岐阜、法政大MF長倉颯を獲得! 「日々の努力を惜しまず勝利に貢献していきたい」

2019.01.09 16:37 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
FC岐阜は9日、法政大学に所属するMF長倉颯(22)の加入を発表した。

横浜F・マリノス下部組織出身の長倉は、横浜FMユースから法政大学に進学。岐阜はプレーの特徴を「サイドバックから中盤まで幅広いポジションでプレー可能な選手。技術が高くどのポジションからでも攻撃の起点となる」と紹介している。

岐阜への加入が決定した長倉は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。
「この度、加入することになりました法政大学の長倉颯です。小さい頃からの夢であるプロの世界に挑戦することができ、今まで携わっていただいた方々にこの場を借りて感謝の気持ちとお礼を申し上げます。FC岐阜というクラブチームでキャリアをスタートさせていただけることに感謝し、何よりもチームの為に日々の努力を惜しまず勝利に貢献していきたいと思います」

関連ニュース
thumb

岐阜がMF松本歩夢と契約更新「チーム一丸となってJ2昇格しましょう!」

FC岐阜は9日、MF松本歩夢(24)との契約更新を発表した。 松本はガンバ大阪の下部組織育ち。ジュニアユース、ユースと昇格し、2016年にはトップチームにも2種登録。G大阪U-23の一員としてJ3で2試合に出場した。 その後、関西大学へと進学。2021年に岐阜に入団した。 プロ2年目の今シーズンは、明治安田生命J3リーグで8試合に出場し1得点を記録していた。 松本はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズンもたくさんの応援ありがとうございました!2023シーズンも岐阜でプレーさせて頂くことになりました」 「来季こそは、みなさんとたくさん喜び合えるように、強い覚悟を持って戦います!! チーム一丸となってJ2昇格しましょう! 応援よろしくお願いします!」 2022.12.09 21:22 Fri
twitterfacebook
thumb

「自分の不甲斐なさにがっかり」元日本代表MF柏木陽介が岐阜と契約更新

FC岐阜は9日、元日本代表MF柏木陽介(34)との契約更新を発表した。 柏木はサンフレッチェ広島、浦和レッズでプレー。日本代表にも呼ばれ、浦和でも軸としてプレーし、キャプテンを務めていたが、2021年に度重なる規律違反を犯し、岐阜に移籍した。 2年目の今季は明治安田生命J3リーグで18試合に出場、天皇杯でも1試合に出場した。 柏木はクラブを通じてコメントしている。 「2年間自分の不甲斐なさにがっかりです。本当の意味で強い岐阜を作りたいと思っています」 「新しい監督を筆頭に、来年はしっかりチームとしての基盤を作りたいと思います。来年も共に闘ってください」 2022.12.09 14:13 Fri
twitterfacebook
thumb

岐阜、相模原から2選手を完全移籍で獲得! MF川上竜&FW浮田健誠

FC岐阜は8日、SC相模原からMF川上竜(28)とFW浮田健誠(25)の2選手を完全移籍で獲得したと発表した。 川上は福岡県出身で、アビスパ福岡の下部組織から福岡大学に進学し、卒業後に福島ユナイテッドFCへと入団。その後は地元福岡のギラヴァンツ北九州を経て、2021シーズンからの2年間、相模原に在籍した。 浮田は千葉県出身。柏レイソルのU-18から順天堂大学を経て、2020年にレノファ山口に入団し、1年目はJ2リーグで33試合7得点を記録。山口で2年間プレーしたのち、今季から相模原に在籍していた。 両選手は新天地となるFC岐阜の公式サイトを通じ、コメントを発表している。 ◆川上竜 「FC岐阜の一員になれることに喜びと感謝の気持ちでいっぱいです。FC岐阜に関わる皆様に認めてもらえるように、クラブの目標に貢献できるように精一杯努力します。これからも自分らしくサッカーを大事にしていきたいと思います。よろしくお願いします」 ◆浮田健誠 「初めまして!SC相模原から加入することとなりました浮田健誠です!僕の持っているもの全てをFC岐阜の為に、緑のユニフォームを纏い全力で闘います。心強いサポーターの皆さんと多くの勝利を共に。夢や感動を届け、岐阜を盛り上げたいと思います!宜しくお願い致します!」 2022.12.08 18:26 Thu
twitterfacebook
thumb

FC岐阜のFW大西遼太郎が熊本へ完全移籍加入「全力で戦い貢献できるよう頑張ります」

ロアッソ熊本は8日、FC岐阜からFW大西遼太郎(25)が完全移籍で加入すると発表した。 大西はジュビロ磐田の育成組織出身で、法政大学へ進学。在学中には2019年の天皇杯3回戦でガンバ大阪からゴールを奪い、金星を挙げた。 2020年に岐阜でプロキャリアをスタートさせ、3年間で明治安田J3に51試合出場3得点という数字を残した。 中盤のユーティリティプレーヤーは、両クラブを通じて次のようなコメントを充てている。 ◆ロアッソ熊本 「FC岐阜から加入することになりました、大西遼太郎です。ロアッソ熊本というクラブで戦えることを嬉しく思います!ロアッソ熊本のために全力で戦い、勝利に貢献できるよう頑張ります!よろしくお願いします!」 ◆FC岐阜 「今シーズン限りでFC岐阜を離れることになりました。FC岐阜でプロとしてスタートさせてもらい、J2昇格を目標にやってきましたが、なにも貢献できず、悔しくて申し訳なく思います」 「ただ、そんな中でも応援し続けていただいたファン・サポーターの皆様、スポンサーの方々には本当に感謝しています。またこの3年間、多くの偉大な先輩方とプレーさせてもらい、多くの事を学ばせてもらいました。考え方、姿勢、色々なことが僕には足りないことばかりでした。それでも下手くそと言い続けてくれたことに本当に感謝しています。少しでも大きくなった自分を見せられるように、より努力していきます。 「FC岐阜に関わる全てのみなさま、3年間ありがとうございました!」 <span class="paragraph-title">【動画】天皇杯で法政大時にG大阪を撃破した大西のゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="hyWhQUhhO-o";var video_start = 19;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.12.08 15:32 Thu
twitterfacebook
thumb

岐阜がFW山内寛史ら4選手との契約を更新「来シーズンJ2に必ず昇格しましょう」

FC岐阜は7日、GK松本拓也(33)、MF生地慶充(24)、MF山内彰(22)、FW山内寛史(27)の契約更新を発表した。 松本は湘南ベルマーレで2010シーズンにJリーグデビュー。その後は川崎フロンターレ、ギラヴァンツ北九州、ブラウブリッツ秋田を経て、2020年に完全移籍で岐阜に加入。今シーズンは明治安田生命J3リーグで12試合に出場した。 FC東京の下部組織出身である生地は、2021年に岐阜入り。プロ1年目となった2021シーズンは明治安田生命J3リーグで2試合の出場に終わったが、今季はリーグ戦14試合出場と着実に出場機会を増やした。 山内彰は今シーズンに東海学園大学から岐阜に加入。明治安田生命J3リーグ開幕節のY.S.C.C.横浜戦でプロデビューを果たしたが、第6節の松本山雅FC戦を最後に出番はなかった。 埼玉県出身の山内寛史は、早稲田大学から2017年にセレッソ大阪入り。FC町田ゼルビア、モンテディオ山形を経て、昨シーズン岐阜に入団した。今季は明治安田生命J3リーグ21試合に出場して、3得点の成績を残した。 来季も岐阜でプレーすることが決まった4選手は、クラブを通じてそれぞれが新シーズンへの気合いを示している。 ◆松本拓也 「来シーズンもFC岐阜でお世話になります。自分らしく、やるべきことをやります。応援よろしくお願いします」 ◆生地慶充 「FC岐阜を応援してくださるファン・サポーターの皆さま、日頃よりご支援いただいているスポンサーの方々、今シーズンも多くのサポートをありがとうございました。アウェイでも多くの方が駆けつけてくださり、その中でプレーすることに幸せを感じた1年でした。来シーズンもこのクラブの一員としてプレーできることにとても感謝しています。一日一日を大切に日々取り組んでいきたいと思います。来シーズンも共に戦ってください」 ◆山内彰 「来シーズンもFC岐阜でプレーさせていただくことになりました。今シーズンはサッカー人生の中で一番苦しくて、悔しいシーズンになりました。その中で得たものはたくさんありました。来シーズンはそれを活かして熱い思いを持ってプレーし、チームに貢献していきたいです。来シーズンJ2に必ず昇格しましょう。熱い応援よろしくお願いします」 ◆山内寛史 「来季も岐阜でプレーさせていただくことになりました。長良川競技場でファン・サポーターの皆さんと喜び合える瞬間のために全力で頑張ります。2023シーズンも共に戦ってください。応援よろしくお願いします」 2022.12.07 16:40 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly