名手メッシ、PKがうまくなりたい! 改善の必要性を説く2018.09.16 15:35 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが改善点に言及した。イギリス『FourFourTwo』が報じた。▽17歳の若さでバルセロナのトップチームでデビュー以降、多くのファンを魅了すると共に、クラブとしてだけでなく、個人としても数々の栄冠を勝ち取ってきたメッシ。31歳の今もその能力は健在だ。

▽だが、メッシ自身、PKに改善の余地を感じているようだ。『TdT』のインタビューでいくつかの質問に応じた中、難しく思う改善点について次のように返答した。

「PKでもっと効果的になりたい。でも、PKの練習は難しい。試合中のような練習はできないからね」

「考えたり、練習することはできるけど、イメージ以上に難しいんだよ。でも、PKがうまくなりたい。それは明らかさ」
コメント
関連ニュース
thumb

ネイマール、PSGに移籍を直談判か

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール(27)が移籍を直訴したという。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 2017年夏にPSG入りしてから続く移籍の可能性が今夏により加熱するネイマール。PSGのスポーツ・ディレクター(SD)に復職したレオナルド氏は先日に移籍の可能性を認める発言を残した。 そうしたなか、15日にPSGのトレーニングに合流したネイマールは、同日にレオナルドSDと会談。その席で自らが希望する行き先こそ明らかにしなかったが、移籍の意思を示したという。 有力な移籍先の候補として挙がるバルセロナは、現時点でPSGに対して正式なオファーを提示していないが、現有戦力の譲渡を含めた取引でネイマールの連れ戻しを図る模様だ。 その候補に挙がるのがブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(27)だ。リバプール復帰も囁かれているが、ネイマールの状況が明確になるまで、コウチーニョの去就も不透明とみられる。 移籍を直訴した際、PSGからとどまるよう説得を受けたとされるネイマール。意中とされるバルセロナ復帰は実現するのだろうか。 2019.07.16 14:15 Tue
twitterfacebook
thumb

コウチーニョ、リバプールの2年レンタルオファーを承諾か

バルセロナに所属するブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(27)に対して、リバプール復帰の可能性が高まっているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 2018年1月にリバプールから高額移籍金でバルセロナに加入したコウチーニョ。だが、活躍ぶりが移籍金に見合っていないとして批判が絶えず、今夏の移籍が有力とする報道が相次いでいる。 そのなかで、バルセロナが先日、アトレティコ・マドリーからフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(28)の獲得を発表。これにより、コウチーニョの立場がより危うくなった感がある。 そのコウチーニョに対して、古巣リバプールが9800万ユーロ(約119億1000万円)の買取オプションが付随した2年間のレンタルを条件とするオファーをバルセロナに提示したという。 そうなれば、気になるのが本人の反応だ。伝えられるところによれば、コウチーニョ自身も古巣から届いた復帰の申し出に対して、受け入れる姿勢を示している模様だ。 ただ、バルセロナはパリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマール(27)を連れ戻すための一手として、コウチーニョの譲渡案を画策しているとみられる。 今夏のコパ・アメリカ2019参戦中にもバルセロナでの将来が不透明であることを口にしたコウチーニョ。新シーズンをどこで迎えることになるのだろうか。 2019.07.16 11:50 Tue
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、鹿島FW安部裕葵の獲得を正式発表!

バルセロナは15日、鹿島アントラーズから日本代表FW安部裕葵(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は4年間で、移籍金は110万ユーロ(約1億3360万円)となる。 また、バルセロナは安部の契約解除金をBチーム所属の間は4000万ユーロ(約50億円)に設定しており、トップチームに昇格した場合は1億ユーロ(約121億円)まで引き上げられる。 東京都出身の安部は、瀬戸内高校から2017年から鹿島に入団。加入1年目、明治安田生命J1リーグで13試合に出場し1ゴール、YBCルヴァンカップで1試合に出場し1ゴール、天皇杯で2試合に出場し2ゴールを記録、2シーズン目の2018シーズンは、J1で22試合に出場し2ゴール、ルヴァンカップで2試合に出場、天皇杯で5試合に出場し1ゴールを記録した。また、Jリーグベストヤングプレーヤー賞を受賞している。 3年目の2019シーズンは背番号10を背負い、J1で14試合に出場し1ゴールを記録していた。 また、AFCチャンピオンズリーグでは通算16試合に出場し1ゴール、2018年のクラブ・ワールドカップでは3試合に出場し1ゴールを記録していた。 また、世代別の日本代表を経験し、コパ・アメリカではA代表デビューを果たし、3試合に出場していた。 2019.07.16 02:16 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサ移籍のグリーズマンに言及 モラタ「まだアトレティコにいて欲しかったけど…」

アトレティコ・マドリーのスペイン代表FWアルバロ・モラタが、同クラブからバルセロナへ移籍したフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(28)について言及した。スペイン『マルカ』が同国『EFE』でのインタビューを引用して伝えている。 2014年7月にレアル・ソシエダからアトレティコに加入したグリーズマンは、在籍5年で公式戦256試合に出場して133ゴールを記録。2015-16シーズンのチャンピオンズリーグ準優勝や2017-18シーズンのヨーロッパリーグ優勝に貢献した。 そんなグリーズマンだが、今年5月中旬に昨季限りでのアトレティコ退団を明言。そして今月12日、長らく取り沙汰されてきたバルセロナへの移籍が実現した。 フランス代表FWと半年間、2トップを組んできたモラタは、「まだここにいてくれることを望んだ」と悔やみながらも元同僚の決断を尊重した。 「ビッグな選手がクラブを退団した。特に大きなキャラクターがね。僕はまだここにいてくれることを望んだけど、誰にでもそれぞれ状況があり、道筋があるんだ」 「最高のトッププレーヤーだよ。どれだけ偉大かを僕が話す必要はないよ。近年のアトレティコのベストプレーヤーの一人さ」 2019.07.15 16:30 Mon
twitterfacebook
thumb

グリーズマン、メッシとの共演心待ち「彼の横でプレーできることはとても嬉しい」

バルセロナに移籍したフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが、加入への喜びを口にした。スペイン『マルカ』が伝えている。 今年5月に昨シーズン限りでのアトレティコ・マドリー退団を明言していたグリーズマンは今月12日、5年契約でのバルセロナへの加入が決定。5年間、在籍したアトレティコに別れを告げ、近年、長らく移籍話が取り沙汰されてきたブラウグラナでついに新たな挑戦をすることとなった。 そのグリーズマンは14日に入団会見を実施。これまでのプロキャリアでお世話になった人々への感謝を忘れず、バルセロナでのプレーを心待ちにした。特に同クラブの不動のエース、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシとの共演を楽しみにしているようだ。 「最初にプロ契約をしてくれたレアル・ソシエダに感謝したい。それにエンリケ・セレソ(アトレティコ・マドリーの会長)、ディエゴ・シメオネ、アトレティコ、そしてクラブや代表で一緒になり、助けてくれたすべてのチームメイトに感謝したい」 「居心地の良い場所、家族、友達、同僚がいる場所を離れることはとても難しいものだ」 「この機会を与えてくれたバルセロナにも感謝している。僕はこの挑戦を受け入れ、この場所にいられることに興奮しているよ」 「メッシやみんなとプレーできることは僕を最も幸せにさせる。特に彼の横でプレーできることはとても嬉しいよ」 「コウチーニョも特別なものを持っている。アルトゥールはゲームをよく読んでいるし、マウコムもウイングで相手にダメージを与えられる選手。彼らはみんな優秀だ」 2019.07.15 16:15 Mon
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース