大宮、DF河本裕之&MF嶋田慎太郎と契約更新

2018.12.23 09:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
▽大宮アルディージャは23日、DF河本裕之(33)とMF嶋田慎太郎(23)の契約更新を発表した。

▽河本は2004年にヴィッセル神戸でプロデビュー後、2012年途中に大宮入り。2013年〜2014年にかけて再び神戸でプレーするが、2015年に大宮復帰を果たした。今年は明治安田生命J2リーグ28試合に出場。3得点を記録した。

▽嶋田は2014年にロアッソ熊本でプロデビュー。今年から大宮に加わり、J2リーグ33試合に出場して2得点をマークした。
▽来シーズンも引き続き大宮でプレーすることが決まった両選手はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

河本裕之
「来シーズン、今年は果たせなかったJ1昇格を達成できるように全力で頑張ります。引き続き、応援よろしくお願いします!」

嶋田慎太郎
「来シーズンも、大宮アルディージャでプレーさせていただくことになりました。今年果たすことのできなかった目標を達成できるように、少しでもチームに貢献できるように頑張ります! 応援よろしくお願いします!」

関連ニュース
thumb

京都がDF飯田貴敬の契約更新を発表「成長するには必要な1年だった」

京都サンガF.C.は31日、DF飯田貴敬(28)との契約更新を発表した。 飯田は茨城県出身で、野洲高校、専修大学へと進学し、2017年に清水エスパルスへと入団。2020年から京都でプレーしている。 2022シーズンは3年ぶりのJ1の舞台となった中、6試合に出場。YBCルヴァンカップで5試合、天皇杯で2試合に出場していた。 飯田はクラブを通じてコメントしている。 「今年も京都サンガF.C.でプレーさせていただきます。早いもので、京都に来て4年目のシーズンが始まります」 「昨年は自分のサッカー人生において、貴重な1年でした。色々ありましたが全て経験となり、成長するには必要な1年だったと感じてます。今シーズンもよろしくお願いします!」 2023.01.31 10:10 Tue
twitterfacebook
thumb

浦和MF松尾佑介がベルギー1部ウェステルローに1年レンタル 「年齢的にも僕にとってのラストチャンス」

浦和レッズは30日、MF松尾佑介(25)がジュピラー・プロ・リーグのウェステルローに期限付き移籍すると発表した。移籍期間は今年末までの1年間となる。 浦和のアカデミー出身だが、仙台大学に進み、2020年に横浜FCでプロ入りした松尾。スピードとドリブルが売りのアタッカーは特別指定選手だった2019年から試合に絡み、2022年に浦和移籍を決断した。 浦和では1トップとしての新境地も開拓し、公式戦40試合に出場して11得点をマーク。今季も戦力として計算されるが、20日のトレーニングキャンプから海外移籍を前提とした手続き準備でチームを離脱していた。 ベルギーで初の欧州挑戦を果たす松尾は浦和の公式サイトを通じて、移籍の報告とともに意気込みを語っている。 「このたび、KVCウェステルローに期限付き移籍することになりました。ジュニアユース、ユースと浦和レッズの育成組織で育った僕でしたが、悔しいことばかりで浦和レッズへの移籍が決まったときは、絶対にこのクラブで僕の存在を認めさせてやるという反骨精神でやってきました」 「そんな僕でしたが1シーズン浦和レッズのエンブレムを胸に戦い、最高に浦和レッズというチームが好きになりました。年齢的にも僕にとってのラストチャンスかもしれない海外挑戦。チャレンジしない自分が想像できませんでした。浦和レッズに来たから僕は、このチャンスを貰えたと思っています。行ってきます」 2023.01.30 17:40 Mon
twitterfacebook
thumb

磐田退団のDF大井健太郎がオーストラリア移籍! 2部のイースタン・ライオンズSCに加入

ジュビロ磐田は30日、DF大井健太郎(38)がオーストラリアのイースタン・ライオンズSCへ完全移籍することを発表した。 大井は藤枝東高校から2003年に磐田に入団。2010年までプレーを続けると、湘南ベルマーレ、アルビレックス新潟でのプレーを経て、2016年に復帰していた。 合計で15シーズンを磐田ですごし、J1通算219試合12得点、J2通算63試合5得点を記録。リーグカップで22試合1得点、天皇杯で12試合1得点、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で4試合に出場していた。 イースタン・ライオンズは、オーストラリアのセミプロサッカーリーグ。Aリーグの1つ下の2部にあたるリーグに属している。 2023.01.30 15:37 Mon
twitterfacebook
thumb

大宮、相模原でプレーしたDF渡部大輔が現役引退…キャリア通算279試合9得点、大宮の普及部コーチに就任

SC相模原は30日、DF渡部大輔(33)が現役を引退することを発表した。 渡部は大宮アルディージャのアカデミー出身。ジュニアユースの1期生で、ユースへと昇格。当時はFWとして活躍し、2008年にトップチームへ昇格した。 2010年に鈴木淳監督によってサイドバックで起用されると、以降はサイドハーフもやりながらサイドバックに定着。大宮で14シーズンプレーすると、2021シーズンはキャプテンに就任していた。 2022シーズンは初の移籍を果たし相模原へと完全移籍。J3で26試合に出場していたが、1年での退団となった。 J1通算122試合3得点、J2通算90試合5得点、J3通算26試合、リーグカップでは27試合1得点、天皇杯で14試合に出場していた。 渡部はクラブを通じてコメントしている。 「現役を引退することに決めました。最後のシーズンにSC相模原の一員として戦えたことは自分にとって素晴らしい財産になりました。ここで出会った選手やコーチングスタッフ、クラブ関係者の皆様、スポンサーの皆様、そしてどんなときも温かく応援してくれたサガミスタのみなさんとの出会いに感謝して次に進んで行きたいと思います。1年間という短い間でしたがありがとうございました。SC相模原の躍進を心から願っています」 また、渡部は古巣大宮の普及部コーチに就任する。渡部は大宮を通じてコメントしている。 「大宮アルディージャのファン、サポーターの皆さま、2月から普及部コーチに就任させていただくことになりました渡部大輔です。選手としてNACK5スタジアム大宮で元気な姿をお見せすることはできなかったですが、再びアルディージャの一員として働けることをうれしく思います」 「1人でも多くの子どもたちにサッカーの楽しさを体感して帰ってもらえるように、自分自身も子どもたちと一緒に楽しみながらふれあっていきたいと思っています。これからは大宮アルディージャを応援するファンの一員として盛り上げていきたいと思いますので、あらためてよろしくお願いします」 2023.01.30 13:33 Mon
twitterfacebook
thumb

愛媛退団のFW吉田眞紀人がカレン・ロバートが代表を務める千葉県1部の房総ローヴァーズ木更津FCへ移籍

愛媛FCは30日、FW吉田眞紀人(30)が千葉県社会人リーグ1部所属の房総ローヴァーズ木更津FCへ移籍することを発表した。 吉田は流通経済大付属柏高校から2011年に名古屋グランパスに入団。その後、松本山雅FC、水戸ホーリーホックへの期限付き移籍を経験し、2015年に水戸へ完全移籍。2016年にはジェフユナイテッド千葉へ完全移籍すると、2017年はFC町田ゼルビア、2018年途中からは愛媛FCへ1年半の期限付き移籍していた。 2020年から完全移籍に切り替わった愛媛では4年半を過ごし、J2通算84試合で10得点、J3で8試合3得点を記録していた。 吉田は千葉県木更津市出身で、地元のクラブへと加入。意気込みを語っている。 「この度、房総ローヴァーズ木更津FCに加入させて頂くことになりました吉田眞紀人です。僕にとって木更津は『唯一無二』の特別な場所です」 「この日を迎えるまでに多くの方々に育てて頂き、何度も背中を押してもらった大切な場所です。今の自分がいるのはこの町無くしては語れません。その感謝の気持ちをローヴァーズの選手として多くの方々に返していきたいと思い、今回の決断をさせて頂きました」 「このクラブ、この町に対して僕ができること、僕にしかできないことを考えながらやっていきたいと思います。いつの日かローヴァーズが皆さんの日頃の活力となれるように全力を尽くします!」 房総ローヴァーズ木更津FCは元日本代表FWカレン・ロバート氏が代表を務めるクラブ。吉田はカレンが昨シーズンまで着用していた10番を背負うことが決まった。 2023.01.30 12:08 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly