎&航コンビに中山も台頭したボランチ陣。ハリルの申し子は巻き返しを図れるか?/井手口陽介(ガンバ大阪/MF)

森保ジャパンの約1年ぶりの代表活動となった10月オランダ2連戦(ユトレヒト)は1勝1分という悪くない結果で終了した。9日の初戦・カメルーン戦は長期間のブランクと選手たちの過度な気負いで前半は守備が空回りしたが、後半から3バックにシフトしたことで修正が図られ、全体に落ち着き、スコアレスドローに持ち込んだ。 13日のコートジボワールとの2戦目はその流れを踏襲し、守りの安定度が向上。けれども、攻撃の方は迫力不足を露呈した。最終的には植田直通(セルクル・ブルージュ)の劇的ヘディング弾が飛び出し、1-0の勝利をモノにしたが、アタッカー陣は不完全燃焼感を色濃く感じたことだろう。 こうした中、前進を示したポジションの1つがボランチだ。今回は柴崎岳(レガネス)、遠藤航(シュツットガルト)、中山雄太(ズウォレ)、板倉滉(フローニンゲン)という4枚が招集され、1戦目は柴崎・中山、2戦目は柴崎・遠藤のコンビで戦った。前者は中山が大きな成長が示し、後者は同級生コンビが好連携が光った。とりわけ、ブンデスリーガ1部初挑戦の遠藤航が今季クラブで示している通りの力強さと球際の激しさ、攻守両面での献身性を前面に押し出したことは特筆すべき点。森保一監督にとっても朗報と言えるだろう。 この3人がポジション争いで一歩リードしたのは間違いないが、今夏ロシアに赴いた橋本拳人(ロストフ)も控えているし、国内組にも優れた人材はいる。その筆頭が今季ガンバ大阪で軸を担っている井手口陽介だ。遠藤保仁のジュビロ磐田移籍もあり、24歳になった「ハリルホジッチ監督の申し子」の存在価値は古巣復帰1年が経過し、鋭いパフォーマンスを取り戻している。もともとボール奪取能力には定評があったが、その強みが研ぎ澄まされたうえ、積極的に攻撃にも絡み、意欲的にミドルシュートも打っている。遠藤がチームを離れた今、生え抜きボランチは「自分がやらなアカン」という気持ちが強めているはず。そういう意味で、彼の復活が非常に興味深い。 そもそも井手口は2018年ロシアワールドカップに参戦するはずの人間だった。ご存じの通り、ハリル監督時代はレギュラーに抜擢され、日本が6大会連続世界切符を獲得した2017年8月のオーストラリア戦(埼玉)で強烈なダメ押し弾をゲット。眩いばかりの輝きを放った。同年12月のEAFF E-1選手権(東京)でも中盤の軸として奮闘。そこで韓国に4失点粉砕された経験も踏まえ、2018年1月に欧州挑戦を決断。イングランド1部・リーズ・ユナイテッドの一員となった。 しかし、そこからレンタルされたスペイン2部のクルトゥラス・レオネッサでは言葉や文化、習慣の問題から異国になじめず、出番を得られず苦しんだ。それに加えて、4月のハリル解任というショッキングな出来事が重なり、ほぼ手にしたと思われていたロシア行きを逃してしまう。事前合宿までは帯同していただけに、本人も悔しさひとしおだったに違いない。そんな屈辱を晴らすべく、同年夏にはドイツ2部のグロイター・フルトに2度目のレンタルに出たが、今度は右ひざ後十字じん帯断裂と半月板損傷という2度の重症を負い、「海外で成長したい」という思いは叶わなかった。 数多くの挫折を経て、彼は2019年夏に古巣・ガンバに戻ったわけだが、当初はコンディションが上がらず苦しんだ。「井手口は公式戦から長い間遠ざかっていた。自分でトレーニングはしていたが、実戦感覚がまだ戻っていない。もう少しかかる」と宮本恒靖監督も長期化を覚悟していた。そうやって辛抱して使い続けてくれた指揮官に応えるべく、井手口自身も奮起。試合を重ねるごとに復調していった。 「ツネさんが使ってくれているから、期待に応えたい気持ちは絶対にある。誰よりも最後まで走り抜きたいです。厳しい状況なった時、プレーで若手を鼓舞できる存在になれればいい。僕はこのチームの若手の中ではいろんな経験がある方なんで、それを還元できればいいと思ってます」と本人も海外挑戦前とは異なる心境を吐露した。自分がガンバをリードすることで、復帰させてくれた恩に報いたいと強く願っていたからこそ、こういった発言をしたのだろう。 あれから1年が経過し、コンディション自体は以前に近いところまで戻ってきた。あとは攻守両面でより大きな仕事をするだけだ。今季の彼はここまでリーグ全22試合に出場。2得点を挙げているが、もっともっと得点に絡んでいけるはず。国内でのプレーを選択した以上、柴崎や遠藤航、中山らに勝ちたいなら、武器のボール奪取力や豊富な運動量のみならず、「点の取れるボランチ」に飛躍することが肝要なのだ。 同じガンバのアカデミー出身の先輩・稲本潤一(相模原)は2002年日韓ワールドカップでの2ゴールに象徴される通り、「守れて点の取れるボランチ」として一世を風靡した。彼ほどのサイズのない井手口にあそこまでのダイナミックさが出せるかは未知数だが、2017年の絶好調時を振り返ってみれば、そのレベルに到達できる可能性はありそうだ。かつて日本代表で一緒に戦った山口蛍(神戸)も「陽介はホントいい選手」と絶賛していた。その非凡な能力を再び代表の大舞台で発揮できる時は来るのか。全てはガンバでの一挙手一投足と活躍度にかかっている。 <div id="cws_ad"><hr>【文・元川悦子】<br />長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2020.10.18 12:30 Sun
twitterfacebook