ミルナーがパレス戦でプロサッカー史に残る珍事経験? 小学校時代の先生に退場言い渡される

2019.01.21 01:48 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
19日に行われたプレミアリーグ第23節のクリスタル・パレス戦で退場処分を科されたリバプールの元イングランド代表MFジェームズ・ミルナーがプロサッカー史に残る珍事を経験することになった。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。

リバプールは19日にホームで行われたパレス戦を4-3で勝利。壮絶な打ち合いの展開となった中、右サイドバックで先発出場したミルナーは82分に1枚目の警告を受けると、89分にもFWウィルフリード・ザハへのファウルから2枚目の警告をもらい、無念の退場となった。

ミルナーとってこれがキャリア通算2度目の退場と、その事実だけで珍しいことだった。しかし、今回大きな話題となったのは、同試合で主審を務めたジョナサン・モス氏がミルナーの小学校時代の先生だったという因縁だった。

モス氏はプレミアリーグで審判を務める傍ら、小学校の校長先生をしていることが以前から知られていた。そして、以前にヨークシャーのホースフォースにあるウェストブルック小学校でミルナーを指導していた事実がこの度判明した。

つまりミルナーは小学校時代に指導を受けていた先生から退場処分を科されることになったのだ。過去に同様のケースがあったかのかどうか詳細は不明なものの、プロサッカー史に残る珍事であることに間違いはないようだ。

◆若かりしモス氏とミルナー(ボールを持った少年)
https://twitter.com/chrisfozard/status/1086951062874005504
コメント
関連ニュース
thumb

シティのCL追放回避を受けてクロップ「サッカー界にとって良い日ではなかった」

マンチェスター・シティのチャンピオンズリーグ(CL)追放回避を受けてリバプールのユルゲン・クロップ監督がコメントした。 15日に行われるプレミアリーグ第36節アーセナル戦を前にした記者会見に臨んだクロップ監督はシティの処分軽減に関して以下のような見解を示した。 「シティがCLでプレーできるのは嬉しいことだが、率直に言って昨日はサッカー界にとって良い日ではなかったと思う。ファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)は良いアイデアだと思っている。チームを守り、競争を守るものだと思う。FFPによって過剰な支出を抑えることができる。クラブは費やした支出が適切な資金に基づくものであることを明確にしなければならない。FFPを気にしなくなれば、お金のあるチームや国がやりたい放題となり、競争が難しくなってしまう。それは10程のクラブが世界スーパーリーグを作るような考えに繋がってしまうと思う」 2020.07.15 00:30 Wed
twitterfacebook
thumb

クロップ監督は2024年にリバプール退団の意向! 母国ドイツ帰還へ

リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督は現行契約が満了する2024年にドイツへ帰還する見込みだ。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えている。 2015年10月にブレンダン・ロジャーズの後任としてリバプールの指揮官に就任したクロップ監督。約3年間の準備期間を経て2018-19シーズンにチャンピオンズリーグ(CL)制覇を成し遂げると、今シーズンは絶対的王者マンチェスター・シティを圧倒する圧巻の戦いぶりでレッズに悲願のプレミアリーグ初制覇をもたらした。 多くのKOPはその伝説の指揮官との関係を永続的なモノとしたいと考えているはずだが、ドイツ人指揮官は現行契約が満了する2024年をもってクラブを離れることを計画している。 クロップ監督がドイツ『SWR Sport』で自身の今後のキャリアプランについて言及した。 リバプールでの今後について問われると、「あと4年はリバプールにいるつもりだ。その後、1年間は何もしたくない」と、現時点の考えでは現行契約の満了をもってクラブを去る意向を示した。 さらに、リバプール退任後の母国ドイツ帰還の可能性について問われると、「今後のキャリアにおいてその線は間違いなく生きている。マインツ復帰の可能性だってありえるよ」と、母国での指導者キャリア継続に前向きな姿勢を見せている。 また、気になる次の挑戦に関しては、「自分が求めるもの。やりたいことをしたい。それはクラブチームかもしれないし、代表チームかもしれないが、何もやらないという選択肢もあるよ。ただ、今後の5年間で世界は大きく異なる形に見える可能性もある」と、明言を避けている。 2020.07.14 14:15 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプール、控えCBのロブレンと1年間の契約延長を考慮

リバプールが、クロアチア代表DFデヤン・ロブレン(31)との契約延長を考慮しているようだ。イギリス『BBC』が報じた。 リバプールは、今シーズンのプレミアリーグで圧倒的な強さを見せつけ、30年ぶりのリーグ優勝、初のプレミアリーグ制覇を成し遂げ、昨シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)優勝に続いてタイトル獲得となった。 <div id="cws_ad">◆ロブレン、CKに飛び込む豪快ヘッド!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJFNlRnRDZrbyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> そんなリバプールは、ロブレンとの契約延長を考慮しているとのこと。2022年夏までの1年間延長するオプションを行使することを考えているようだ。 ロブレンは、ゼニト・サンクトペテルブルクが獲得に興味を持っているとされるが、リバプールへの接触はまだない状況だ。 ロブレンはディナモ・ザグレブやリヨンでプレーしたのち、サウサンプトンへ移籍。2014年7月にリバプールへと完全移籍で加入した。 リバプールではここまで公式戦185試合に出場し8ゴール5アシストを記録。今シーズンはプレミアリーグで10試合に出場し1アシスト。CLやFAカップなど、公式戦では15試合に出場し1ゴール1アシストを記録していた。 ロブレンは2021年夏までリバプールと契約を結んでいる状況。来夏の獲得を目指すクラブもあった中、リバプールが1年間の延長オプションを行使すれば、より高い移籍金を手にできる可能性もありそうだ。 2020.07.13 21:30 Mon
twitterfacebook
thumb

クロップが引き分けのバーンリー戦を総括「リバプールvsニック・ポープのような時間帯も」

リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督が試合を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 11日にホームで行われたプレミアリーグ第35節でバーンリーと対戦したリバプールは34分にDFアンドリュー・ロバートソンのヘディングシュートで先制。しかし、幾度となくGKニック・ポープの攻守に遭い、追加点を奪えずにいると、69分に追いつかれ、1-1の引き分けに終わった。 クロップ監督は試合後、チームのパフォーマンスに満足感を示しつつ、バーンリーの守護神を務めるポープの存在に苦しんだゲームだったと語った。 「試合の大半で良いパフォーマンスだった。リバプールvsニック・ポープのような時間帯もあった。バーンリーのようにあれだけ組織的で、素晴らしい姿勢を持つチームとの対戦はサッカー界において最大の挑戦だと思う」 「我々はスーパーな決定機も作り出したが、1人だけ我々を否定しようとしていた男がいた。それがニック・ポープさ。それがこの試合の問題点だった。バーンリーがそこを突いて、この結果を手にするためのドアを開いたんだ」 「CKの場面でアリ(アリソン・ベッカー)が3、4人の相手にプレッシャーを受けているのを目にした。多くなかったが、FKもあった。それは相手の望み通りの状況だったのは明白で、我々にとっても常に脅威になってくる」 「だが、我々は本当によくやった。80分間のパフォーマンスには満足している。それ以上にバーンリーとの対戦では最高の試合の1つだったと思う。なのに、1ポイントしか取れなかったのは1点しか挙げられなかったからだ」 2020.07.12 17:05 Sun
twitterfacebook
thumb

下位相手に痛恨ドローのリバプール、プレミア歴代最多勝ち点記録更新に黄色信号が灯る《プレミアリーグ》

南野拓実の所属するリバプールは11日、プレミアリーグ第35節でバーンリーと対戦し、1-1の引き分けに終わった。南野はベンチ入りも出場機会はなかった。 2017-18シーズンのマンチェスター・シティが記録したプレミアリーグ歴代最多勝ち点(100)の更新を狙うリバプール(勝ち点92)は、ミッドウィークに行われた第34節のブライトン&ホーヴ・アルビオン戦からスタメンを4人変更。負傷が発表されたヘンダーソンやチェンバレン、アーノルドらに代えてマネ、ファビーニョ、ロバートソンらがスタメンに名を連ねた。 立ち上がりから攻勢に出るリバプールは16分、マネのパスで左サイド深くまで侵入したロバートソンがマイナスの折り返しを供給。ニアのフィルミノがスルーしたボールをボックス中央のサラーが左足で狙ったが、シュートは相手GKのセーブに阻まれた。 さらに18分にもリバプールに決定機。最終ラインから供給されたロングフィードのクリアボールをボックス内で回収したサラーがフィルミノとのパス交換からシュートを放ったが、これもGKポープの好セーブに防がれた。 膠着状態が続く中、リバプールは34分に右CKのセカンドボールからチャンス。C・ジョーンズのパスをバイタルエリア中央で受けたファビーニョがボックス右へ浮き球のパスを入れると、ファーサイドから走り込んだロバートソンがヘディングシュ-ト。これがゴール左に突き刺さった。 迎えた後半も主導権を握るリバプールは49分、サラーのスルーパスに抜け出したフィルミノがボックス左からシュートを放ったが、これは右ポストに弾かれた。 追加点が遠いリバプールは、クーリングブレーク直後にピンチを迎える。69分、自陣で獲得したFKからバーズリーがロングフィードを供給。これをボックス内のタルコウスキが折り返すと最後はジェイ・ロドリゲスがワンバウンドしたボールをハーフボレーでゴール左隅に突き刺した。 同点とされたリバプールは、81分にワイナルドゥムを下げてチェンバレンを投入。すると後半アディショナルタイム3分、ファン・ダイクのロングパスで右サイドを抜け出したアーノルドの折り返しをゴール前のサラーが右足で合わせたが、これが相手GKにキャッチ去れ万事休す。 結局、試合はそのまま1-1で終了。下位相手に勝ち点3を取りこぼしたリバプールがプレミアリーグ歴代最多勝ち点を更新するには、残りの3試合を全勝することが絶対条件となった。 2020.07.12 01:10 Sun
twitterfacebook