事実上戦力外通告のケイヒル、昇格組・フルアムへのレンタル移籍が濃厚に?2019.01.03 12:40 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーに所属する元イングランド代表DFギャリー・ケイヒル(32)のフルアム移籍が迫っているようだ。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えた。

昨シーズンチェルシーでキャプテンを務めたケイヒルだが、今シーズンはマウリツィオ・サッリ新体制の下、出場機会が激減。プレミアリーグでの出場はここまでわずか1試合にとどまっており、12月にはサッリ監督から「彼はボックス内では最高だが、私は技術のある選手を欲している」と事実上の戦力外通告を受けていた。

そんなケイヒルに対して、現在プレミアリーグで19位に沈んでいる昇格組のフルアムが低迷の要因であった守備改善に向けて注目。そして今回伝えられるところによると、今冬にレンタルで獲得することが濃厚となっているようだ。

ケイヒルがフルアム加入となれば、守備強化に大きい補強となるが、果たしてこのままフルアム行きが決定するのだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

PFA年間最優秀選手候補6人が発表!シティから最多3人

PFA(プロサッカー選手協会)は20日、2018-19シーズンのPFA年間最優秀選手候補の6名を発表した。 PFAはイングランドとウェールズでプレーするプロサッカー選手からなる組織。同賞は毎年、PFAに加入している選手らの投票で決まる。 今年はマンチェスター・シティからは最多の3選手がノミネート。FWセルヒオ・アグエロ、FWベルナルド・シウバ、FWラヒーム・スターリングが選出された。 FWサディオ・マネとDFヴィルヒル・ファン・ダイクが選ばれたリバプールからはシティに次ぐ2選手。 残る1人は2015年に同賞を受賞したチェルシーのMFエデン・アザールだ。 昨季受賞のリバプールFWモハメド・サラーは選ばれなかった。 最優秀選手の発表は今月28日に行われる表彰式で明かされる。 2019.04.20 23:00 Sat
twitterfacebook
thumb

そっくり過ぎる…!チェコでダビド・ルイスのドッペルゲンガーを発見!

チェルシーのブラジル代表DFダビド・ルイスのそっくりさんがチェコのスラヴィア・プラハにいた。 チェルシーはヨーロッパリーグ(EL)準々決勝でスラビア・プラハと対戦。2戦合計5-3でチェルシーが準決勝に駒を進めた。 その試合で注目を集めたのがスラビア・プラハのアレックス・クラルだ。クラルは20歳ながら今年3月にチェコ代表デビューを果たした逸材で、チェルシーとの試合でも中盤で存在感を見せた。だが、注目されているのはプレーだけではない。 その顔立ち、なにより髪型。特徴的なソバージュの髪型も合わさり、どこから見てもダビド・ルイスそっくりなのだ。 試合後、ダビド・ルイスとクラルは互いにユニフォームを交換してツーショット写真をパシャリ。ダビド・ルイスがインスタグラムに投稿した写真は大きな反響を呼んでいる。 ダビド・ルイスも「僕のフレンズだ。会えてとても嬉しいよ」とコメント。さらに「神の祝福を。君がいつまでも素晴らしい選手であり続けるように」とエールを送った。 2019.04.20 03:14 Sat
twitterfacebook
thumb

サッリ、2番手不満のジルー残留を明言「クラブと延長OPを行使することで同意した」

チェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督が、フランス代表FWオリヴィエ・ジルー(32)の残留を明言している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 昨年1月にアーセナルから加入したジルー。出番が回ってくればポストプレーヤーとして一定の存在感を示しているが、ベルギー代表MFエデン・アザールの9番起用や今冬のFWゴンサロ・イグアインの加入による影響で、ヨーロッパリーグ(EL)では得点ランクトップに立つ輝きを示しているが、プレミアリーグではここまで先発回数がわずか7試合に留まっている。 そのジルーは度々、退団の可能性を示唆してきた。先日には、「2番手でいることに満足していない」と出場時間に対する不満を吐露し、今夏での退団の可能性もほのめかしていた。 そうした中、サッリ監督はジルーの残留を明言。同選手の契約にある契約延長オプションを行使することとなったようだ。 「クラブにはもう1年、彼との契約を延長するオプションを持っている。私は2日前に、クラブと話をした。そして、そのオプションを行使することで同意した。だから、彼は残る」 2019.04.19 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシーEL制覇のキーマン? ジルーがクラブ初の欧州大会二桁得点!

チェルシーのヨーロッパリーグ(EL)制覇は、フランス代表FWオリヴィエ・ジルーの活躍が鍵になるかもしれない。 チェルシーはEL準々決勝でスラビア・プラハ(チェコ)と激突。敵地での1stレグを1-0の先勝で飾ると、続く18日にホームで行われたリターンレグも4-3の勝利で切り抜け、2戦合計5-3でベスト4進出を果たした。 その2ndレグにフル出場したジルーは今シーズンのEL10得点目となる1ゴールを記録。様々なデータを手がける『Opta(@OptaJoe)』によれば、チェルシー史において、欧州主要大会で二桁得点を達成した初の選手だという。 また、EL得点ランキングでトップに立つジルーは、アシスト数においても、ここまで3つの得点を演出。自身のゴール数と合算すれば、13得点を生み出しており、お膳立て役としても存在感を放っている。 多くの出場機会を得るELでチェルシーの勝ち上がりに多大な貢献度を誇るジルー。プレミアリーグでの少ないプレー機会から移籍を示唆している状況が、フランクフルトとの準決勝でも、引き続きの活躍に期待がかかる。 2019.04.19 15:35 Fri
twitterfacebook
thumb

「レアル・マドリーのアザール」が近く誕生か

スペイン『マルカ』は18日、チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザール(28)のレアル・マドリー移籍が「近く実現」と報じた。 長らくレアル・マドリー移籍の夢を公言し続けるアザール。チェルシーと2020年までしか契約が残っておらず、延長オファーを断り続けているとみられる。 レアル・マドリー移籍金額は推定1億ユーロ(約125億8000万円)。最高給取りのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスに及ばない程度の給与を手にするという。 そのレアル・マドリーは今夏、ポルトのブラジル代表DFエデル・ミリトン(21)、サントスのU-20同代表FWロドリゴ・ゴエス(18)を獲得。アザールは3人目の新戦力となる。 先日にジネディーヌ・ジダン監督のレアル・マドリー復帰に「いちサポーターとして、戻ってきてくれてすごく嬉しい」と話したアザール。“憧れの人”と共演する日はそう遠くなさそうだ。 2019.04.19 09:05 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース