2018年ニューヒーロー賞は横浜FMのMF遠藤渓太に! 27日湘南との決勝戦へ《YBCルヴァンカップ》

2018.10.22 15:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
▽Jリーグは22日、2018 JリーグYBCルヴァンカップの『ニューヒーロー賞』に横浜F・マリノスのMF遠藤渓太(20)が選出されたことを発表した。横浜F・マリノスからはMF齋藤学(現・川崎フロンターレ)が受賞した2013年以来の受賞者となる。

▽ニューヒーロー賞受賞者は、今大会から各試合において活躍が顕著であった21歳以下の選手が対象(昨年度までは23歳以下)。グループステージから準決勝まで、各試合会場で実施される報道関係者の投票結果が選考方法となる。リーグ公式サイトでは、Jリーグ選考委員会による総評を以下のように伝えられている。

「グループステージ5試合、プライムステージ4試合に出場しコンスタントに活躍。味方を活かすプレーで得点に絡む活躍を見せ、メディア投票で1位を獲得した横浜F・マリノス 遠藤渓太選手を選出した」

「周囲との連携によってプレーの選択肢が広がり、大会を通じて成長。持ち前のスピードに乗ったドリブルに磨きがかかり、スペースを生かした動きで味方攻撃陣の得点機会創出に貢献した。試合を重ねるごとにキレが増し、自身の勢いに乗ったプレーとチームの上り調子が同調。チームにとって17年ぶりの決勝進出に貢献した活躍に加え、大会を通じて成長する姿に今後の可能性が秘められていることも評価を受けて、ニューヒーロー賞受賞となった」

▽また、同賞を受賞した遠藤は、喜びをあらわにするも、満足せず。27日に迎える決勝戦を含め、残りのシーズンへ意気込んだ。

「2018JリーグYBCルヴァンカップのニューヒーロー賞を受賞できたことを本当に嬉しく思います。この賞は自分の力だけで勝ち得た賞ではなく、チームメイト、監督やスタッフ、すべての方々のおかげで受賞することができたと思っています。ただ、自分としては、受賞に値するだけのプレーを披露できたとはまだ思っていません。その分、週末の決勝と残りのリーグ戦で自分の価値を証明できるように頑張っていきたいと思います。ありがとうございました」

▽横浜FM下部組織出身の遠藤は、2016年にトップチームデビュー。2017年4月のYBCルヴァンカップ第3節のアルビレックス新潟戦でプロ初ゴールを記録した。今シーズンはYBCルヴァンカップでここまで9試合2アシストを記録するほか、明治安田生命J1リーグでは24試合2ゴール4アシストの活躍を披露している。

▽なお、遠藤が所属する横浜FMvs湘南ベルマーレの決勝戦は27日13時5分に埼玉スタジアム2002でキックオフを迎える。

◆過去の受賞者
1996年 名波浩(ジュビロ磐田)
斉藤俊秀(清水エスパルス)
1997年 三浦淳宏(横浜フリューゲルス)
1998年 高原直泰(ジュビロ磐田)
1999年 佐藤由紀彦(FC東京)
2000年 鈴木隆行(鹿島アントラーズ)
2001年 曽ケ端準(鹿島アントラーズ)
2002年 坪井慶介(浦和レッズ)
2003年 田中達也(浦和レッズ)
2004年 長谷部誠(浦和レッズ)
2005年 阿部勇樹(ジェフユナイテッド千葉)
2006年 谷口博之(川崎フロンターレ)
2007年 安田理大(ガンバ大阪)
2008年 金崎夢生(大分トリニータ)
2009年 米本拓司(FC東京)
2010年 高萩洋次郎(サンフレッチェ広島)
2011年 原口元気(浦和レッズ)
2012年 石毛秀樹(清水エスパルス)
2013年 齋藤学(横浜F・マリノス)
2014年 宇佐美貴史(ガンバ大阪)
2015年 赤崎秀平(鹿島アントラーズ)
2016年 井手口陽介(ガンバ大阪)
2017年 西村拓真(ベガルタ仙台)
2018年 遠藤渓太(横浜F・マリノス)
コメント
関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第2節:浦和vs横浜FM】再開初戦で浦和が苦手の王者をホームに迎え撃つ!

4日、2020シーズンの明治安田生命J1リーグが約4カ月の中断期間を経て再開する。 今シーズンの開幕カードを戦った浦和レッズは、ホームに昨シーズン王者の横浜F・マリノスを迎える。 【明治安田生命J1リーグ第2節】 2020年7月4日(土) 19:00キックオフ 浦和レッズ vs 横浜F・マリノス [埼玉スタジアム2002] ◆苦手克服へ! 新システムで連勝なるか 【浦和レッズ】 今シーズンから導入した[4-4-2]の新システムが功を奏し、新型コロナウイルス(COVID-19)による中断前は公式戦2試合で8ゴールと攻撃陣が絶好調だった浦和。なかでも、アルビレックス新潟から加入した昨季のJ2得点王であるFWレオナルドは周囲との息もあっており、2試合で3ゴールと早々にフィットしている。さらに練習試合とはいえど、新加入のDFトーマス・デンがFC町田ゼルビア戦でそのポテンシャルを発揮しており、期待が膨らむところだ。 しかし、再開初戦の相手となる横浜FMには直近3年間のリーグ戦で1勝5敗と苦手にしている。さらに、リモートマッチ(無観客試合)となるため、サポーターの声援がなく、ホームでありながら後ろ盾がないことが不安材料になりそうだ。 ▽予想スタメン GK:西川周作 DF:橋岡大樹、トーマス・デン、岩波拓也、山中亮輔 MF:関根貴大、柏木陽介、柴戸海、汰木康也 FW:レオナルド、興梠慎三 監督:大槻毅 ◆J屈指の選手層で今季リーグ戦初勝利なるか【横浜F・マリノス】 J1リーグ連覇を目指す横浜FMは、開幕戦でアタッキングフットボールを披露したものの、守備陣のミスが相次いでガンバ大阪に1-2で敗北。さらに、中断期間の6月中旬に守護神のGK朴一圭が2カ月の長期離脱を強いられるなど、早くも暗雲が立ち込めている。 一方で右第5中足骨骨折を負っていた守備の要であるDFチアゴ・マルチンスが練習復帰。さらに、アンジェ・ポステコグルー監督が掲げるアタッキング・フットボールを知るベルギー2部のロケレンへレンタルしていたMF天野純が復帰し、攻撃的サイドバックのDF小池龍太が完全移籍で加わった。 また、今季のJリーグでは試合方式が変更され最大5名の選手交代が可能に。この措置は、Jリーグ屈指の選手層を誇るJ1王者にはプラスに働きそうだ。 ▽予想スタメン GK:梶川裕嗣 DF:松原健、實藤友紀、畠中槙之輔、ティーラトン MF:喜田拓也、扇原貴宏 MF:マルコス・ジュニオール FW:仲川輝人、エジガル・ジュニオ、遠藤渓太 監督:アンジェ・ポステコグルー 2020.07.03 21:20 Fri
twitterfacebook
thumb

王者をホームに迎える浦和・大槻毅監督「日常に一歩近づく日」、リモートマッチは「空気感、高め方が違う」

浦和レッズの大槻毅監督が3日、4日に控える明治安田生命J1リーグ第2節の横浜F・マリノス戦に向けた会見に出席した。 2020シーズンの開幕後、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、約4カ月の中断期間を経て4日に再開するJ1リーグ。浦和はホーム・埼玉スタジアム2002に昨年王者を迎える。 開幕戦の湘南ベルマーレ戦で勝利し、連勝を目指す浦和の大槻監督は「いよいよ始まるなという思いがあります」と再開に向けて語り、「選手の意識も強く見えました。連戦に対して全員がやってくれそうな雰囲気があります」と選手たちの気持ちも準備ができていると語った。 また、「我々が楽しみにしているだけでなく、サポーターや社会の皆様が日常に一歩近づく日だと思っています。中断があった中で、感慨深いというか、その日に立ち会えることを喜んでいます」と語り、日常へ戻る第一歩であると再開試合の位置付けを語った。 横浜FM戦はリモートマッチ(無観客試合)となり、普段声援を送り後押しをしてくれるサポーターがいない状況となる。大槻監督は「残念です。ただ、前の埼玉スタジアムになるスタートだと思うので、意味のあることだと思います」と語り、残念がりながらも観客動員が再開される一歩だと捉えている様子。試合への影響については「雰囲気だったりとか。埼スタで練習試合をやらせてもらった感じ、試合の入りなどの空気感、高め方が違うと思っている。みんなで高めて、雰囲気を作って試合に入りたいと思っている」と語り、気持ちの部分には影響があると語った。 今シーズンは過密日程となり、ミッドウィークの試合も増加する。大槻監督は選手起用について「1試合1試合の積み重ねだと思っているので、その試合でベストを出していきたい。コンディションもパフォーマンスの面も。体力的だけでなく、メンタルでも良い準備をしている選手を使っていきたい」と語り、その都度見極めると語った。 横浜FM戦については「点を取ること。点を取られないこと」がポイントとかたり、「どうやって取っていくか、どうやって相手の攻撃を止めるか。非常に走るチームなので」と、横浜FMの戦い方を警戒した。 また、交代枠が5人に増えたことについては「フレッシュなパワーを入れて交代選手がゲームに影響を与えて欲しいと強く思っていますし、選手に要求してきましたし、要求していきたいと思います」と語り、積極的に起用することを示唆した。 本来であればスタンドに大勢集まるはずだったサポーターには「勝負事なので、勝つところを見せたと思っています。ここまでやってきたこと、目指したことを表現するところを見ていただきたいです」と語り、勝利を届けたいとコメント。「日常へ戻る第一歩だと思いますし、これまでの埼玉スタジアムに戻るスタートだと思っています」と、ここからがスタートだと改めて強調した。 横浜FMとの再開初戦は4日の19時にキックオフを迎える。 2020.07.03 12:45 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FMに復帰したMF水沼宏太に第一子誕生「大切な娘と共に成長していきたい」

横浜F・マリノスは30日、MF水沼宏太に第一子となる女の子が誕生したことを発表した。 クラブの発表によると、水沼の長女は26日に誕生したとのことだ。水沼はクラブを通じてコメントしている。 「私事ではございますがこの度、第一子となる女の子が産まれました。かけがえのない大切な命を命がけで産んでくれた妻と元気いっぱいに産まれてきてくれた娘に、そしてそれを支えてくれた家族に心から感謝しています!」 「そして、コロナ禍の大変な状況の中、医療従事者の方々をはじめ、まわりの沢山の方々のおかげで、母子ともに無事に出産ができました。ありがとうございました。これからより一層夫婦で力を合わせ、笑顔いっぱいの毎日を送れるよう、大切な娘と共に成長していきたいと思っています」 「「パパ」になりました!さらなる高みを目指して頑張ります!今後ともよろしくお願いします!」 元日本代表で現在は解説者として活躍している水沼貴史氏の息子としても知られる水沼は、横浜FMの下部組織出身で、2008年にトップチーム昇格。その後、栃木SC、サガン鳥栖への期限付き移籍を経て、2013年に鳥栖へ完全移籍。2016年にはFC東京へ期限付き移籍すると、2017年にセレッソ大阪へ期限付き移籍、2018年に完全移籍していた。2020シーズンから古巣の横浜FMへ復帰していた。 2020.06.30 12:12 Tue
twitterfacebook
thumb

横浜FMがユース所属のFW津久井匠海とプロ契約、持ち味は「推進力と得点能力」

横浜F・マリノスは25日、ユースに所属するFW津久井匠海(18)とプロ契約を結ぶことを発表した。契約は2020年7月1日からとなる。 津久井は、群馬県出身で江南南サッカー少年団、クマガヤサッカースポーツクラブでプレーしたのち、横浜FMユースに加入。2017年にはクラブユース選手権で得点王になると、2018年にはU-16日本代表、2019年にはU-17日本代表、U-18日本代表に召集されていた。 津久井はプロ契約を結ぶにあたり、クラブを通じてコメントしてる。 「この度、プロ契約を結ばせていただいた津久井匠海です。幼い頃からの夢であったプロサッカー選手を伝統のある横浜F・マリノスでスタート出来る事を誇りに思います。今まで支えてくださった家族や指導者の方々など全ての人に感謝し、日頃の練習から全力で取り組んで行きます」 「自分の持ち味である推進力と得点能力を武器にチームの勝利に貢献できるように常に向上心を持ちプレーしたいと思います」 「1日でも早くピッチに立って、サポーターの皆様に応援していただけるよう、頑張りたいと思います。応援の程宜しくお願いします」 2020.06.25 15:28 Thu
twitterfacebook
thumb

ベルギーから復帰の横浜FM天野純に第一子が誕生「子育て頑張ります!」

横浜F・マリノスは25日、MF天野純(28)に第一子が誕生したことを発表した。 クラブの発表によると、天野の第一子は男の子とのこと。24日に誕生したとのことだ。天野はクラブを通じてコメントしている。 「新型コロナウイルス感染拡大防止措置のため、残念ながら出産には立ち会う事は出来ませんでしたが、このような状況下の中でご尽力いただいた医療従事者の方々や、頑張ってくれた妻、そして生まれてきてくれた赤ちゃんに感謝したいです。子育て頑張ります!」 天野は横浜FMの下部組織出身で、順天堂大学を経て2014年に加入。2019年7月にベルギーのロケレンへ期限付き移籍。クラブは新型コロナウイルス(COVID-19)の影響でリーグが中断したことにより経営が悪化し破産。天野は5月28日に横浜FMへ復帰していた。 2020.06.25 10:40 Thu
twitterfacebook