長崎、横浜FM退団のGK鈴木彩貴を獲得「マリノスでの経験を長崎の地で」

2019.01.23 12:20 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
V・ファーレン長崎は23日、昨シーズン限りで横浜F・マリノスを退団していたGK鈴木彩貴(31)を獲得したことを発表した。背番号は「25」に決定している。

鈴木は2010年にブラウブリッツ秋田でプロキャリアをスタート後、ギラヴァンツ北九州を経て、2017年から横浜FMでプレー。だが、今シーズンを含め、在籍2年間で出番がなく、昨年12月に契約が満了していた。

長崎への加入が決定した鈴木は、両クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。
◆V・ファーレン長崎
「チームが始動している中での加入になり、チームの皆さんと1日でも早く馴染んで、ファン・サポーターの皆さんに応援して頂けるように頑張っていきたいと思います。2019シーズンの大きな目標であるJ1昇格に向けて全力を尽くします!よろしくお願いいたします!」

◆横浜F・マリノス
「この度V・ファーレン長崎に移籍する事になりました。マリノスでの経験を長崎の地で、また今後の人生で存分に発揮したいと思います。皆様今後ともよろしくお願い致します」


関連ニュース
thumb

元コロンビア代表FWイバルボが長崎を退団…今季はヒザの手術「またどこかで会えることを祈っています」

V・ファーレン長崎は30日、元コロンビア代表FWビクトル・イバルボ(32)との契約満了を発表した。 イバルボはコロンビア代表歴もあるストライカー。サガン鳥栖でもプレーし、期限付き移籍を経て、2019年に完全移籍で加入した。 今シーズンは明治安田生命J2リーグで7試合、天皇杯で2試合に出場。8月に左ヒザ内側半月板損傷と診断され、手術のためにコロンビアへ帰国していた。 イバルボはクラブを通じてコメントしている。 「V・ファーレン長崎サポーターのみなさん、これまで応援してくれてありがとうございました」 「膝の手術でチームから離れなければならないのは悔しかったですが、サッカーの世界は狭いです。またどこかで会えることを祈っています。そしてこれからもV・ファーレン長崎を応援しています」 2022.11.30 16:32 Wed
twitterfacebook
thumb

長崎が今季2度の手術を受けたMF秋野央樹が契約更新「この時間を無駄にはしません」

V・ファーレン長崎は30日、MF秋野央樹(28)との契約更新を発表した。 秋野は柏レイソルの下部組織出身で、トップチーム昇格後、湘南ベルマーレでもプレー。期限付き移籍で長崎に加入し、2019年に完全移籍で加入した。 今シーズンは1月に右腓骨筋腱炎の手術を受けると、9月には左大腿直筋肉離れの手術。シーズンのほとんどをケガで棒に振り、明治安田生命J2リーグで1試合、天皇杯で1試合の出場に終わっていた。 秋野はクラブを通じてコメントしている。 「2022シーズンもたくさんの応援ありがとうございました。コロナ禍でサポーターの皆さんももどかしい時間が多かったと思いますが、その中でも声出し応援を聞いたときは、スタンドにいながらも鳥肌が立ちました」 「やはりサポーターの皆さんは僕たち選手にとって必要不可欠な存在だと改めて感じました。個人としては、チームが難しい時間が長い中、怪我で力になることができずもどかしさを感じるシーズンでした。ただピッチの外から見ることで、このチームに何が足りていないか、どんなことが必要なのかを考える時間になりました」 「この時間を無駄にはしません。全てはJ1に行くため、J1で勝つため、アジアを獲るため、自分のできることをピッチ内・外で発揮します。来シーズン序盤は怪我で出遅れますが、シーズンが終わったときにV・ファーレン長崎に関わるすべての人が笑顔になれるよう全力で戦います。応援よろしくお願いします」 2022.11.30 16:20 Wed
twitterfacebook
thumb

長崎が町田からDF岡野洵を完全移籍で獲得!「J1昇格に向けて全力で闘います」

V・ファーレン長崎は29日、FC町田ゼルビアからDF岡野洵(24)の完全移籍加入を発表した。 ジェフユナイテッド千葉の下部組織出身である岡野は、2016年にトップチーム昇格。主力に定着し、昨シーズンは明治安田生命J2リーグで26試合に出場したが、今季は町田に活躍の場を移した。 新天地では出場機会を掴めない時期が続いたが、終盤は7試合連続で先発。結果的に公式戦20試合2ゴールの成績を収めた。 それでも、町田を1年で離れ来季から長崎へ。岡野は両クラブを通じてコメントしている。 ◆V・ファーレン長崎 「2023シーズンからV・ファーレン長崎に加入することになりました、岡野洵です。 ファビオ カリーレ監督が掲げるサッカーを体現し、V・ファーレン長崎の一員としてJ1昇格に向けて全力で闘います。 熱い応援よろしくお願いいたします!!」 ◆FC町田ゼルビア 「この度、V・ファーレン長崎に完全移籍する事になりました。チームがJ1昇格を掲げている中で、自分の力不足で町田の力になれなかった事、目標を達成出来なかった事、不甲斐なく思っています」 「1年という短い間でしたが、FC町田ゼルビアのエンブレムを背負い闘えたことを誇りに思っていますし、町田に来て、町田のサッカーに触れて、自分自身がサッカー選手として今後に生きていくために大切なものを手に入れられたと思ってます」 「コロナ禍という事もありサポーターの皆様と接する機会は少なかったですが、良い時も悪い時も全力でサポートして下さる姿に沢山のパワーをいただきました。FC町田ゼルビアに関わる全ての皆様。1年間、本当にありがとうございました」 2022.11.29 16:03 Tue
twitterfacebook
thumb

長崎が守護神・富澤 雅也、主力DF米田隼也と契約更新

V・ファーレン長崎は7日、GK富澤雅也(29)、DF米田隼也(27)との契約更新を発表した。 富澤は神奈川県出身で、前橋育英高校から法政大学へと進学し、2016年に長崎へと入団。プロ入り2年間は出番がなかったが、3年目に天皇杯でデビューを果たした。 2020シーズンにはついに守護神の座を奪取。6年目となる今季はJ2で自己最多となる33試合でゴールマウスを守った。 福岡県出身の米田は静岡学園高校から順天堂大学を経て、2018年に加入。プロデビューシーズンから公式戦24試合に出場するなどチームでポジションを確保すると、公式戦通算138試合に出場して10ゴール9アシストの成績を残している。 今シーズンもJ2で34試合に出場し、4得点を記録。左右のサイドバックに加え、サイドハーフもこなすユーティリティ性を武器に安定したパフォーマンスを発揮した。 両選手は契約更新を受け、クラブを通じてコメントしている。 ◆GK富澤雅也 「ファン・サポーターの皆さま、2022シーズンはたくさんの応援ありがとうございました。副キャプテンとして迎えたシーズンでありながら、さまざまな面において力が足りず、チーム目標の力になれなかったことを非常に悔しく思いますし、申し訳ない気持ちでいっぱいです」 「チームとしてもシーズン通して難しい時間を過ごしましたが、そんな中でも共に闘い、応援し続けていただけたことに感謝しています。ありがとうございました。この経験を来年に繋げて、共にJ1の舞台に行きましょう。 2023シーズンもよろしくお願いします!共闘!!!」 ◆DF米田隼也 「2023シーズンも長崎のために闘うことを決めました!!僕には目標と夢があります。それは、『長崎を”J2優勝J1昇格”させて長崎県を盛り上げる』『子どもたちに夢を与える』という目標、そしていつの日か『長崎を日本一のクラブにする』という夢です」 「僕には覚悟があります。この挑戦にすごくワクワクしています。大きなことを成し遂げるためには、長崎を愛する多くのファン・サポーターの皆さんの力が必要です。そして、長崎県全体とチームが1つになることができれば、必ず成し遂げられると信じています。ファン・サポーターの皆さん、2023シーズン、過去最高の感動が生まれるシーズンにしましょう!!」 2022.11.28 16:17 Mon
twitterfacebook
thumb

「命を最優先することを決めました」富山DF鹿山拓真が26歳で現役引退…理由は度重なるケガや病気「決して簡単な決断では」

カターレ富山は28日、DF鹿山拓真(26)の現役引退を発表した。 鹿山は長崎県出身で、190cmの長身DF。東海学園大学から2018年にV・ファーレン長崎へと入団。2021年途中に富山へと期限付き移籍すると、今シーズンから完全移籍に切り替わっていた。 今シーズンは明治安田生命J3リーグで7試合に出場し1得点。天皇杯で2試合の出場に終わっていた。 Jリーグ通算ではJ2で15試合、J3で12試合1得点、リーグカップで10試合1得点、天皇杯で9試合出場だった。 鹿山はクラブを通じてコメント。ケガや病気を理由に引退することを決断したことを明かした。 「いつも応援ありがとうございます。突然の発表ではございますが、今シーズンをもちまして引退することを決めました」 「理由といたしましては、プロ一年目からの度重なる脳震盪。何度も繰り返しており、プレーもなかなか思いっ切りできなくなってきていること。そして、今年は自然気胸という病気になり、術後の神経痛などの痛みもなかなか良くならず、痛みと怖さを抱えながらプレーをしてきました」 「あらためて、自分自身のプロサッカー選手としての価値そして、自分の人生を見つめ直し、命を最優先することを決めました。決して簡単な決断ではありませんでしたが、この決断に至りました。たくさんの方に支えられ短いプロ生活ではありましたが本当に楽しく、素晴らしい時間を過ごすことができました」 「V・ファーレン長崎、カターレ富山で一緒にプレーしてくれた選手の皆様。支えてくださったフロントスタッフの皆様。ファンサポーターの皆様。そしてスポンサーの皆様。短い間ではありましたが、皆様と共に闘えたことをとても誇りに思います。本当にありがとうございました」 「いつも夢を応援してくれた家族。みんなが居てくれたから、とても苦しい時も頑張って立ち上がることができました。感謝してもしきれません。本当にありがとう」 「先日のボランティア&シーズンパス感謝の集いで、たくさんの方に「最終戦、復帰されてて、すごく感動しました!涙が出ました。」と仰っていただきました。本当に嬉しかったですし、サッカーというものは本当に素晴らしいもので、今まで頑張ってきてよかったと心から思えました。温かい言葉をいただき本当にありがとうございました」 「最終戦、終了の笛が鳴ったと同時に、もっとピッチに立ちたい。その想いでピッチを去ることができませんでした。そして、涙が止まりませんでした」 「たくさんの方に応援していただき、支えていただきました。なかなか活躍という形での恩返しはできませんでしたが、皆さんの応援のおかげで最終戦のピッチに戻ってくることができましたし、ここまでプレーすることができました。本当に感謝の気持ちで胸がいっぱいです。本当にありがとうございました」 「最後になりますが、人生は挑戦の連続だと思っています。命ある限り、一度きりの人生をこれからもたくさんのことにチャレンジし続けていきたいと思います!変わらず応援していただけたら幸いです。とても幸せでした。本当にありがとうございました!」 2022.11.28 13:18 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly