【CLグループA総括】モナコ大不振でドルト&アトレティコが共に2季ぶりの突破2018.12.14 09:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽昨季、ヨーロッパリーグ(EL)王者のアトレティコ・マドリー、CLでの実績十分のドルトムント、一昨季のベスト4チームのモナコが揃い三つ巴の争いが予想されたグループA。しかし、蓋を開けてみれば、モナコの大不振によってドルトムント、アトレティコの2チームが余裕を持って決勝トーナメント進出を決めた。■グループA順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ドルトムント[13/4/1/1/8]
2.アトレティコ・マドリー[13/4/1/1/3]
3.クラブ・ブルージュ[6/1/3/2/1]
4.モナコ[1/0/1/5/-12]

◆リーグ戦の好調生かして首位通過~ドルトムント~
Getty Images
▽敵地でアトレティコのリベンジに遭い、今季公式戦初黒星を喫したが、ほぼパーフェクトな戦いぶりで2年ぶりの決勝トーナメント進出を首位で決めた。今季、ファブレ新監督の下でスタートを切った新生ドルトムントだが、期待された新ストライカーなど大型補強は叶わず、グループステージ開幕前は2位通過をモナコと争う形が想定された。しかし、スイス人智将の下、国内リーグで好スタートを切ったチームは“ロイスシステム”、スーパージョーカー、パコ・アルカセル、加入2年目で凄みを増す新星MFサンチョら指揮官の用兵や戦術がことごとくハマり、グループステージ3連勝を飾った。

▽とりわけ、第3節のアトレティコ戦では世界屈指の堅守を誇るシメオネのチーム相手にほぼ何もやらせない圧倒した戦いぶりで4-0の勝利を収めたことは今グループステージのトピックのひとつに。その後、2戦未勝利で一度はアトレティコに首位を明け渡すも最終節モナコ戦での勝利で再逆転し、首位通過を決めた。なお、リーグ戦でも首位に立つチームの好調さとは裏腹にMF香川真司は今季CLで一度しか出場機会がなく、決勝トーナメントを戦う頃には新天地にいる可能性が高い。

◆負傷者影響で首位逃すも2季ぶり突破~アトレティコ・マドリー~
Getty Images
▽今夏の積極補強によってグループAの大本命に挙げられたものの、最後にドルトムントにまくられて2位での通過となった。本拠地ワンダ・メトロポリターノでのCL初制覇に向けて高いモチベーションを持つ今季のアトレティコはエースFWグリーズマン、守護神オブラクの残留に加えて、今夏MFレマルやMFロドリゴ・エルナンデス、FWジェウソン・マルティンスら実力者を補強。しかし、ロシア・ワールドカップ(W杯)の影響もあってか、国内リーグでも序盤戦苦しんだチームは格下相手の2戦をしぶとく連勝も、第3節ではドルトムント相手に自慢の堅守崩壊で大敗した。

▽それでも、百戦錬磨の猛者が揃うチームはホーム開催のリターンマッチを2-0で勝利すると、以降はターンオーバーを採用しながらモナコ、クラブ・ブルージュに1勝1分けの成績を残して最低限の2位通過。最終ラインを中心に負傷者に悩まされ、前線の選手の適応が遅れており、圧倒的な強さを身に着けていないが、逆に決勝トーナメントに向けて大きな伸びしろを残す。

◆全チームから勝ち点奪う大健闘~クラブ・ブルージュ~
Getty Images
▽2年ぶりの参戦となったグループステージでは強豪3チームから勝ち点を奪い、3位でのヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント進出を決める健闘ぶりが光った。昨季ベルギー王者と言えどもCL常連の3チームとの戦力差は大きく未勝利での敗退の可能性も指摘されていた。しかし、1-3で敗れた第2節のアトレティコ戦こそ力の差を見せつけられたものの、それ以外の試合では格上相手に粘り強い守備と、前線のタレントを生かした攻撃で堂々と渡り合った。そして、第4節ではモナコ相手のアウェイゲームで大量4ゴールを奪うクラブ史に残る圧勝劇で今大会初勝利。また、グループステージを通じて活躍した巨漢FWウェズレイには今冬にビッグクラブ行きの噂も出ている。

◆屈辱の未勝利でアンリ監督はほろ苦CLデビュー~モナコ~
Getty Images
▽監督交代も実らず、屈辱の未勝利で今大会を去ることに。夏の移籍市場での主力の流出は近年の恒例行事となっていたが、今夏は主力の穴埋め補強に失敗し国内リーグを含めて開幕から大不振に陥った。リーグ開幕戦の勝利を最後に公式戦16戦未勝利と泥沼を味わったチームは10月半ばにジャルディム前監督を解任。後任に監督初挑戦のアンリ新監督を迎えたが、その監督交代も機能せず。同監督のCL初陣となった第3節のクラブ・ブルージュ戦こそドローで終えたものの、第4節ではホームで0-4の大敗。2節を残して敗退が決定すると、以降の2試合はリーグ戦優先の方針の下で10代の若手を積極起用し、当然のことながら格上2チームに連敗。5敗1分けの屈辱的な戦績で今大会を終えた。
コメント
関連ニュース
thumb

ドルトムント、ボルシアMGからもう一人狙う

ドルトムントが、ボルシアMGのフランス代表FWアラサン・プレア(26)を狙っているようだ。『YAHOO FRANCE』の情報をもとに様々なメディアが伝えている。 プレアは昨夏にニースから加入した181cmのストライカー。今季は公式戦35試合に出場した中でトップで起用されることが多かったが、ドリブルが得意でチャンスメイクからフィニッシュまで自力で行う力を持つ。今季は15ゴール4アシストを記録した。 ドルトムントのルシアン・ファブレ監督とはニース時代に師弟関係にある。同監督の下で過ごした2シーズンで公式戦81試合で35ゴールを挙げるなど主力として重宝された。 ドルトムントは今夏積極的は補強に動いており、中でも目玉となっているのがベルギー代表MFトルガン・アザール。彼もまたボルシアMGからの加入であり、ドルトムントは同じクラブから2人目の引き抜きを画策しているようだ。 2019.06.22 21:23 Sat
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、新加入T・アザールに背番号23!香川退団確実に

ドルトムントが、2019-20シーズンに向けて新加入選手らの背番号を明らかにした。 今夏の積極補強が目立つドルトムント。すでに主な戦力として、MFトルガン・アザール、DFニコ・シュルツ、MFユリアン・ブラント、そしてDFマッツ・フンメルスら屈指の実力者を手中に収めている。 クラブは先日、公式の通販サイトを介して新シーズンの各選手の背番号を明らかにした。その中で注目されたのがT・アザールが「23」を着けること。この番号はドルトムントではMF香川真司のアイコンとも呼べるものだったが、ベシクタシュへのレンタル移籍に伴い空き番に。来季に復帰するなら空けておくものだが、おそらくその予定はないということだろう。 また、18-19シーズンはフルアムにレンタル移籍していたMFアンドレ・シュールレと、今年1月からフランクフルトにレンタルしたMFセバスティアン・ローデの名前もなかった。 なお、シュルツは「14」、ブラントは「19」を着ける。フンメルスに関しては今のところ未定となっている。 2019.06.20 14:10 Thu
twitterfacebook
thumb

フンメルスの復帰でバイエルンとドルトムントが基本合意! 3年ぶりに古巣復帰

バイエルンとドルトムントは19日、ドイツ代表DFマッツ・フンメルス(30)が復帰することで基本合意に達したことを発表した。 フンメルスは、バイエルンの下部組織出身で、2007年1月にトップチームへ昇格。しかし、トップチームではほとんど出場機会を得ることなく、1年後の2008年1月にドルトムントへとレンタル移籍。2009年7月に完全移籍していた。 ドルトムントではディフェンスの要として長年プレーし、公式戦309試合に出場し25ゴール16アシストを記録。ユルゲン・クロップ監督の下ではブンデスリーガを連覇するなどタイトルを獲得していた。 しかし、2016年7月に古巣のバイエルンへと完全移籍。復帰1年目からディフェンスラインの軸としてプレー。今シーズンはブンデスリーガで21試合に出場し1ゴール1アシストを記録。チャンピオンズリーグで6試合に出場し1ゴールを記録していた。 なお、バイエルンとドルトムントは移籍の内容に関しては明かさないことでも合意しているとのこと。フンメルスはメディカルチェック後に正式に復帰となる。 2019.06.19 22:08 Wed
twitterfacebook
thumb

ドルト、ファブレと新規契約締結…2021年6月まで

ドルトムントは18日、ルシアン・ファブレ監督(61)との契約延長を正式発表した。延長期間は1年。2021年6月まで指揮を執ることになる。 スイス人指導者のファブレ監督は、ニース監督を経て、2018年5月からドルトムントを指揮。ブンデスリーガ開幕15戦負けなしの好スタートを切ったが、徐々に失速して2位に終わり、チャンピオンズリーグ(CL)でもベスト16で散った。 ただ、ドルトムントのスポーツディレクター(SD)を務めるミヒャエル・ツォルク氏は、ファブレ監督の手腕を評価。近日中にも契約延長の見通しであることを明かしている状況だった。 そのドルトムントは今夏、ベルギー代表MFトルガン・アザール(26)や、ドイツ代表DFニコ・シュルツ(26)、同代表MFユリアン・ブラント(23)、U-19デンマーク代表FWマグヌス・カーストルップ(18)を獲得している。 2019.06.18 22:10 Tue
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、フンメルス移籍でバイエルンと原則合意

ドイツ『ビルト』が、ドルトムントがドイツ代表DFマッツ・フンメルス(30)の移籍に関して、バイエルンと原則合意に達したことを報じている。 『ビルト』によると、移籍金は2000万ユーロ(約24億4000万円)の基本金にインセンティブが加わる内容に。 バイエルンではフランス代表DFリュカ・エルナンデスが加入したことから、フンメルスは移籍を希望した模様。同メディアによれば、減俸もやぶさかではという。 2016年夏に、ユース時代を過ごしたバイエルンに復帰したフンメルスは、公式戦通算118試合に出場し、ブンデスリーガ3連覇や、今季の国内2冠に貢献。2度目のドルトムント移籍が実現すれば、3年ぶりの復帰となる。 2019.06.16 18:46 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース