モウリーニョ、今冬にセリエAから2人のDF獲得を希望!

2018.10.21 21:26 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が今冬の移籍市場でセリエAから2人のセンターバックの獲得を希望しているようだ。イギリス『サンデー・タイムズ』が伝えている。

▽今夏センターバックの獲得に失敗したユナイテッドは今季ここまでのプレミアリーグ9試合で16失点を喫している。これはフルアム(25失点)、カーディフ(19失点)、ハダースフィールド(18失点)、バーンリー(17失点)に次ぐリーグワースト5の数字だ。

▽この状況を受けてモウリーニョ監督はクラブの上層部に対して、今冬のセンターバック補強に多額の資金を投下することを説得しているようだ。

▽そして、同監督が獲得を希望しているのが、以前から補強候補に挙がっているナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(27)と、フィオレンティーナのセルビア代表DFニコラ・ミレンコビッチ(21)だという。

▽これまで多くのビッグクラブが関心を示すクリバリは以前からプレミアリーグでのプレーを希望しているが、先日に2023年までの新契約にサインしており、DF史上最高額での移籍金が必要と思われる。

▽一方、ミレンコビッチに関してはフィオレンティーナ側が4000万ポンド(約58億8000万円)という強気な価格設定をしており、その資質を含めてややリスキーな選択肢と言えるだろう。

コメント
関連ニュース
thumb

「練習も良いが、やっぱり試合」 ファン・デ・ベークが“飢え”を認める

マンチェスター・ユナイテッドのオランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベークが“飢え”を認めた。 ファン・デ・ベークは今夏、アヤックスからユナイテッド入り。目玉補強のひとりに目されたが、自身のプレーエリアはポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスをはじめ、有力な人材を擁しており、ここまで4試合出場のプレミアリーグでいまだ先発のチャンスがない。 そうしたなか、28日に本拠地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループH第2節のRBライプツィヒ戦で今季公式戦3試合目の先発機会を手に。オーレ・グンナー・スールシャール監督はシーズンが進むにつれての出番増加を口にしているが、周囲で今後を危ぶむ声が強まっている。 先日にオランダ代表のレジェンドであるマルコ・ファン・バステン氏からも「ユナイテッドに行くべきじゃなかった」との持論が転じられたが、ファン・デ・ベーク本人も現状からの脱却を強く願っているようだ。 11月1日に本拠地で行われるプレミアリーグ第7節のアーセナル戦を前にしたクラブ公式サイトのインタビューで、次戦に向けて必要な姿勢を語りつつ、自らの先発機会の増加を願った。 「選手たちはいつだって試合に出たいと思うもの。トレーニングも良いが、やっぱり試合(に出る方)が良い。それこそフットボールをする理由なんだ」 「アーセナルには本当に良い選手たちがいる。僕らは集中しないとね。昨日の試合を勝利して、誰もがハッピー。自信をつける上でも良いものだったが、もうアーセナル戦に進まないといけない」 「この先、多くのビッグゲームが控えており、試合もたくさんある。集中を切らしてはダメだし、そうすれば、もっと良い形で勝っていけるはずだ。僕はそう確信しているんだ」 また、ライプツィヒ戦で途中出場からハットトリックをやってのけたイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードにも言及。今後のさらなる活躍に期待を寄せた。 「彼はアメージングな選手だ。僕はここに来た初日から彼のクオリティを目の当たりにして、すでにわかっている。それに、良い男でもあるんだ」 「常に一生懸命で、才能もある。人としても好きだ。彼のことを思うと、幸せだよ。すでに大物選手で、これからももっとクオリティを発揮してくれるはずだ」 2020.10.31 15:15 Sat
twitterfacebook
thumb

新型コロナ感染のテレス、ユナイテッドファンからの激励に「素敵なメッセージに感謝する!」

マンチェスター・ユナイテッドのブラジル代表DFアレックス・テレスがファンからの激励に感謝した。 今夏にポルトからユナイテッドに加入したテレスは20日に敵地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループH第1節のパリ・サンジェルマン(PSG)戦でデビュー。しかし、28日に本拠地で行われたCLグループH第2節のRBライプツィヒ戦を欠場すると、オーレ・グンナー・スールシャール監督がその試合後、新型コロナウイルスの陽性反応による当面の離脱を明らかにした。 デビュー戦のPSG戦で左ウィングバックとしてプレーするなかで、売りの攻撃姿勢を生かして鋭いクロスを上げるなど、今後に期待が膨らむパフォーマンスを披露したものの、当面の自主隔離が決定したテレス。自身のインスタグラム(alextelles13)を通じて、ファンからのメッセージに感謝の思いを綴り、一刻も早い復帰を約束した。 「ユナイテッドが僕の新型コロナウイルス感染が発表した瞬間からの愛情のこもったメッセージに感謝したい。僕は元気で、隔離に入っているが、すぐにチームメイトを助けるために全力で戻ると言いたい。改めて、みんなの素敵なメッセージに感謝する!」 ユナイテッドの左サイドバックにはイングランド代表DFルーク・ショーがいるが、ケガがちな一面に一抹の不安。ほかにもU-21イングランド代表DFブランドン・ウィリアムズもいるが、テレスは攻撃特化型のサイドバックだけに、早期復帰が待たれるところだ。 2020.10.31 12:45 Sat
twitterfacebook
thumb

「本当にあっという間」 スールシャールがアーセナル戦で100試合目の指揮に! 5人交代制否決にも言及

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が自身のメモリアルマッチにもなる今週末のビッグマッチに向け、意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 2季ぶりに参戦するチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージで開幕2連勝を飾り、首位に立つものの、主戦場のプレミアリーグで2勝1分け2敗の15位と奮わないユナイテッド。0-0のドローに終わった前節のチェルシー戦に続いてホーム戦となる今節は11月1日に催され、11位のアーセナルと激突する。 CLの戦いを含めて、ビッグマッチが続くなか、スールシャール監督は今回のアーセナル戦が2018年12月の監督就任から公式戦100試合目の指揮に。ノルウェー人指揮官はそのメモリアルマッチに先駆けた会見で、アーセナルについて語るとともに、これまでのユナイテッド監督としての歩みを振り返った。 「アーセナルは常に難しい相手。良いチームであり、フットボールの術において素晴らしいアイデアを持ったすごく良い監督がいるからね。私自身も楽しみだ。もちろん、100試合という数字には驚いている。多くの出来事があったが、本当にあっという間だった。良いパフォーマンスと勝利で100試合目を祝福できるよう願うばかりだ。これまでのところは楽しめしているよ」 また、この会見では今季のプレミアリーグ開幕前に5人交代案が否決された件についての質問も飛んだ。スールシャール監督からすれば、過密日程に直面する選手を保護する観点からも否決に納得がいっていないようだ。 「(5人交代制を好んだか?)100%、そうだ。(否決された理由が)理解できないし、信じられない。我々は選手の面倒を見たり、気にかけないといけないはずなのにね。今季は最も難しいシーズンになる」 「ほかのクラブが反対票を投じた理由は大方の見当がつくが、プロフェッショナルなフットボーラーである彼らの心身を考えれば、より休ませる機会を与えることこそが分別ある解決法だと思っている」 「プレミアリーグではすでに多くのケガ人が出ている。ペップ(ジョゼップ・グアルディオラ)もその件について話していて、ほかの監督もそうだ。監督として、チームの全員が選手を考えないと」 「だからこそ、選手にはある一定の時期に休みを与える必要がある。だから、私は5人の交代枠が良かった」 2020.10.31 11:15 Sat
twitterfacebook
thumb

イングランドW杯優勝メンバーでユナイテッドのレジェンドMFスタイルズ氏が78歳で死去

現役時代にマンチェスター・ユナイテッドやプレストン・ノースエンドで活躍した元イングランド代表MFノビー・スタイルズ氏が30日、78歳で死去した。 スタイルズ氏はユナイテッドの下部組織出身。1960年にトップチームに昇格すると1960年から71年まで在籍し、311試合に出場して17ゴールを挙げた。在籍中にはボビー・チャールトン氏やジョージ・ベスト氏、デニス・ロー氏らと共にプレーし、2度リーグ優勝やチャンピオンズリーグ(CL)の前身となるUEFAチャンピオンズカップ制覇に貢献した。 ユナイテッドを離れた後は、ミドルズブラで2シーズンを過ごし、その後ユナイテッドでチームメイトだったボビー・チャールトン氏が監督を務めていたプレストンに加入。2シーズンで公式戦46試合に出場していた。 また、1965年4月にデビューを飾ったイングランド代表では、2度のワールドカップ(1966,1970)やユーロ(1968)に出場。1966年に母国で開催されたワールドカップでは、全試合にフル出場しイングランドの初優勝に大きく貢献した。 1975年に現役を引退したスタイルズ氏は、1977年から指導者キャリアをスタートさせると古巣プレストンやバンクーバー・ホワイトキャップス、WBAなどの監督を歴任した。 今回の訃報を受け、イングランド代表やユナイテッド、ミドルズブラ、プレストンらはそれぞれ声明を出し、スタイルズ氏のご冥福を祈っている。 2020.10.31 02:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ミラン、ダロトの買い取りは不可能? ユナイテッドは将来に期待

ミランがU-21ポルトガル代表DFジオゴ・ダロト(21)を完全移籍で買い取ることは厳しいようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ ロマーノ氏が主張している。 ポルト下部組織出身のダロトは2018年夏にマンチェスター・ユナイテッド入り。昨シーズンはイングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカの加入や度重なる負傷の影響もあり、公式戦11試合の出場にとどまっていた。 そういった事情もあり、出場機会を求めるダロトは今夏の移籍市場締め切り間近の今月4日にミランへ1年間のレンタル移籍で加入した。 そして、ヨーロッパリーグ(EL)グループH第1節のセルティック戦でデビューを飾ると、29日に行われたEL第2節のスパルタ・プラハ戦ではミランでの初ゴールを含む1得点1アシストの活躍をみせ、3-0の勝利の立役者となった。 セルティック戦では右サイドバック、スパルタ・プラハでは左サイドバックで印象的な活躍をみせ、早くもミラニスタの心を掴んだダロトだが、ミラノでの滞在は短い期間になる模様だ。 ロマーノ氏によると、ダロトの将来性を高く評価しているユナイテッドは、ミランとの交渉時に、ミランサイドが望んだ買い取りオプションを契約に盛り込むことを拒否していたという。 そのため、現時点では今シーズン終了後にユナイテッドへレンタルバックすることが既定路線となっている。 ただ、ダロトが今後もスパルタ・プラハ戦のような活躍を続け、ミランが来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得できるようなことになれば、同選手の意向、ユナイテッドの要求額次第ではミラノでの長期滞在の可能性は十分にあるかもしれない。 2020.10.30 21:54 Fri
twitterfacebook