韓国、パナマに2点差追いつかれてドロー《国際親善試合》

2018.10.16 22:08 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽国際親善試合の韓国代表vsパナマ代表が16日に行われ、2-2のドローに終わった。▽12日にウルグアイ代表に勝利した韓国と、日本代表に0-3で大敗したパナマによる一戦。ファン・ウィジョとチョン・ウヨンの活躍で格上を撃破して勢いに乗るパウロ・ベント新体制の韓国は、そのウルグアイ戦から先発5人を変更。GKキム・スンギュ、チャン・ヒョンス、チョン・ウヨン、ファン・ウィジョとJリーグに馴染みのある4選手とホン・チョルに代わって、GKにチョ・ヒョヌ、パク・チュホ、キム・ミンジェ、ファン・インボム、ソク・ヒョンジュンが起用された。

▽直近まで採用していた[4-2-3-1]の布陣からキ・ソンヨンをアンカーに配した[4-3-3]に変更した韓国は、立ち上がりの早い時間帯に先制する。6分、右サイドをドリブルで強引にこじ開けたファン・ヒチャンがボックス右ゴールライン際でマイナスに折り返す。これが中央の密集を抜けると、ボックス左に走り込んできた左サイドバックのパク・チュホが強烈な左足のダイレクトシュートで突き刺した。

▽幸先良く先制に成功した韓国は右ウイングのファン・ヒチャンが躍動。17分にはイ・ヨンからのスルーパスに反応しボックス内に抜け出すが、ここは飛び出したGKと交錯してしまう。直後の21分にも再びスルーパスに抜け出しボックス右から決定的なシュートを放つが、これはGKに触られて惜しくも右ポストに嫌われた。

▽それでも、攻勢を続ける韓国は33分、ボックス右で複数のDFを相手にキープしたソン・フンミンからの丁寧なマイナスの折り返しをファン・インボムが抑えの利いた見事な右足のダイレクトシュートでゴール左隅に流し込み追加点を奪取。その後、前半終了間際の45分に相手のFKからアロージョにヘディングで決められる、前半を1点リードで終えた。

▽しかし、後半立ち上がりの49分、韓国はミスから同点ゴールを許してしまう。自陣中央でナム・テヒが後ろに下げたボールが攻め残りしていたブラックバーンへの絶妙なラストパスとなり、これを難なく流し込まれた。

▽2点差を追いつかれる拙い試合運びとなった韓国は59分、ボックス手前の好位置で得たFKをソン・フンミンが直接狙うが、シュートは枠を捉えたものの相手GKの好守に遭う。

▽その後、ウルグアイ戦で先発したチョン・ウヨン、ファン・ウィジョ、ホン・チョル、チャン・ヒョンスに加え、ジョーカーのムン・ソンミンを続けてピッチに送り出し、勝ち越しゴールを目指す韓国。77分にはムン・ソンミンの鋭いカットインシュートのこぼれ球をゴール前のナム・テヒ、その後はサイドからの正確なクロスに再びナム・テヒが飛び込んでいくが、いずれもシュートを枠に飛ばすことができず。

▽結局、試合はこのままタイムアップを迎え、ミスもあって2点差を追いつかれた韓国はやや消化不良の形で今回の代表ウィークを終えることになった。
コメント
関連ニュース
thumb

トッテナムが関心の韓国代表DFキム・ミンジェ、北京国安は移籍を認めず?

トッテナムからの関心が寄せられている北京国安の韓国代表DFキム・ミンジェ(23)だが、クラブは手放すつもりはないようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により、未だにシーズンが開幕していない中国スーパーリーグ。しかし、7月25日にリーグ開幕を迎えることが発表されていた。 キム・ミンジェは、中断期間中に韓国へと帰国。その際に、チームメイトについての発言が大きく取りざたされ問題となっていた。 現在は中国に戻り、北京のホテルで14日間の隔離措置を受けていたが、トレーニング復帰までに定められたプロトコルを守っていたこともあり、チームの対応に不満があるともされていた。 190cmという長身もさることながら、足元の技術も確かなキム・ミンジェは、トッテナム以外にもエバートンやヨーロッパの複数クラブから興味を持たれている。 しかし、北京国安は開幕戦でキム・ミンジェを起用する方針とのこと。売却を認めたくないと考えているようだ。 韓国『KBS』は、トッテナムが支払う予定の1200万ユーロ(約14億円)に対し、北京国安は1700万ユーロ(約20億円)を要求しているとも報じている。将来性もあるキム・ミンジェの移籍にはビッグオファーを求める北京国安だが、果たして今夏のヨーロッパ移籍は達成されるだろうか。 2020.07.19 11:35 Sun
twitterfacebook
thumb

あのピルロも潰したパク・チソンを知らないなんて「クレイジー」…ルーニーが献身性溢れた元戦友を名指しで絶賛!

ダービー・カウンティのコーチ兼任選手である元イングランド代表FWウェイン・ルーニーが古巣マンチェスター・ユナイテッドで共闘した元韓国代表MFのパク・チソン氏の重要性と偉大さを主張した。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 京都パープルサンガ(現・京都サンガFC)でもプレーしたパク・チソン氏は2005年夏にサー・アレックス・ファーガソン元監督の目に止まり、オランダの強豪PSVからユナイテッドに移籍。QPR移籍を果たすまで実に7シーズンにわたり、“レッド・デビルズ”の一員として働き、チャンピオンズリーグ(CL)制覇や4度のプレミアリーグ優勝を経験した。 そんなパク・チソン氏と7シーズンにわたり、ユナイテッドのために共闘したルーニー。イギリス『タイムズ』で連載するコラムのなかで、圧倒的な運動量と献身性で一世を風靡した元韓国代表MFについて、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(現ユベントス)の名を挙げ、次のように称賛した。 「12歳ぐらいの子供にクリスティアーノ・ロナウドを尋ねたら、すぐに『そうさ。彼はマンチェスター・ユナイテッドのブリリアントな選手だった』と言うだろうが、パク・チソンを尋ねたら、誰のことかわからないかもしれない。そんなのクレイジーだ」 「でも、パクと一緒にプレーした選手なら誰もが僕らの成功に重要な役割を担う選手だったと認識している。それはパクがチームにもたらしたものであり、僕自身もチームとしての話がしたい。スポーツだと、スターじゃない選手が最も重要な存在なのさ」 「僕やロナウド、(元アルゼンチン代表FWカルロス・)テベスはヘッドラインだったが、パクのような選手たちの仕事ぶりは僕らと同じぐらい重要だった。それはロッカールームでも周知だったが、周りから彼らの自己犠牲がしばしば見過ごされてもいた」 また、ルーニーはパク・チソン氏の活躍が強く脳裏に焼きつく試合として、2009-10シーズンに行われたCL決勝トーナメント1回戦のミラン戦を挙げ、ファーガソン氏からの指令を完遂してみせた“遂行力”に驚いた当時を振り返っている。 「ファギーがミラン戦前のチームミーティングでパクにかけた言葉を覚えている」 「『今日のお前はボールに触れたり、パスを出したりしなくて良い。お前の仕事は(元イタリア代表MFアンドレア・)ピルロだ。全ての仕事はピルロだ』とね」 「その試合のピルロは40本ほどのパス数しか記録せず、そのうちの95%ぐらいがバックパスだったと思う。パクの任務を遂行する力は信じられないものだった」 2020.05.18 20:20 Mon
twitterfacebook
thumb

ソン・フンミンがロンドン帰還…陰性なら自己隔離措置はなし

トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンが、イングランドへ帰還した。イギリス『BBC』が伝えた。 徴兵制を採用している韓国では20歳から28歳の間に約2年(18~22カ月)の兵役に就くことが義務付けられている。だが、ソン・フンミンは2018年のアジア大会で金メダルを獲得したことにより、スポーツ選手に対する兵役免除の特例が認められた。 それでも、約3週間の基礎軍事訓練を受ける必要があり、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響でプレミアリーグが無期限の中断に入ったことを受け、この期間に基礎軍事訓練を受けることに。4月から済州島の海兵隊に入所していたソン・フンミンは、本物の銃を用いた射撃訓練に臨むなど、3週間の基礎軍事訓練を無事終えていた。 『BBC』によると、ソン・フンミンに関しては、新型コロナウイルスの検査で陽性反応が出なければ、自己隔離措置はいらないとのこと。自由にトレーニングに参加でき、早ければ、18日から個人トレーニングを再開するとのことだ。 2020.05.16 22:20 Sat
twitterfacebook
thumb

ソン・フンミンの帰国理由は兵役か? アジア大会優勝で兵役免除も基礎訓練が必須

現在、クラブの許可を得て韓国に帰国中のトッテナムFWソン・フンミンは、この期間に兵役のための基礎軍事訓練を受けるようだ。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、現在プレミアリーグは少なくとも4月末までの延期が決定。その中でトッテナムは29日、“個人的な理由”によってソン・フンミンの帰国を許可した。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJzcmFkdmNQMSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> “個人的な理由”に関しては、今年2月中旬に右腕を骨折していることもあり、その治療や家族の事情などと考えられていたが、『Naver Sports』など複数の韓国メディアによると、この帰国の目的は兵役のための基礎軍事訓練を受けることにあるようだ。 徴兵制を採用している韓国では20歳から28歳の間に約2年(18~22カ月)の兵役に就くことが義務付けられているが、ソン・フンミンは2018年のアジア大会で金メダルを獲得したことにより、スポーツ選手に対する兵役免除の特例が認められた。 これにより、キャリア最盛期における約2年に渡る兵役を逃れたソン・フンミンだが、それでも4週間の基礎軍事訓練を受ける必要がある。 当初、ソン・フンミンは今シーズン終了後の夏の期間に基礎軍事訓練を受ける予定だったが、新型コロナウイルスによってプレミアリーグの再開時期が不透明な状況を受けて計画を変更。この中断期間のタイミングでの帰国を選択したようだ。 なお、『Naver Sports』は韓国サッカー界関係者筋の情報として、ソン・フンミンが4月20日から済州道の海兵隊第9旅団訓練所に入所し、基礎軍事訓練を受けることを考慮していると伝えている。 また、陸軍と異なり海兵隊の基礎軍事訓練は3週間となっており、この情報が正しければ、同選手は5月中旬に訓練を完了し、イングランドに戻れるようだ。 2020.04.02 17:55 Thu
twitterfacebook
thumb

韓国・Kリーグが開幕カードの一部延期を発表…新型コロナウイルスの影響

韓国・Kリーグは21日、新型コロナウイルスの影響により、開幕戦の一部を延期することを発表した。 Kリーグ1とKリーグ2(2部)の代表者が集まった会議を21日に実施。29日に開幕を迎える予定だったが、最近の新型コロナウイルスの急速な感染拡大を鑑み、一部地域での試合開催を延期させると決定した。 今回延期されるのは、「感染症特別管理地域」に指定された大邱-慶北地域での試合。Kリーグ1の大邱FCvs江原FC、浦項スティーラースvs釜山アイパークの2試合とのこと。現時点での代替日程は発表されていない。 なお、大邱市では現在急速に新型コロナウイルスが拡散しており、感染者が1日で倍増する地域となっている。 残りの試合に関しては、実施予定となっているものの、今後の感染拡大などによる日程変更は韓国サッカー連盟の判断に委ねられることとなった。 ◆Kリーグ1開幕カード ▽2/29(土) 全北現代モータースvs水原三星ブルーウィングス 蔚山現代vsFCソウル ▽3/1(日) 光州FCvs城南FC 仁川ユナイテッドvs尚州尚武FC ▽延期 大邱FCvs江原FC 浦項スティーラースvs釜山アイパーク 2020.02.22 12:08 Sat
twitterfacebook