リーガ首位のセビージャ、中島翔哉獲得への関心強める…近々具体的なオファー提示か

2018.10.14 14:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セビージャが、ポルティモネンセに所属する日本代表MF中島翔哉(24)への関心を強めているようだ。ポルトガル『レコード』が伝えている。▽伝えられるところによると、現在リーガエスパニョーラで首位に立つセビージャは昨シーズンから中島の視察を継続。同クラブのサッカースタイルにマッチすると見込んでおり、近々具体的なオファーを提示する可能性もあるようだ。


▽現在、中島に対してはセビージャのほか、シャフタールら欧州複数クラブが関心。契約解除金は、4000万ユーロ(約53億円)に設定されているとされる。

▽中島は、昨夏にFC東京からポルティモネンセにレンタルで加入し、海外挑戦1年目から公式戦32試合10ゴール12アシストの好成績を残した。完全移籍を果たして背番号10を着用してプレーする今シーズンは、ここまで公式戦8試合に出場して、4ゴール3アシストを記録している。
関連ニュース
thumb

セビージャがラ・レアルに逆転勝利で3連勝! 上位3チームにプレッシャー!《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第33節、レアル・ソシエダvsセビージャが18日にアノエタで行われ、アウェイのセビージャが1-2で逆転勝利した。 5位のレアル・ソシエダ(勝ち点47)と、4位のセビージャ(勝ち点61)が激突した上位対決。 直近4勝1分けで優勝争いに絡む勢いを見せるセビージャは4-3で打ち勝った直近のセルタ戦からラキティッチに代えてパプ・ゴメスを起用した以外同じメンバーを継続した。 試合は開始早々に動く。5分、右サイドを攻め上がったエルストンドのクロスがDFに当たってコースが変わりボックス中央に流れると、これをカルロス・フェルナンデスがワントラップから左足のシュートでゴール左隅に流し込み、移籍後初ゴールを古巣相手に決めた。 先にリードを奪われたものの、慌てないセビージャは直後の11分にエン=ネシリがゴール前で続けて惜しいヘディングシュートを放つなど、すぐさま反撃に打って出る。 すると、22分には右サイドで高い位置を取ったヘスス・ナバスからのクロスをニアに飛び込んだファルナンドがヘディングでフリック。これがDFに当たって自身の足元に戻ってくると、冷静にゴールネットへ流し込んで早い時間帯の同点ゴールとした。 さらに、畳みかけるアウェイチームは同点から2分後にオカンポスがボックス手前から放ったシュートが左ポストを叩くと、このこぼれ球に反応したエン=ネシリが冷静に押し込んで瞬く間に逆転まで持って行った。 これで完全に流れを引き寄せたセビージャは以降も攻守両面で相手を上回り、オカンポスを起点とした鋭い攻めから幾度も相手ゴールに迫っていく。36分にはセットプレーの流れからクンデ、フェルナンドがGKレミロに好守を強いると、39分にも右CKからフェルナンドの頭でのフリックに反応したゴール左のエン=ネシリが頭で押し込みにかかるが、これは惜しくも左ポストを叩きドブレーテ達成とはならず。 それでも、フェルナンドの2試合連続ゴールと主砲エン=ネシリの今季16点目によって1点リードで試合を折り返したセビージャは、後半の立ち上がりこそ相手に押し込まれる入りとなったが、先に決定機を作り出す。 57分、最後尾のジエゴ・カルロスからのフィードに対して相手DFが完全に被ったことでエン=ネシリがフリーでボックス付近まで運んでやや遠目の位置から左足でニアを狙ったシュートを放つが、これを枠の左に外してしまい、絶好機を逸した。 その後は流れの中では攻め手がないものの、セットプレーから幾度かチャンスを作りかけるホームチームの時間帯が続くも、セビージャも持ち味の堅守で簡単にゴールを割らせない。 その後、互いに積極的に交代カードを切っていく中で球際のバトルが強調される白熱の攻防が繰り広げられていく。だが、セビージャは前半のリードを最後まで守り抜き試合をクローズ。 この結果、難敵ラ・レアルに敵地で競り勝ったセビージャが3連勝を飾り、上位3チームにプレッシャーをかけることに成功した。 2021.04.18 22:56 Sun
twitterfacebook
thumb

セルタとの壮絶な打ち合いを制したセビージャが上位を追走!《ラ・リーガ》

セビージャは12日、ラ・リーガ第30節でセルタとアウェイで対戦し4-3で勝利した。 前節、首位アトレティコ・マドリーとの上位対決を制した4位セビージャ(勝ち点58)は、その試合から先発を1人変更。L・デ・ヨングに代えてエン=ネシリが最前線で起用された。 前節3試合ぶりの白星を飾った10位セルタ(勝ち点37)に対し、セビージャは早い時間に先制する。7分、アクーニャの左CKからボックス中央のクンデがヘディングシュートをゴール右に突き刺した。 幸先良く先制したセビージャだったが、19分にピンチ。ノリートのパスでボックス左に抜け出したサンティ・ミナをクンデが後ろから倒してしまいPKを献上。このPKをアスパスに決められ、試合は振り出しに戻った。 さらにセビージャは、24分にもロングカウンターを受けると、デニス・スアレスのパスでDFの裏に抜け出したアスパスにゴールネットを揺らされ、勝ち越しを許した。 連続失点で逆転を許したセビージャたが、すぐに反撃に転じると35分に中央を持ち上がったフェルナンドがミドルシュート。これがアイドの足にディフクトすると、GKの逆を突く形でゴールに吸い込まれた。 このまま前半終了かと思われたが、ホームチームが43分にカウンターから勝ち越しに成功する。中盤でボールを奪ったブライス・メンデスが前線のデニス・スアレスにボールを預け、前線へ駆け上がるとボックス右で再びパス受けたブライス・メンデスがゴール前まで切り込み冷静にゴールネットを揺らした。 迎えた後半、先にスコアを動かしたのは1点を追うセビージャ。60分、スソのパスでボックス左横まで上がったエン=ネシリがダイレクトクロスを供給。これをニアに走り込んだオカンポスの落とすと、最後は走り込んだラキティッチが冷静にゴール右にシュートを突き刺した。 再び試合を振り出しに戻したセビージャは、64分にジョルダンとエン=ネシリを下げてL・デ・ヨングとオリベル・トーレスを投入。さらに67分にスソを下げてパプ・ゴメスをピッチに送り出した。 するとセビージャは76分、アイドのクリアミスを敵陣でカットしたパプ・ゴメスがそのままボックス内まで持ち上がりゴール左へシュートを突き刺した。 結局、これが決勝点となりセビージャが4-3で勝利。セルタとの壮絶な打ち合いを制したセビージャが上位追走に成功し優勝争いに踏みとどまっている。 2021.04.13 06:06 Tue
twitterfacebook
thumb

アトレティコ撃破を喜ぶラキティッチ「これほどクリエイティブな試合はなかなかできない」

セビージャのクロアチア代表MFイバン・ラキティッチが、アトレティコ・マドリー戦の勝利を振り返っている。 4日にラ・リーガ第29節で首位のアトレティコをホームに迎え撃ったセビージャ。7分にFWルーカス・オカンポスがPKを失敗する立ち上がりとなったものの、引きずることなく相手ゴールに迫っていく。 後半は膠着状態が続いていた中で70分、FWスソのスルーパスに反応したDFヘスス・ナバスのクロスをDFマルコス・アクーニャが頭で押し込み先制。このゴールを守り切ったセビージャが1-0で勝利を収めた。 フル出場で勝利に貢献したラキティッチは試合後、クラブの公式インタビューに応じ、勝利を喜ぶとともに、チームの姿勢に満足感を示した。 「重要なのはチームに良い雰囲気が流れていることだ。それをピッチの上でも表現することできた。毎日楽しいよ」 「今日の試合の鍵は、序盤のPK失敗以降もペースを落とさなかったことだね。そして優秀な方が勝った。今日のような勝利が必要だったから、僕たちは最善の方法で励んできたんだ」 「アトレティコのようなチームを相手にこれほどクリエイティブな試合はほとんどできない。首位チーム相手に最高の試合をしようと、皆が大きな熱意を持って試合に臨んだ。この3ポイントは格別だよ」 この勝利で4位の座をさらに安泰なものとしたセビージャだが、ラキティッチは「他のチームを気にしてはいけない。残りの9試合は全て決勝戦のような準備をしなければならない」と気を引き締めなおしている。 2021.04.05 14:00 Mon
twitterfacebook
thumb

セビージャが首位アトレティコ撃破、優勝戦線は混戦へ《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第29節、セビージャvsアトレティコ・マドリーが4日に行われ、1-0でセビージャが勝利した。 4位セビージャ(勝ち点55)と首位アトレティコ(勝ち点66)による上位対決。 代表ウィーク前に行われた前節、アトレティコはアラベスに辛勝し、2位バルセロナとの4ポイント差を維持。スアレスとレマルの2トップで臨んだ。 一方、前節バジャドリーに対してGKブヌの劇的同点弾で引き分けに持ち込んだセビージャはチャンピオンズリーグ出場圏内の4位が安泰な中、ベストメンバーで臨んだ。 試合は開始7分、積極的な入りを見せていたセビージャがPKを獲得する。ボックス内でラキティッチがサウールに足を踏まれた。しかし、キッカーのオカンポスが枠の右を狙ったシュートはGKオブラクにセーブされてしまう。 先制のチャンスを逸したセビージャは続く9分、ジョルダンのミドルシュートが右ポストを掠めると、その後もPK失敗の影響なく攻勢をかけていった。 劣勢が続くアトレティコは34分、ロージに代えてコレアを2トップの一角に投入。レマルが左インサイドに落ち、サウールが左サイドに回った。ハーフタイムにかけてもセビージャが猛攻に出たが、ゴールを割るには至らず0-0で前半を終えた。 迎えた後半は一進一退の攻防で推移した中、膠着状態を打破すべく62分にセビージャが動く。L・デ・ヨングに代えてエン=ネシリを投入した。 すると70分、セビージャが先制する。スソのスルーパスに反応したヘスス・ナバスがボックス右ゴールライン際からクロスを上げ、ファーサイドのアクーニャがヘッドで押し込んだ。 失点したアトレティコだったが、カラスコを出場停止で、フェリックスとデンベレを負傷で欠く影響から攻撃の交代カードがなく、ギアを上げることができない。 追加タイム1分、スアレスのポストプレーからコレアが決定的なボレーシュートに持ち込んだアトレティコだったが、GKブヌの好守に阻まれ0-1のまま敗戦。 暫定2位のレアル・マドリーとは3ポイント差、そして明日試合を行うバルセロナがバジャドリーに勝利すれば1ポイント差に迫られる状況となった。 2021.04.05 05:57 Mon
twitterfacebook
thumb

監督との確執でチームを去ったキャプテン、移籍を語る「こんなことが起こるとは想像してなかった」

アタランタの近年の躍進を支えていたものの、監督との確執によりチームを去ったアルゼンチン代表MFアレハンドロ・ゴメス(33)が移籍について語った。スペイン『El Desmarque』が伝えた。 アタランタではキャプテンとしてチームを支え、公式戦252試合59ゴール71アシストを記録したゴメス。しかし、ジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督との確執が生まれると、チームでの出番を失い、最終的には退団を決意。2021年1月の移籍市場で、セビージャへと完全移籍を果たしていた。 セリエAでの躍進は、クラブ初となるチャンピオンズリーグ出場など、近年の良い時期を牽引してきたゴメスの退団は多くのファンを悲しませたが、本人もそのことは気にかけていたようだ。 移籍について残念な形になったかと聞かれたゴメスは「もちろんだよ。このようなことが起こるとは想像もしていなかった。ただ、人生では直面することであり、どんな仕事や環境でも起こり得る状況だ」とコメント。想定外のことだとしながらも、起こり得ることでもあると語った。 「議論や意見の違いはあってもいい。僕の場合は監督とだった。それぞれが自分の道を歩み、他の仕事と同じことになる」とし、監督との確執を認めた。 セビージャに移籍してからは、ラ・リーガで8試合に出場し1ゴールを記録。コパ・デル・レイでも3試合に出場している。 セビージャ移籍の他にもアメリカ行きの可能性があったゴメス。しかし、まだヨーロッパのトップレベルでプレーしたいという願望があったと語った。 「主にモンチと話している。クラブが僕のために努力してくれる可能性があった。MLSからいくつかの重要なオファーがあったけど、現時点でそこに行くことは僕の頭にはなかった」 「スペインのような競争の激しいリーグで、まだ高いレベルでプレーすることができる。僕の目標はヨーロッパの良いリーグに残り、代表でプレーを続けることだった」 「セビージャから電話があった時、僕は「自分減のために全力を尽くしてほしい」と言ったよ」 2021.04.02 21:40 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly