アジアカップに臨むオーストラリア代表に名古屋GKランゲラック&浦和FWナバウトが招集《アジアカップ》2018.12.20 11:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽オーストラリアサッカー協会(FFA)(は20日、アジアカップに臨むオーストラリア代表メンバー23名を発表した。

▽今回のメンバーには、名古屋グランパスのGKミッチェル・ランゲラック、浦和レッズのFWアンドリュー・ナバウトの2人のJリーガーが選出。その他、DFミロシュ・デゲネク(ツルヴェナ・ズヴェズダ)やFWマシュー・レッキー(ヘルタ・ベルリン)、DFマーク・ミリガン(ハイバーニアン)などが招集されている。

▽また、MFアーロン・ムーイ(ハダースフィールド)に関しては、ヒザの負傷を抱えており、12月24日(月)に最新情報を得るとのこと。負傷者に関しては、初戦の6時間前に交換することが可能となっており、様子を見守るとのことだ。

▽オーストラリアは、グループBに入り、ヨルダン代表(1月5日)、パレスチナ代表(1月11日)、シリア代表(1月14日)の順に対戦する。今回発表されたオーストラリア代表メンバーは以下の通り。

◆オーストラリア代表メンバー23名
GK
ミッチェル・ランゲラック(名古屋グランパス/日本)
マシュー・ライアン(ブライトン&ホーヴ・アルビオン/イングランド)
ダニエル・ヴコヴィッチ(ヘンク/ベルギー)

DF
アジズ・ベヒッチ(PSV/オランダ)
ミロシュ・デゲネク(ツルヴェナ・ズヴェズダ/セルビア)
アレックス・ガーズバック(ローゼンボリ/ノルウェー)
ライアン・グラント(シドニーFC)
マシュー・ジャーマン(アル・イテハド/サウジアラビア)
マーク・ミリガン(ハイバーニアン/スコットランド)
ジョシュ・リズドン(ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ/オーストラリア)
トレント・セインズベリー(PSV/オランダ)

MF
ムスタファ・アミニ(オーフスGF/デンマーク)
クリストファー・イコノミディス(パース・グローリー)
ジャクソン・アーバイン(ハル・シティ/イングランド)
マッシモ・ルオンゴ(QPR/イングランド)
アーロン・ムーイ(ハダースフィールド/イングランド)
トーマス・ロギッチ(セルティック/スコットランド)

FW
マーティン・ボイル(ハイバーニアン/スコットランド)
ロビー・クルーズ(ボーフム/ドイツ)
マシュー・レッキー(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
アワー・メイビル(ミッティラン/デンマーク)
ジェイミー・マクラーレン(ハイバーニアン/スコットランド)
アンドリュー・ナバウト(浦和レッズ/日本)
コメント
関連ニュース
thumb

元オーストラリア代表FWティム・ケイヒルが現役引退へ

元オーストラリア代表FWティム・ケイヒルが今季限りで現役引退する意向を明らかにした。『GOAL』が伝えている。 39歳のティム・ケイヒルは現在インドのジャムシェードプルでプレー中。3月31日を以って契約満了となるが、ここで現役から退くことを『Optus Sport's Premier League Today』のインタビューで語った。 「僕はもうフットボール界じゃおじいさんだ。プレーを続けたい気持ちはあるけど、知っての通り39歳だ。インドでは素晴らしい6カ月を過ごすことが出来たよ」 「今はTVの仕事に興味があるんだ。A級ライセンスも取りたいし、少しの間、家族とのんびりした時間を過ごすつもりだよ」 「4つの大陸でプレーできたことは驚くべきことだった。素晴らしいキャリアを築くことができたよ。本当に感謝している」 「監督業は確実に視野に入れているよ」 1996年に母国のシドニー・ユナイテッドでプロキャリアをスタートさせたケイヒルは、1年後にミルウォールと契約し渡英。2004年に移籍したエバートンでは、8シーズンに渡って主力として活躍。公式戦276試合で68ゴール29アシストを記録し、その名を世界に知らしめた。 その後は、ニューヨーク・レッドブルズで2シーズン、中国では上海緑地と杭州緑城でプレーし、2016年にメルボルン・シティに移籍し母国凱旋。昨年8月に現在のジャムシェードプルに移籍した。 また、英雄とされているオーストラリア代表では108試合に出場し同国史上最多の50ゴールをマーク。日本に対しては5得点を挙げるなど、“日本キラー”としてサムライブルーを何度も苦しめた。 2019.03.28 19:43 Thu
twitterfacebook
thumb

UAE代表、ザックの後任にファン・マルバイク氏を招へい! 露W杯ではオーストラリアを指揮

アラブ首長国連邦サッカー協会(UAEFA)は20日、UAE代表の新指揮官にベルト・ファン・マルバイク氏(66)を招へいしたことを発表した。 1月に行われたアジアカップ2019終了後に1年3カ月にわたり、チームを指揮していたアルベルト・ザッケローニ監督との契約が終了したUAE代表では、5人の新監督候補を選定。その中でも最有力候補となっていたファン・マルバイク氏を新指揮官に招へいした。 ドルトムントやフェイエノールト、オランダ代表監督を指揮した経験を持つ同氏は、2015年にサウジアラビア代表監督に就任し、同国をロシア・ワールドカップに導いた。しかしその後、契約を延長せず、ロシアW杯ではオーストラリア代表を率いていた。 2019.03.21 05:45 Thu
twitterfacebook
thumb

本田が先制点をアシスト! メルボルン・Vが逃げ切りで7戦ぶり勝利《Aリーグ》

元日本代表FW本田圭佑の所属するメルボルン・ビクトリーは16日、オーストラリア・Aリーグ第22節でブリスベン・ロアーと対戦し、2-1で勝利。本田はフル出場し、1アシストを記録した。 リーグ3位に位置するメルボルン・Vが、9位のブリスベンをホームに迎えた一戦。ミッドウィークのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第2節で1ゴールを決めた本田は、その試合に引き続きダイヤモンド型の[4-4-2]の中盤右で先発した。 試合は前半半ばに動きを見せる。24分、ブリスベン陣内低い位置でボールを持った本田が、ルックアップして左足を一振りし、グラウンダーのスルーパスを最前線に供給。バーバルーゼスのゴールをアシストした。本田の今シーズン5アシスト目でメルボルン・Vが先制点を奪取している。 さらに39分にも、トロイージの浮き球のスルーパスに反応したバーバルーゼスが左足のシュートで追加点をマーク。オフサイドかに思われたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による審議の結果、メルボルン・Vの2得点目となった。 2-0でメルボルン・Vがリードして折り返した試合は、50分にブリスベンFWボセアクが1点を返す。しかし、メルボルン・Vはその後の加点を許さず、リードを守り抜いて試合を終えた。 この結果、メルボルン・Vは公式戦7試合ぶりの白星を手にしている。 メルボルン・ビクトリー 2-1 ブリスベン・ロアー 【メルボルン・V】 バーバルーゼス(前24) バーバルーゼス(前39) 【ブリスベン】 ボセアク(後5) 2019.03.16 21:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ザッケローニ率いる開催国UAEが前回王者オーストラリアを撃破! 2大会連続のベスト4進出《AFCアジアカップ2019》

AFCアジアカップUAE 2019準々決勝、UAE代表vsオーストラリア代表が25日に行われ、1-0でUAEが勝利した。 4日前に行われたラウンド16のキルギス代表戦を延長戦の末に3-2と競り勝った開催国のUAEと、ウズベキスタン代表にPK戦の末勝ち上がったオーストラリアの一戦。 開始4分にCKからフリーのセインズベリーが決定的なヘディングシュートを浴びせたオーストラリアだったが、開催国のUAEがポゼッションし、押し込む展開で推移していく。 すると20分、UAEにチャンス。ドリブルを仕掛けたI・アルハマディがボックス左に侵入してGKライアンを強襲するシュートを浴びせた。 序盤の攻防を経て、オーストラリアがポセッションする流れとなるも、UAEを崩しきってのシュートに持ち込むには至らない。そんな中40分、ギアヌーがボックス左からGKを強襲するシュートを放った。 押し込まれるUAEは追加タイム1分、右サイドのFKからマブフートが際どいヘディングシュートを放つも枠の上に外れ、前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半も押し込むオーストラリアは、59分にチャンス。左CKからアーバインがヘディング。だが、ここも枠を捉えきれなかった。さらに63分、ボックス右に抜け出したギアヌーがネットを揺らすも、ラストパスを出したレッキーのポジションがオフサイドでノーゴールとなってしまう。 すると68分、劣勢のUAEが先制する。デゲネクの軽率なバックパスをカットしたマブフートがGKとの一対一を制してネットを揺らした。 失点を受けてオーストラリアが前がかる中、終盤の80分に負傷明けのナバウトが今大会初めて投入される。しかし、目立ったチャンスを作れないまま0-1で敗戦。前回王者がベスト8で敗退となった。 一方、2大会連続ベスト4進出を果たしたUAEは準決勝では韓国代表を破ったカタール代表と対戦する。 2019.01.26 02:58 Sat
twitterfacebook
thumb

前回王者オーストラリア、ウズベキスタンとのPK戦を制して薄氷の準々決勝進出!《AFCアジアカップ2019》

AFCアジアカップUAE 2019決勝トーナメント・ラウンド16、オーストラリア代表vsウズベキスタン代表が21日に行われ、120分を0-0で終えた。そしてPK戦を4-2で制したオーストラリアが準々決勝へ進出している。 グループBを2位で通過したオーストラリアと、日本代表と同居したグループFを2位で通過したウズベキスタンの一戦。 ウズベキスタンがボールを持つ立ち上がりとなった中10分、ショムロドフが単騎突破から決定機を迎える。しかし、ボックス左まで侵入したショムロドフのシュートはGKにセーブされた。 対するオーストラリアは12分、ベヒッチのミドルシュートでGKを強襲するも、引き続きウズベキスタンがボールを持つ展開となると、28分にシディコフが際どいミドルシュートを浴びせた。ハーフタイムにかけては膠着状態が続き、互いにシュートに持ち込めず前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半、オーストラリアがボールを持つ展開で立ち上がった中、シュートに持ち込めずにいたことから68分に負傷明けのレッキーを投入。すると72分、そのレッキーがミドルシュートでゴールに迫ると、77分にも決定機。レッキーがドリブルでボックス右に侵入して放ったシュートが右ポストに直撃した。 しかし、90分では勝負がつかず、試合は延長戦にもつれ込んだ。その延長戦ではウズベキスタンがボールを持つ展開となったもののチャンスは生み出せずにPK戦へ。 そのPK戦ではオーストラリアGKライアンが2本のPKをストップして4-2で勝利。苦しみながらも前回王者が準々決勝へ進出している。 2019.01.22 01:43 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース