元ロシア代表FWアルシャビンが37歳で現役引退! ゼニトやアーセナルで活躍2018.11.12 13:41 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽カザフスタンのカイラトに所属する元ロシア代表FWアンドレイ・アルシャビン(37)が、今季限りでの現役引退を発表した。フランス『レキップ』が伝えている。

▽先週初め11日に行われる今季カザフスタンリーグ最終節のシャフチョール・カラガンダ戦を最後に現役引退の意向を示していたアルシャビンは、自身ラストマッチとなった同試合に後半の50分から途中出場。だが、試合はゴールレスドローに終わり、有終の美を飾ることは叶わなかった。

▽なお、カイラトは今月24日に国内カップ決勝のアティラウ戦を残しているものの、アルシャビンは同試合でプレーすることはないようだ。また、引退後は指導者としての道を歩むことも決定している。

▽ゼニトでプロキャリアをスタートさせたアルシャビンは、2006-07シーズンにリーグ最優秀選手賞を受賞。また、ロシア代表として臨んだユーロ2008での活躍を受け、2009年2月に引き抜かれる形でアーセナルに移籍した。アーセナルでは2009年4月のリバプール戦で1試合4ゴールの圧巻のパフォーマンスを披露しサポーターのハートを一気に掴むなど公式戦144試合31得点の記録を残した。

▽その後、ゼニトに復帰を果たすも2014-15シーズン終了後に契約満了で退団。母国クバン・クラスノダールでの1年間のプレーを経て、2016年に加入したカイラトでは在籍3年間で公式戦97試合に出場し28ゴール34アシストの数字を残した。

▽また、2002年にデビューを果たしたロシア代表では通算76試合に出場し16ゴールを記録。ワールドカップ本大会でのプレーは叶わなかったものの、2度のユーロ本大会出場を果たしていた。
コメント
関連ニュース
thumb

官僚への暴行罪でロシア代表のママエフとココリンに1年半の禁錮刑

昨年10月に官僚への暴行容疑で逮捕された元ロシア代表のFCクラスノダールMFパベル・ママエフとゼニトFWアレクサンドル・ココリンに1年半以上の禁錮刑が科されることになった。イギリス『BBC』が伝えている。 事件が起こったのは昨年10月9日。韓国系の出自で産業貿易省の官僚のデニス・パク氏ら2人と、モスクワの高級カフェで居合わせたママエフとココリンは、酒に酔っていた影響もあって椅子を用いて民族差別的動機による暴行を加えた。被害に遭ったパク氏が警察を呼ぶ前に医療機関に助けを求めるほど、過激なものだったという。 そして、今回の暴行事件をめぐる裁判が先日に行われ、検察側はココリンに禁錮18カ月、ママエフに禁固17カ月を求刑した。また、ココリンの実弟であるキリルと、友人のアレクサンデル・プロトサヴィツキにも有罪判決が下った。 ママエフはロシア代表として15キャップ、ココリンは48キャップを刻んでいるが、昨年行われたロシア・ワールドカップ(W杯)のメンバーには選ばれていなかった。 2019.05.09 15:10 Thu
twitterfacebook
thumb

元ロシア代表FW、ロシア代表に「黒人選手がなったら笑える」と発言し罰金処分…出場停止処分も

かつてゼニトやフルアムなどでプレーしたウラル・エカテリンブルクの元ロシア代表FWパベル・ポグレブニャクが、黒人選手に向けた発言で罰金を科されたようだ。イギリス『BBC』が報じた。 事の発端はポグレブニャクの『コムソモリスカヤ・プラウダ』のインタビューでの発言。ポグレブニャクはロシア代表に黒人選手がプレーしていることが理解できいないという旨の発言をしたことが、ウラジミール・プーチン大統領の下で人権担当顧問を務めるミハイル・フェドトフ氏に糾弾されていた。 ポグレブニャクは、ロシアへと帰化した選手がいることについてブラジル出身のCSKAモスクワのマリオ・フェルナンデスやクラスノダールのアリを例に出し、「僕はこれらの要点がわからない。アリがロシアのパスポートを受け取った理由を全く理解していない」とコメント。「黒人選手がロシア代表になる時は、笑える」と否定的な意見を語っていた。 また、「マリオ・フェルナンデスはトッププレーヤーだ。ただ、僕たちには同じポジションにイゴール・スモルニコフがいる。外国人がいなくても成し遂げることができるよ」ともコメント。黒人選手ではないものの、ブラジルから帰化した選手がロシア代表でプレーすることを快く思っていないと取れる発言をしていた。 この発言により、ポグレブニャクは3500ユーロ(約43万5000円)の罰金を下されたとのこと。また、ロシアサッカー協会から出場停止処分が下される可能性があり、より差別的な発言が見つかればシーズン終了まで出場停止になる可能性もあるようだ。 なお、ポグレブニャクはその後に発言を謝罪。「黒人選手に対して、何らかの感情を持っているわけではない」と弁明。「インタビューの中で、僕はロシア人として、僕たちの国で生まれ育った選手を見たいという僕の個人的な意見を言っただけだ」とし、「誰かを侮辱するつもりはなかった」と意図的に黒人選手を差別した発言ではないと語った。 2019.03.27 12:45 Wed
twitterfacebook
thumb

痛恨ミスのクルトワが報道を批判! 「メディアが殺そうとしても僕は世界最高」

レアル・マドリーに所属するベルギー代表GKティボー・クルトワが、スペインメディアを批判している。スペイン『アス』が伝えた。 世界最高の守護神の1人として、昨年の夏にチェルシーからマドリーに移籍したクルトワ。しかし、クラブの不調に引きずられるように、自身も目覚ましい活躍は出来ず、16日のリーガエスパニョーラ第28節セルタ戦ではスタメンを外れた。 さらに、21日に行われたユーロ2020予選・グループI第1節のロシア代表戦で、ベルギー代表のゴールマウスを守ったクルトワは、痛恨の凡ミス。1点のリードを奪った直後の16分、バックパスを受けた際にロシアFWのプレスを受けて自陣ボックス内で不用意にボールを失い、チェリシェフに無人のゴールに流し込まれた。その後、味方の援護により3-1で勝利したものの、「クルトワがお粗末なミスを犯した」と悪い意味で世間の話題を集めている。 しかし、試合後のインタビューに応じたクルトワは、以下のようにコメント。自身のパフォーマンスを自賛しつつ、スペインメディアを批判した。 「ロシアのアタッカーが少し気になった」 「クリアする力がなくて、少しミスをしてしまった。けど、それがゴールキーパーの人生だよ。その後は落ち着いてプレーした」 「僕は今でも自分自身が世界で最も優れていると考えている」 「スペインの報道は僕を殺したがっているけど、それでも僕は強さを感じる。落ち着いているし、良いトレーニングを積んで、良いプレーをしている」 2019.03.23 14:35 Sat
twitterfacebook
thumb

守護神クルトワ凡ミスもエースのアザール2発などでベルギーがロシアに快勝!《ユーロ2020予選》

ユーロ2020予選・グループI第1節、ベルギー代表vsロシア代表が21日に行われ、3-1でベルギーが快勝した。 グループIの突破候補と見られるベルギーとロシアの予選初戦。ロシア・ワールドカップで3位となったベルギーはデ・ブライネやルカクを負傷で欠いた中、アザールやアルデルヴァイレルト、ヴェルトンゲンらを先発で起用した。 一方、母国開催のW杯でベスト8入りを果たしたロシアはゴロビンやチェリシェフ、ジューバといった選手をスタメンで起用した。 3トップにバチュアイ、アザール、メルテンスを配す[3-4-3]で臨んだベルギーが立ち上がりから押し込む展開とすると、14分に先制した。ロングカウンターに転じた流れから、素早くパスを回してボールを前に運んでいくと、最後はカスターニュのラストパスを受けたペナルティアーク右のティーレマンスがゴール左にシュートを蹴り込んだ。 しかし直後、バックパスを受けたGKクルトワが自陣ボックス内で不用意にボールを失い、チェリシェフに無人のゴールに流し込まれ、あっという間に試合を振り出しに戻されてしまった。 まさかの失点後もベルギーがロシアを押し込む展開で推移する中、38分にもロングカウンターから決定機。しかし、ボックス内からバチュアイの放ったシュートはゴールライン前に戻ったジキヤにカットされた。 それでも44分、T・アザールのパスを受けたアザールがボックス右で仕掛けたところでジルコフに倒されPKを獲得した。これをアザールが決めて2-1と勝ち越し、前半を終えた。 迎えた後半、ロシアが前がかる流れとなるも、ベルギーがチャンスを許さない。 そして、時間の経過とともにベルギーが押し込む展開に持ち込み、試合をコントロール。79分には左クロスに合わせたバチュアイのシュートが左ポストを直撃したベルギーが、終盤の88分にアザールが決めて3-1と快勝。白星発進としている。 グループIその他の試合ではスコットランド代表がカザフスタン代表に0-3で敗れる波乱が起こった他、キプロス代表がサンマリノ代表に5-0と大勝している。 2019.03.22 06:39 Fri
twitterfacebook
thumb

リンデロフ&ベリ弾のスウェーデンがロシアに快勝、逆転でリーグA昇格《UEFAネーションズリーグ》

▽UEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグB・グループ2のスウェーデン代表vsロシア代表が20日に行われ、2-0でスウェーデンが快勝した。 ▽勝利すれば逆転でのリーグA昇格が決まる2位スウェーデン(勝ち点4)と、引き分け以上でリーグA昇格が決まる首位ロシア(勝ち点7)の一戦。 ▽開始5分にオルソンのミドルシュートでゴールに迫ったスウェーデンが攻勢に出る立ち上がりとなると、11分にはベリのヘディングシュートでロシアを牽制していく。 ▽その後も押し込むスウェーデンは22分、M・オルソンがスルーパスに抜け出してネットを揺らすもオフサイドに阻まれる。さらに31分、左CKからグランクヴィストのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKルニョフの好守に阻止された。 ▽それでも41分、スウェーデンが押し切る。右CKのルーズボールをボックス中央のリンデロフが左足ボレーで蹴り込んだ。 ▽劣勢のロシアは迎えた後半、ポロズに代えてカンバロフを投入する。しかし、引き続き攻め手を見いだせず、スウェーデンペースが続いた。 ▽そして72分、スウェーデンが勝負を決定付ける。ボックス左からのクロスをラーションがダイレクトで合わせたシュートはGKにセーブされるも、ルーズボールをベリが押し込んだ。 ▽これで勝負は決し、スウェーデンが2-0で快勝。逆転でリーグAへの昇格を決めた。その他、リーグAへの昇格を決めたのはウクライナ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、デンマークとなっている。 2018.11.21 06:43 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース