ルーク・ショーが新たに5年契約締結!週給は推定2200万円2018.10.19 02:40 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドは18日、イングランド代表DFルーク・ショー(23)と新たに5年契約を結んだことを発表した。契約期間は2023年6月30日までで、1年間の延長オプションも付いている。

▽2014年夏にサウサンプトンから加入したショー。度重なるケガの影響で2015-16シーズンは丸々棒に振るなどなかなか芽が出なかったが、加入から5年目を迎えている今季はここまで公式戦9試合に出場し、左サイドバックでレギュラーの座を掴んでいる。

▽クラブでの好調ぶりから、9月には1年以上ぶりにイングランド代表に招集され、スペイン代表とのUEFAネーションズリーグでは1アシストを記録。23歳のイングランド代表DFは新たな再スタートを切っている。

▽なお、イギリス『BBC』などによると、新契約を結んだショーは週給15万ポンド(約2200万円)を受け取る見込みだ。
コメント
関連ニュース
thumb

“GOD”と呼ばれたリバプールのレジェンド、ファウラー氏がオーストラリアで監督業をスタート

Aリーグのブリスベン・ロアーは23日、新指揮官に元イングランド代表FWのロビー・ファウラー氏(44)を招へいしたことを発表した。契約期間は今シーズンを含めた2年間となる。 ファウラー氏は、リバプールの下部組織出身で、リバプールの他、リーズ・ユナイテッドやマンチェスター・シティなどでプレー。晩年はパース・グローリーやムアントン・ユナイテッドなどアジアでもプレーした。 ムアントン・ユナイテッドでは、プレーイングマネージャーとして所属。2012年2月に現役を退くと、監督も退任していた。 ファウラー氏はUEFAのプロライセンスを取得しており、現役時代はFAカップやUEFAカップナドタイトルを獲得するなど、国際経験も豊富。また、引退後はリバプールのアカデミーで指導しており、満を持してトップチームの監督としてのキャリアのスタートをオーストラリアでスタートすることに決めた。 新監督就任が決まったファウラー氏は、監督キャリアのスタートについてコメント。野心を抱いていることを明かした。 「この挑戦を本当に楽しみにしている。現代Aリーグでこのような誇り高き歴史を持つクラブに、成功をもたらすことを決心している」 「私はすぐに初め、違いを生み出そうと思っている」 「私と家族はすでにクイーンズランド州で生活を経験しており、ここに戻ってブリスベン・ロアーのファミリーの一員になれる事を本当に喜んでいる」 ブリスベン・ロアーは、現在リーグ戦で9位(10チーム中)に位置。今シーズンはジョン・アロイージ監督が指揮を執っていたものの、2018年をもって解任。その後は、ウェールズ人のダレン・デイビス監督が暫定的に指揮を執っていた。 2019.04.23 14:15 Tue
twitterfacebook
thumb

今節0-6大敗の16位シュツットガルトが今季途中就任ヴァインツィアルを解任!

シュツットガルトは20日、マルクス・ヴァインツィアル監督(44)の解任を発表した。 今季、開幕から不振が続いたシュツットガルトは昨年10月にタイフン・コルクト前監督を解任。そして、後任指揮官としてヴァインツィアル監督を招へい。 2008年から監督業をスタートしたヴァインツィアル監督は、レーゲンスブルク、アウグスブルクを率い、2016年夏からシャルケを指揮。2017年夏に解任されて以降、フリーだった。 ヴァインツィアル体制ではリーグ戦24試合で4勝16敗4分けと思うような数字を残せず、チームは昇格・降格プレーオフ圏内の16位に低迷。20日に行われたヴァインツィアル監督の古巣アウグスブルク戦では屈辱的な0-6の惨敗を喫しており、この敗戦が解任の引き金となった。 なお、U-19チームを率いるニコ・ウィリグ監督(38)を今シーズン終了まで暫定指揮官に据えることを発表したシュツットガルトは、残り4試合で降格圏の17位ニュルンベルクと勝ち点3差、残留圏内の15位シャルケと勝ち点6差という状況だ。 2019.04.21 15:00 Sun
twitterfacebook
thumb

アヤックス、デ・リフト後釜確保? ヘーレンフェーンのU-19蘭代表DFを獲得

アヤックスは17日、ヘーレンフェーンに所属するU-19オランダ代表DFキク・ピーリー(18)を獲得したことを発表した。契約期間は2019年7月から2024年6月30日まで。 ヘーレンフェーン下部組織出身のピーリーは、2017年にトップチームデビュー。昨シーズンからすでにトップチームの主力に定着し、今シーズンはここまで公式戦31試合2ゴール3アシストを記録している。センターバックを本職としながら、左サイドバックもこなすことができるオランダの有望株だ。 アヤックスでは現在、オランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)の退団が濃厚に。先日にはエリク・テン・ハグ監督が「デ・リフトがアヤックスに残る可能性はゼロだ。ノーチャンス」とも語っていた。今回のピーリー獲得でデ・リフト退団により現実味が帯びてきた。 2019.04.18 10:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ソシエダが生え抜きMFスルトゥサと1年間の契約延長

レアル・ソシエダは17日、フランス人MFダビド・スルトゥサ(32)との契約延長を発表した。新契約は、2020年6月30日までとなる。 スルトゥサは、ソシエダの下部組織出身で、2007年7月にエイバルへとレンタル移籍。2009年7月にトップチームへと昇格した。 ソシエダ生え抜きのスルトゥサは、これまでソシエダで公式戦298試合に出場し21ゴール22アシストを記録。リーガエスパニョーラで233試合に出場し16ゴール20アシスト、コパ・デル・レイで22試合に出場し1アシスト、チャンピオンズリーグで3試合に出場、ヨーロッパリーグで7試合に出場し1ゴールを記録していた。 スルトゥサとソシエダの契約は今夏で満了を迎えるところだったが、もう1年プレーすることが決定。スルトゥサは「幸せだ。自分の決断について自信を持っているし、興奮している。長年にわたって、プロジェクトを確信しているよ」とコメントしている。 2019.04.18 10:15 Thu
twitterfacebook
thumb

フランクフルトがメガクラブ注目FWヨビッチの買い取りオプションを行使! 2023年まで契約締結

フランクフルトは17日、ベンフィカのセルビア代表FWルカ・ヨビッチ(21)の買い取りオプションを行使したことを発表した。移籍金は700万ユーロ(約8億8000万円)とのことだ。そして2023年まで契約を結んだことも併せて発表している。 ツルヴェナ・ズヴェズダ出身のストライカーであるヨビッチは、2016年2月にベンフィカと契約。その後、2017年6月にフランクフルトへ2年レンタルで移籍し、フランクフルトでは公式戦67試合に出場して34ゴール9アシストを記録。今季はブンデスリーガで17ゴール、ヨーロッパリーグでは8ゴールを挙げ、一躍メガクラブ注目のヤングスターとなった。 この活躍を受け、市場推定移籍金5000万~6000万ユーロに上昇しているヨビッチに対し、レアル・マドリーの他、バルセロナ、バイエルン、マンチェスター・シティといった欧州メガクラブが関心を示している状況だ。 2019.04.17 23:50 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース